スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAGIC OF UMBRELLA

AOAが待望の1stフルアルバム「ANGEL’S KROCK」でカムバックし、たて続けに2曲の新曲動画をリリースした。モッシュシュメイト、、、い、いやピンクパンダ、、、、いやいやエルビスのオイラにとって、新年から喜ばしいことこの上もない。

1つ目はExcuse Meだす。



探偵というか女犯罪捜査官が、ターゲットから証拠を掴むという内容ですね。

そして、もう1つはBing Bing (MAGIC OF UMBRELLA)です。



チョア様、ソリョン、ミナ、、、、サラゲだす~♪

Bingには米国俗語で「監獄」「刑務所」「麻薬」という意味がありますが、本来のBingの由来は「有求必応」という中国語。 「有求必応」(求めれば必ず叶う)の「必応」の発音が「Bing(ビング)」であり、ここから「必ず見つかる。非常に正確」という意味となる。その先の展開として、麻薬が見つかって刑務所入りという流れから俗語の意味になったわけです。

先の「Excuse Me」と関連がありそうな流れになっていますね。

副題のMAGIC OF UMBRELLA(傘の魔術)ですが、MV動画には一切出てきませんでしたが、Teaser動画の方にはビンビン出ています。どうもダンスバージョンが傘踊りになっているようです。

アンブレラ01

さて、アンブレラといえば、バイオハザードに登場するアンブレラ社がらいますが、このアンブレラ社はコールドスリープやクローン人間の技術を持ち、裏で生物兵器を開発して闇の組織に転売することで利益をあげているという秘密組織のような設定になっています。そして、その生物兵器が予期せぬ事態を起こし『バイオハザード』という事態を引き起こしたというストーリーになっているのですが、それはあくまで架空での話。

しかし、ヴァチカンのローマ教皇が儀式の際に着る祭服の肩掛けには、あのアンブレラ社のロゴが縫い付けてあり、闇の組織との癒着か?と海外で話題になっていた。

アンブレラ02

う~む、ヴァチカンの三位一体のドグマ(教義)で毒された場合、キリスト再臨を待ち望むことから、その前に樹立しなくてはならない世界単一政府という「千年王国」建国に突き進んでいますが、こういった内容を疑うことなく吹き込まれて洗脳されたゾンビが大量に生まれているわけです。またヴァチカンはナチス始め世界のテロカルトの御本尊でもあるので、闇組織との繋がっているという内容もあながち架空の話とはいい切れないなぁ、、、(滝汗)。

この傘状の赤い十字マークは、マルタ十字や黒十字にも似ているが、マルタ十字にようにV字型にはなっていないし、黒十字のような縁取りもない。非常に謎めいたシンボルではある。

ヴァチカンで傘といえば、Umbraculumがありますが、、、、

これはかつて教皇のために日陰を提供していた傘で教皇庁のレガリア。現代ではUmbraculumはローマカトリック教会のシンボルであり教皇の権威を示す。それは幅広い交互の金と赤の縞模様を持つバルダキン型キャノピーのような形をした傘。ナポレオン戦争(1803年-1815年)後から「白」が教皇の色として使われ始めたのですが、それ以前はそうではなかった。

15世紀のボルジア家の教皇アレクサンデル6世(在位:1492年 - 1503年)が、教皇の「力」の象徴としてumbraculumを使用した最初であり、当時の教皇はこの日傘の天蓋の下で屋外を歩いていたところから由来する。

このUmbraculumを図案化したシンボルが教皇祭服の肩掛けに刺繍されたものなのですね。

アンブレラ03

つまり、映画「バイオハザード」は裏で戦争をマッチポンプで起こし、麻薬や人身売買、武器転売で利益を得ていた宗教利権屋としてのヴァチカンをアンブレラ社のマークを通じて暗に批判暴露していたというわけです。

だが、この悪の巣窟であるヴァチカンに対し、「Excuse Me、ちょっといいですか? 貴方は神を信じますか?」とリアルGODからの御使いである天使の訪問を受け、コンコンとノックされ、このままでは全員刑務所行きビンビンだぜ~となって自爆シーケンスの「プロトコルX」を発動させ、現在、大掃除の真最中。

これが前教皇退位から始まり、今上の退位、英国Brexit、トランプ当選と一連の怒涛の展開が今起きていいる理由。これはシオニストと○○○宮の戦い、繊維派(宗教利権屋)と毛皮派(反宗教利権屋)の戦い、反GOD派(the Bible of GOD派)とGOD派の戦い、ヴェロニカ派@汚腐乱巣とフレイ@ヴァイキングの戦い....と称されるゾロアスター教を祖とする世界宗教界での浄化の戦い。当然、ベルファシ内部争いではありますが、、、

この戦いの中、ペンシルバニアのクェーカーに多くいる国際秩序維持派が後者側に付いたというのが、現在の戦いの構図なのであろう。そして、後者の勢力が着々と地歩を固めてきて勢力拡大してきているという感じです。

以上のように、旭日旗のような世界連邦脳柄のアンブレラを一旦閉じ、別柄のアンブレラを開くことになったチュ~わけです。

アンブレラ04

当然、古くからここと繋がっている日本も芋ずる式なTOC認定を避ける為に、最終ケツモチの名代は傘を閉じないとならなくなったわけですが、これが今上爺の「退位」であり、決して「譲位」が先にあっての「退位」ではなく、あくまで「退位」が先にあっての「譲位」なのですね。だから「摂政宮」を置くことで済む話ではないのです。この辺のことが読めないKYな人が実に多い。

そして2年後の2019年1月1日、、、、ビリケン広飲み屋が天皇即位し、「新世界の福の神=ビリケン」となるわけですが、何故か元号もこの時に発表するのだという。これではカレンダーも手帳も間に合わない。これは間違いなく「唐物との決別」、、、、つまり、「元号無しでGO!」ということで決まりだすな。

で、今度開くことになる傘の新しい柄は、、、

。。。。。

。。。。。

こんなん出ますた(爆wwwww

アンブレラ05

これが、、、MAGIC OF UMBRELLA(爆)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。