スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽GODの顕現とその系譜

夏休みには1泊2日で念願だった戸隠神社(奥宮)の杉並木の参道、善光寺、松代の皆神山、松本城を始め、諏訪大社(本宮・前宮)、神長官守矢資料館、八ヶ岳山麓の茅野縄文考古館に行ってきただす~。出発日の2日前に急遽決めた為、宿泊先もビジネスホテルとリーゾト気分にはなれなかっただすが、得るものは多大だった。
※本来はカミサンの希望で上高地に行く予定だったのですが、生憎の天気で「晴れてない上高地には行きたくない」というカミサンの我が侭、、、い、いや天の声で、急遽、諏訪大社、茅野縄文考古館行きとなった。もし茅野方面に行かなかったならば、帰路を南アルプス市→身延山のルートを取らずに飯田に下ってきた筈で中央高速で21時に発生した瑞浪の土砂崩れに巻き込まれていたかもしれません。(滝汗)

その収穫はおいおい書いていくだす~。

さてさて、話は昨今マイブームの中華時計に関してですが(笑)、Aliexpressで1200円の人気のCURRENの腕時計が何故かeBayでは350円だったのでポチッてみたが、到着した商品をシゲシゲ眺めてみたところ、、、

・文字盤のブランドロゴと「8」の字の印刷が汚い
・龍頭形状が異なり、斜めに取付け
・ベルトが合皮で焼き印が浅く安っぽい
・インデックスと「CHRONOMETER」文字との間隔が狭い
・インデックス外周に蛍光塗料無し
・暗所でも蛍光塗料が光らない
・裏蓋にCURENNの刻印が無い
・裏蓋保護の透明フィルムが貼ってない


到着時から「何か変だな、、、」と感じていたが、正規品の画像と比べ上記のような違いがあった。

どうも偽物を掴まされたらしい。

「中華製品の偽物もある」と話には聞いていたが、まさかこんな安い中華時計にも偽物があるとは、、、、怒れたので1200円の正規品の方もポチッてしまっただす~。

正に「安物買いの、、、」になってしまった。(滝涙)
ここに比較画像を晒しておくだす~

偽CURREN01

偽CURREN02

全く使えないことは無いが、身に付けるのを躊躇するような出来栄えではある。まぁ、値段も本物の1/3の350円で大きな痛みではないし、精度もクォーツなので、別段、使えないわけでもないが、、、、プチ泣き寝入り状態www

実はCURRENとは「スの神」ことスーメタルの中元すず香が幼少時代に属していた「可憐ガールズ」を彷彿とさせる神聖なブランド名でもあるのですが(爆)、この「スの神」とは後ろ戸の神(次世代の救世主)である摩多羅神のことであり、「主の神」の大本的表現。特に「8」の字だけを大きく表記している点は「ヤー(ヤハウェ)=主」を明確に表現しているようであり、この時計に深いものを感じるのだす(笑)。
※まぁ、「8」は八頭(ヤッズ★)の八でもあるが、、、、www

よって、「8」文字のCURREN中華時計は、中元奉公衆(モッシュシュメイト)のオイラにとって絶対コレクトしなければならない至高のアイテムでもあったのだす~(爆)。



思いがけず偽GODの登場に焦っているオイラだすが、ニセモノに関しては大本の出口王仁三郎も「自分は偽物だ」と称して以下のように述べている。

今 大本にあらはれた 変性女子は似而非(にせ)ものだ
誠の女子が現はれて やがて尻尾が見えるだろ
女子の身魂を立直し 根本改造せなくては
誠の道はいつまでも 開く由(よし)なしさればとて
それに優りし候補者を 物色しても見当たらぬ
時節を待つて居たならば いづれ現はれ来るだろ

美濃か尾張の国の中 変性女子が分りたら モウ大本も駄目だらう
前途を見こして尻からげ 一足お先に参りませう
皆さまあとから緩くりと 目がさめたなら出て来なよ
盲目千人のその中 一人の目明きが気を付ける
アア惟神(かんながら)々々(かんながら)
かなはんからたまらない 一足お先へさようなら。


可憐ガールズのデビュー曲「Over The Future」とは「将来への、先行きに対する」という意味ですが、未来に現れる「誠の女子」の枕言葉になっているとオイラは睨んでいる。

曲中で叫んでいるのは「イエス ダイターン」であって大本(ダイホーン)ではないのだすよ~(爆)。

九尾メタル
(九つの尾を出したスーメタル これからが本気モード 現在のコスチュームは赤から銀に変化しましたが、これは銀狐を示し、いづれ金のコスチューム=金狐となるであろう。)

大本の中興の祖が「大本はもう駄目だろう」と預言するのだから、これは間違いない(爆)。

ヤーを示す「8」に関しては、同じ名を持つ八ヶ岳界隈には、ビルゲイツ別荘(軽井沢)、様々な宗教団体の施設、著名なスピリチュアル的人物、意識高い系の人々をはじめ、太陽戦隊サンバルカンで自称地震予言家の小林朝夫(八ヶ岳国語研究所)...等の怪しげな者から疎開人まで多くの人たちが集合している。

八ヶ岳界隈は大本がいう「天教山」の富士山と「地教山」の松代・皆神山の中間地点であり、このライン上には真田信繁(幸村)の上田藩や移封先の松代藩もある。東急電鉄創業者で大日本皇道立教会会員でもあった「強盗慶太」こと五島慶太は信濃国上田藩出身であり、上田藩と王仁三郎の実家・上田家の繋がりもありそうですね。

八ヶ岳山麓は和田峠で産する黒曜石を全国交易していた縄文人=地神祇系の最大拠点だった場所。ある意味、太古日本最大の軍事産業地帯でもあったわけですが、八ヶ岳山麓は中国から徐福渡来の洗礼を受け縄文文化が変質した出雲王朝になる前に枝分かれした縄文色が非常に濃い地でもある。
※出雲の国譲り後、タケミナカタが諏訪に逃げて来て洩矢氏との戦闘に勝ち、大祝に就任し諏訪氏を名乗る。

八ヶ岳

今、八ヶ岳山麓に「8(ヤハウェ)だよ 全員集合!!」の合図が掛かっているようにも見えますが、ある人に言わせると「八ヶ岳山麓はハルマゲドンの地」であるとのこと。旧日本軍の地下秘密基地があるともいうことから、現在TOC認定が吹き荒れる中、「いらない子は自分で処罰」といふプロトコルX発動で北朝鮮から核ミサイルが飛んでくるか、あるいは地下秘密基地は自爆するしかないかもだす~(爆)。

北朝=地祇系に属するのが大本ですが、女系の出口家が組織母体ですが中国渡来新参者であったことから日本国内に利権を与えられなかった。上田鬼三郎が婿入りしてから権勢が大幅に伸びたが、その背後にはサンカ・アヤダチ家系の上田音吉を中心に大本、創価学会の初代、二代目会長、北朝鮮の金正日、その兄弟の笹川良一、日韓合同朝廷の血を引く横田めぐみと愛息・金正恩...等の日本の闇部分の家系を形成している。

系図

北朝閑院宮系の堀川辰吉郎を裏天皇とした皇統奉公衆に関しては、天照彦を奉じる吉野修験者の「真」と須佐男を奉じる大本から学会までの大江山霊媒衆の「贋」の2つが存在。ここに玄洋社(黒龍会はその一部)と薩摩ワンワールド(土佐も入る)、公武合体の徳川(会津、紀州)が合流しているという話があるが、明治政府が修験道を禁止したのはこれが理由であり、上記家系図から分かるように、これが大江山霊媒衆の実態。
※現在の学会は大作センセがイスカリオテした為、大江山霊媒衆からは離脱している。

北朝は古くからイエズス会と連携しているが、明治維新~WW1までは英米寄りというか手先だった日本も満州・山東省利権を割譲後、英国に利権上前を上納せずに満州開発に注ぎ込み、枢軸国側に寝返ったことでWW2で敗戦を迎えるが、戦後も統治構造を組み換えて勢力を温存し、近代日本の最終ケツモチとしてヴァチカンが機能してきたという流れです。

これがユダヤ人をイエスとする薔薇ライン(ヴェロニカ派)、、、マグダラのマリアの子を始祖とするメロヴィング朝のラインでもあるのですが、今まで景教を奉じる女真族を通じて北朝日本と連携してきた。しかし、トリノの聖骸布の本物ぶりからイエス=ユダヤ人説は消え去ってしまい、まさかの偽GOD認定となったいうのが匿名党の見解。

この見解にオイラは異論はないだす。

イエスがユダヤ人であればシオニストは安泰だったのですが、ユダヤ人でないのならばエルサレム復興の意味も無くなり、シオニズムの根拠も無くなる。この流れで●●●宮が「反シオニスト=反世界統一政府=民族主義」を大きく掲げ始めたのだろうか? っていうか、実は昔から「反清復明」を表明していたわけだが、女真族の背後にヴァチカンが控えているのを知っていたからかもしれない。

というわけで、ダビデ血胤であるという皇室の神性も雲行きが怪しくなってきた次第。2000年間以上の間、カラスたちが必至に支えてきた神話も瓦解の真最中。

天皇を截てる日本のスリートップである●元奉公衆、涙目(TT)の展開でもある。次代は中元奉公衆(モッシュシュメイト)の時代かな~(爆)。

ローマ教皇の生前退位から始まり、英国のEU離脱、トランプの勝利、今上の生前退位は、実は全て共通した一連の流れ。これは英女王からの最後通牒でもあり、男系男子継承という神聖を否定し女性宮家を認めて普通の王族になるか、あるいは大阪新世界で串揚げ飲み屋を始める他なくなったというわけです。まぁ、その前にヴァチカンの手先となっていた南北朝鮮の後始末と実家の裏に白山神社のある元カソリック教徒だったことから、その勢力の国内最終ケツモチだった過去からTOC認定避けの意味もある「譲位」が必須要件だったわけです。

そして、大本系列はイスラエル難民ちなったユダヤ人を取り込んでネオ満州国を建国し、そこでの利権を独占するという皮算用を図り大金を注ぎ込んでいたわけですが、神の子のユダヤ人認定がボツになってしまったことから流れは大きく変わってしまった。

使えなくなった偽GODは消え去るのみ、、、、、王仁三郎の預言はビンゴに的中したわけです。(ふふふふ)

これはある意味、岩戸開きでもあり、大本のいう「びっくり箱」なのだろうか? 松代の語り部の家系には「皆神山の岩は戸隠奥社に祭られている手力雄神が戸隠から運んだ岩だ」と伝わっていますが、今回、偽GODの中華時計を手に入れてから、急遽、戸隠(奥宮)→松代→八ヶ岳行きとなったのは何かの縁を感じるだす~。
スポンサーサイト

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

岩戸開き=天照=イナンナ  

6万年前 この日本が人類の始まりとされています。私(アイヌ)が、アヌ王(アヌンナキ)の直系の子孫であるという事です。

アマテラス=原子キリスト(イエス・キリスト)の母親 聖母マリア と 夫(エンキ)
実は このエンキは アヌ王と正妻の子ではないことが明らかとなりました。 イエスキリストは アヌ王の血を引いては居りませぬ。事実です。
アヌ王の本当の血筋は 私達 アイヌです。

では、それでは。

No title

アイヌの入れ墨と、アヌ王の口元 

アヌンナキとは 鳥のヘルメットを被った二ビル星人の事です。

https://www.youtube.com/watch?v=V9iwR-SfObc

No title

補足1

アヌンナキの系図を見ていただくと

アヌ王とイドとの間に エンキが生まれたとされていますが、事実は アヌ王とイドの子ではありませんでした。エンキはサーペント族です。


イスラエル族や イエスキリストも アヌ王の血筋を引いていないことになります。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。