気の里訪問

ブログ更新に期間があいてしまった(滝汗)。

7/24~26は上海に家族旅行した後、家で熱中症気味になって下痢というか脱水症状で水便が10日間続いて困っていたが、実は脱水症状(水便)は細胞レベルのデトックスであり、願望実現能力が1000倍向上するという話を読んだ。(大笑)

■水便=細胞レベルのデトックス、自然な体に戻るためには細胞内の化学物質の排出が必要
http://ameblo.jp/re-health123/entry-11802285438.html

まぁ、1/1000のに低下した能力が元に戻るだけの話らしい。

確かに、念願だったの15インチスピーカーとベリンガーA500パワーアンプ、ベリンガーミキサーを購入(ポチッってしまい)願望は実現したが、、、、

更に夏休みは、久しぶりに分杭峠に行ってきました。まぁ、カミサンがどうしても再訪したいとこの5年間云い続けていたのですが、今回は日帰りという強行軍ではなく、気の宿・入野谷に宿泊してのゆったりとした訪問。

マジ願望実現レベルは1000倍向上したかもしれない(大笑)。

5年前の前回の訪問直後、分杭峠のパワースポットブームが来たのですが、これは10年前のマイナスイオンブームの再来ともいえる現象。いつかは収束するだろうが、今回のブームは根強く衰える気配がない。一口にパワースポットと云われるものも下記の7種類あり、マスコミとタイアップして宣伝する神社もあるので玉石混淆状態。仏閣系は陰気故か避けられ、神社系が持て囃される傾向にある。

1)神社・仏閣
2)山岳信仰の霊山
3)温泉、湧き水...等の地下噴出地
4)地磁気異常地
5)マイナスイオン発生地(森・滝)
6)風水の龍穴
7)人の多く集まる場所(繁華街)


このパワースポットブームにより峠は車が渋滞する事態となり、シャトルバスを乗り継ぐという形になったのが前回訪問時と大きな違いでしょうか。一時よりは人出は少なくなったともいわれるが、それでも次々とシャトルバスで降りてくる人を見て唖然。まだまだ人気スポットなのですね。

まぁ、相変わらず波動には鈍感なオイラには何も感じられず仕舞いでした(滝涙)。

ただ、気持ちが良かったことだけは確かですね。

6年前と何か変わったかといえば、大した変化はなく入野谷山という観望登山できる山が整備された程度。分杭峠気場発見からちょうど20周年にあたるのが今年ですが、9月には20周年イベントが行われ、それに合わせ秋葉古道が整備されるという。


この秋葉古道は駐車場から下方の沢に向かって降りていく獣道のような道ですが、シャトルバス乗り場の近くまで沢沿いに古道が続いているという。沢の近くには六角堂があり、実はこの秋葉古道沿いある特定ポイントが分杭峠最大のパワースポットなのだという。

古道整備された後が次の訪問機会だろうな。豊橋~飯田まで2.5~3時間掛かるのは正直きついだす。三猿南信自動車道が全面開通すれば1時間弱で到達できるのだが、、、、いったい完成はいつになることやら。

実は分杭峠に行く前に、愛知県と長野県の県境で最近発見されたパワースポットに寄ってきた。

そ、それは、、、茶臼山カエル館!!(爆)

カエル館

ここには「ワン!」と鳴くカエル(ネバタゴカエル)を展示しているのですが、ここにはパワースポットや気を発する石も並行して陳列してある摩訶不思議な場所。建屋の一角では確かにスマホのコンパスが北を指さなくなったが、ある人が建屋壁面に磁化された鉄板を埋め込んでいるのではないかと測定機器を持ち込んで測定したが、それらしい痕跡は無かったというように正真正銘の地磁気特異点でありパワースポット。

■茶臼山 カエル館HP
http://www.geocities.jp/caerucan/


(世界中にはニャーと鳴くカエルもいるので、ワンと鳴くカエルがいても決しておかしなことではない)

ここには合計7つのパワースポット(うち2つは危険な場所の為、公開せず)があるらしい。カエル館から少し離れた場所の巨石も気を発しているといい、実際にかざしてみたところ針で突き刺すような感じを受けた。

以前、家電業界まで巻き込んだマイナスイオンブーム(1999~2003年頃)の再来のような感もあるパワースポットブームの現在ですが、癒し効果のある気持ちのいい場所までがパワースポットを自称するようになってしまった。しかし、ゼロ磁場...等の地磁気異常を伴う場所(気場)はそうそう多くはない。しかも鈍感なオイラですらチックと感じたが、隣に居た孫2人を連れたシニア夫婦の奥様は痛いほどピリピリくると語っていた程です。
※レナード効果(Lenard effect)・・・水が急激に微粒化されると、大きい水粒子は正に帯電して落下し、小さい水粒子は負に帯電して周りの空気を負に帯電させる現象。 大気電気学では局所的な電離作用の一つ、静電気学では噴霧帯電あるいは分裂帯電と考えられている。滝場には確かにこの効果が認められるが、家電品にはどうだか、、、、各社定義が曖昧。

こ、、、これってスゲーんじゃない?

ただし、これが分杭峠のように健康にいいかと云われば、どうなんでしょう(爆)

カエル館は茶臼山北側のネバーランドこと根羽(ねば)村に位置する場所ですが、この近辺には百間滝、鳳来寺山もありますが、「鳳来寺山=蓬莱山」であり、この地域は元々が仙郷の地であると睨んでいることから、パワースポットが多く点在することは、ある意味、当然と云えば当然の帰結ですね。

北設楽
(釣鐘型山体を持つ設楽火山=蓬莱山の裾野は富士山と比べると狭い筈)

アニメ『NARUTO』では、ナルトは自然エネルギー(気)を取り込んで術化する為に妙木山に篭って蝦蟇カエルから気の修練を受けるという展開になっていますが、茶臼山のカエル館は正にカエルづくしの場所であり、ここが妙木山では?とも思えてくる(笑)。

アニメでは妙木山(蝦蟇の秘境)は、龍地洞(大蛇の秘境)、湿骨林(ナメクジの秘境)と並び称される仙境の一つという設定ですが、「妙木」という名称は扶桑樹という「生命の木」が麓に自生していた蓬莱山がモデルであろうと睨んでいる。

MYOUBOKUZAN.png
(妙木山で修練するナルト)

また、ネバーランドはピーター・パン物語に登場する架空の国ですが、親とはぐれ年を取らなくなった子どもたちが妖精とともに暮らす場所。何やら『千と千尋の神隠し』にも通じそうな話ですが、この千と千尋のヒントとなったのが茶臼山にも近い遠山郷の湯立て神事・霜月祭り。この霜月祭りと同様の湯立て神事が北設楽で「花祭り」として伝承されている。このように茶臼山北側が根羽村=ネバーランド=妙木山とシンクロを感じさせる場所でもある。

語り部は噴煙たなびくカルデラ湖を持つ3000m級の蓬莱山が745年(聖武天皇の御世)に大崩落し、大陸から多くの渡来人を引き寄せた扶桑信仰が終了したと述べているが、その1人が徐福であり、鳳来寺山(寺号・厳煙山)に祀られる薬師如来は徐福が持ち込んだ神農がモデルではないかという話すらある。

実際、地層学の見解では鳳来寺北方は1500万年前に噴火のあった設楽火山のあった場所。粘性の強い溶岩であることから釣鐘状の山体をしていたと考えられている。近くには岩古谷山(標高799m)があるが、1500万年前び設楽火山が噴火した際の溶岩流が固まったものだという。噴火規模の凄さが想像される。

岩古谷山
(岩古谷山 東海自然歩道最大の難所)

また、蓬莱山北方の茶臼山からはカルデラ痕跡を示す玄武岩が出土しているように、この一体は50個程度の火口があった火山群であったが、現在は死火山となっている場所でもある。鳳来寺近くの湯谷でのボーリング調査では地下では2000mの地層ズレが確認され、空洞となったマグマ溜まりに山体が落ち込む大崩落があったことはマチガイない話なのです。

問題は西暦745年か1500万年かの違いはありますが、、、、ただ1500万年前に最後の噴火をしてカルデラ湖化し、その後、745年に大崩落したのなら何の矛盾もない(笑)。

古くは富士山は活動激しい活火山で浅間山と呼ばれ、古事記、日本書記に一切登場しない点や、都から地方に一度も出なかった奈良時代の山部赤人が「万葉集」で詠んだ「田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 富士の高嶺に 雪は降りける」の田子の浦というのは本当は紀伊半島の田子の浦であろうという推測から、オイラは語り部説(745年の大崩落)に全面賛同しており、蓬莱山大崩落によって消滅してしまった為に不二(不死・富士)の名は静岡の富士山に移動したと考えている。

これぞ歴史ロマンだす~(ふふふふ)。

何故、今、中央構造線が脚光を浴び、パワースポットブームが起きたのか?

これは太陽系温暖化から地球のマグマ活動が活発化し出したことから、中央構造線沿いの場所は地の気がパワーアップしたからだろう。最近、世界遺産になった熊野古道もその流れの中にあると睨んでいるが、、、果たして、、、、
スポンサーサイト

コメント

ごきげんようサヨウナラ

タバコと同じで、食事も食べ出すとすぐに食べ過ぎるが、禁煙も禁食も可能だが、ボリュームがコントロールできるたしなみ程度の喫煙、飲酒、食欲、その他もろもろの煩悩過剰による苦しみがゼロなら108の煩悩フルスロットルでも安全なのです。
人間はブレーキのない車そのもので、即身成仏の不退転の悟りの運命に到達すると108種類でも自動ブレーキが装着されます。
特に名声欲のような馬鹿馬鹿しい煩悩は、釈迦もイエスもハマってしまったが、不老不死不病不労という究極の理想ボディーにならなければ、タダのウジ虫君と大差はない。

やはり高槻のは…

在日だったな、衝動的行為に異常性が見受けられたし… 画像の皮膚の色やオーラから感じるものが日本人と違うのは、DNAの違いから。

普通の人には分からなくても、感受性が高いとかなりの違和感があるのですぐに判る。情緒や価値観の根本的な処で、完全に理解しがたいものが彼等にはあるように思うが… 当人達は自分がマトモだと思っているし、普通なんだ(-_-#)

少し読んだのは、二人の最後の心の声。
男の子は「おかあさん…」 女の子は「… …」黙っているだけで、返ってこの子の方が可哀想な子だったのだと思ったよ。

これもLINEが関係した事件だね。神奈川と同じ中1殺害で、自分より明らかな弱者をターゲットにしている。
しかし… 作為的なストーリーだというところが問題で、そうなるようにピックアップされて見つかる流れを作られている。
それが理解できなければ、また似たような事件は起きるし同じ連中の仕業だ。
人為的でも霊的でもあるが… 誰が監視し対応するね?

いや… 見当違いなトコ発見(;^_^A

男の子の母親の目隠し無しの画像があって… 見てみると、魔界に繋がった奴だからこれらの事象を引き寄せる根本的要素は彼女だ。

ドロドロした欲望や錯覚、エゴイズムが微妙なバランスで絡み合っていた環境だったはず。同情心が一気に萎えるような何かがあるから… もう、この件はスルーする方向で忘れたい(v_v)

犯人については、過去の暴露ネタがアップされていて在日で名前を変えて来た経緯も紹介されてる状況。〖高槻 中1殺害〗でググると沢山出てるヨ(p_-)ハァ…

水便について補足です。

リンクでのご紹介ありがとうございます。水便は脱水症状ではなくて、体内の化学物質のプラスイオンと充電されたソマチットのマイナスイオンが中和されて水になって出てくるものだそうです。なので、水便が出ても、脱水になることはないそうですよ。普通の下痢は水分が体外にでるので、脱水になります。ご紹介いただけてうれしいです。ブログ読ませていただきます~。

☆願望実現のイメージング☆

なんか、コツというか何かの拍子で知っている人はやっているみたいだが… 効く様子だね_(._.)_

晴れた日に夜中の0時過ぎたら、外に出て空気の良いところで空を見上げると… 見える人には光の粒子のシャワーが宇宙から降り注いでいる事に気付けるらしい。

それを撮った動画を見て、確かに見えた訳だが意識の変容を促すようなエネルギーだったな(p_-)

そして、それを確認して身体で感じ全身で受け入れるのに並行して願望達成や理想的なビジョンをリアルにイメージできたなら、それは叶うという。

果たしてどの程度の期間それを続ければ実現するのか分からないが、ガセネタでは無さそうだ♪
しかし、こんな状況になっていて未だにネガティブ観念や残念な生き方や犯罪を続けて固執する者達というのは、どうだろう?

同じ地上で体験する現実としては、あまりにもかけ離れて別世界のような様相にも感じられる。
囚われの奴隷のまま、明日の不安や不幸に苛まれながら生きる方こそ困難な状況が訪れる… 戸惑いの時を越える時期に差し掛かってもいるのだろう(v_v)

ホント、犯罪や人殺しなど既にあまりにも古い在り方のような気がしてきたけど… 分からないままで居るしか無い者達は、哀れみよりも軽蔑に似た感情を抱かざるを得ない程に、人は様々な経験を重ねて既に気付いできた筈なのだ。

何故、見ようとしない?知ろうとしない?
この世界の本質的な現実は、豊かさと愛に溢れている。
洗脳や支配から離れ、違う視点と観念形態を肯定し加速させれば… もはや闇は取り入る切っ掛けを得られない程に、進化した思考の海に心を解放し流れに委ねたので構わない気がする(@_@)

愛されているのだよ… ずっと。

カエルの秘密

ご無沙汰しております。アレルッキーノです。
相変わらず切れ味の鋭い「ご当地アセッション」(いやみではありません!)に感服しております。

カエルは我が家のファミリーアニマル?でもありますが、オタマジャクシから大変身してカエルになるさまは、全国の変身願望のある仮面ライダー、プリキュアファンの子供から各種修行で解脱や仏?を目指す方々までの憧れでもあるはずです。
あなたもカエルの秘密を解いてみませんか?

ところで豊橋は地図で見ると人工的にも見える渥美半島と知多半島の天然の防波堤に守られた聖地のようです。
私もちょっとした思い出の地であり特別な目で見ております。

ヤッズさまのブログにも粘着系の方々が長い間貼り付き、一度に引き剥がしてやれば、スッキリするのに・・とも思いますが、それも人徳かな?とも思います。
陰謀系の世界が自業自得で崩れ始めています。
何もないものをさもあるように見せかけていたものの報いでしょう。
スッキリする日も近いでしょう。

新たなテーマが出てくると思っています。
それが、劣等感からくる学歴、大企業、官僚などへの反権力でなく純粋に次へのステップとなるものならどんどん意見出ししてお手伝いしたいと思い、準備をしております。
それではご自愛ください。

はづき虹映について…

彼は間違いなく、魔界の者ですが…正統派を装い確かに本筋の知識・ノウハウも持っています。

1日の講座やセッションで、現在100000円程度の金額提示をしている人達には要注意。それで悠々と売上が上げられているのは既に潜在意識などのポテンシャル以外の力が働いています。

はづき虹映については、私でも勝てない領域にあり…更に魔界の仲介者。あのレベルでは他には知らないクラス(p_-)
確か、NDLだったか…心理学.超心理学の分野の団体のアメリカ人創設者が恐いと感じた事がありました。
単なる悪霊などには無い何かを持っていたからでしょうか。同じものを彼には感じたのです。
ただ、面白がってスプーン曲げを容易く実現している人達が羨ましい面もあって、そのうちに会って話をしようとホームページを登録しておくと…次の日から運気や神仏の反応がおかしくなってフィールドに見えざるフィルターが掛かったようになっていた様子で、先程削除すると元に戻った現実があります。

魔界の者は、目の輝きがオカシイと感じるような画像や写真を必ずどこかで見つけられる。それがないかシッカリ確認してからでないと近付いてはいけない(@_@)
尋常でない浸食力と感化伝播作用があります。

ちなみにこの状況は…

呪術による結果ですが… 記事から判定できますか(p_-)↓↓↓

福岡小5女児殺害の被告、意識不明 勾留先の拘置所で
朝日新聞 2015年09月01日 13時27分

 福岡県豊前市で小学5年生の女児(当時10)を殺害したなどとして、殺人や死体遺棄などの罪で起訴されている土建業内間利幸被告(46)=同市=が8月30日、勾留先の福岡拘置所小倉拘置支所(北九州市小倉北区)で意識不明の状態で見つかっていたことがわかった。病院に搬送され、現在も意識不明だという。

 同拘置所などによると、内間被告は8月30日朝、1人用の単独房の布団の上で、うつぶせの状態で横たわり、いびきをかいた状態で見つかった。職員が呼びかけたが反応がなかったため、救急搬送した。目立った外傷はなかったという。内間被告は医師から睡眠導入剤を処方されていたという。

 内間被告は1月末に女児の遺体をバッグに入れて自宅の押し入れに遺棄したとして、2月1日に死体遺棄容疑で緊急逮捕。3月6日に殺人や死体遺棄などの罪で起訴されていた。

***
目についたニュースには、個人的にパッと分かる何かが有るのです(v_v)

9月なう♪ 偉大なラムセス2世さまの誕生日を祝うのだ(>_<)

跪くのだ(≧▽≦)
そう…様々な憶測飛び交う、この9月の観音菩薩の月命日にわたくしはこの地上に降臨したのだ!
9月18日。 ミロクの倍数マックスなりよ(p_-)↓↓↓ こんな記事まで…

☆メシアは到来するか☆
イスラエルのかつての代表だったシャロン元首相が亡くなったのは、2014年1月11日のことでした。

下は、その2日後の 2014年1月13日の米国 WND の「イエスの突然の再臨が差し迫っている?」というタイトルの記事です。
sharon-03.gif
・IS RETURN OF JESUS SUDDENLY IMMINENT?
この記事の内容は、2006年に 108歳で亡くなったイスラエルの高名な宗教的指導者であるイツァク・カドゥリ師が 2005年に、

「シャロンの死後にメシアがやってくる」
と述べたことを説明したものでしたが、ラビのその言葉の内容については、イスラエルのメディアにあったものを翻訳したものを、

・救世主の再臨とか六芒星などのキーワードが飛び交う中、イスラエルのマリア像が「油の涙」を流し始めた
 2014年02月14日

という記事に載せたことがあります。
全文は上の記事から読んでいただると幸いですが、イスラエルの記事の見出しとリードは以下のようなものでした。

約束への失望:「シャロンの死後にメシアがやってくる」
ユダヤ教の宗教指導者イツハク・カドリィ師は、シャロンの時代の後に救世主がやってくることを信奉者たちに約束した。

彼は現在すでに「聖なる地にいる」という。
師の約束によれば、その時、宇宙規模でのイベントが発生し、「良い終末の訪れ」に関しての秘密の法が告げられる。

イツハク・カドリィ師
israeli-rabbi-02.jpg
そのシャロン首相が 2014年の初めに亡くなった後、昨年以来、イスラエルで「メシアの到来」がささやかれていたところに、今年になり、最上位のラビが、

「その日(メシアの再来の日)は非常に近い」

と言い、さらに、それは「9月からになる」
***
とか何とか言ってもね、全く興味が無いラムセス2世なのでした(◎-◎;)
ちなみに、私とウルトラマンが日本に生まれた年は丙午で1966年(1+9+6+6=22) 煩悩くんの好きな数字も入っておりますよ。

更に未年には常に光と闇の戦いが、何らかの現実世界にアプローチを投げ続けてきた事実があった。
なに?なに?なに? 何があるの(p_-)
はやくぅ…
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク