スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繊維派と金融業のタペストリー分析(4)

途中、正男友愛事件や南極の巨人という魅惑的なことが起きてしまった為、浮気をして記事を書いてしまった、、、、時間が超絶に長く掛かってしまったが、この回でまとめに入る。

多くの地方銀行は明治時代初期に誕生した国立銀行が母体であり、その歴史は100年を越えますが、それとは別の流れが庶民金融を担っていた「無尽会社」という流れ。

戦時統制下で戦費調達の為に、無尽会社を「西日本無尽」「大日本無尽」の2つに集約化が行われたが、それらとは独立を保ったのが加賀前田家が金主である「七福無尽」。近年、三木無尽を発祥とする戦後初の破綻銀行となった兵庫銀行を取り込んで「みなと銀行」となっている。

八福神
(七福神なんて中国のパクリ以外の何ものでもないw)

この「みなと銀行」をケースに金融業界の再編を見ていくことにする。

1951年・・・金銭無尽が禁止され、無尽会社から相互銀行に移行
1986年・・・英国発で金融ビッグバン
【1986年12月~1991年2月 バブル景気】
1989年・・・相互銀行から第二地銀に転換
1989年・・・第二地銀から普通銀行に転換を促し中
1996~2001年・・・日本版金融ビックバン(第1次)
2002年~・・・銀行業・保険業・証券の垣根撤廃の規制緩和(第2次)


1986年、サッチャーの英国発で金融ビッグバンが起きたわけですが、日本の金融業界は各種しがらみや護送船団方式によってなかなか統合化が進まなかった。世界の主要国が金融ビッグバンで金融自由化転じた後も、日本のみが護送船団を守ってきたため、結果的に日本の金融の地位低下を招き、金融ビックバン前には日本の金融機関は欧米に比べて10年以上も遅れをとっていると言われるようになった。

ただし、バブル景気を挟み、不良債権で自己資本増強の為に吸収合併していくことで日本も周回遅れで金融自由化&メガバンク化していった。住友銀行の場合、イトマンへの放漫融資で闇社会に蝕まれ、自主再建出来ないところまで経営が追い詰められ、さくら銀行と統合してSMBCのメガバンクが誕生という数奇な経緯を辿っている。

つまり、バブル景気による不良債権が基となり、日本版ビッグバンが達成出来たわけですが、逆にいえば、日本版ビッグバンを達成する為に土地投機のバブル景気が引き起こされた、、、、といえのかもしれません。

というのも、兵庫銀行のバブル化の経緯を見ればわかるようにサッチャーの金融ビッグバン(1986年)以降である1987年から融資先が不動産や株式投資に注力し始めていることから、「実は、、、そうだったのではないか?」と見えてくるわけです。

それまでは、銀行の破綻処理スキームは破綻懸念行に優良債券を残し、不良債権を分離して受け皿銀行に移す。その受け皿銀行に公的資金を注入して再建という形をとっています。こうして戦後、破綻銀行を出さずに「護送船団方式」で金融機関を守ってきたのが、それまでの日本の金融行政。ある意味、社会主義的なあり方です。

しかし、その破綻銀行を一行も出さないという神話が崩れたのが1995年8月に破綻した兵庫銀行のケースです。これは戦後初の銀行破綻になりますが、この場合は受け皿銀行である「みどり銀行」に資産を移し、兵庫銀行を救済せずに潰している。しかし、そのみどり銀行も経営悪化し、阪神銀行に吸収合併され「みなと銀行」(三井住友系列行 2016年末時点の貸出金残高は2兆5348億円)となっている。

この兵庫銀行のバブル化の流れを見ていくと、、、、、

加賀前田

(兵庫銀行バブル化の経緯)
1)1970年就任した長谷川寛雄・兵銀社長が積極的な拡大路線を開始
2)1971年に高松相互銀行と合併し香川県や徳島県にも店舗網拡充
3)1981年、元日銀考査局長を社長に迎えた
4)1982年、元国税庁次長と社長交替
5)中央とのパイプ作りが奏功し、1987年には預金量が1年に1兆円増大
  (資産1.8兆円、資本金110億円【1985年】 → 資産4.4兆円、資本金640億円【1990年】へ急膨張)
6)1989年2月、普通銀行へ転換


急激な膨張の裏には、1985~1994年度推移の主要業種別貸出件数が製造・卸小売飲食ともに半減していることから、製造業や卸小売飲食をスルーし不動産や株式投資に注力していた実態が明らかになっている。

では何故、兵庫銀行を破綻させたのか?

これは兵庫銀行が破綻した1995年というのが理解するポイントでしょう。

実は、この1995年は日本にとって非常にヤバい年といわれる年であった。1989年の大納会には史上最高値の38,957円を付けたのを最後に、翌年は追い越せず、1991年3月から1993年10月に渡って株価が暴落して景気が後退化していった。

最高値から6年後の1995年に起きたのが、、、、

1995年・・・1ドル50円の超円高時代
1995年1月6日 明け方・・・阪神淡路大震災発生
1995年3月20日 朝・・・地下鉄サリン事件発生
1995年8月・・・兵庫銀行、戦後初の銀行経営破綻
1996年1~6月・・・住専国会


阪神淡路大震災も3.11同様、人工地震説が根強い地震ですが、オウムの地下鉄サリン事件はこのタイミングを狙って起こされた人工的な災害なんは明白。この時期に東西に渡って破滅的なことが起きているのは特筆すべき点ですね。

これは全て計画的に起こされたショックドクトリンであったのだろうと睨む。

超円高、大地震、サリン、銀行破綻、、、、この当時の日本人は「もう日本はダメかも~」という雰囲気が世に流れ、かなり追い込まれた精神状態であったと思う。で、世の中がこういう状態の時を狙って改革を進めたちゅーか、改革(ビッグバン)の為に意図的に引き起こした。

では「誰が?」という話になりますが、それは日本人の顔をした日本人でない者、、、つまり日本の本当のオーナーですね。一向に進まない金融改革を一気に推し進める為の劇薬です。そういう点では3.11も同じような理由で起こされたのでは?と想像が及びますが、東芝の例を見れば何となく分かりますね。

原子力から「○○○○でGO!」なのかもだすよ~

つまり、業界再編のような大掛かりなものは官僚、即ち、国家公務員には出来ない。もしそんなことをすれば、国家権力発動による特定民間会社へ利益供与で逮捕されてしまう。だから裏が動く。裏が動いて表が追従し業界再編を完遂させるわけです。この一連の記事のテーマである「機屋には貸せるが、鍛冶屋には貸せない」という住友銀行のトヨタへの貸し剥がしの件も、実はそのような奥の院(三派閥ある?)の考える業界再編の一環だったのではないかという結論になる。

まぁ、哀れなのはそれに翻弄される国民ですね、、、(滝涙)

ノンバンク破綻の住専に6,850億円の公的資金が注入されたのを皮切りに、ゾクソクと破綻行に公的資金が投入されたわけですが、兵庫銀行の場合、一連の破綻処理で投入された公的資金は約1.5兆円。つまり、兵銀破綻時の公表不良資産1.5兆円はほぼ全額が回収不能になったという。

金融機関に対する資本注入は、増資と言う形で金融機関の発行する優先株式や劣後債の買い入れや劣後ローンの引き受けを整理回収機構が行い、必要な資金を預金保険機構が貸し付け、債務保証や利益の収納等を行うと言う形で行われている。この資本注入の事を一般に公的資金の投入と呼びます。

公的資金の投入は日本債券信用銀行の債務超過を穴埋めの為の3兆2,428億円というのもある。それ以外にも、金融機能安定化法に基づく1兆8156億円、早期健全化法に基づく8兆6053億円、預金保険法(危機対応)に基づく1兆9600億円の総額12兆3809億円が注入されている。

では、そもそも公的資金とは一体何なのか?

*******************************
■公的資金
公的資金とは、国・地方公共団体またはこれらに準ずる者が企業に注入する資金である。なお外国では公的資金(英: public fund)のような表現はあまり用いられず、より直接的にtaxpayer moneyあるいはtax money、つまり「税金」と表現される場合が多い。ただし、直接の税金であるとは限らず、各国の中央銀行や各国の預金保険機構などの政策金融機関による特別融資という形式をとる場合がある。

現在、預金保険法に基づいて預金保険機構が金融機関の破綻処理を行う時の債権の処理の際、受け皿金融機関に対しておよび預金保険機構の委託を受けて債権の買い取りを行う整理回収機構に対しての資金援助という形で投入されたり、金融機能の早期健全化のための緊急措置に関する法律(早期健全化法)等に基づく資本注入のための劣後債や優先株式の購入資金の貸付けという形で投入される。
*******************************

*******************************
■金融機能の再生のための緊急措置に関する法律
(平成十年十月十六日法律第百三十二号)

(借入金及び預金保険機構債)
第六十五条  機構は、金融再生業務を行うため必要があると認めるときは、政令で定める金額の範囲内において、内閣総理大臣の認可を受けて、日本銀行、金融機関その他の者から資金の借入れ(借換えを含む。)をし、又は預金保険機構債(以下「機構債」という。)の発行(機構債の借換えのための発行を含む。)をすることができる。 この場合において、機構は、機構債の債券を発行することができる。
*******************************

つまり、公的資金は必ずしも我々の税金からではないわけです。税金ならば素直に「公金」と表現する筈ですが、あくまで「公的」という曖昧な表現になっていることから、その素性が何となく分かりますね。

日本政府の一般会計には余剰なお金はないわけであり、注入される公的資金は「これらに準ずる者」から貸付け、あるいは無償贈与という形で投入されるのが主ではないかと睨むわけです。

*******************************
ヘッセンは簿外資金置き場を知っています。
(中略)
世界は、この基軸通貨の権利を争う為に、裏で金塊の保有量競争をやってるんです。
この資金の後ろにある金塊が世界の9割で、市場に出てるのは10%
で、簿外資金置き場である特別会計の中でも、メーソンは主に🔴🔴🔴⚪️資金特別会計法を使うんです。

■【面白いのは福沢諭吉より義息子・福沢桃介 目には目を、ベルファシにはベルファシを】
http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-295.html
*******************************

つまり、特別会計が簿外資金の出口。

ここのある特定口座(?)から簿外資金が出て行き、公的資金として注入されていったのでしょう!

その資金の性質を知るのがメーソン、イエズス会...等がケツモチの秘教団体であり、その口利きをしていると睨んでいますが、これが著名な経済人が金光教、オイスカ...等、怪しげなカルトっぽい宗教法人の信者になっている理由なのでしょう(爆)。

そして、その資金還流が止められてから既に20年以上が経つわけですが、それは前記事で書いた大物政治家を巻き込んだ第一勧業銀行の大型手形搾取事件が停止の1つの契機になったのではないかとオイラは睨んでいる。
※まぁ、これすらも簿外資金搾取の氷山の一角なのでしょうが、、、、

まぁ、平成おじさんなんて死に方からしてチョー怪しいですね。
娘も娘で、PCのHDをドリルで破壊しているし、、、(爆)
スポンサーサイト

Comments

No title

◆社会の階級

※戦後日本のマスコミが使わなかった言葉が階級(Class)
※カレルヴァンウォフレンによると「日本の教育は労働者階級育成システム」(日本権力構造の謎)

----上流階級:一族:保守主義:旧貴族
上位中流階級:一族:自由主義:高学歴+学者+実業家+資産家
中位中流階級:市民:民主主義:ホワイトカラー
下位中流階級:国民:国家主義:自営業+公務員
----下流階級:人民:社会主義:ブルーカラー

◆宗教の宗派

※仏教=卍=国家民族主義=強制同一化政策=複数の民族を強制的に一つの民族にする手法
※仏教の僧侶=釈迦族=アーリア族 ※日独伊三国軍事同盟の犯人
※藤原氏の貴族が『頭(天皇)』を下の身分に落として階級制度を作った

『頭』→仏教真言宗 ※天皇=北朝系に封じられる
『首』→仏教天台宗 ※北朝系皇族+北朝系公家=北朝系貴族荘園体制
『肩』→仏教臨済宗 ※藤原五摂家(近衛閥+九条閥)+武家=北朝系幕府体制
『脚』→仏教曹洞宗 ※下級武士
『骨』→仏教日蓮宗 ※商工業者=階級が下がった旧平家の血統を保管するために創設
『血』→仏教浄土宗 ※商人階級
『指』→仏教浄土真宗※南朝系労働者階級(近衛閥+九条閥+仏教天台宗青蓮院門跡傘下)=従属階級

※日蓮宗と浄土真宗の仏壇と神道のお神輿と水商売の店が華やかな様式美文化なのは
文化を作る血統である平家の血統が下の身分に落ちたため
※倭国=周王朝分権体制=姫氏 ※白村江の戦い敗北者
日本国=唐王朝傀儡政権=李氏 ※白村江の戦い勝利者

◆新聞の階級

上位中流階級→朝日新聞 ※名門+高学歴御用達
中位中流階級→毎日新聞 ※ホワイトカラー
下位中流階級→読売新聞 ※自営業+公務員
----下流階級→大衆紙  ※ブルーカラー

※日本の新聞は高級紙(大新聞)と大衆紙(小新聞)の中間紙

◆スポーツと階級

上流+上位中流→ラクロス+乗馬+ゴルフ
中位中流階級 →ラグビー+テニス+ゴルフ
下位中流階級 →野球+オリンピック種目
----下流階級 →サッカー

名無し様~♪

コメントありがとうございます!m○m

> ※藤原氏の貴族が『頭(天皇)』を下の身分に落として階級制度を作った

> 『頭』→仏教真言宗 ※天皇=北朝系に封じられる
> 『首』→仏教天台宗 ※北朝系皇族+北朝系公家=北朝系貴族荘園体制
> 『肩』→仏教臨済宗 ※藤原五摂家(近衛閥+九条閥)+武家=北朝系幕府体制
> 『脚』→仏教曹洞宗 ※下級武士
> 『骨』→仏教日蓮宗 ※商工業者=階級が下がった旧平家の血統を保管するために創設
> 『血』→仏教浄土宗 ※商人階級
> 『指』→仏教浄土真宗※南朝系労働者階級(近衛閥+九条閥+仏教天台宗青蓮院門跡傘下)=従属階級
>
> ※日蓮宗と浄土真宗の仏壇と神道のお神輿と水商売の店が華やかな様式美文化なのは
> 文化を作る血統である平家の血統が下の身分に落ちたため
> ※倭国=周王朝分権体制=姫氏 ※白村江の戦い敗北者
> 日本国=唐王朝傀儡政権=李氏 ※白村江の戦い勝利者

前回も情報頂きましたが、この辺が非常に興味深い内容ですね。
少し洞察しましたが、まだまだ洞察し切れていない状態(滝汗)。

また臨済宗はオイラ一族の菩提寺の宗派ですが、
一応、この寺院は東三河で一番格式が高い寺院だとか、、、

まぁ、家紋が九州王朝のものだという怪しげな噂話もありますので、
「何か関連があるかも、、、」とドキッとして眺めていましたが、

ただオイラ一族は上級武家とは関係なさそうで、何も繋がりが見出せませんでした。
(近くにこの寺しか無かった為に檀家になった程度では?www)

上記区分は京都ではいえるのではないかと思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。