スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥモローランドの出来は如何に?

5月22日には鹿児島県奄美市(奄美大島)で震度5強、今日25日には茨城で震度5弱がありました。また地震が活発になってきている感じです。

5.22は、箱根の火山性微動も高まり、鹿児島では桜島の噴火、西ノ島の海洋汚濁.....等が起き、ま、まさか、、、、と思っていましたが、結局、予言の関東大震災は起きずに終了。

ザキヤマ似のゲイバーママの予言は全部ハズレです。

まぁ、九州の予言がハズれた時から「ダメだ。こりゃ」と思っていましたが、正にその通りの結果となりましたね。日時指定の予言は外れるというジンクス通りの結果になりました。

5.22はこれ以外にも、スカイツリーの誕生日でしたが、それ以外にも『トゥモローランド』の米国上映開始の日。その中に描かれた「今後の人類シナリオ=テスラ世界システムを基盤に置いた世界運営」を果たして米国人が読み取り、驚愕のレビューが津波のように日本に押し寄せてくるのかどうか?を首を長くして待っていましたが、ミル☆さんの記事内容からは、どうも評価はガクンと下がっている(76→49%)とのこと(滝汗)。

■『トゥモローランド』が全米公開され賛否両論の嵐
http://takakuraken.jp/blog-entry-135.html

一足早いレビューでは「これはディズニーの人材募集映画だ」という酷評もありますが(笑)、世界は今、かつての夢のあった未来ではなく、人工知能、経済破綻、戦争...暗い未来ばかりとなっていますが、映画では「これがディズニーの考える未来。こうなるよう頑張って未来を作ろう。皆の衆。」というウォルト・ディズニー思想の能天気なオンパレードだという(滝汗)。

う~む、米国一般ピーポーの意識レベルでは全く読み取れなかったのか? それとも、そんなことは全く描かれていなかったのか?

オイラの場合、一般上映日の6月6日に見て判断するしかないのですが、5月28日に行われる日本でのプレビューに参加するミル☆さんのレビューが待ち遠しいだす~。
スポンサーサイト

Comments

ベルファシの計画と失敗(誤算)

既に、全米で公開された「トゥモロー・ランド」、米国での評価はガタ落ち(76→49%)で、論評も分裂だとか。
ベルファシの「人為的な神の国」(=異次元逃亡先)と、米国民が求める「千年王国」との落差ですかネ。神が創る『神の国』は、米国民が求める「千年王国」(3.5次元?)→『神の国』(5次元)でそれ以上の筈です。
私自身は、「トゥモロー・ランド」(閉鎖・取り残された異次元)よりも、本物の『神の国』へ行きたいです。(ベルファシは、神が創る『神の国』と、自分達が作る「トゥモロー・ランド」をスリカエて、『神の国』へ行きたい人を、「トゥモロー・ランド=神の国」だと騙し誘導するつもりが・・・約半分の人に見抜かれた為ですかネ)

前回の投稿後に、パソコン不調(ディスク容量不足が頻繁に出る→リストで不要と思い削除したプログラムが必要なものだった為ですが・・・・)何とか復旧です。古いファイルの圧縮だけ?にすれば良かった・・・・
本当は、前回の「神々のスリカエと裏天皇(ヤタガラストップ)の失敗」と、前々回の「御魂磨き第一、テクノロジーはその後」記事は余り書くつもりがなく、今回の記事の予定でしたが。

「平成24年10月1日作成 ベルベットファシストの計画と失敗」という高度自給自足さん(2014-01-29)のブログからです。後半は日月神示や聖書預言を解読した予定表(概要)と私の見解です。
上記のベルファシの計画自体が、聖書預言を元に、彼らが勝手に解釈した時間軸で、神の預言を装って出来事を演出して来たが・・・彼らの時間軸は大幅に狂っている(16~20年程前倒し要?)と思えます。

世界的な大災害をもたらす地軸移動(=ポールシフト)と、それに続く現大陸の沈没と新大陸の浮上が、彼らは2032年頃と思っていたが、ET達の情報では2016~21年頃、日月神示の預言は2018~19年頃です。
(多分、今回の投稿では字数制限で、ET情報や日月神示の「予定表」は書けないと思いますが・・・)「トゥモロー・ランドとフリーエネルギー公開」と、「ベルファシの計画」が関係あるのかは知りませんが。

まず、高度自給自足時代の夜明けさんからの「ベルファシの計画と失敗」からの内容です。
こんにちは、今回はベルベット・ファシストの予定表を公開します。
去年(注:2011年の事)の7月の頃に名無し先生に見せていただいた数十ページに渡る書類ですが、その最後のページに彼らの計画が載っています。この様な文章が実際に存在するのです。

●西暦2042年(ヨベルの年)が、再君臨の年である!?

・封印①黙示録6章1節、白い馬、勝利。(1993~1999)
ソ連崩壊で唯一の超大国となったアメリカの繁栄。湾岸戦争の勝利。反キリストに従う10人の王の一人(?)ロックフェラー家の隠し子・クリントン大統領の政権誕生(1993~)

・封印② 赤い馬、殺戮。(2000~2006)
ブッシュ政権誕生(2001~)、2001.9.11テロ勃発。現代のバビロンであるアメリカによるイラク・アフガン攻撃。

・封印③ 黒い馬、飢饉・不況・秤(はかり)。(2007~2013)
アメリカなどで飢饉。トウモロコシ価格の高騰。リーマンショック。黒人初の米大統領によるオバマ政権誕生(2009~)。ギリシャ国債デフォルトの危機で始まったEUの金融混乱と世界不況。

・封印④ 青白い馬、人類の1/4死亡(剣・飢餓・死病・獣)。(2014~2020)
ロムニー政権誕生?。異常気象や旱魃などによる飢饉。エルサレム第三宮殿の建設(?)や、イラン・イスラエル戦争などにより、第三次世界大戦勃発?。飢饉等も加わり17億人の人類が死亡。

・封印⑤ 殉教者の魂が祭壇の下で叫ぶ。(2021~2027)
現代のバビロン(アメリカ・EU)の富を吸い尽くした闇の支配者達(エドム中心の反キリスト集団?)の世界統合は漸進する。彼らは超管理手法で、人々を、政治・経済的に、そして宗教的に弾圧して、その生きる自由を奪う。

・封印⑥ 御怒りの大いなる日、大地震・天変地異、星が地上に落下する。(2028~2034)
地球は、超大型の天変地異や、ポールシフト(地軸移動)などに見舞われて、世界の気象情報や、住環境は一変する。1年は、364日に戻って、"ヨベル暦"復活に備える。まさに、2032年の前後10年は苦難の"大峠である。

・封印⑦ 聖徒の額に神の刻印が押される。サタン配下に獣の刻印が押される。(2035~2041)
黙示録8章以下→注:実際は(※・・・)は2016~2024年の間に起きると思える。
・第1のラッパ (※2036年3月)、雷と火、地と木の1/3と青草焼く。
 └・鉢① 獣の刻印を押された者への悪性の腫れ物。
・第2のラッパ (※2037年3月)、(記載なし)
 └・鉢② 火の燃える大きな山。海の1/3血になり、海の生物1/3死ぬ。
・第3のラッパ (※2038年3月)、(記載なし)
 └・鉢③ 大きな星、川と水源の1/3苦くなる。
・第4のラッパ (※2039年3月)、(記載なし)
 └・鉢④ 神を冒涜する人々を灼熱の太陽光が焼く。
・第5のラッパ (※2040年3月)、一つの星、底知れぬ穴。
 └・鉢⑤ 苦痛と腫れ物。
・第6のラッパ (※2041年3月)、2億の騎兵、人類の1/3死亡。
 └・鉢⑥ ハルマゲドン。
・第7のラッパ (※2042年3月)、主の再君臨、私達(注:彼らではなく聖徒達)の復活。
 └・鉢⑦ 大地震、都裂ける。

2012年のユダヤ暦元旦は、9月17日である。イスラエルでは"角笛(ショファール)"が、毎年秋に吹かれて新年が始まる。しかし、3035年の秋には、第7の封印が解かれた後、天には半時(6ヶ月)の静寂があり、翌年
の3月21日に、第1の角笛(注:日本の修研道のほら貝)が吹かれて災害が始まる。即ち、この時からユダヤ暦はヨベル暦に切り替えられて、角笛が、ヨベル暦の、"春分の日"に吹かれる様になるのである。

そして、2042年の春に吹かれる"第⑦の角笛"の響きの中で、種(→主の誤植?)は御再臨され、イスラエル12部族は復活し、私達の肉体も、その時、瞬時に蘇るのである(コリントせつ15章→1コリント15.50-52の事)。
まさに、"主の力強い御腕による世界統治"が誕生する。最高の"ヨベル年"は到来するのである。

2042年3月21日"春分の日"に、御再臨の主イエス様は、角笛の響きと共に、東から西に正確に差し込む太陽光を背に、その光に乗って、稲妻の如く東からエルサレムに入城され、オリーブの山に立たれる。この日、サタンは、地下牢に幽閉され、主イエス様の千年王国が、地上に建国される。アダム創生以来からの聖徒達、滅びの中にあったイスラエル12部族の方々、及び、イエス様に与る私たちも、"生命の身体"を着せられて、復活する。・・・・異常です。いや、以上です。

BC3960年をアダムの元年とし、6001年後(AD2042年)に主の再臨があるという文章です。

(という内容です)。以降に、明治天皇が神道の起源を調べた事。そして神道はユダヤ・キリスト教だと考えた事。(その結果で、皇国思想(=日本は神国)が生まれて戦争に突入していくが・・・・・)

また、裏天皇の「◎田」と「◎田ジュニア」について書かれているが詳細は省略する。裏天皇の「◎田」は、文鮮明によって、キリストの生まれ替わりだと洗脳された様で、悪魔の3.11大地震の計画に加担し、原発も爆発させて東日本を放射能汚染させた張本人だが、艮の金神の怒りで既に死亡している様です。

話を上記のベルファシ予定表に戻して、私の見解です(ベルファシの考えの主な間違い)。
(注1):(封印①)の反キリストに従う10人の王の一人、ロックフェラーの隠し子が「クリントン」で、白い馬と神の勝利を象徴する人物(=キリストに忠実な僕?)との内容は、支離滅裂ですナ。(最初から・・・)
ベルファシ予定表は(神の預言を装う)「悪魔の計画書」(彼らの神は悪魔)なら・・・スンナリ読めますが。

(注2):別の某ブログ内容からですが、(封印④の)「青い馬」の後、東から救世主の再来を暗示し、世界統一政府を作りたい。という勢力が日本の内部に存在する様です。多分?それが、現在の安倍政権を支える「裏天皇の◎田」(艮の金神の怒りにより死亡?)を支持するグループだと思われますが・・・・
従ってこのグループは「日月神示の神(=日本国土を創った神)」に敵対しているグループです。また、ロムニーは次期大統領選挙に出馬しません。予定が狂ったのでブッシュ一族かヒラリーが代役?

(注3):本当は、封印⑦=第1~第7のラッパで、第7のラッパ=第1~第7の鉢の構造となる。第1~第7のラッパは※の2036~2042年ではなく、日月神示(私的解釈)では2016~2019年頃と思えます。
また、第1の鉢~第7の鉢は、同様に(私的解釈)では2020~2023年頃で、大峠後の試しが2023年頃、2024年頃に「隠れていた神の登場」(=キリスト再臨)ではないかと(私は)睨んでいます。
宇宙人情報も、クラリオン星人の本の解読からは、ポールシフトは2016年~2021年頃(?)と言っています。

(注4):アダム誕生は、BC3960でなく、もっと古くBC9564年のアトランティス最後(=3度目)の崩壊の前で、アダムは「法の子とベリアルの子」の対立時代のアトランティスで使命を果たせず、楽園→暴虐の地と化したアトランティスを追放されエジプトに移された。との事(エドガー・ケーシーの情報)

(注5):第7の封印が解かれた後の半時間の天の静けさ(黙示録8.1)の意味は、物質地球の次元上昇に先立ち、悪霊の住みかである低層アストラル界(地獄界と煉獄界)の存在を追放する大掃除が完了した事を示すものです。(黙示録12.7-12)では、天では「ミカエル軍」vs「サタン軍」が戦い、サタンの軍勢が負けて、天から地に投げ落とされた事が「天の静寂」の様です。(→ベルファシの解釈は誤りでしょう)

(注6):日月神示(完全ガイド&ナビゲーシヨンP.054)によれば、神道系の黒住教~大本教の流れは、明治政府の主導により整備された神道、いわゆる国家神道は、天皇中心の国づくりを推し進める為、あくまで、人間の都合で形作られた官僚主導による「人造神道」であった。という事です。
高度自給さんは、現在の「大本教」(=支配者手先=悪)」だから、王仁三郎も日月神示も「悪」の考えの様ですが、・・・・私自身は、現在の大本教=闇政府に迎合・堕落した(3代目以降の大本教は節のない竹の様になる?)もので、王仁三郎(日本政府が弾圧)=日月神示=艮の金神(正神)が遣わしたの見解です。
私自身は、「王仁三郎、日月神示」迄は正神、その後の「大本教」は邪神のメッセージと考えてます。

善悪逆転の構図(1/3)

投稿で、エラーがでましたので分割投稿します。今回は(1/3)。
前回は、ベルベットファシスト(ベルファシ)と神の計画が、時間的にかなり(20年程?)違う事を書きました。
「トゥモロウ・ランド」や「ターミネーター5」で、ベルファシは、テクノロジーが地球危機を救う(とする?)、別世界逃避し、神の審判(=人類カルマの回帰)も避けられる?、我々が人類の救世主?、という人類への洗脳でしょう。
「神の摂理」(=カルマ回帰)は誰も逃れ得ません。救うのは「カルマ解消」で、テクノロジーじゃありません。

今回はベルファシの計画ではなく、「神の計画」についてです。
神の計画とは、悪魔の妨害にあっても、それを乗り越えて光と善に向かって進んでいく人間の創造です。その為に「悪魔と、悪魔に味方する勢力」が(一時的には)存在する事を許しておられます。
しかし、悪魔と悪魔に味方する勢力は(最後迄その歩みを止めないなら)「滅ぼされ存在しなく」なります。
そして、悪魔に洗脳された者達の多くが「我々は神の意志の実行者」なのだと(?)誤解しています。なぜでしょうか。それは善悪逆転の構図に嵌っているからです。
ちょうど「善が悪、悪が善」にスリカワルのと同じで、「絶対的善悪」と「相対的善悪」の取り違えなのですが。

(あぁ、違う・・・・今回はその話じゃないんだけど・・・・まぁいいか)
「絶対的善悪」とは、縦方向の善悪です。神に近づく方向が「善」で、神から遠ざかる方向が「悪」です。
「相対的善悪」とは、横方向の善悪です。これには「99%の人の善悪」と「1%の人の善悪」がありますが、基本的には、相対的善悪には「善悪はありません」(立場によって善悪が入れ替わる為です)。

例えば、社長と従業員がいたとして、従業員にとって「給料が上がる」の善ですが、社長にとっては悪です。逆に、社長にとって「給料を下げる」のは善ですが従業員にとっては悪だからです。
つまり、「99%の人(=一般人)の善悪」と「1%の人(=支配者)の善悪」とは、正反対であるという事です。
本当は、人間は「善悪抱き参らせる」と言う事で、「相対的善悪のバランス」を取らねばならないのです。「絶対的善悪」と、「相対的善悪」の関係を図に描いてみます。

「絶対的な善」(神に近づく=利他的=次元上昇)
(↑)99%の人の善←←相対的善悪→→1%の人の善(↓)
(↑)社員の給料増←←相対的善悪→→社員の給料減(↓)
(↑)社会福祉充実←←相対的善悪→→社会福祉削減(↓)
(↑)富の公平分配←←相対的善悪→→富の一極集中(↓)
「絶対的な悪」(悪魔に近づく=利己的=次元降下)

多くの場合、「99%の人の善」を追及する事は「次元上昇」し、神に近づく事で「絶対的な善」となります。
但し、これを悪用する人が多いと、生活保護の多重受給、働かない給料泥棒、能力主義の否定だとされ、正規も非正規の賃金に、社会福祉はカット、成果主義(=残業不払い)の導入の話になってきます。
(1%の支配者達が、99%の者達の中に「悪用者を雇い」→不正暴露→「1%の善が正義」を演出手法?)

問題はここですが、相対的善悪には(本来)「善悪はない」ので、「99%の人の善」と「1%の人の善」との適正なバランスを取らねばならないのです。どちらかに傾き過ぎてはいけないのです。と言う事で、
(自分の主張だけでなく)相手の立場も考慮して「善悪抱き参らせる事」が、「絶対的な善」となるのです。
「善悪抱き参らせる」とは、「相対的な善悪の判断」に際しての言葉で、「絶対的な悪」(=悪魔に近づく事)に対して、「善悪抱き参らせる」をやると、その人は「悪の(or悲惨な)存在」となってしまいます。

そして「最大の悪行為者」は、1%の人の善の追及者が、「自分が全くの善の存在」だと思い込む事です。彼は、自分の中の悪を「他人に投影」して見ます。鏡の法則によって「自分の中の悪=自分の周囲の悪」なのですが、彼は「自分は全くの善」だと誤認するので・・・「自分に反対するヤツは全て悪」と映るのです。
(先日の首相答弁の様に「私の言ってる事は全く正しいと思いますよ。私は首相ですから・・・」の様に)
と言う事で、これにて一件落着。さて本題に戻して、・・・・・
(しかし、ここで1/3は終了です)

神の経綸の時間軸(私的見解)(2/3)

投稿で、エラーがでましたので分割投稿します。今回(2/3)。
聖書預言では「封印(=第1波)」「ラッパ(=第2波)」「鉢(=第3波)」と、人類の覚醒が3波に分かれる様です。これに、日月神示の「神の経綸の時間軸」をあてはめると、以下の図の様になるかと思います。

(日月神示の)神の経綸開始(2003年)→表11年→裏11年→神の経綸終了(2024年)。
悪の衰退(2003-15)、善の復興(2012-24)で、子の年(2012)真ん中に前後10年(2003-13)が正念場。
天明の拝命(=1920年)から96年7ヵ月後に開く(=岩戸開き?)→2016年秋「岩戸開き」(=神と獣へ分離へ)。
春マケ(2004-06)→夏マケ(2007-09)→秋マケ(2010-12)→冬マケ→(2013-15)→春マゲドン(2016-18)?→地軸移動と大陸沈降(神力発動=2019-21)?→神々(艮の金神ほか)の顕現と大峠後の試し(2022-24)?


さらに、光のET達の情報では、地軸移動の直前の「神の民はUFO搭乗」し、「獣の民は地上残置」との事。その後の地上では、原発と核開発のカルマの為「ポールシフトが発生」、五大陸の平野部や原発立地部は大陸沈降で約30年間(2019-49?)は水没して、地球は禊(みそぎ)を受ける。UFO内で教育を受けた神の民はその後に地球帰還する様です。従って「神の千年王国の開始」は2049年頃からの予定か(?)

(封印1)→白い馬(光に啓発された者):「経綸前から覚醒→5次元へ上昇」(勝利)・・・・→(2004~?)
(封印2)→赤い馬(無知を切り裂く剣):「感情を霊的光に変容させ次元上昇」・・・・→(2007~?)
(封印3)→黒い馬(潜在意識を浄化):「カルマのバランスを取り次元上昇」・・・・→(2010~?)
(封印4)→青白い馬(死による浄化):「肉体的な死によるカルマ解消で次元上昇」・・・・→(2013~?)
(封印5)→殉教者達の叫び:「殉教時は次元上昇できず→終末に次元上昇」・・・・→(2016~?)
(封印6)→大地震・天変地異(先祖伝来の信条崩壊):浄化と癒しプロセス開始・・・・→(2019~?)
(封印7)→神と獣の刻印(一時の静寂):「144000人と白い衣の大群衆」・・・・→(2022~?)

├(ラッパ1)→血の混じった雹と火、地の1/3、木の1/3、青草が焼ける
├(ラッパ2)→火の燃えさかる山、海の1/3は血に、海の生物の1/3が死ぬ
├(ラッパ3)→大きな星落下、川と水源1/3が汚染、水が「苦よもぎ」に(放射能汚染)・・・→(原発爆発?)
├(ラッパ4)→太陽と月と星(=国旗の事?)の1/3が打たれ、暗くなる。
├(ラッパ5)→星の落下。底知れぬ穴が開く。太陽と空気暗くなる。
├(ラッパ6)→ユフラテ川の御使い。2億の軍勢。人類の1/3殺戮・・・・→(中東戦争?)
└(ラッパ7)→神の奥義の成就(=半霊半物質化?)。稲妻と地震。

  ├(怒りの鉢1)→獣の刻印を持つものに悪性のできもの。
  ├(怒りの鉢2)→海は死人の血の様になる。海の生物がみな死ぬ。・・・・→(放射能汚染?)
  ├(怒りの鉢3)→川と水の源が血になる。
  ├(怒りの鉢4)→太陽が火で人々を焼く。
  ├(怒りの鉢5)→獣の国(米とEU)が暗くなる。苦痛とでき物で神を呪う。
  ├(怒りの鉢6)→ユフラテ川枯れる。ハルマゲドン(獣の軍vs東の王軍)・・・→(東の王=日本?or中国?)
  └(怒りの鉢7)→神の意志が成就。雷と大地震。都が裂ける。

但し、聖書の預言は「封印(黙示録6~8章)→ラッパ(同8~11章)→鉢(同15~16章)」の裁き、しかし、聖書預言はここで終りではありません。
黙示録12章は太陽を着た女と天での戦い、同13章は獣(第1と第2)の預言、同14章はバビロンの崩壊、同17~18章は大淫婦への裁き、同19章は天の大群衆が神を賛美と、獣達の捕縛へと続き、

同20章はサタンの捕縛と幽閉→神の千年王国→(千年後)サタンの一時解放と「命の書の裁き」となり、同21~21章は「新しい天と地」(=次元上昇した)の到来とその説明。となっているからです。

という事なんですが・・・・(2/3)はここまで。

日本支配層の誤算(私的見解)(3/3)

投稿で、エラーがでましたので分割投稿します。今回(3/3)。
ここで上記の20章を取り上げると、封印、ラッパ、鉢の災害の生存者達が、日本(の平野部)沈没→移住→多分「新しい大陸」(=新日本)に千年王国を築き→(千年後)サタンの試練→合格者のみ5次元上昇へ、となると思えます。
日月神示の"日本の◎◎◎様"とは、その「新しい大陸の指導者」だと思えます。
残念ながら、この事を知らず"日本の◎◎◎様"を、今の「天皇家」の誰か?。「裏天皇」系統の誰か?と考え担ぐのが、奉公衆、ヤタガラス、日本支配層(=神道関係、神社本庁、戦後の大本教も含)と思われる。

(日月神示の解説本の著者で◎◎氏なども「天皇が◎◎◎様」と主張している・・・大変残念だが)

(注1)、日月神示の「神々の顕現」(2022-24~)?頃に「封印、ラッパ、鉢」の3回の裁きを経ても6段階以下の魂の者が「△△△の獣」となる。神の印を押される者は、「封印、ラッパ、鉢」で7段階に達する者を言う。
尚、白い馬に乗る者達は、「777超人類意識」→「888(=キリスト意識の)神人類意識」(=144000人+αの救世主)へ進化へ。

(注2)、「怒りの鉢6」での「獣の軍vs東の王の軍」の戦いで、「東の王の軍」が勝利すれば(?)、雷と大地震、都が裂けるという災害は(不必要で?)起きない可能性がある。そこで「獣」とは、「東の王」とはを検証。
「獣」とは、黙示録13章に書かれた内容から、「第1の獣(=EU)」と、「第2の獣(=米英)」の事と思える。「東の王」とは、ユフラテ川(中東)から見て東で、中国か日本(?)と思えるが・・・・「中+露+BRICS」らしい。
以下、(注3)と(注4)と(注5)でその事を記そうと思います。

(注3)黙示録13.1-10の「第1の獣=EU」と考えられます。第1の獣は、海(=地中海)から上がって来て、7つの頭と10本の角があり、神を汚す名があり、イエスの時代に中東を支配した「ローマ帝国の再来」であり、頭の1つが死ぬ程の傷を受けるが治る(ドイツ分断→再統合)、「3年半全世界を支配」する。とされる。


(注4)と(注5)削除

という事で「聖書預言」も、今の日本支配層は「△△△の手先」(=日本国民は別!)です。でもいつ迄(?)。解放は(?)。・・・(3/3)終了です。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。