スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チンコミサイル教徒祭り@トンスルランドで開催( 燔祭あり)

8/29日朝、北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、日本上空を横切ったとマスゴミ、自治体を挙げて大フィーバーでした。北朝鮮の大胆な挑発行為に連携するかのように、日本国民に無理矢理、危機意識から成敗意識を持たそうとしている風にも見える。

オイラが疑問に思うのは、、、、

3.11で放射能警報を止めたくせに、何故、ミサイル警報は大々的に流すのか?という点。列車は止めるは、、、ビルに隠れろだとか、、、以前もミサイル発射の時に首都圏の地下鉄が止まりましたね。現状、敵対国でもないのに過剰反応のし過ぎで、非常に不自然極まりない。

これは計画停電の時と同じ臭いがする。

あの時は電気足りていたのに危機を煽ってましたが、今回も危機は無いのに煽っている。というのも、大体が日本と北朝鮮は休戦状態でもなんでもない。元々は大日本帝国時代の領有地だったところを撤収し、明け渡して放棄したのに「何で日本が狙われるの?」という思いがある。半島の緊張は、あくまで北鮮と南鮮のトンスルランド内での所有権争いに過ぎない。

北朝鮮と休戦状態なのは国連軍、、、具体的には米国と指揮権が委譲された韓国です。

つまり、在日支配されたマスゴミが韓国に肩入れでもさせようよいう魂胆なのか、、、、そういえば最近ネットで知ったが、マスゴミで安倍たたきの大号令が発せられたらしい。毎日「安倍を叩く為なら何でもする」、朝日「社運を賭け総力戦」、東京「とにかく叩け」とのこと。

何か悲壮感漂うような展開ですね。

*********************************
■「とにかく安倍をたたけ」の大号令 新聞業界の「不都合な真実」 8月26日

「いま、社内は安倍(晋三首相)を叩(たた)くためなら、どんなことでもするという空気になっている」。作家の門田隆将さんは最近、知り合いの毎日新聞記者からこう聞いたと、26日発売の月刊誌『Hanada』(10月号)で明かしている。朝日新聞記者にも同様のことを言われたという。

▼学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題をめぐり、内閣支持率が下落した安倍内閣を、この機に打倒しようと盛り上がっているということか。門田さんは7月23日付小紙朝刊の新聞批評欄で、そうした新聞を「倒閣運動のビラ」と呼んでいた。

▼そういえば、民進党を離党した長島昭久元防衛副大臣も5月に、自身のツイッターに記していた。「昨日たまたま話した朝日新聞のある幹部の表情には、社運を賭けて安倍政権に対し総力戦を挑むような鬼気迫るものがありました」。

▼実は小欄もかつて知人の東京新聞記者から、こんな打ち明け話を聞いたことがある。「上司に『安倍なんか取材しなくていいから、とにかくたたけ』と号令された」。同僚記者も、別の東京新聞記者から同趣旨のことを聞いている。
http://japan-newsforest.com/domestic-news/masukomi-abetataki170826/
*********************************

何故、トランプ同様のお掃除係りの安部ちゃんをたたくのか?

この答になりそうなツイがありました。

ツイ01

やはりマズゴミ内の在日ですかぁ、、、

もっといえば、元・満洲国通信社で満州引上げ者を大量に入れた電通が満州派の司令塔となっているのは知られていますが、やはりここが噛んでいるのでしょう。

この安倍たたきの背景には共謀罪成立があって、未だマズゴミは家計学園...等で攻めているとも云われるが、それだけではなさそうです。北朝鮮と戦争再開の際、手先となっている在日の軍属化で老若男女問わず半島へ強制帰国となりますが、これによる組織解体及び満州利権の喪失を満州派は恐れているのではないだろうか?

パククネが弾劾されて左派政党から大統領が就任し準備は整った。北朝鮮主導で韓国が国家解体されるのは決定事項であり、後は国連軍の指揮権を譲渡された韓国と北朝鮮がドンパチして半島統一を成し遂げた後、宗主国様の属国化という形に落ち着くだけ。まぁ、テレホンヘアーは排除され新生北朝鮮として生まれる変わるだろうが、、、、弾道ミサイルの射程距離の短さ故に、米国もロシアも一歩下がって取り巻いて傍観している状態に落ち着きそう。

このようなシナリオなので、日本の在日支配マズゴミは国内で危機を煽って日本国民や日本政府を動揺させ、その不安をバネに日米安保同盟を根拠に米国にも深く関与させて火種を大きくし、日韓同盟を軸に日本も紛争に巻き込もうとしているのではないか? もし日本が巻き込まれたら日・米・韓が連合国側となり、在日強制帰国も財産没収も無くなると読んでいるのかもしれない。

それには邪魔な安倍ちゃんを引きずり降ろすのが必須事項だと判断したのかもしれん(滝汗)。

現在のところ、、、

■米政府、9月から米国人の北朝鮮渡航を禁止
■韓国軍は29日、北朝鮮攻撃を想定した爆弾投下訓練で武力示唆行動

こういう状況下にあることから、いよいよかもしれない、、、、

そいいえばヒトラーもこう予言していましたね。

ヒトラー01

1939年8月31日、雨の降り続く冷夏の深夜、ヒトラーは突然飛び起きて、、、、

「今だ!私は命じられた!進め!ポーランドヘ!」

と甲高い声で叫び、全軍にポーランドへの侵攻を指令した。
そして側近にこう語った。

「明日は輝ける魔の日だ。
自分だけに許された“定めの日”だ。
将来、この日、この時刻にまた大戦を起こそうとする者が東アジアに現れるだろうが、
自分以外の誰もこの日を所有できない……」


ナチス・ドイツ軍とスロバキア同盟軍は1939年9月1日 午前5時、ポーランドへ侵攻。ポーランドの同盟国であったイギリスとフランスが相互援助条約を元に9月3日にドイツに宣戦布告して第二次世界大戦が始まった。さらに9月17日にはソビエト連邦軍がポーランド領内にドイツに続いて侵攻し、火種がドンドン大きくなっていった。

確かに、この予言通りヒトラーはWW2を引き起こすことに成功した。

そして遠い将来、「東アジア」で同様の軍事衝突から大戦へと火種を大きくしようする者があらわれると予言。テレホンヘヤーの男がその候補筆頭だが、北朝鮮の本体は日本であることや、満州派と京都白足袋族は一体化してしまったことから、グレンザイダーを狙う日本在住の某人物なのかもしれない。

以上からこの9月1日(金曜)が北の宣戦布告(突如南進)が一番濃厚な日だと睨んでいる。

昔から「決戦は金曜日」というのがセオリーなのだす。
※ヒトラーが侵攻した1939年9月1日も金曜日



吉(十 + 丘) + 田 + 美 + 和

つまり、この字の意味する内容は、、、「吉」・・・磔刑、「田」・・・降ろされた遺体を囲んで見守っている、その中に「美」(美国=アメリカ)と「和」(日本)がいるという状況とも読めるが、、、、果たして、、、

決戦
(「田」の状況、、、、これは枢軸国側【レッドチーム】の終了か?)

もうそう時間がありませんね。でも、これで韓国のソウルは焦土となるが韓国大財閥(裏で日本の財閥が糸引き)も解体され、半島に本当の「地上天国」が到来するかも、、、、金毛九尾妖狐のチョア様が逃げ出してしまった時点で、亡国フラグは立ってしまったのだすよ。
スポンサーサイト

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

その9月1日金曜日の朝

今日何か起こるんですかね

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。