スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢沖地震とショーンK

ちょっと前、イケメン過ぎる経営コンサルタントのショーンK(ホラッチョ川上)氏の学歴詐称問題が3月末にありましたが、これは 「両耳が聞こえないふりをしていた作曲家」の佐村河内守以来の大物の出現(爆)。

このことにオイラの心は揺れ動き、手に汗握る日々でした。

実際、4月1日には伊勢湾沖でも揺れましたけどね(滝汗)。

ただ当地では震度2程度でしたが、波動に疎いオイラは相変わらず何も感じなかった(あはは)

今回の地震、3.11同様のプレート型の長周期地震だったそうで、今後起きる東南海大地震の予震という見方もあります。例によって地球号があの海域を調査の為にウロチョロしていたというが、オイラは3.11地震は海底地殻切削孔の上部に付けた爆薬をリモートで3箇所同時起爆させ、切削孔内の海水をプレート境界部に一気に押し込んで、プレート境界部の高熱高圧で水爆を起こさせるという原始的な方法で人工地震を起こしたのだろうと睨んでいますが、今回のも同様の地震だと睨む。

5月に志摩でサミットがある為、今回の件で官邸筋はきっと冷や汗を流しているでしょう。

オイラが開かずの間のダンシャリを始め、いままで溜め込んでしまった「捨てられなかった過去の遺物」の処分を始めたのが3月末。今回はありとあらゆる膿を出し切り処分する覚悟。使えるものは改良を施しリユースしていますが、有る意味、オイラん家の三千世界の建て直し。

処分完了したら、嬉し嬉しの弥勒の世の開始です(爆)。

う~む、今回の地震は何かシンクロしていそうで不気味だす~ぅ。

さてさて、話は戻りますが、ショーンKは年商30億のコンサルタント事務所の経営者、テンプル大卒、ハーバード大でMBA取得、そして数々のCMに起用される程の低い美声ボイス、極めつけはハーフ顔のイケメン、、、、

これが本当だったのなら、、、、

まさに、、、パーフェクトヒューマン!!


(オリラジもお笑い芸人なのにミュージシャン顔負けというギャップがいい)

しかし、実態は熊本出身の本名・川上信一郎で生粋の日本人。ハーフ顔も整形疑惑が持たれている。

だけど、彼は潔いし憎めないし、オイラは好きですね~
どこかのマックの女社長のように悪あがきもなく、潔く自粛している点など、経営コンサルタントとしてしっかりリスク管理がしできていますね。

ノーパンシャブシャブの東大卒官僚よかいいではないですか!
ホリエモン同様、実力はあるので早々の復帰を望んでます。

で、このショーンKはなんちゅーかチプカシのようにも見える(爆)。

  

性能はダントツ、見た目もいい。
でも、実は超絶安い(庶民的)。

このギャップがたまらないwww
ショーンKをオイラのコレクションに是非加えたいところだす。

にしても週間文春は飛ばすなぁ、、、、やり手編集長のお陰という話だが、ただ対象がTPP報復的な甘利大臣の賄賂話もあるが、ゲス&ベッキーの不倫、ショーンKの経歴詐称というように立場が弱いタレントのどうでもいいような話を狙っており、確かに話題にはなり発行部数も伸びるが、強大な権力や悪に俄然と立ち向かうという本来のマスコミ的姿勢が全く感じられず、高尚な雑誌からタブロイド誌並みの下劣な雑誌に成り下がり、獣のような性来になってしまった。

まぁ、この文春ビーストモード化もネット隆盛による広告量の激減という背景もあるわけだが、、、、

神世のひみつと知らしてあるが
いよいよとなりたら地震雷ばかりでないぞ
臣民アフンとして、これは何とした事ぞと
口開いたままどうする事も出来んことになるのぞ
四つん這いになりて着る物もなく
這い回る人と、空飛ぶような人と、ハッキリ分かりてくるぞ

は獣の性来いよいよ出すのぞ
火と水の災難がどんなに恐ろしいか
今度は大なり小なり知らさなならんことになりたぞ
一時は天も地もまぜまぜにするのざから
人一人も生きてはおれんのざぞ
それが済んでから、身魂みがけた臣民ばかり
神が拾い上げて弥勒の世の臣民とするのぞ
どこへ逃げても逃げどころないと申してあろうがな


マッチポンプ予言の機は熟しつつあるように感じる。
スポンサーサイト

Comments

真竹取物語1000年王国

伊勢沖地震とショーンK
ちょっと前、イケメン過ぎる経営コンサルタントのショーンK(ホラッチョ川上)氏の学歴詐称問題が3月末にありましたが、しかし、実態は熊本出身の本名・川上信一郎で生粋の日本人。ハーフ顔も整形疑惑が持たれている。

以上、彼が熊本出身なら、熊本地震の原因は、整形のような破廉恥な行為を禁じる神仏の思し召しと解釈したくなる。
熊本出身の森高しか思いつかなかったが、私がニビラー(当時はマルドゥク)になったのは、松本零士(熊本霊士?)の新竹取物語1000年女王がサンケイ新聞に連載された1979年の事でした。
1999年9月9日、謎の第10番惑星ラーメタル接近、人類滅亡を救う1000年女王をヒントに古今東西全ての預言書を読みあさったら、竜女仏こそ1000年女王がモチーフになっていて、世界の預言研究家が日本のどこに生まれ、全ての預言を成就して弥勒仏から教えを継いでいた事を発見した。
因みに、ニビラーに相応しい2ビル2星でこんな投稿をしたが、当時は太陽系の中心太陽として、旧約聖書マラキ書に預言された義の太陽とエリヤの再来(弥勒)が来る時、不老不死の世界が完成すると分析していました。(今ではニビルレス不老不死も可能と判断しています)

No.210584 中国船事故→国内脱線事故 投稿者:2ビル2星 投稿日:2016/05/20(Fri) 19:34

昨年、夏前の船の事故の数日後に巨大地震が起こると騒がせたヤフー知恵袋の人ですが、
今年は、電車の脱線事故がありニュースになる事が前兆のようです。
http://matome.naver.jp/odai/2143973492065325601
以下、1月3日(2016年)にヤフー知恵袋に追加された予言。
11.電車の脱線事故がありニュースになる
12.秋葉原であったような車で意図的に歩行者に突っ込む事件があってニュースになる (意図まで不明だが今年は何回もあった)
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1460838261/3
5月15日、乗用車がビルに突っ込み2人けが 東京 墨田区
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160515/k10010522131000.html
5月19日、東武東上線の電車が脱線事故
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160519-00000093-jnn-soci

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。