FC2ブログ

後頭部へ意識集中

ぞんさんから紹介していただいた『アジスとの対話~魂の覚醒を求めて~』の内容が少しだけ書かれているHPがありましたので、早速読んでみました。
http://www2.wbs.ne.jp/~leela/aziz1senden.html

ヤッズ★は、このアジズという覚醒者のことは全く知りませんでした(涙)。
「覚醒」に関する箇所を内容を要約して書きますと、

覚醒(目覚め)とは、物事を見たり識別したり分析する「マインド」には「純粋な私(Me)」という中心があることの発見であり、そして次の段階は、それを絶えずキープし失わない様にすることである。

思考・感情の背景には必ず「私(Me)」があり、マインドの内容・動きと一体化しないで分離していると、本当の「純粋な私(Me)」を発見する。それがアートマン(真我)です。

それを感じるためには、注意を後ろ側にもっていかねばならない。

それは頭の内側の体験だから。後ろにいかねばならない。あたかも後ろを見るかのごとく。あなたの頭蓋骨の後ろを見ていると想像してごらん。どの様に観ている人を観るか。それがポイントだ。あなたはたくさんの物を観る。でも観る人を観る事が出来るかな?

誰かがそこに存在している。この誰かが私(Me)だ。それが気づきのセンターだ。意識のセンターだ。その意識のセンターが観ているのだが、通常はそのセンターがセンターそれ自身に気づいていない。あなたの頭をカメラに例えよう。あなたと言うカメラは周囲の全てを写す。しかしカメラのセンター自身は観ていない。カメラのセンターを認識してカメラのセンターそのものになる事が根本的な事だ。それがマインドからの解放をもたらす。そうしない限り、マインドがら解放される事はあり得ない。


アジズとの対話―魂の覚醒を求めて アジズとの対話―魂の覚醒を求めて
アジズ クリストフ、天野 清貴 他 (2003/05)
アルテ

この商品の詳細を見る

注意を後ろ側へですか!
う~む、ヤッズ★が考察していた方法と同じで、ガクガクブルブルです。

確か『シリウス革命2013』では、自己の裏側は他人であると説かれています。マクロ(ψ1)とミクロ(ψ2)が実は同じもの(等価)であることの認識を経たのち、自己(見ているもの:ψ4)と他者(見られているもの:ψ3)が実は同じである(等価)ということを認識することになるといわれます。

マインドのセンターだけが「真の私」と分かれば、それ以外のものは全て「私以外」ということになるのでしょう。だから、今まで自分と思っていた肉体も想念も知覚も感覚も「私以外のもの」であると認識するようになり、それらは全て「他人」と同一視出来る境地になれるのかもしれません。

これが「他人も自己」ということの意味なのでしょうか?(違うか?)
早く体験したいところです(笑)。

この本の内容をちょっと読んだだけで、かなり覚醒に向け実践的に細かく書かれているなぁという印象です。覚醒を目指す人にはうってつけのガイドブックとなりそうです。もうヤッズ★は読みたくて溜まらなくなってしまいましたので、アマゾンで1クリック発注してしまいました(爆)。

ぞんさん、良書の紹介ありがとうございました。


■みかん集中法
さらに、同じくコメントの中でりんごさんから紹介して頂いたのですが、「みかん集中法」というのがあるそうです。これは後頭部に意識を置くのにミカンを使うそうで、フォトリーディングの中で使われている観想法です。手順は下記のように行います。

1)椅子に深く腰掛けて、肩の力を抜き、目を閉じて深呼吸
2)ミカンの色/形/大きさ/重さなどを想像
  ※手で触ったり、匂いを嗅いだり、お手玉したししてリアルにイメージを形成する
3)想像したミカンを後頭部の後方斜め45度上30cmくらいの位置に置く
4)ミカンの位置に視点があるように意識して、ゆっくり目を開ける

051109_mikan.jpg
(ハートの形のミカン、表に「サラン(愛)」の文字と小さなハートの形)

この方法なら、後頭部に意識を置くのが簡単に出来そうですね。
りんごさん、ご紹介ありがとうございました。

「みかん集中法」、早速やってみたいと思います。

風呂に入っている時も、トイレに入っている時も、さらには、東に病気の子供があって行ってその看病しているときも、常に後頭部上方に蜜柑を意識して置いているので、ヤッズ★はやがて「みかん星人」になってしまうのは必至です(爆)。

hasami.gif


【余談】
毎晩の就寝時に「運好スピトレ」を枕の下に敷き、チャーリーに転送指示後、「口寄せの術」の30カウントダウンの代わりに、この「みかん集中法」を取り入れてみたらどうだろうか?という妄想的ワークを真剣に考えてしまうヤッズ★でした(笑)。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

早速

みかん集中法やってみました!
いいですね、ちゃんと上がって来るのがわかる。
検索すると、本を読むのではなく観るようにするのにいいとのコトでしたので、昨日いただいた本を読むときにミカンでやってみることにします!

なぜ意識を後ろに持っていくのか。
後ろに意識を置くということはどういうことか。というのが納得できました。
いつもタイムリーに貴重な情報をありがとうございます☆

わたし、チャーリーへの転送指示のため、枕の下にお宝マップを敷いています。
「これが全部手に入ってるのが転送先だからね!」
そのうち写真差し替えも必要になりそうな勢いです~♪


No subject

こんばんは~。

後頭部に意識を集中で思い出したのですが、速聴4倍速以上の速度で音声を聞いていると、自然と言葉を後頭部で聴いているなと感じることがありますよ。音などが早くなればなるほど、その情報の処理をどうするかということで、聞いた内容をフォトリーディングの方法で情報処理するようになるのだと思うのですが、情報の内容がイメージしやすいものかどうなのかに依存するようにも感じます。


覚醒なんて…

ヤッズ★さん

アジズの本について、参考になったようで良かったです(笑)
もう1冊のアジズの本『ヒューマン・ブッダ』は難解ですが『アジズとの対話』が気に入ったならこちらもおススメです。

覚醒だなんて言うととんでもない変化が起こるかのように思われがちですが、ただ自分自身のマインドのセンターに気づき続けることが最初の入り口でありながらゴールでもあると私は思います。
だからこそ覚醒を目指す人々のほとんどが覚醒できないのは、このマインドのセンターへの留意が自分たちが想像していた覚醒にくらべて大したものに感じられないからだとアジズは言っています。

そうです、大したものではないのです(笑)

だから私のような一般人にとっては

『覚醒=みかん集中法』

ぐらいの軽い感覚が向いてるようですね。
ただ重要なのは日々留意し続けること、これが一番難しいのです(苦笑)

私もまだまだ修行の身(爆)

香さんへ

コメントありがとうございます!

>みかん集中法やってみました!
>いいですね、ちゃんと上がって来るのがわかる。

へぇ~、香さんも気が上がるのが分かるんですね~。
ヤッズ★は鈍感なので、上がったのがよく分からないですわ(爆)。

>検索すると、本を読むのではなく観るようにするのにいいとのコトでした

読むではなく観るようにというのは、焦点を対象物よりも先に置き、視野を広げるソフトフォーカシングってやつですか!

>そのうち写真差し替えも必要になりそうな勢いです~♪

これは凄杉です(爆)。
今の香さんの勢いなら、全点差し替えはもう直ぐですね~。

operaさんへ

コメントありがとうございます!

>速聴4倍速以上の速度で音声を聞いていると、自然と言葉を後頭部で聴いているなと感じることがありますよ。

もう前頭葉で処理しきれないので、決まりきった単純な処理で後頭部(潜在意識)にお任せしてしまうのでしょうね。

>情報の内容がイメージしやすいものかどうなのかに依存するようにも感じます。

高度なことは出来ないが、見る聞く程度の簡単な処理なら充分かもしれませんね。フォトリーディングも同じような現象の応用なのでしょう。

ぞんさんへ

コメントありがとうございます!

>アジズの本について、参考になったようで良かったです(笑)

こういった貴重な情報はとてもありがたいです。

>もう1冊のアジズの本『ヒューマン・ブッダ』は難解ですが『アジズとの>対話』が気に入ったならこちらもおススメです。

難解という点が引っかかりますが(爆)、是非読みたいと思います。

>だからこそ覚醒を目指す人々のほとんどが覚醒できないのは、このマインドのセンターへの留意が自分たちが想像していた覚醒にくらべて大したものに感じられないからだとアジズは言っています。

ほとんどが覚醒できないというのは辛いです(笑)。
実際、覚醒ワーク自体、人間が覚醒に向かう存在とすれば、非常に身近で簡単で大したことない作業に違いないと思います。
ただ、覚醒することで、自分のセンターを認識できる点(より明確に分かるようになるかな?)とそこから導かれた認識が現実世界の認識を大きく変えることが出来る点は、大したものだと思います。

>ただ重要なのは日々留意し続けること、これが一番難しいのです(苦笑)

確かに!直ぐに元の意識の座に戻ってしまいますもんね~。

やっぱり 後頭部!

同志ヤッズ★さん!
やっぱり ポイントは 後頭部だったんですね!
大当たり~!!!さすがです!!

ますます ラピスも そこに 意識むけていきますです!

でも 今日は ちょっと忘れてた。
ヤッズ★さんの記事を見て

 よし!いくぞ!!
迷わずゴー!! 

と 思った ラピスです!
(どこへ?)(;・∀・)


>思考・感情の背景には必ず「私(Me)」があり、マインドの内容・動きと一体化しないで分離していると、本当の「純粋な私(Me)」を発見する。

というのは 自己観察に 通じるものがありますね。
自分の思考や感情を 客観的に見つめる。
これを 後頭部上部から行うと 効果大 ですかね?(^_^)

>あなたと言うカメラは周囲の全てを写す。しかしカメラのセンター自身は観ていない。カメラのセンターを認識してカメラのセンターそのものになる事が根本的な事だ。

おおー!!っと 思いました!
ますます 覚醒というものが わかってきた気がします。
そのうち みんな 覚醒者に なったりして、、。
覚醒が 当たり前の世界は 素敵でしょうね!

私だ と思っていたことが 実は違ってた 
ってこと あるかもしれないですね。
(感覚的に わかる気がする。 あとは 経験するだけ!)

ハートのみかん かわゆいなぁ~(#^.^#)
みかん星人 おちゃめだなぁ~(*^_^*)

ラピスさんへ

コメントありがとうございます!

>やっぱり ポイントは 後頭部だったんですね!
大当たり~!!!さすがです!!

ビンゴです(笑)。
後頭部がポイントというのは、盲点ですね~。
最近思うんですが、同志ラピスさんの引寄せ効果によって、覚醒に関する情報がドンドン引寄せられているような気がします(笑)。

>自己観察に 通じるものがありますね。
自分の思考や感情を 客観的に見つめる。
これを 後頭部上部から行うと 効果大 ですかね?(^_^)

後頭部から自己観察していると覚醒してしまう。
っていうより、自己観察していれば、遅かれ早かれ自然と後頭部を意識するようになるのではないでしょうか!

>そのうち みんな 覚醒者に なったりして、、。
覚醒が 当たり前の世界は 素敵でしょうね!

もう既にラピスさん覚醒直前ですよ~。
ヤッズ★も遅れず付いて行きますので。。。。。。
ヤッズ★が元カノの件で後頭部に意識が行ってしまった際、夢をたくさん覚えていたのは、覚醒者は夢も日常生活と同様に意識的に感じられ、そこで生活できるという話から納得です。
早く夢も我が生活領域としたいですね♪。
夢の中では願望が全て叶ってしまうので、飽き飽きして、もう願望を持たなくなってしまうかも。。。。(笑)

>私だ と思っていたことが 実は違ってた 
ってこと あるかもしれないですね。
(感覚的に わかる気がする。 あとは 経験するだけ!)

自分の足や手だけを見て「コレは私だ」とは思わないのと同じように、自分の想念、感情、認識・・・等もこのように感じらてくるのでしょう。「私の手」「私の足」「私の想念」「私の感情」・・・等、「私の~」と表現されるものは全て付随物に過ぎないってことでしょうね。

No subject

後ろから見るというのは、夢を見ている場所と同じですね。斜め45度から自分を見ていませんか?
 それと、朝起きた時の自分を思い出す時も、視界そのままではなく、つまり天井やベットではなく、自分を見下ろしていませんか?

ulandさんへ

コメントありがとうございます!

>後ろから見るというのは、夢を見ている場所と同じですね。斜め45度から自分を見ていませんか?

ヤッズ★の場合、完全に脳内です(笑)
頭頂部より少し下にいったあたりで夢を見ます。

>それと、朝起きた時の自分を思い出す時も、視界そのままではなく、つまり天井やベットではなく、自分を見下ろしていませんか?

あまり注意してませんが、見下ろしたような記憶がないです。
ulandさんは、もう意識の座が覚醒者に近いのではないでしょうか!

覚醒者はどんな事を願うのかしら???

ヤッズ★さま こんばんわ

「みかん集中法」は、なぜ「みかん」??
トマトやりんごや卵やじゃいけないのかしら?と
ほかの物で後頭部に意識を置けるか
やってみましたがやっぱり「みかん」が一番集中できます
みかん色がポイントかもです。
内なる知識と内なる智恵の扉を開く色。
直感と内なるガイドにつなげてくれる色です。

目玉おやじ集中法も考えましたが
目玉おやじの視線が気になりすぎて駄目でした
ドモ~♪ヽ(^-^ 。)

ほのかさんへ

コメントありがとうございます!

>トマトやりんごや卵やじゃいけないのかしら?

ヤッズ★もマンゴーでやってみたいところを、グッと我慢してスタンダードな方法に徹していますが、どうしても集中できません(涙)。
覚醒は遥か彼方か!

>みかん色がポイントかもです。

マンゴーも同じ色なので、これはイケルかも。。。。。

>内なる知識と内なる智恵の扉を開く色。
>直感と内なるガイドにつなげてくれる色です。

さすが、オーラソーマーシャン(?)
色の持つ意味の知識量が半端じゃないっス。
勉強になります。

>目玉おやじ集中法も考えましたが
>目玉おやじの視線が気になりすぎて駄目でした

視線もそうですが、「オイ、鬼太郎」とあの声で常時後ろから声を掛けられるかと思うと、夜も眠れなくなってしまいそうです。