FC2ブログ

アフター・ザ・ワールド

「ヤスの備忘録」ブログで紹介されていたWebBotの予言の中に、「2010年に入り突然消えてしまう人々が現れる」という1節がありましたが、恐らくアセンションした人々のことを示しているのだろうと思います。まぁ、このご時世、突然、夜逃げして行方不明になったと解釈できないこともないのですが、、、(汗)。

で、アセンション後の世界は、きっとこんな世界になっているでしょう。



想像してごらん 天国なんて存在しないと
想像しようとすれば簡単だよ
僕達の下に地獄なんて無いんだ
ふり仰げば空があるだけさ
想像してごらんすべての人々が
現在を生きているんだと…

想像してごらん 国境なんて存在しないと
そう思うのは難しいことじゃない
殺す理由も、死ぬ理由もない
宗教なんてものも存在しない
想像してごらん すべての人々が
平和のうちに暮らしていると…

僕のことを単なる夢想家だと思うかもしれない
でも、僕ひとりだけじゃないんだ
いつの日にか 君も仲間に加わってくれよ
そうすれば 世界はひとつになるだろう

想像してごらん 所有なんて存在しないと
君にもそういう考えができるかしら
貧困になったり飢えたりする必要はない
兄弟同志なのだから
想像してごらん すべての人々が
この世界を分かち合っているのだと…

僕のことを単なる夢想家だと思うかもしれない
でも 僕ひとりだけじゃないんだ
いつの日にか 君も仲間に加わってくれよ
そうすれば、この世界はひとつになって動くだろう


ジョン・レノンは既に、この世界を感知していたのかもしれませんね。

また、日月神示では、アセンション後の世界は、このようになると述べています。


(政治面)
●与える政治、与える経済で、金銭は不要となる。税金なども一切なし
●政治、経済、行政、祭祀はみな一つになる
●裁判所、警察、刑務所などは必要な無くなるために存在しない
●すべて自主的な方針により運営される世の中となり、苦役としての労働はなくなる

(宗教面)
●1人1人が自然な形で信仰を持つ。ただし、今ような宗教や教祖は全て無くなる
●それぞれの国や民族によって固有の信仰形態ができる
  (但し、宗教対立もなくなり、互いに霊性を切磋琢磨し、相互扶助が基本)
●神人合一の「天津日嗣皇尊(アマツヒツギスメラミコト)」が日本に現れ、世界を統一する
  (但し、力で無理矢理ではなく、磁石が北を向くように自然に統一化)

(生活面)
●産業、交通、娯楽、食物、嗜好品など、生活のことごとくが変わる
●無益な殺生は無くなる。食用のためと称する、と畜、漁、狩猟などは無くなる
●今のような大便小便までも変わり、不潔なものが無くなる
●全ての人類のみならず、動物、草木、虫までもが共に和し、楽しむ世となる
●必要に応じた天候気象となり、寒暖は穏やかとなる

(身体面)
●体から発するオーラにより、その人の身分や霊格、職掌などがわかる
●寿命が長くなり、体も大きくなる
●誰しもがある程度、先のことを見通せるようになる
●今までのような物質でない「半霊半物」の世となる



なかなか香ばしい内容ですね~♪(ニンマリ)

まさに「千年王国」といった感じです。
大便小便までもが不潔でなくなるという点は、美輪明宏も泣いて歓びそうな話です。

ここで気になるのが、「天津日嗣皇尊」が日本に現れという下りです。

「天津日嗣(あまつひつぎ)」とは、「天皇の御位」のことを指しますが、すなわち「皇統」のことです。翻って「天皇陛下」または「皇位継承確定の方」を指す敬称でもあります。

これは現在の天皇家の誰かを指しているのでしょうか?

一番可能性のあるのが皇太子ですが、、、、、

ただ、皇太子は皇族という世界に嫌気をさした皇太子妃と一緒に「臣籍降下」するという噂もあります。これが現天皇陛下が体調を崩されている皇統の悩みの正体でしょうか。既に皇統の流れは、秋篠宮側に行くことは決定事項で、いまの体制下では悠仁親王に天皇としての帝王学を学ばせることもできませんし、警備の面でもかなり見劣りがします。万一、悠仁親王になにかあれば大変なことなります。ですから、ここで皇太子夫妻が「臣籍降下」してもあまり問題が起きない気もしますが、、、、、、どうでしょう?

で、今、皇族の中で一番神懸り的な存在といえば、悠仁親王でしょう。

男系断絶の危機はこれで解消し、万世一系を標榜する皇室にとって、悠仁親王は救世主的な存在であることは間違いありません。誕生からして救世主という性格を帯びてしまっています。こういう方は皇族史の中でも稀有な存在だと思います。
(※ヤッズ★は帝王切開までして誕生させた紀子様が一番偉いと思っていますが、、、)

本当に現皇族の方が、アセンション後の世界統一を成し遂げるのでしょうか?

まぁ、今の天皇家は維新前後に明治天皇と長州に落ち延びた南朝の末裔・大室寅之祐とすり替えされたという話がネット上にあり、下記理由からあの話はかなり真相に近いと思っていますので、今の世ならまだしも、アセンション後の世界では通用するのかなぁ。。。。という疑問を持っています。

●明治天皇は剛健な体躯で六尺(180cm)もあり、華奢な公家的外観でない点
●北朝の末裔なのに、敵方である南朝の忠臣・楠木正成像が皇居前にある点
●北朝の末裔なのに、「南朝が正統」と宣言している点
●明治天皇の皇后を「昭憲皇太后」と呼ぶ点

  (昭和天皇の妃は、在位中の最高位である「皇后」を付け「香淳皇后」と呼びます)


■なぜ昭憲皇后ではなく、昭憲皇太后なのか?
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/history/honbun/nanboku4-2.html
(誰でもおかしいと気づくはず、宮内省が誤って上奏したなど有り得んw)



まぁ、現世の皇統の真偽を詮索することにあまり興味ありません。どうせあと数年です(爆)。既にアセンション後の「天津日嗣皇尊(アマツヒツギスメラミコト)」の方に興味あります。

「日本に現れ」という言葉があるように、今、この世に存命して存在している人ではないような感じです。突然、沸いて出てくるか、復活してくるのかもしれません(笑)。あるいは「神人合一」という言葉があるように、ヒトラーのいう「神人」、ウンモ星人がいう「OEMMIIWOA(神=人)」と同じことを指し示しているだけかもしれませんね。とすれば、それはたった1人ではなく、ましてや皇族でもなく、数多くの市井の日本人でしょう。

たしか、ヒトラーも「東方で神人が生まれる」と述べていましたしね(笑)。


ですから、ヤッズ★は、「天津日嗣皇尊」=「神人」と比定します。


オコツトはこれを「天使」のような存在といっていますので、多分、背中に翼が生えているのでしょう(爆)。これならば世界中に飛んでいくことが出来るので、世界統一も容易いかもしれませんね(ニンマリ)。

そして、それはあなたなのかもしれないw
(お風呂で背中よく見てみて下さい。背中に「くの字」に曲がった骨があれば、それが翼です)


クラフトレーベル デスノート/リューククラフトレーベル デスノート/リューク
(2007/04/28)
不明

商品詳細を見る
(なんちゅうリアルなフィギュアなんだ。。。。)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント