スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄米豆乳ヨーグルト完成!

先日、行ったチートデイ(爆喰い日)では翌日の朝にPASCO あらびきソーセージ(316kcal)と果肉入りヨーグルト(120kcal)を食べ、途中、ミニストップのナチュラルカットポテト(282kcal)を食し、昼飯に袋麺「ラ王」(353kcal)に特大チャーシュー3枚(60kcal)を入れて食べた後、KitKat「オトナの甘さ」1袋(13枚入り 832kcal)を一気喰いした(爆)。

半日で、316+120+282+353+60+832=1963kcal取得した。前日の1121kcalと合算すると3084kcalで、基礎代謝の2倍弱を一気に取得したことになるが、幸いなことに翌日の体重は増えず、逆にほんのわずかだが減っていた。

一応、チートデイは成功したようですが、今後、この爆喰いが常習化しないよう注意が必要。今後も1週間毎に2回目、3回目....のチートデイがやってきますので、まだまだ予断は禁物です。

実は、この日の朝食べたヨーグルトは玄米豆乳ヨーグルトでした。数日前からケトン臭対策の為に飯山一郎氏考案した玄米豆乳ヨーグルトを仕込んでいたのですが、これが最初の試作品だったのです。玄米豆乳ヨーグルトの効果で体重が増えなかったのかどうかまでは判然としません。

玄米ヨーグルト

これでケトン臭に対して劇的効果を得られるかどうかは分かりませんが、何事も前向きに取り組んでおります(ふふふふ)。

現在、ほぼ内臓脂肪がなくなり、皮下脂肪を落とす段階にまで至ったわけですが、ここからが大変だという。一般的に「糖質制限」すれば簡単に内臓脂肪は落とせますが、長年の間に徐々に蓄積された皮下脂肪は有酸素運動で燃焼させて減らすしか方法がないとされ、長期間じっくりとり組まないとならないと云われています。

しかし、ルームランナーやエアロバイク...等の有酸素運動では1時間運動しても250~500kcalしか燃焼できず、かなりの長期戦となる覚悟がいる。例えば、カロリー燃焼理論では1週間で1キロ減らそうと思った場合などは毎日1000キロカロリー以上を有酸素運動で消費しないとならない計算ですが、オイラのようにジムで毎日30~40分の早歩き程度のルームランナーをするヘタレでは有酸素運動での消費カロリー上限は300kcal程であり、数キロもある皮下脂肪燃焼させ削減するには、まさに「焼け石」のような虚しさを感じるわけです(滝汗)。

これではダイエットとしては非常に効率が悪く、オイラの「中途挫折の因縁」が出現してしまう(爆)。

仮に体重の10kg減を目標想定した場合など、毎日有酸素運動で300kcal消費程度では1kgに3.3*7=24日も掛かり、10kg減ならば9ケ月も掛かる計算になりますが、自己の基礎代謝を1500kcal程度とするならば、日々のカロリー取得はここから不足分の1000-300=700kcalを減した800kcalに抑えないとならない。これを9ケ月間続けるのは非常に厳しく、逆に不足分のエネルギーを補う為に筋肉から「糖新生」でブドウ糖を作り出し始め、著しい筋力低下を引き起こしてしまうだろう。

つまり、カロリー燃焼理論によるダイエットでは毎日2~3時間程度の有酸素運動を欠かさず実施することと、基礎代謝レベルのカロリー取得の食事しか道がないのです。これでは普通の勤め人では時間が取れず不可能でしょう。しかも、この理論に沿って有酸素運動でダイエットしても腹回りのダイエットに成功していない人も意外と多い。

まぁ、前記事でダイエットにおいてカロリー燃焼理論など全く信用置けない机上の空論であると看破しているので、これに惑わされる必要などないわけです。オイラはカロリーなどは「爆喰い日」の取得目安程度にしかしていません。

しかし、ライザップのCMを見る限り、それ以外の方法もあるような気がする。でなければ生島ヒロシ氏のような短期間で9kg(筋肉増を勘案すれば15kg減量)には達せられない。実際、オイラがインドに行っていた時など、たった1週間で10kg痩せてガリガリとなり、皮下脂肪が殆どなくなってしまった時があるが、一般流布されているカロリー燃焼理論とは異なる減量メソッドが存在する。

時間と費用を無駄にしたダイエット失敗者や高齢裕福層にとって35~50万円など、若返りの薬がない現状では安いという感覚になるだろう。ここがボッタクリ価格のライザップが支持される点ではあるわけだが、、、、



この秘密はケトン体質化による皮下脂肪の早期燃焼(アトキンス式ダイエット=ケトン体ダイエット)であると睨んでいますが、事実、新陳代謝の為に毎日4kgの水を必ず摂取しなくてはならないライザップである為、この洞察は間違いないだろう。


(アトキンス式ダイエットの普及により、パンやパスタの消費量が低迷したという。同様なことが白米においても起きつつあるが、農林官僚、製薬業界を巻き込んだ炭水化物抜きダイエットに対する叩きがあることも視野に入れなくてはならない。)

ただし、オイラの場合は準糖質制限(白米からオートミールに変更)にし、ここにココナッツオイルと玄米豆乳ヨーグルトとチートデイを組み合わせてダイエット効果を高めようと考えているわけです。
※じゃがいもは食べませんが、糖質制限では禁止されている大根、にんじん等の今野菜は食べています。

さてさて、玄米豆乳ヨーグルトの種菌作りは失敗する人が意外と多いらしいが、オイラは1回目で成功した。これは種菌を3回に分けて作る方法が良かったのだろう。
※小さじ1杯の玄米にひたひたになる豆乳入れ12時間、今度は倍の量の豆乳を入れ6時間培養、更に倍の量の豆乳で6時間培養の3段階培養方式。

完成した玄米豆乳ヨーグルトの見た目は凄く美味しそうです。

で、食べてみた感想は、、、、

酸っぱい出来損ないの豆腐(あはは)

一口食べてみたカミサンは「普通の牛乳ヨーグルトなら食べるが、豆乳は苦いからイヤ」とツレない返事。また、フルーツを入れてJRにプレゼントしたところ、「いらん」とにべもない返答。

「もうお前らにはやらん!」

オイラが全部食べてやるだす~ぅ(滝涙)
一生、う○こが臭いままでいるがいい。

この豆乳ヨーグルトには壮絶な数の植物性乳酸菌が入っているらしく、う○こが無臭になるという。臭くなるのは腸内で腐敗しているからで、発酵すれば臭くなくなるという原理だ。

これでケトン臭も治まればいいのだが、、、、ただケトン臭は血液中に溶け出したケトンがアンモニアと分離する際に起きる臭いなので、効果の程は分からない。

で、早速、試食後の初めてのお通じの時がやって来た。
今回は換気扇を止め、個室に漂う香りを堪能した。

「今までで一番臭~い!!!」
「飯山一郎~っ!!」


これを腐敗臭といわず、どう表現したらいいのか?

い、いや、、、これは好転反応かもしれん(爆)。

まだ結論を出すのは早いかもしれない。同じく玄米から作った酵母液飲用では5日目にストーンと抜けるような感じで「ほぼ無臭の便」が出て、オナラも臭くなくなり、体臭も消えたということなので、もう少し食べ続けて様子を見てみよう。

で、その後スグに、第2回目、3回目のお通じがやってきた。
腸の煽動運動が活発になった証拠だろう。

恐る恐る臭いを嗅いでみたところ、、、、、

「臭くない。ほぼ無臭だ!」
「こ、これは凄い!」

オナラも出た瞬間に握り屁をして自分の鼻元に持ってきたが、全く臭わない(ふふふふ)。だが、これでは握り屁攻撃が出来なくなってしまったという一抹の寂しさがあるのだが、、、、

先日、ダイソーで物色中に放屁して、あまりの臭さに気持ち悪くなった時とは大違いです(爆)。幸い近くに人が居なかったので、被害は最小に抑えられたのは不幸中の幸いでした。

ケトン臭対策から導入した玄米豆乳ヨーグルトですが、思わぬ効果に驚いています。残るは肝心のケトン臭発生対策ですが、、、、玄米豆乳ヨーグルトで効果がでるのか、あるいはチートデイで大量のブドウ糖を血中に作り出した為にTAC回路が正常に働き出しケトン体燃焼が上手くいくようになるのか、はたまた更なる秘密兵器の登場を待たねばならないのか、このままずっと付き合っていかないとならないのか、、、

さてさて、一体どうなるのであろうか?
スポンサーサイト

コメント

時間に余裕がある人は…

gooブログ〖ハートの贈りもの〗さんの瞑想ミッションを手伝ってあげてください。

お花畑も、諦めずに頑張れば道が開けると教えてくれました(v_v)
何がどのように事実関係を表現していても… 希望や夢や思いが、未来を切り拓くと信じて止まない姿勢は大切なことでしょう。
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。