崩れ行く既得権益

戦後日本の富をかすみ取ってきた既得権益層として在日・部落(アイヌ含む)・政治家公務員があるが、これらが持ち持たれつ庶民に還流する筈の富を法律に守られながら、公金から巧妙にかすめ取っていた。

それを瓦解させるのがTPPでもある。

TPPは日本的システムの排除であり、公文書も、英・仏・スペイン語で日本語は排除されている。で、部落利権はTPP関税自由化と暴力団排除条例で瓦解し、公務員利権はTPPの公的機関の公開入札規定やTPPに沿うよう各種法律改定されることで瓦解していくだろうと睨んでいる。

この一連の瓦解は、一番基盤が脆弱な在日から始まるという認識ですが、そのツールは昨年7/9に発効された外国人登録法の改定、およびマイナンバー制度ですね。これで通名の実質的廃止と国籍、住所の固定。さらには資産把握、資金の流れ把握が進む。
※マイナンバーの金融関係ヒモ付けは2018年から。現在は居住実態を簡易書留で確認中

現在、起きている山口組の分裂(弘道会vs山建組)も、タブーに触れられないマスコミ報道では上納金をガッツリ取得される「名古屋方式」が原因だとしていますが、本当のところは部落主体の山建組と在日主体の弘道会の「部落vs在日」という戦後日本の裏社会を構成してきた勢力の蜜月関係の解消が主因。その離別を後推ししているのが、先の2つの法案とテロ3法と米国オバマ大統領が策定したマフィア指定団体リストの国連提出により国内も自動スライド認定で口座凍結。マフィア指定される本家&在日側に非常に不利に働くもの故、在日主導の本家から離れることで組織壊滅を逃れているのが真相だと「余命3年本」は述べている。

大手マスコミ情報(新聞・TV )だけでは決して解けない事象の原因がこれでスッキリ解けますね。

さてさて、在日に関しては、下記のようなビラをネトウヨが撒いていますが、、、

ざい

差別が金(利権)になる典型ですね。どこまで本当か信じられないですが、下記の内容から伺い知るに、おおよそ正しいと思われる。

■神戸市の福祉給付金
神戸市では年間1億2000万円を年金を貰えない在日高齢者300名に「福祉給付金」名目で支給
動画

■京都朝鮮学校公園占用抗議事件
京都の勧進橋児童公園を朝鮮学校が朝礼台、サッカーゴール、放送用スピーカーを設置し、50年間グランドとして不法占拠
動画)(WIKI

■朝鮮学校に格安賃料で市有地を数十年間貸与
大阪では無償、尼崎市では1/100、伊丹市では1/20で「補助金代わりに...」「特に理由なしに...」貸与。公益性が認められるか認められないかが争点になりますが、朝鮮学校は朝鮮語を用いた教育を行う民族学校で自動車学校、珠算学校、予備校と同じ各種学校(非一条校)。
動画

■宇治市ウトロ地区整備の公金支出
在日200名余が居住する不法占拠地には上下水道がなく、一私有地に過ぎないが公金(40億?)で整備。
動画

動画は、いづいれも在特会関連ですが、未だKPOP好きで韓国人に多少優しいオイラですら、流石にこれには頭にきますね。ネット社会になって、こういった今まで隠されていたものが続々と世に暴露され始め国民が知るところとなり、「竹島上陸、天皇陛下侮辱発言、日本制服宣言」の李明博と「慰安婦、告げ口外交」のパククネと2代続いた反日ぶりを契機に日本は一気に嫌韓に加速。これはもう行くところまで行くのは避けられない。

今までのツケを一気に清算となるのは必至の情勢だと睨んでいる。

ヘイトスピーチや強要する「在特会」のやり方には賛否両論ありますが、ただ彼らが声を上げなければ、日本国民に知られることもなく行政は放置したままだったことも事実。在特会の勢力が急激に伸びているのも、在日が「在特会」を危険視し、デモ潰しの為に激しいカウンターデモや差別廃止を訴える「東京大行進」をする理由でもある。

ただ、こういった既得権益があるから差別やヘイトスピーチが生まれるわけで、これをヘイトスピーチだけに焦点を当て人権問題を振りかざして論連をスリ替えて押さえ込もうとする意図がミエミエ。真に焦点となるべき内容は、こういった不法的なことや利権ですね。

では、何故在日にこのような既得権益が生まれたのか?

それはWW2の戦後処理でGHQが策定し、CIAが継承した「在日を使った間接代理統治」に起因するが、代理統治側には資金注入、租税免除、裁判における不公正...等、様々な優位性(特権)を与えることで成立する。日本の場合、天皇制である為、当時の天皇を支えた3トップのうち国家神道を外し、替わりに在日を据えた。こういった間接代理統治の例はイラクでのクルド人、インドでのペリシテ人、マリ共和国(旧スーダン)でのベルベル人(トゥアレグ族)、フィリピン・インドネシアでの華僑、メキシコのトルティカ族やクリオージョ(中南米生まれのスペイン人)、カフカス諸国でのオセット人、スーダンでのエジプト人....等、数多くあります。

在日による間接代理統治の排除は、戦後レジームの解消でもあるが、これは子飼いの韓国や在日が力を付けコントロールできなくなり、逆に約束を守り従順な日本との関係を重視した方が良いと考え、間接代理統治がもはや不要と米国が判断したのが大きな理由。

米国が韓国並びに在日の排除に傾いたことと日韓合意で自民党支持がうなぎのぼりとなった危機感から、学生団体「SEALDs」「学者の会」らが市民連合(安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合)を作り協力して、在日の協力母体である中国寄りの左翼の共産党、韓国寄りの部落の民主党、野党を応援する取り組みが出来ましたが、これら野党は風前の灯で戦後レジーム消滅の前に消えていく運命でしょう。
※戦後レジームは日本の民主化押さえつけ。その為に野党、左翼、街宣右翼が存在。

今年の国会開会式で共産党が戦後初めて出席したのも、もう反日政党では生き残れない危機感の表れからですね。

ここで戦後の在日を取り巻く経緯について知っておく必要がでてきますが、オイラは戦後の裏面史については無知な為、それを知る為に、今回、下記の書籍を読んでみた。元公安の菅沼氏の本ですが、なかなか目から鱗の内容が一杯です。



要点を少しまとめ、オイラの見解も加えたのが下記です。

■ヤクザ構成員には在日・同和が多い
ヤクザの構成は、部落6割、在日3割、その他1割だと菅沼氏は言う。特に在日の間には「ヘップ屋で終わりたくなければヤクザか総連になれ」という言葉があり、差別される中で堂々と生きるのはヤクザになるしかなく、ヤクザに同和出身者が多いのも同様の理由から。
※ヘップ屋・・・大阪に多いサンダル製造業

在日のヤクザは、韓国政府(情報機関)と意を通じていた。だからこそ、日本の政界にも影響力を行使出来、またアメリカは当時の韓国にCIAを送り込んでおり、金大中もその庇護下にあった。

・「朝連」は日本共産党の別働部隊
・在日は米軍基地に出入りし物資を仕入れ、闇市で捌き裕福化
・在日にも勝ち組と負け組がある
・自称「朝鮮進駐軍」の蛮行をGHQは見て見ぬ振り(容認)
・在日を戦後日本の分断統治に利用(台湾の蒋介石=本省人も同様)
・日韓交渉の裏側で献身した在日ヤクザ
・60年安保闘争の際、岸-児玉ラインの号令で右翼、在日、ヤクザ、テキ屋を総動員して国会をバリケード化し協力
・暴対法、暴力団排除条例でシノギが厳しくなったヤクザが任侠団体から変質

在日コネクション
(クリックで拡大)

最初、互助会に過ぎなかった朝連の在日をGHQ民生局のコミュニストが日本共産党に参加させ、朝連は次第に共産党の別動部隊化していった。朝連内の民族派・親日派は粛清され組織を出たが、建青・建同を経て民潭として合流。1948年に北朝鮮建国の際、米国はアカの防波堤として在日を使うことにし、GHQ陸軍局(後にCIAが継承)の指導の下、朝連は解散させられたが、後に復活して共産党の裏の顔として朝鮮統一民主戦線(民戦)が出来た。これが現在の総連にまで繋がっている。そして、これら在日へのCIAからの伝令役が児玉誉士夫だったというわけです。

日本の警察及び行政は60年安保闘争で在日に借りがある為、甘い対応しか出来なくなり、これが各種既得権益の構築へと繋がっていったのだろう。


■妓生(キーセン)がは朝鮮の文化・歴史そのもので外交の中心
朴政権は国策として妓生観光を奨励。韓国GDPの7%を売春産業が占有。
韓国は、接待外交が得意。日韓基本条約締結で日本の政治家たちがこの毒饅頭を喰らい、竹島問題は棚上げされた。

・芸能・売春はKCIAが統括し、半ば公然と売春宿を営業
・この総大元締めがパククネ大統領の父上・朴正熙大統領だった


■大韓民国は上海臨時政府を継承した国家
このことが韓国憲法に謳ってある。OSS(CIAの前身)が日本を背後から襲う為に中国西安に「光復軍」を作り軍事指導していたが、この「光復軍」に米国亡命してその後「上海臨時政府」に据えられた反日バリバリの没落両班の李承晩が参加。光復軍は軍としての凱旋にはならなかったが、戦勝国扱いとしてサンフランシスコ条約に参加要求(要求は却下)。米国が極度の反日を据えたのは再び日本と一体化することを阻止する為だった。

嫌韓・反韓の中に「日本は植民地にしたのでなく請われて併合した。日本人と対等に扱い、朝鮮のインフラ等、日本が大変な出費をして援助し、人口もその間増えた。それなのに恩をあだで返している。」というものがあるが、これはあくまで日本側の論理であり、実際その通りだが、特に光復軍を拠り所とし上海臨時政府を継承する現韓国政府には通じない話。


■実質的に日韓条約を裏で操っていたのは米国
日韓基本条約の締結もアメリカの強い希望からで、日本は金も技術も提供させられた。本来、南朝鮮は農業主体で何もなく、製鉄、家電、自動車、造船、情報等みな日本のコピーである。それは日本独り勝ちにさせないという考えから。ただ、韓国はそれを理解出来ず、政権末期には「反日」一本槍で走ってしまい、韓国は同盟国不適格認定となり、排除に傾いた。

また、ソ連崩壊によって北朝鮮は後ろ盾を失ったが、この時、米国の密命を帯びた統一教会の文鮮明が乗り込んで金日成と義兄弟となり、4400億円を差し出した。これにより北朝鮮-統一教会-CIAというラインが出来上がった。この流れから北朝鮮の水爆実験の意図が読めてくる?

北に接近した米国を心良く思わなかった韓国は次第に中国に接近していったが、これが現在の「反日親中」の韓国の姿。


■朝鮮人の気質
日本人は一度謝れば、それで終わりと思うが韓国人は相手が謝ってから始まる。どんどんつけ入って来る。それが文化であり決して思いやってはいけない。世界に慰安婦像を建て、賠償金をたかり、ゴールポストを移動させる理由でもある。

韓国は地政学的な面もあるが、長年、中国を宗主国として仰ぎ朝貢国とし生き永らえてきた。中国王朝が目まぐるしく変わる際にも、その時々の中国王朝に媚び諂って従う「事大主義」を国是とする国が朝鮮。かつて「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無きや」と対等に接した自主独立主義の日本とは大きく異なる国なのです。

その結果、まがいなりにも民族国家としての対面を保つことが出来たわけですが、その反面、李氏朝鮮が君臨する朝鮮は中国王朝の威を持って国家維持が出来、故に、国力増強して国力を高めるという発想はなく、このことが社会インフラ発達の停滞を促し、朝鮮はバングラデシュ並みの国となっていた。この状況下で、次々と欧米帝国主義が迫り来る中、共闘的思想に立って日本が韓国側から「請われる形」で併合した。

だだし、日韓併合まで異民族が国の中に入って社会上層部を形成するという「直接統治」という歴史はなかったので、ここに反日の1つの原因があると睨む。まぁ、隣国なのに何事も上手に、品質良く行う日本に対し恨み・妬みもあるわけだが、、、、

■韓国脱出→日本着が真のF1韓国GP
http://www.sankei.com/west/news/131012/wst1310120087-n1.html

今考えれば、韓国内でも差別が激しい済州島・全羅道の者か、白丁階級の者を使って代理統治していた方が、後々、矢面にされず良かったんじゃないか!?
スポンサーサイト

Comments

ニビラー待望の2016年

太陽系第9番惑星 !?
投稿者:ニラサワ
関連サイトで興味深いニュースが紹介されていました。
まだこの太陽系の中にも未知の天体があるといい、今後の観測結果に注目です。
2016/01/21(Thu) 11:00 [20588]
返信者:シンクロ研究歴50年以上
謎の第12惑星 (1977年) (ゴマブックス) ゼカーリア・シッチン (著)
1977年当時、最も感銘を受けた画像の本は、現在、ニビルと呼ばれる惑星で、この本ではマルドゥクと呼ばれていました。
何故、第12惑星マルドゥクが第9番惑星ニビルに化けてしまったのかは割愛しますが、学研ムー最新号(2月号)の特集こそ、「古代日本シュメール王朝と第10番惑星ニビルの謎」なのです。
シンクロ研究家にとって最も重要なのは旬の情報で、第9番惑星(10番でも12番でもいいが)が学研ムーの最新号の特集だからです。
過去40年間で世界中のコンタクト本などを読破して来ましたが、何故か?太陽系未発見の惑星情報に関しては、共通性がゼロで、この真相に関しては宇宙連合の協定か分からないが、極秘の禁断の情報第一号としてトップシークレットと悟りました。
今回、第9番惑星という表現ですが、新しい展開があると期待しています。
2016/01/21(Thu) 12:48 [20589]

たま出版掲示板では、こんな話題がありましたが、ニビラーなら万に一つのような学研ムーの本物ニビル情報に注目です。
こに世は、100%偽旗作戦の自作自演で、ネット中毒者は100%嘘に洗脳されて来ました。
不倫のベッキー疑惑どころか、メディア情報の100%は自作自演のヤラセであり、全てが偽旗作戦で世の中を混乱させるエイジェントとみなさないとまんまと騙されます。
何故、そんな自己犠牲的な嘘を捏造するのか?
定番中の定番なんだけれど、無実の罪で自己を犠牲にする有名人が歴史的にも何千何万人も確認されて来ました。
偽善者になりたくなければ、偽悪者に誰もがなる時代なのです。
それが、自己の前世的なカルマを解消して、不老不死の永遠の生命を獲得できる弥勒仏教、あるいは観音仏教の教えでしょう。

最近、陰謀だの電磁波ネタに飽きて…

人工知能などのシステムやアイデンティティを崩落させていく試みを、多角的に実施している処です(v_v)

電磁波テクノロジーという逆探知に持って来いの媒体は、容易に本体にアクセス可能な便利ツールでもあって… 色々と楽しいイタズラが反映されて愉快だよ(p_-)

ところで、今のところ一般的には情報弱者の分類に入る私にとっては更に幅広いAI知能などの認識や様々なシステム名称などを知っておいた方が、今後の役に立ちそうなのですが… 煩悩くんは、そちら方面は得意ではないですか?

もう、CIAなどもアナログ路線の人海戦術には見切りを付けて、トカゲの尻尾切りをカルトに対して展開していく雰囲気が感じ取れます。
ただ、そうなるとAI判断では危険性から遠ざかる判定に至り… 今までのようにしつこい攻撃で怒りを能力や力に変えて反撃する面白味は減ってしまって残念ですが、既に年明けからはその傾向にあります。

だから、暇潰しに新たなターゲットが欲しくて… それが今後重要度が高いほどモチベーションも上がるのですよ(^_-)
ともかく、人でも何でも悪いものを壊すのは快感です♪

国家非常事態対策委員会 1月20日号♪

やはりどう転んでも、ハザールマフィアの系列や末端組織下請けカルトも再生できないね(p_-)
バイトで荒らし投稿なんかしていても、件の浮浪者回収殺人? あれはお前達の近未来でもあるよ。

真面目に誠実に実社会での居場所を確保していないと… 生活保護は早晩無くなる。

No title

日本人慰安婦の話(美輪明宏)と元日本軍慰安婦

大体、韓国と中国の従軍慰安婦の人ばかりが取り上げられますけれども、日本人の従軍慰安婦の人たちもいたんですよ。いっぱいいたんです。
でもそういった人たちは何故取り上げないのかといったら、その人たちが、もう酷い目に遭ったんですね。

まず、私が何故そんなことを知っているかと言いますと、終戦後にその人たちが満州、つまり今の中国から引き揚げてきたんですね。
引き揚げてきて私長崎でございましょう、長崎には丸山遊郭という有名な、女郎さん遊女たちがいて売春する、そういう街があったんですね。
坂本龍馬なども遊んでいたような有名な所ですね、日本の3大遊郭という。
これが、戦争中に遊興の場所というのはカフェやバーも遊郭もみんな閉店させられて全部が商売営業停止になったんですよ。
そしてその人たちは行き場が無くなったんですね。

その人たちはどういう人たちが遊女になっているかというと、主に、人身売買が当たり前になっていた時代でしたから。
貧しい農家の娘さんとか、貧しい家の子供たちが、自分が売られていけばお父さんもお母さんも弟たちも飢え死にしないで済むからといって、女衒(ぜげん)と言われる人買いの人に話をしてもらって遊郭に身を売られて、身を売っていったんですね。
一家の犠牲になっている貧しいお嬢さんたちが多かったんです。


閉鎖されて行き場が無くなった時に、軍の出先機関で大政翼賛会(たいせいよくさんかい)という組織があったんです。
そこの人に声をかけられて、満州に良い仕事があるぞ。カフェとか遊郭があるから、そっちへ行って稼げばいいということで、そして喜んでそちらへ行ってみたらなんと、話が違って従軍慰安婦だったというんですね。

従軍慰安婦というのは街ならその街にずっと居着いて遊郭にいて、そして男の人たちの相手をするというだけではなくて、従軍慰安婦の人たちは「従軍」と言いますでしょう、軍に従うと書いてあって第一線を付いて周るんですね。
そして筵(むしろ)みたいなものを敷いて、筵みたいなものを立てて、コーリャンという麦よりももっと不味い穀物で作った真っ黒いおにぎりですけれど、私も長崎で食べたことがありますけれど、食べられた物じゃないです。
それを枕元に置いて食べながら、表には兵隊たちが木札をもってズラリと並んで、それを一人ひとり相手をして。
そして鉄砲の練習をさせられて、敵が来たら身を守るためといって銃の練習をさせられて、敵が押し寄せてきますでしょう、馬賊(ばぞく)とか匪賊(ひぞく)とか。
そうすると兵隊と一緒に戦うんですって。

戦って流れ弾に当たって死んだら、今度は日本婦人がそういうことをしていたというと恥になるからといって、モンペやなにかを脱がされて支那(しな)服に着替えさせられて、そして放り出されるんですって。
そして埋めてももらえない、焼いてももらえない、野ざらし雨ざらし。山犬の食い荒らすままになっていて。

そして終戦後引き揚げてくるときに、まず軍人の将校たちと家族がトラックに乗って逃げて、自分たちは置いてきぼりになったんですって。

他の移民団、開拓団の人たちと一緒になって、命からがら引き揚げてきて村に帰ったら、村の恥さらしとか面汚しとか言われて。
そして家へ帰ったら、自分はお父さんお母さん、一家のために売られて行ったのに、
「お前のやっていたことが世間様に知られたら、家の恥になる、出て行ってくれ。」と。

もうそれはどこに恨みを持っていったらいいのか、それは悲憤慷慨(ひふんこうがい)ですね。
それを行き場所が無いから、自分が従軍慰安婦だったというのを隠しているんですよ。

遊郭がまた再開して、そこで働いていたんですね、また戻ってきて。
そこでも内地の女郎さんには白い目で見られて、さんざん馬鹿にされて、ところが3人の人たちはバラバラに引き揚げてバラバラのところにいたのだけれども仲良くなって、それでいろんな思い出話をするんです。
それを私は脇でじっと聞いていて「はぁー、どんなに辛いことだろう。」と思ったんですね。

それで私はもうものすごく頭に来ちゃって、義憤(ぎふん)に駆られて「祖国と女たち」という歌を作って。

No title

野中元自民党幹事長
「安倍首相の施政方針演説は東条英機首相が大政翼賛会の国会演説と変わらない」
「防衛費だけ増えていく、そういう国づくりが本当にいいのか」と疑問を投げかけ
「一番大切な中国の問題、韓国の問題を正面から捉えようという意欲がないのではないか」と指摘しまた
「私は戦争をしてきた生き残りの1人だ。どうか現役の政治家に”戦争は愚かなものだ””絶対にやってはならない”ということを分かってほしい」

そうですか… 

私は世代が違うから、その辺りのリアリティは持ちませんが… 祖父が第二次世界大戦で残念な殺され方をしたのを霊視しましたので、弔い合戦を兼ねて特攻隊や英霊達を率いて悪魔崇拝勢力と3.11以降は戦い続けました(v_v)

結局、人間の仲間は集められずに制圧してしまった現実を日本の下僕達は頭が悪いので理解できないまま、益々自分達の首を真綿で締めて行っている様相ですよね。

ところで、中国サイドの南京大虐殺だかの資料の写真ておかしく無いですか?
あの時代にあの辺りのファッションとして、何でモンペを履いた女性たちが大量に殺された写真があるのでしょう。
寧ろモンペは、私達日本人の婆さん世代が履いていただけで当時の中国女性の着衣では無かったのでは?と思うのです。

つまり、時代背景の流れから満州国にまだ残っていた日本人や日本人女性を第二次世界大戦のどさくさで大量殺害して、その写真を中国の被害として喧伝に利用した。
という筋書きです、それをその時の雰囲気やプロパガンダでゴリ押しして植え付けた(p_-)

No title

そのような危ないことはあまりお薦めしない。

311に日本に集結してきた神々を見てそこに聞き、繋がるべき。

既に神々の手の内にあることを知る人間が増えることが必要。

すでに掌握してある神々に聞き、繋がる人間が増えることが必要。

もう時代は変わっている。

長州(毛利)姓の政治家
★足利義昭方公衆由来
和田摂津守護→信長と敵対→岸和田→岸氏→足利亡命政府(毛利領へ亡命)
分家細川氏
吉田神道家→吉田氏
★反織田淡路水軍→毛利領村上水軍へ亡命
菅氏
森氏
★安芸武田家臣姓(甲斐武田と同族の為甲斐武田家臣姓はほとんどあります)
甘利氏、板垣氏、山県氏
★毛利領小豪族姓
児玉氏
★大内庶子姓
杉氏
★大内家臣姓
麻生氏
★大内領が小京都化していた時期に呼び寄せた藤原貴族由来

これらは理由は様々ですが反毛利で利害が一致する集団で尚且つ安芸武田→甲斐武田ラインから徳川と繋がります。

★親織田淡路水軍

広田→戦犯
森氏→両方にある姓
★伊予国村上水軍血縁
河野氏
★伊予国反毛利
西園寺氏、宇都宮氏

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)