FC2ブログ

最強神呪「あじまりかん」の世界1

山蔭神道が明かした古代天皇の行法で唱えられていたという最強神呪「あじまりかん」を最近知った。この山蔭の「山」は天皇で「蔭」は侍ることを意味し、天皇の蔭となって天皇の意思を宇内(=天下)に行うことを祈る役目をかつては負っていたという。

そして、この神呪は引き寄せ呪文ではなく、浄化呪文なのだという。

大霊元が御霊分けで個々人となったが、この神呪を唱することでまた再び繋がりネットワーク化された再び一体化する。カバラでも同様なことが言われていますが、この大元霊に相当するのが原初の人間「アダムカドモン」であり、ここと繋がる箇所のことを”スパーク”とか”始まり”とかで表現される「心の点」として述べています。この「心の点」があるからこそ人間は動物とは異なるのですが、この世界を覗いている主体がアダムカドモンの分御霊。この心の点を逆に辿ればアダムカドモンに到達するという道理です。しかし、先に書いたように邪魔な想念体が邪魔していてお通じが悪い状態にある。これをクリーン、クリーンとお掃除するのが「あじまりかん」の神呪だということになる。

このアダムカドモンへの再結合は、スタンドアローンのPCがインターネットで繋がった状態とも喩えられるが、同様にヒトもあらゆる知識や知恵がダウンロード可能となってくる筈だと睨んでいる。というのも、自動ドア、歯科用ドリル、魚群探知機、炊飯釜の発明で知られる故・政木和三氏は自身の発明したほとんどの特許を手放し技術の無償提供を行ったことでも知られていますが、彼は発明品を創るにあたり、一瞬で設計図が頭に閃きで完成図が出来てしまったようにスピリチュアルな体験、経験を数多くした人物でもある。また晩年には作曲も演奏も学んだことがないのに関わらず、ピアノ演奏が出来きてしまったのだという。このようなことが天からのダウンドードで可能となるのです。

まぁ、オイラもダウンロードして「God knows」(神のみぞ知る)をエレキで早弾きしたいだすな。ただ、オイラが弾けるようになるどうかは「神のみぞ知る」だすなwwww



人類の知力総和よりAIの方が勝るシンギュラリティ(技術的特異点)をスグそこに控えた現在、確かにこの奇跡的な連結が起きれば、AIの進歩など取るに足らないこととなるでしょう。そして、この繋がりが23番目の経路であり、プレアデス・レベル22からシリウス・レベル23への上昇でもある。

これ故、「あじまりかん」で大元霊と繋がることが「神一厘に仕組み」とか「とどめの神」と云われるわけです。

各個人のコザール体に貼り付いたカルマ・トラウマ等の想念体が邪魔をして大元霊(アダムカドモン、梵天、宇宙)と繋がらない状態なのが普通の人。しかし、浄化呪文を唱えることでこの邪魔な想念体が浄化され、天と繋がり「神我一如」の状態に戻るのだという。これにより思ったことが実現するようになるという仕組みになっている。このコザール体の浄化が出来ていないまま引き寄せの法則を行っても願望が実現化しないのも納得がいきますね。

ただ、過去に似たような浄化呪文で「ホ・オポノポノ」を唱えたことがありましたが、ほとんど効果らしき効果は実感出来なかっただす~(滝涙)。

BODY.png

山蔭神道では正確には「あぢまりかむ」と書くらしいが読音的には同じ。この呪文の意味は知らない方がよいとも云われますが、ヘブライ語であるならば「全ての罪を背負う祭司長」にあるとも云われる。また最初の「あ」と最後の「ん」は「阿吽」と同じであり、また山蔭神道の秘伝では山蔭神道を伝えた「阿知王」に関する言葉だともいうが、、、、「阿知王」( 阿智使主)は日本書紀に「党類(ともがら)十七県を率て来帰り」と記されるように応神天皇時代の漢人系渡来人で東漢氏の祖。

ちなみに、最初の征夷大将軍であった坂上田村麻呂は阿智使主の次男・坂上志拏直の末裔に属する。また、この阿智使主流れは、平安時代、朝廷の従医で我が国最古の医学書『医心方』を著した丹波康頼(本姓:坂上氏 山蔭家47代)にまで至り、「霊界のスポークスマン」こと故・丹波哲郎氏はこの丹波家の末裔。また七卿落ちの公家(半家)の「錦小路家」(梅紋)も早い頃に丹波家から枝分かれした家系である。故・丹波哲郎氏が晩年霊界研究に打ち込んだのもこのような山蔭神道的な遺伝的要素があったからなのでしょう。

光格天皇の皇子・武生宮長仁親王が中山家に臣籍降下して中山忠伊となり、妻・松子(山蔭員衡の娘)を通じて山蔭家の祭祀が伝えられ忠伊は山蔭第76代を継承した。明治維新活動にも参加し表の活動は「天忠党」で中山忠光が担い、中山忠伊は地下組織「天忠党」を組織化した。この天忠党がのちに「大日本皇道会」「大日本皇道立教会」へと変遷していく。また忠伊・松子の間には忠英が生まれ山蔭第77代を継承。また花山院家理の娘が妻となったことで花山院家に伝わる花山天皇由来の稲荷の大ボス「花山命婦稲荷」の祭祀を子の忠徳(山蔭第78代)が継承してもいる。この忠徳の門下からは出口王仁三郎(大本)、御木徳近(PL教団)、安岡正篤(陽明学大家)、山蔭基央(山蔭79代)を輩出し、蒋介石や孫文とも親交があった。この一連の流れが匿名党がいう御影ライン(山蔭ライン)でしょうな。既にトップは欧米に大きく舵を切った為、中韓指向の勢力をエガンチョし掃除し始めていると見ている。

このように何故か集約されて来ている為、もしかしたら白川伯王家の神事も継承しているのでは?とオイラが睨んでいる京中山家が伝える神呪が「あじまりむ」なのです。
※白川伯王家は花山天皇を祖とする唯一の花山源氏ですが、だからこそ花山天皇が愛した花山命婦稲荷(西山稲荷)の祭祀継承者には祝の神事の【最終奥義1】が伝えられたのでは?と睨む。それ以外は【最終奥義2~3】程度の「なんちゃって白川伯王家」ではないだろうか? とにかく天皇にしか教えない【最終奥義1】が重要なのだすが、その実は賤民・平民・貴族・天皇が手を取り輪になる神事であり、これが明治の唯一無二・絶対神聖の現人神とは相入れらぬ為に白川神道は宮中から出され、逆に道教・陰陽道・キリスト教を取り入れた唯一神的な吉田神道が明治政府に採用され、国家神道へと進んでいった。

向かい杜若
(白川伯王家も京中山家も同じ「向い杜若」紋)

さてさて、「あじまりかん」を漢字で書くと「天地真理観」

この神呪を「天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観 天地真理観...」と何度も何度も唱えるわけですが、まぁ、下記の動画を観るだけで同じような効果があるかもしれません(爆)。



天地真理自体、デビュー当時の天使のような白雪姫的存在から、ガネ腹だったふくよかな状態、汚らしい現在の姿まで次々と形態変化をし、「三相女神」を体現した稀有の存在であり、その振れ幅に驚くばかり。

三相女神

三相女神(トリプル・ゴッデス)
■妙齢の女(ヨーギーニ)…弁才天(サラスヴァティー=瀬織津姫)
■成熟した母親(マートリ)・・・聖天(ガネーシャ)
■老婆(ダーキニー)・・・荼枳尼天(ダーキニー)

このトリプルゴッテス(三相女神)こそが、芸能の神として有名な天河弁才天の真の姿であり、地母神であり、キングギドラでもある。

天河弁財天01
(天河弁才天)

ギドラ02
(最新映画「ゴジラ」のキングギドラ登場シーンの画面右には十字架が映っていますが、古代ローマではトリプル・ゴッテス(三相女神)には「トリウィア(十字路の意)」という形容語を付けて呼ばれる。つまり、キングギドラは三相女神=地母神であると見做されていることが分かる。)

つまり、天地真理の動画を観ることは地母神(三相女神)を拝むことに外ならないのだす~(爆)

まぁ、話が横道にだいぶ反れてしまった。
ネットでは「あじまりかん」を唱えることによって得た効果については、、、、

・ブレスレットが16個も売れた
・息子の就職で飛行機代が無料となり、世界旅行の夢が一気に現実化に近づいた


こんなこと書かれると唱えないわけにはいかない(爆)。
まぁ、なんせ唱えるだけならダタですからwww

しかし、これが凄い効果があったのだす。詳しくは次回記事につづく(ふふふふ)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです