スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三狐神

天神系天皇を探している時に、偶然あることに気付いた。

伊勢斎宮が天神系天皇の大奥であるとの推測から、天神系天皇に該当しそうな氏族、例えば、伊雑宮の磯部氏、測量シャーマンで斎宮寮近辺居住の日置氏、九鬼水軍の九鬼氏、外宮宮司家の度会氏...等々を調べていたのですが、この中で一番怪しいのはやはり斎宮に関係する度会氏ですね。元々は磯部氏の首長だったのが度相氏の姓を賜り、その後、度会氏となったという。ちなみに「渡会」は朝鮮古語で「海族・海族を守る神(パタライ)」を示すとも云われる。

ただし、賀茂氏が「王となる者に油を注ぐ」役目であることから、同じく神祇氏族であり外宮社家である度会氏も同じようなものであり、天神系天皇には該当しないだろうと考え直した。

で、この度会氏が出口家であるということを知った。
度会氏=出口氏なのです。

あの綾部から皇道大本の創始者出口ナオを輩出した出口家です。

ナオ
(出口ナオ)

出口氏は西日本から長崎に掛けて帯状に分布し、あとは突然三浦半島へと飛んでいる。つまり、出口氏は半島か大陸から渡来し、西日本の海岸沿いに移住しながら東へ東へと移動し伊勢に到達、その後、三浦半島に渡ったということが分かる。村上水軍の港の出口を守っていたからこの名があるとも云われ、多分、伊勢到達時に磯部氏と混血したのだろう。

出口一族はこの三浦半島で三浦水軍を形成しているが、藩を超えて他の多くの水軍とネットワークを出口家はもっていたと云われる。

一方、外宮のある伊勢志摩を治めたのが九鬼氏ですが、三巴の家紋ともう1つ大本(十曜紋)と似た七曜紋とを使用していることや、大本発祥の地・綾部の殿様をしていたことで、出口氏と九鬼氏の繋がりはよく指摘されます。しかし、一番のポイントは出口氏は九鬼水軍同様に三浦水軍を持っていた点でしょう。

また、日韓合同朝廷の長男(梨本儀光→アンダーソン家に養子縁組)を生んだ李方子の母・梨本(旧姓鍋島)伊都子は九州佐賀の鍋島侯爵家の出ですが、松平姓を名乗れる「四品」資格の鍋島氏も「鍋島水軍」を保有していた。
※島津氏も坊津水軍を保有

九鬼
(九鬼氏の三巴)

この水軍ネットワークが島津-鍋島-度会(磯部)-出口-九鬼を繋いでいるが、ここがイエズス会が関与していた部分だろう。

九鬼氏は家督相続のもつれから、有名な鉄甲船「日本丸」を作った水軍を廃され、志摩から綾部と摂津三田の2つに分割させられ移封されている。陸に上がった九鬼氏ですが、綾部藩内には九鬼氏が豊川稲荷からダキニ天を勧請した「本興稲荷」がありますが、明治の廃藩置県で藩主九鬼氏が東京に移るにあたり、この稲荷を九鬼氏菩提寺の横に移し地元に残したという。

九鬼水軍
(九鬼水軍 モノコックボディ構造の安宅船)

この豊川稲荷とは三川の豊川稲荷のことなのか?

そういえば、三川の豊川稲荷(室町時代末期の1441年創建)は信長・秀吉・家康らが帰依した以外にも戦国武将では九鬼嘉隆が篤く信仰していましたね。三川の豊川稲荷の可能性は高そうです。伊勢外宮の神域には同じ「豊川」の名を持つ「豊川茜稲荷神社」(あこね様)がありますが、ここは九鬼氏の祭祀を行っていた場所であり、九鬼氏とダキニ天は切っても切れない間柄。

稲荷神の狐との習合は御食津神(みけつ)を狐の古語である「けつ」を使って「三狐神」と書き誤ったのが原因だとされている。もう1つの説は、東寺建造(796年)の際、秦氏が稲荷山から木材を提供したことで、稲荷神は東寺の守護神とみなされるようになり、空海が招聘したダキニ天法のダーキニーと習合化されたという話がある。オイラは後者の方が正しいと思っている。
※『二十二社本縁』では空海が稲荷神と直接交渉して守護神になってもらったと書かれている。

三狐神
(三ケツ神・爆)

外宮神域の茜社縁起には、、、

「古くから茜社神域内に稲荷と唱える岩窟があり、
此処に宇迦之御魂神をご祭神として祀り豊川明神、豊川稲荷と崇め唱えて
海の神、地の神、商の神と信仰を集め....云々」


とあり、また茜社は特に漁師の信仰が篤ったという。茜社創建は986年より以前とされますが、これは豊川稲荷創建(1444年)よりも遥かに古いことから、外宮の神である豊受大神=保食神=宇迦之御魂神とダキニ天と習合化した空海作の稲荷神をこの地で祀り、「豊川稲荷」の名称としたのはここが最初で、発祥地だったのかもしれません。

つまり、豊川稲荷の「豊川」は外宮の地が由来の名称ということ。その後、明治維新時に今度は豊川稲荷の「豊川」が外宮地名にブーメランのように逆戻りしたのか? しかし、「豊川」という名は大宝律令以前の三川国穂評に見られ、外宮の本当の創建時は8世紀頃と見られることから、逆に三川の「豊川」と云う名が外宮の地に移されたとも云える。これは熱田神宮の別称「蓬莱島」の名称移転と同様、徐福国滅亡に端を発したものだと睨んでいるが、、、このように三川と伊勢は反射が延々と続く鏡面対象となっている。

要約すると、、、「徐福国【豊の国】→伊勢外宮の地に【豊】名称移転→豊川茜稲荷→豊川稲荷→本興稲荷」という流れになっていると睨む。

さてさて、この九鬼藩邸にあった「本興稲荷」を毎日拝んでいたのが出口ナオで、2月3日(旧正月5日)の日に、突然、ナオは神懸り状態となり、、、

「節分の煎り豆に花が咲く」

と叫び出したという。節分には鬼を追い払う為に炒った豆を投げるのですが、この理由は「煎り豆に花が咲くまで戻ってくるな」という意味。実際には言った豆からは花は咲く筈もないことから、「二度と来るな」という意味になるのだという。この炒った豆が花を咲かすとは、鬼=大江山霊媒衆=地祇系の復権のことを言っているわけですが、実際、その後、大本はサンカ・アヤタチの上田鬼三郎を迎え皇道派の中核となっていった。また、ここでの鬼は牛のような角に寅のパンツを履いていることから「丑寅」であり、ウシトラの金神とも看做されているが、このウシトラの金神は『九鬼文書』にも登場する宇志採羅根真大神のこと。

この開祖出口ナオのお筆先には、、、、

「九鬼大隅守の因縁がわかりてきたら、どえらいことになるぞよ」

という一節がありますが、九鬼大隅守とは「海賊大名」の異名を持つ九鬼嘉隆のこと。九鬼は藤原北家で熊野別当家の流れだと自称するが、実際には出自不明だという。宇和島ににも九鬼氏は居るが、伊予宇和島藩初代藩主・伊達秀宗(伊達政宗の長男)が仙台から移ってくる際に一緒に宇和島に来たという。この宇和島九鬼氏が志摩九鬼氏の本家筋だと言われている。

九鬼嘉隆

九鬼氏の特徴として、、、、

1)天神系が都を置いた仙台から下って来た
2)三脚巴【トリスケリオン】と似た三巴が家紋
3)サンカ・アヤタチが作った大本に深く関係している
4)天神系はサンカを情報機関として傘下に置いていた


三脚巴

もしかして、九鬼氏が天神系天皇だったのでは、、、、(滝汗)

しかし、名無し先生の話では武闘派として知られる九鬼水軍末裔の方で戸籍を持たない人(80歳超)が居て、若い頃スペインで日本語教育が完備した大学でイエズス会教育を受けていたという。神官資格を持ち陰陽師でもあり、7つの苗字を使い分けているという。しかし、この末裔の方はコウケダイドコロシュウと呼ばれる北朝系の金庫番であり、天神系には属しておらず、残念ながら九鬼氏が天神系天皇という線は消えうせた。

これが志摩にパルケエスパーニャ(スペイン村)がある理由でもある。
まぁ、単なる偶然だが、、、(あはは)

う~む、未だオイラの中では天神系天皇の正体は謎のままです(爆汗)。

東漢出自の綾部の大本ら「客家に見える漢人」である卍党に客家手法を伝授したのがこの九鬼氏。つまり、九鬼氏とは柳生一族と同じく客家ですが、もう少し詳細に言えば、九鬼氏とは恵州客家(広東省恵州府、恵州の海豊・陸豊の両県の海陸豊客家も含む) が出自で、元々はペリシテ人(ハム系ミツライム族)だったというわけです。

確かに、この因縁はどえらいことだ(爆)。

九鬼氏の客家(ペリシテ人)らしいエピソードの1つが関が原の戦いで父と子がそれぞれ唐軍、西軍に付き戦って、どちらが勝っても家の安泰を図っていること。この両天秤戦略(双頭戦略)はユダヤ金融資本が使う手法ですが、徳川家康もアンチ北朝を江戸の近くの水戸に置き、何かあれば寛永寺に匿った南朝天皇末裔を玉にして東北に逃げるようにしていた。徳川氏も客家手法を充分知り尽くしている。実際、徳川家は客家(緑のカラス)の頭領格だった(爆)。

今回の洞察で、少なくとも分かったのが三脚巴【トリスケリオン】は客家(ペリシテ人)系列のシンボルだったということで、朱貞明の血を引くヤンギトナキ家族もスリーダイヤの財閥も客家系ということが判明したわけです(ふふふふ)。まぁ、「海の民」=三脚巴=ペリシテ人=客家という流れから当然の成り行きですが、オイラはこの財閥系列を「天神系」としてしまい、今、その誤りに気付いた(滝汗)。

しかし、天神系の経済基盤は一体何なのか? 権威だけでは支配コントロール出来ないのは「表の天皇家」を見れば分かるのだが、、、、更に謎は深まってしまった(爆汗)。

客家はダキニ天と閻魔大王(客家語では山大士)をひたすら畏れる宗教観を持っているといい、九鬼氏が豊川稲荷を祀っていた理由も納得がいく。閻魔大王の「閻魔」とはインドのサンスクリット語で「冥界神=死者の王」を指し示す最初の人間「ヤマ」(ゾロアスター教のイマ=ジャムシードに相当、双子の妹で妻が「死の女神」ヤミー)から来ている言葉ですが、客家がダキニやエンマを畏れる理由も「客家=ペリシテ人」ということが分かれば、簡単に謎が解ける。

ヤマ天像 (チベット)
(ヤマ)

聖書「土師記」15章にはこうある。

サムソンは長じた後、あるペリシテ人の女性を妻に望み、彼女の住むティムナに向かった。その途上、主の霊がサムソンに降り、目の前に現れたライオンを子山羊を裂くように裂いた。ティムナの女との宴席で、サムソンはペリシテ人たちに謎かけをし、衣を賭けた。ペリシテ人は女から答えを聞きだし、サムソンに答えた。サムソンは主の霊が下ってアシュケロンで30人のペリシテ人を殺害してその衣を奪い、謎を解いたペリシテ人たちに渡した。ティムナの女の父はこの一件の後、娘をほかの男性に与えた。サムソンはこれを聞いて『今度は私がペリシテ人に害を加えても、私には罪がない』といい、サムソンは出て行って、ジャッカルを300匹捕らえ、松明を持って来てジャッカルの尾を結んで、それぞれに一つずつ松明をむすびつけ、ペリシテ人の麦畑に送り込み、刈り入れた麦の山から麦畑、ぶどう畑、オリーブの木に至るまで燃やした。ペリシテ人はその原因がティムナの父娘にあると考えて二人を殺したが、サムソンはこれにも報復してペリシテ人を打ちのめした。ペリシテ人は陣をしいてサムソンの引渡しを求め、ユダヤ人はこれに応じた。ペリシテ人はサムソンを縛り上げて連行したが、途中で主の霊が降ると縄が切れて縄目が落ち、サムソンはろばのあご骨をふるってペリシテ人1000人を打ち殺した。

サムソンジャッカル
(ジャッカルを放つサムソン)

つまり、ダキニ天がジャッカルであり、閻魔大王がダン族出身の英雄サムソンだったのである。

サムソンは終末の世に現れる救世主の雛形とされていますが、ヒルデガルトの予言ではサムソンを輩出したダン族から偽救世主(反キリスト)が現れるという。このダン族の反キリストはビリケン広飲み屋なのか、、、、それともハゲリアム王子なのか、、、あるいはもっと別の人物なのか、、、誰なのか興味あるところですね。しかし、この血統のダン族は終末イエスに従う144000人から省かれるとも聖書に書かれている。きっとこの予言に沿ったシナリオでベルファシ勢力の終末劇が演じられることだろう(ニタリ)。

閻魔は「焔摩」とも言いますが、「焔」は「炎」のことであり、嘘をついたペリシテ人はこの火炎攻撃で大打撃を受けた。これが客家がダキニと閻魔を畏れる根源的な理由。だから、そうならないように篤く祀るのです。九鬼氏や徳川氏が篤く帰依する理由が分かりますね。
※荼枳尼天は閻魔天の眷属とされている。

さてさて、このジャッカルはインドではダーキニの精とされていますが、カーリーの眷属というか侍女扱いの大して知られていない女神(女夜叉)。しかし、チベットに渡ると一転してよく知られる女神となっている。

ダーキニーはチベットに渡りカドローマー(カドマ、カンドーマ)とか空行母と呼ばれる。カドローマーはチベット仏教の創始者であるパドマサンバヴァが生まれたとされる神話的王国「ウルギェン」に住む美しく若い女性として描かれ、猪の面を側頭部に持つヴァジュラ・ヴァーラーヒー(金剛亥母)、ナイラートマー(無我女)、ヴィシュヴァ・マーター(一切母)....などの8人の女神がいて「8人の母」として知られる。このようにカドローマー(空行母)は女神の複数形として描かれているが、ダーキニーはもともと集団や種族をさす名称であるので、この名残なのかもしれない。

インドでは閻魔大王がヤマで、その双子の妹で妻がヤミーでしたが、冥界に住むのが冥河神ヤミー。天界に居るのが冥王ヤマ。この2人はイザナミ、イザナギを彷彿とさせますが、このヤミーがダーキニーではないかとオイラは睨んでいる。客家(ペリシテ人)がダキニ天と閻魔大王をセットで畏れる理由でもある。

空行母03
(空行母)

この 8人の女神は北斗七星と輔星(そえぼし・アルコル)からなる8人の天女の話を彷彿とさせます。真名井の泉に八人の天女が舞いおりて、内一人の天女は羽衣を盗られて天に帰れず、後に豊受大神となり、帰った七人の天女は北斗七星となったという逸話でしたね。

この地上に残った天女が空行母でダーキニというわけです。

前記事では輔星は地球地軸の傾きが0度になった時、北極星(太一)に代わって中心となることから、マイトレーヤーを意味すると書きましたが、そこでは「北斗七星=再臨のイエス=マイトレーヤー=マハーカーラ(大黒天、シヴァ神)=摩訶迦羅(マカカラ)天=摩多羅神=摩多羅神=ルシファー=明星天子=国常立尊=スサノオ=スの神=天御中主=豊受大神=ヤハウェ=最後のシャンバラ王カルキ・ラウドラチャクリン=ビシュヌ=ヴァルナ=アフラ・マズダー=アヌ王=アヌビス=ジャッカル=野干=ダキーニー=九尾妖狐=ダキニ天=空行母=豊川稲荷」としましたね。まぁ、男神、女神、独神が混在してしまっていますが、、、、(滝汗)

ここからは豊川稲荷こそがウシトラの金神となるのだす(爆)。
※実際、伊勢神宮の東北(艮)方角に三川の豊川稲荷が鎮座

北斗九星

九鬼家家紋が七曜紋となっているのは、この北斗意七星からです。宋の時代の道教書『雲笈七籤』には北斗七星と輔星と弼星とあわせ「北斗九星」と呼んだ。この北斗九星を示す九曜紋を使用しているのが千葉氏、伊達氏、細川氏などですが、これら七曜・九曜などの紋を使用する家系は「海の民」の星信仰(妙見信仰)がベースにある客家(ペリシテ人)出自なのでしょうね。

七曜
(七曜紋)

このチベットの空行母が空海によって日本に導入され、荼枳尼天(ダキニ天)となり、その後、稲荷神と習合された。ダキニ天法は天皇の即位灌頂にも使われ、権力者が密かに祀っていたと云われる。

チベット仏教(ラマ教)は仏教という名がついてはいるが、古代からあった土着宗教にキリスト教(景教)、大乗仏教、タントラなどの要素が入り込んで形成されていった混合的宗教。インドへはイエスの12使徒の一人だった使徒トマスが布教の為に訪れているとされ、その地で殉教したとされている。このトマスの伝道かどうかは分からないが、少なくとも異端とされたネストリウス派キリスト教はローマを追われた後、シリア、ペルシャを経てシルクロードの各地にその教えを広めていったが、古代のチベットを訪れていたことは確実であり、この聖書逸話がダーキニーと閻魔の話として替わっていったのだろう。

豊川稲荷のダキニ天は空海のダキニ天ではなく、鎌倉時代の禅僧・寒巌義尹が入宋し、文永4年(1267年)、日本へ船で帰国の途上、吒枳尼天の加護を受けたのがきっかけで尊崇するようになり、寒巌義尹所縁の浜松の普済寺に祀られていた北山稲荷(ダキニ天)を豊川の妙厳寺に勧請したもの。

寒巌義尹禅師は海上でダキニ天の御加護があったという箇所に関し、キツネやジャッカルは陸上の動物なのに、何故、海の上?と不思議に思っていたのですが、先の九鬼氏等の客家が篤く祀ったのがダキニ天であることから、禅師は宋からの帰路、何らかの助けを客家から得たのでしょう。

豊川ダキニ真天の姿は、白狐の背に乗り、稲束をかついで宝珠を持ち、岩の上を飛ぶ天女の形ですが、この天女の姿はチベット仏教経由の「空行母」から来るものであり、また下の白狐は空海が東寺創建時に稲荷山から木材提供して貰った秦氏へのお礼代わりに稲荷神とダキニ天を結び付け、狐憑きと加持祈祷のマッチポンプで平安大乗仏教の新興宗教(当時)である真言宗を広める傍ら、伏見稲荷の稲荷神(INRI)信仰拡大も意図して、狐に似たジャッカルのダキニ天と狐を眷属とする稲荷神とを習合化した。この空海ダキニの段階では天女は出てこない。

つまり、豊川稲荷(豊川明神)とは、、、、

1)御饌津神(宇迦之御魂神)
2)仏教のダーキニー(ダキニ天)
3)ラマ教の空行母


この3つを合体させたのが豊川ダキニ真天なのです。

モアメタル空行母
(モアメタルと空行母  伏見系の稲荷には踊りや天女という要素は皆無。よってベビメタちゃんのキツネ様とは豊川ダキニ真天が確定DEATH。)

しかし、まだこれだけでは海上という点で疑問が残る。

それを解く鍵が、東シナ海域や黄海に広まった航海・漁業の守護神の道教の媽祖ですね。天妃、天上聖母、娘媽とも呼ばれるこの女神は、元々は宋代に実在した官吏の娘・林黙娘のこと。建隆元年(960年)、福建省興化府の官吏林愿の7女として生まれた。幼少の頃から才気煥発で信仰心も篤かったが、16歳の頃に神通力を得て村人の病を治すなどの奇跡を起こし「通賢霊女」と呼ばれ崇められた。しかし28歳の時に父が海難に遭い行方知れずとなり、父を探しに船を出し遭難し福建省にある媽祖島(馬祖島、現在の南竿島)に黙娘の遺体が打ち上げられたという伝承がある。無事に台湾に逃げた大陸人(多くが客家)によって台湾には多くの媽祖が祀られている。

この媽祖と空行母が結び付き、習合化されたのが豊川明神(豊川稲荷)だと睨む。

媽祖
(媽祖)

日本へも江戸時代前期に清より来日(1676年)し、水戸藩二代藩主・徳川光圀の知遇を得た東皐心越が伝えたとされる天妃神の像が茨城県水戸市の祇園寺に祀られている。亡命僧・東皐心越は客家でしょうね。

さてさて、ここでダーキニと空行母の繋がりから、チベットとナチスに加担したグリーン・ドラゴン・ソサイエティ、、、つまり緑龍会(緑のカラス=客家)のネットワークが垣間見れる。この客家ネットワークの端部が先の九鬼-出口水軍ネットワークでもある。

ヒトラーはアガルタの進んだ科学情報をチベット経由で入手していたことは知られていますが、このアガルタとはイスラエル十支族が目指して行った地底王国。実際には、これは満州で開発された日本の科学技術情報であり、アガルタとは日本を指すナチス暗号だったと睨む。
※満州では竜巻の原理からUFOの飛行原理が考え出され、その設計図がチベット僧院経由でナチスに渡り、それがハウニブーとして開発された。

アガルタ最後の王・ラウンドラチャクリンがビリケン広飲み屋だとオイラが言っている理由でもある(爆)。

以上の洞察から考えると、全てがスムースに繋がる。

■三脚巴【トリスケリオン】は「海の民」のシンボルで三巴紋はその流れ
■豊川稲荷(ダキニ天)が商売繁盛の神なのは、客家(ペリシテ人)=海の民という商業民族であったから
■豊川茜稲荷が漁師の信仰が篤いのは、九鬼氏と同じ「海の民」出自だから


客家は船上では必ず媽祖を祀っているが、船が寄港すると媽祖を陸上の祠に移す。これと同様に媽祖属性を持つ豊川ダキニ真天も陸上の祠に移すのでしょう。その移した先が豊川茜稲荷ではないのか? だからこそ漁師の信仰が篤い。2度目の宋留学の帰路、寒巌義尹禅師はこの豊川ダキニ真天を祀った客家系の船に助けられ、加護を受けたと言っているに過ぎないのだろう。

まぁ、ここに何か密約の臭いがするのだが、、、、
スポンサーサイト

Comments

『地』出雲(日本海)、『天』大和=日向、『もう1つの天』だから吉備しかイメージできないです。原発予定地の神社の事では、安倍と神社は『どっちかが出雲でどっちかが吉備』だからああなってるんじゃないかと感じます。

あと源平藤紀の一番目立たない姓とかは吉備を考慮していれたようなきがなんとなくしてます。

No title

理系出身者に多い情報にばかり偏った左脳的発想は終わりにしましょう

バラバラだったピースが段々繋がっていくね。ヤッズさん。天神系天皇は何一族なんだろうな。気になるね。さて私は想念の現実化で人生を楽しんでいこうかな。

No title

七曜紋の中心は考えずに線で結ぶと六芒星になり、
ダビデ紋が現れますが、そもそも17世紀の三十年戦争時に
ユダヤ人部隊の目印としてイエズスが発案したそうですね。
それなら、海人系神社にダビデ紋が現れても不思議では無いですね。

また、三つ星紋の上下組合せと考えると
古くは「インダスの神官王」や「ファラオアイ」が三つ星紋を
使用したとされているので興味深いです。
アイは「ミタンニ」出身らしいのですが、
ミタンニがエジプトにお局攻勢をかけていたのも
斎宮や斎院とダブる様で面白いです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。