スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダキニ天とキツネ様

ベビメタちゃんの構成は聖徳太子の両サイドに2人の童子を配した構図をトレースしているようにも見えるが、ベビメタちゃんを通じて洞察すると、多くの謎解きの答が得られているのは非常に不思議だ。

やはり、スーメタルは「スの神」なのか?(爆)
※スの神は最も偉い九次元の元神とも創造主である宇宙の大元の神とも云われる。

BABYMETAL (1)
(狛犬のようにサイドにモア&ユイを配置)

「聖徳太子及び二王子像(唐本御影)」は法隆寺所蔵の画であるが、聖徳太子の服装が飛鳥時代のものではなく、非常に中国風であることから、全くの別人説がある。多分、そうであろう(笑)。ただし、この絵の構図自体はカバラの「生命の木」の中央の柱、峻厳の柱、慈悲の柱を表現したものであると睨んでいる。実は、仏教や道教の三尊像も元を辿ればカバラの三柱に行き着く。

「3」とは聖なる数字なのだ。

聖徳太子
「聖徳太子及び二王子像(唐本御影)」

聖徳太子は仏教守護者とされているが、モデルとなった倭聖(高向王)は東方キリスト教に深く傾倒していて、物部守屋(物多治見)と蘇我入鹿(鞍作毛人)と共に百済系大王(倭舒)の仏教導入には反対の立場だった。古事記・日本書記にはこの百済系が関与した事実は伏せられ、あたかも物部守屋と聖徳太子&蘇我入鹿が戦ったかのように記されているが、真実は全く異なる。

この聖徳太子が所有していた弥勒菩薩半跏思惟像(宝冠弥勒)が秦河勝に譲られ、創建されたのが京都太秦の広降寺の創建由来。新羅風建築であることでも知られる。元々は京都の平野神社付近に建造され、平安遷都前後に現在地に移転したという。この移転話はかなり信憑性があり、平安京造成時には秦河勝住居を御所用地として提供しているので、御所近くの平野神社近くにあったことに全く違和感はない。
※秦河勝は聖徳太子のブレーンだった。

創建当初は弥勒菩薩を本尊としていたが、平安遷都前後から薬師如来を本尊とする寺院となり、薬師信仰とともに聖徳太子信仰を中心とする寺院へと変遷していったという。

弥勒菩薩はマイトレーヤと同義だが、このマイトレーヤとは、マハートマー即ち「知恵の大師」という神智学用語。元を辿ればバクトリア語の「ミイロ」であり、更に弥勒はインド・イランの「ミスラ」にまで遡る。一方、へレニズムに伝播していった「ミスラ」がミトラ教の太陽神「ミトラス」となり、これがキリスト教に入っていって太陽神としてのイエスの原型になっていった。このようにミスラには「単に知識や知恵を与えただけ」であり、再び戻って救い出す救世主的なイメージは微塵もないのです。

ミトラス
(牡牛を屠るミトラス)

黙示録では、世界の終わりの日にイエスが世界を義をもって裁く為に再び地上に降りてくることを「再臨」と呼び、キリスト教徒を天国に導くことから「救世主」として扱っている。しかし、黙示録文中にあるように「再臨のイエス」とは「刈り取りの神」であり、巨大な鎌を持った死神のような者。「人の子のような方」と表現されている通りイエス本人ではない。一般的に考えられているイエスのように清らかで清清しい救世主のイメージとはかけ離れているのが本当のところです。

死神
(死神の格好はベビメタちゃんのモチーフでもある)

ヒンドゥー教の三神一体論での3つの神のうちの最高神ヴィシュヌは世界を維持する役目があるとされシャンバラに住むといわれるが、カリ・ユガ(世界が崩れ行く時代)の最後、世界の秩序が完全に失われた時代に、このシャンバラからシャンバラ王カルキが現れて悪から世界を救い、新しい時代(ユガ)を始めるという。この時のカルキ(シャンバラ王の尊称)の名がラウドラチャクリンで12の軍団を率いて制圧するというが、これがヒトラーがいう「ラスト・バタリオン(最後の軍団)」のことでもある。

ミスラの名は「契約・約束」を意味する言葉であり、ここから興ったインド神話のミトラが契約を祝福し、ヴァルナが契約の履行を監視して契約に背いた者には罰を与えるという関係になっている。ヴァルナは世界の終末の日に最後の審判を下し、善なるものと悪しきものを再び分離するゾロアスター教の最高神アフラ・マズダーにも比定される。この2神の関係はシュメール神話のエンキとエンリル、あるいはエンキとアヌの関係と同じですね。

アヌは天空の神、星の神であり、世界の礎を築いた神々の王とされる。罪を犯したものを裁く力があり、星は「アヌの兵士」として創造されたという。つまり、太陽系規模の天変地異、、、例えば現在起きている太陽磁場4極化、11年活動周期の変化、太陽系温暖化...等はアヌの仕業(裁き)という解釈になる(笑)。また、地球規模の天変地異はエンリルになるか?

アヌは神々の集団「アヌンナキ」の父でもあり、玉座に座って王杓や杖を持ち雄牛の角のある王冠を被った男性の姿やジャッカルとして描かれるが、アヌこそ「太陽の頂」として表される太陽神でもあった。
※アヌは元は角のある龍として描かれたが、牛に貶められたという。

ジャッカルの頭をしたアヌビス神はアヌを表しているといわれるが、ミイラ作製に立会い死者の魂を持っていくと云われ、鎌を持つ姿は正に「死神」に相応しい。

アヌビス神
(アヌビス神)

以上から、ヴァルナ=ビシュヌ=最後のシャンバラ王カルキ・ラウドラチャクリン=アフラ・マズダー=アヌ=アヌビス神=死神=再臨のイエス=ミトラス=ミトラ=マイトレーヤ=弥勒という構造が見えてきましたね。当然、これらは最高神の「スの神」でもあるわけです。

このことから「牡牛を屠るミトラス」の真の意味することが分かってきます。つまり、契約によってミスラ(エンキ)が人類に与えた知恵の産物である科学技術によって、契約違反時にヴァルナ(エンリル?アヌ?)が引き起こす天変地異に打ち勝つという決意のような思想がこの像から窺える。この思想はノアの洪水で人類が滅亡した後、きっと人類はこの裁きに打ち勝ってみせると宣言しバベルの塔を建設したニムロドにも共通するものですね。まぁ、バベルの塔は敢え無く打ち壊されてしまいましたが、、、

現在、散布されているケムトレイルによる環境操作も、王族避難用の地下都市を持つデンバー空港建設も、HAARPのテスラ兵器も、地球など木っ端微塵にしてしまう反物質爆弾(シューメーカーレビィ彗星が投下実験)も、人類の知恵の結晶である科学技術が「裁きの日」に打つ勝つ為に作られたもの。メーソンが建設したデンバー空港に据えられた「アヌビス神」、「蒼ざめた馬」、「ガスマスクマンの壁画」...等のグロテスクなオブジェも、彼らが崇めている訳ではなく、「やれるもんならやってみな! 人類は絶滅せずに新世界まで生き延びてやる!く」という半分挑戦的なものではないかと睨んでいる(笑)。
※まぁ、その時は火山噴火の火山灰が成層圏まで行くだろうから、航空機は運行できないだろう。よって映画『2012』のように航空機で退避してデンバー空港へ集合は出来ないだろうか、、、、まぁ、気流の関係でうまく辿り付くのだろうか? 手術後スグなのに今上天皇も出席した英国での王族会議では、エリザベス女王が英国王室閉鎖も構わないからウィリアム王子を世界政府の王へとプッシュしたのも、この王族らの退避後の新世界を考えての発言だったのだろうか?

ニムロドとその妻セミラミスとの間に生まれたタンムズはアヌの娘・イナンナ(イシュタル、)の夫でもあるが、このニムロド、セミラミス、タンムズの話がエジプトに渡りオシリス、イシス、ホルスの話となった。ホルスは「ホルスの目」として知られるメーソンシンボル。そして、聖母信仰を持つバチカンの聖母マリアとイエスの原型がイシス、ホルスである。イエズス会もメーソンも根は同じところから来ているわけです。

ここから裁きの神を拒否排除し、神は知恵を与えたミスラ(エンキ)だけであるとされ、ここから唯一絶対神の思想が生まれていったのだろう。ただし、人類の人口爆発、科学技術の栄達が起きると必ず地球規模の天変地異が発生する為、それを司る者を「再臨のイエス」と規定し、艱難後、至福千年王国という亡国したユダヤ人の希望に沿うような内容に変質していったのだろう。

つまり、弥勒(マイトレーヤ)=再臨のイエス(死神)=ヴァルナ=アフラ・マズダー=アヌなのであり、弥勒信仰の本質はシュメール神話的なものであったが、ユダヤ・キリスト教が2つの神を1つの神に簡略化(唯一神か)させてしまったところから混乱が起きている。この多神教から一神教への変容はエジプトのアテン神信仰の時にも起きている。
※沖縄にもミスラは伝播し布袋腹のミルクとなっている。

弥勒菩薩半跏思惟像は韓国新羅にもありますが、材質に新羅自生の赤松が使われていることから韓国製作だというウリジナルな話が出ていますが、背板に楠材を使用していることから日本で製作されたと思われる。しかし、明らかに異なるのが頬に触れる右手の指先の型です。

広降寺の弥勒菩薩は親指と薬指と手の平で三角形を作っているのです。韓国の弥勒菩薩像も中尊寺の弥勒菩薩像も、また広降寺のもう1つの弥勒菩薩「宝冠弥勒」もそのような型にはなっていないのです。

弥勒菩薩
(左:新羅仏像 右:広降寺)

これはキリスト教の壁画で描かれるのと同じ型であり、これ故に聖徳太子(高向王)や秦河勝は「東方キリスト教徒」であるとが濃厚となり、仏教に被せてキリスト教信仰(弥勒信仰)を押し進めようとした節があると睨んでいる。いわゆる隠れキリシタン(爆)。その後、秦氏は賀茂氏と組んで伏見稲荷を創建していますが、この「イナリ」がイエスの罪状書き「INRI」であるという話も俄然信憑性がでてくるわけです。

crist01.jpg

この右手の型の意味は「父と子と聖霊」の三位一体を象徴的に表しており、主に正教会(ギリシャ正教・東方正教会)で多用されているハンドサインである。薬指と親指で三角形を作ると小指だけが離れてしまいますが、これは東方キリスト教会の「聖霊は父なる神のみから湧出する」という教義から、父なる神(人指指)と聖霊(中指)は隣合って並び、神の子(小指)だけが離れているようにしたのだろう。

東方キリスト教のこの教義が「聖霊は子なる神からも湧出する」とする西方キリスト教とが絶対に相容れない内容ですが、この聖霊湧出問題は「神の代理人」を自負するバチカンにとってカリスマ性を否定しかねない重大な問題でもあり、キリスト教の東西融合が進まない理由の1つでもある。

フォックスサインは親指・中指・薬指が一点に向かって収束していることから「新たな三位一体」を象徴するものだと睨んでいますが、このサインはベビメタちゃんと「NARUTO」の人気で世界中に広がることは確定済なのだす(ふふふふ)。

同じく「三位一体」を示すのが太秦の蚕の社にある三柱鳥居ですが、これは渡来系三大派閥である「天神系」「地祇系」「天孫系」が一体化して「イジメ ゼッタイ ダメ」と仲良く国家運営していくことを誓った証として「糾の森」に建てられた。秦氏と賀茂氏の婚礼から「糾の森」は下鴨神社に移され、蚕の社の方は「元糾の森」と呼ばれるようになった。その後、稲荷社や八幡社が賀茂氏によって国内に次々と整備されていった。

taineiken2.jpg

無題

このように、カバラの「生命の木」、キリスト教の十字架、キツネ様(稲荷)、太秦...等、霊的シンクロがテンコ盛のベビメタちゃんですが、どうしても分からない点があった。

それは、太秦の大映通り商店街には大魔神像が掲げられているように、太秦は「大魔神」とも関連の深い地であるのですが、大魔神や大魔神コード「22」がベビメタちゃんとシンクロ部分が全然分からない(汗)。
※大魔神こと佐々木投手は、背番号、住所、電話番号...等、常に「22」に縁があったという。

そんな中、ベビメタちゃんがするフォックスサインで作る十字の間から1つ目を覗かせて両手を払う決めポーズの後、怒ったような顔しかしないスーメタルを見て、「1つ眼はイルミナティを彷彿とさせ、手を払う仕草は大魔神が優しい顔から怖い顔に変身する時に似ているなぁ、、、」と感じたが、この両手のフォックスサインを見てハタ(秦)と気がついた。

フォックスサイン
(これが新たな三位一体を象徴するフォックスサイン)

大魔神
(大魔神の変身シーン)

フォックスの耳の2本指が「2」であり、両手で行うフォックスサインは「22」だったのDEATH!

sannmi02.jpg
(東ローマ帝国時代のアヤソフィア壁画はフォックスサイン? いや、これはメーソン階層の「33」だなw)

さてさて、BABYMETALのキツネ様の聖地は伏見稲荷豊川稲荷のどちらか?という議論があるが、これはオイラの脳内だけの大問題www

神道系の伏見稲荷が宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)という食物・穀物を司る女神を祀っているのに対して、仏教系の豊川稲荷はダキニ天(梵語のダーキニー)という女神を祀っているという大きな違いがある。イメージ的には赤い社殿で明るい神道の伏見が「陽」で仏教系の線香臭い豊川が「陰」といった感じか! ダークヒロインを標榜するベビメタちゃんなので後者の方が似つかわしい訳だが、、、、果たしてどうだろうか?

『メギツネ』のMVでは明らかに神道系の伏見稲荷の千本鳥居が登場しているが、実は豊川稲荷にも似たような千本鳥居がある(規模は小さいがw)(近くの五社稲荷の間違いでした)、ドラマーが叩いているのが仏教の木魚であり、仏教系の豊川稲荷も関与していそうな感じでもある。また、初めての武道館ライブを終えたスーメタルが語った感想は「ステージに立つとまるで女神が降りてきたかのよう」と表現していましたが、稲荷神はどちらも女神であり、これだけでは白黒判定がつかず決め手にならない。

芸能界に信仰者が多いのが赤坂にある東京豊川稲荷ですが、これは大岡越前の大出世に肖った信仰。またタワーレコードで行われた新曲『メギツネ』の発表の際には、豊川のユルキャラ・イナリンと豊川稲荷の神官が訪れて奉納の儀式を行っていることから、聖地レースはダキニ天側の方がややリードか?

豊川ダキニ天を信仰したのは、大岡越前を始め、渡辺崋山、徳川家康、今川義元、九鬼嘉隆がいる。ダキニ天は豊川稲荷創設以前の昔から信仰されていたが、古くは平清盛、藤原道長、後醍醐天皇もダキニ天を信仰していた。彼らの大出世もダキニ天のお陰か?この神の予知能力を借りるための術が密教の修法の一つである「ダキニ天法」だが彼らはこのお陰で先読み出来、大出世となったのかもしれない。ちなみに、飯綱権現(合体五体の1つがダキニ)や秋葉三尺坊大権現の姿の元になったモデルはダキニ天であり、秋葉原の隆盛も秋葉つながりでダキニ天絡みかもしれない(笑)。

dakini01.jpg
(豊川ダキニ天)

飯綱権現 秋葉権現
(狐、剣、、、まさにダキニ天の構図)

ダキニ天は、元々はダーキニーという死肉を喰らう夜叉が調伏され仏教に帰依し天部となった為、こう名づけられている。まぁ、調伏された後も死者の心臓を喰うことだけは許されたが、、、、しかし、これは死と再生という要の部分を司っているという重大な意味を持っている。

ダーキニー
(踊るダーキニー)

ワッショイ
(キレキレなダンスが売りのベビメタちゃん)

こ、、、このポーズはダーキニーと完全に一致(滝汗)。
やはり、キツネ様は豊川稲荷のダキニ天であったか、、、、

い、いや、、、これは吉野蔵王堂の蔵王権現でもあ~る。

蔵王権現

モーニング娘。’14の鞘師里保はダンスの「天才」と言われていますが、同じ広島アクターズスクール出身のスーメタル(中元すず香)の歌とダンスのスキルはアミューズの専属振付師が語るところでは「怪物」だと評されている。確かに、ボイストレーニングを一切したことがない状態で、どこまでも伸びてストレートに魂に染み入ってくるあの歌声。それに動物的な感覚で踊るダンス、、、、怪物と言われるのも納得。

しかし、素顔のすぅさんは、運動神経が鈍く自転車に乗れない、縄跳びの二重跳びは1回がやっと、フラフープが回せない、靴下も左右違う物を履いている事が多い、左右逆に靴を履いても気がつかない、ホイッスルを上下逆に持って吹こうとする、よく漢字を間違えるという逸話を持つ程のポンコツ。しかし、一旦ステージに上がると人が替わったようにカッコイイ。特にI.Z.Dでのステージ裾を睨み時の眼力はオバマすら圧倒するほどに鋭い。このギャップが堪らんだす~。

まるで大魔神の変身を見ているかのようですが、これはダキニ天が憑依しているとしか思えん(滝汗)。
実際、彼女らはライブ中のことは一切覚えていないという

さてさて、ここで一旦まとめておこう。

1)蔵王権現=兵主神=大魔神=蚩尤(しゆう)=バアル神=スサノオ=国常立尊

2)豊川稲荷=ダキニ天=九尾妖狐=ダキーニー=野干=ジャッカル=アヌビス=アヌ王=アフラ・マズダー=ヴァルナ=ビシュヌ=最後のシャンバラ王カルキ・ラウドラチャクリン=ヤハウェ=豊受大神=天御中主

という関係が見て取れるが、この2者系列間の繋がりが問題です。

メソポタミア神話では、アヌの息子にして大臣のクマルビはアヌの男根を噛み切るが飲み込んでしまい、男でありながら三神(テシュプ、アランザハ、タシュミシュ)を宿してしまう。 その後、岩に精液をかけウルリクンミを生み出す。生まれた天候神テシュブによってクマルビは神々の王位の座を追われたとある。

また、日本書記ではアマテラスとスサノオの誓約(うけい)の場面では、天照大神が素戔嗚尊の十握剣を貰い受け、打ち折って三つに分断し、天真名井の水で濯ぎ噛みに噛んで吹き出した神が宗像三女神とある。この宗像三女神が祀られる宗像大社伝承には「本来の祭神は十握剣であり、住吉は子で宇佐は孫」とあることから、住吉大社の中筒男、底筒男、表筒男の「筒之三神」は宗像三女神ではないかと言われる。
※古事記では逆に天照大神が十拳剣を砕いて生み出したと逆になっているが、、、

つまり、スサノオ=クマルビ=アヌの息子となるのですが、ここからは豊川稲荷の川下が蔵王権現であることが読める。さらに、蔵王権現はダキニ天の秘部が砕かれ3つに分離したものという解釈も可能となる。まさに先に画像で示したダキーニが3体の蔵王権現に分離したのと同じ状態。

ダーキニーはジャッカルがモデルだとされていますが、ジャッカルは非常にキツネに似ていて野太い犬のような鳴き声を発する。それ故に年老いて霊力を得たキツネ=金毛九尾狐と考えられるようになったとオイラは睨んでいる。社伝では豊川稲荷のキツネは「平八狐」という大陸渡来のキツネだとされているが、これこそがジャッカルであり金毛九尾狐(九尾妖狐)なのであろう。

金毛九尾狐の逸話は玉藻前の話が有名ですが、玉藻前のモデルは鳥羽上皇に寵愛された皇后美福門院(藤原得子)といわれる。753年、金毛九尾狐は今度は若藻(わかも)という16、7歳の少女に化け、彼女に惑わされた吉備真備の計らいによって、阿倍仲麻呂、鑑真和尚らが乗る第10回目の遣唐使船に乗船したという。ダキニ天を召還した鎌倉時代の禅僧・寒巌義も宋からの帰路、ダキニ天の加護を受けた。

殺生石
(玉藻前は殺害され殺生石となって全国に飛散。殺生石は現在の放射能瓦礫に相当するか?)

スーメタルは現代の玉藻前か?(爆)
※実際、現在16歳のスーメタルも素顔は愛おしい程の美少女。

ダキニ天を祀る豊川稲荷では毎月22日には縁日(月例祭)を催しますが、これは妙厳寺開山が旧暦11月22日であったことに由来するという。江戸では稲荷信仰が盛んであったため、大岡越前邸では毎月「午の日」と22日には門を開けて自宅に祀ったダキニ天への一般庶民の参拝を許していたという。大阪豊川稲荷でも春季、秋季大祭は4月22日、10月22日に行われる。
※かつて合祀していたが、ダキニ天を追い出した伏見稲荷では特に「22」は特別な数字として看做されていない。

ここで大魔神コード「22」と豊川稲荷が見事にシンクロしている。

大魔人に纏わる「22」はダキニ天コードだったのです。
う~む、段々と裏が見えてきたという感じかな(ふふふふ)。

つまり、巨大なハニワである武人様を怒れる大魔神に変容し得たものの正体とは、ダキニ天であったということDEATH! これで長年の謎が完全に解けた!!!
※仏教の「天」には、天女形で女性的で菩薩のような「天女像」、忿怒相をして甲冑と武器を手にする「武人像」、鳥や象の頭を持つ非人間的な「鬼神像」の3つに分かれますが、ダキニ天は白狐に乗った剣と宝珠を持つ女性の姿で描かれることから「天女像」と「武人像」の中間に分類される。この狐に乗った構図は、ジャッカルが帰依して仏性を持った意識状態を象徴的に表現していると睨んでいる。

ダキニ天
(素晴らしい造形。ダキニ天は玉藻前のような美少女風に限る)

ここまでシンクロすればBABYMETALを守護し世界レベルに飛躍させたキツネ様は豊川稲荷のダキニ天だと断定してもいいのですが、最後にトドメを書きます。この豊川稲荷に毎年初詣にイチローが来るのですが、実はイチローはモア&ユイとCM競演しているのDEATH!


(これはキツネ様が取り持つ縁だった?)

以上から、豊川稲荷のダキニ天が「キツネ様」に相応しいとオイラは睨んでおり、豊川稲荷がBABYMETALの第一の聖地だという認識をしている(ふふふふ)。当然、伏見稲荷も太秦も同じく聖地であることには違いはないが、キツネ様の正体は豊川稲荷のダキニ天である。これはガチだすな。

まぁ、NARUTOを世界的アニメに押し出したのもここのキツネ様であったことは豊川稲荷の霊狐塚を見れば一目瞭然のことである。しかもベビメタちゃんの「赤月」とNARUTO の「暁」つながりもあるが、英語では同じ綴りだ。しかも「暁」とは夜明けの日の出前を意味する言葉であり、弥勒に相応しい言葉(ふふふふ)。

霊狐塚01
(霊狐塚は、まるでNARUTOの多重影分身の術)

さて今度は、豊川稲荷と外宮の豊受大神の関連について洞察してみます。まず「豊」が共通していますね。ただそれだけではなく、稲荷神は農業神・食物神であり、天照大神の食事を受け持つ豊受大神とは属性が同じ、更に外宮境内には「豊川」という川があり、何か特別深い繋がりを感じるのです。

「豊受大神」の豊受とは「止由気(トユケ)」のことであり、天女を指す言葉ですが、北斗七星の第六星の脇にある「輔星(ソヘボシ)」のことを指す。内宮は太一(北極星を神格化した天帝)、外宮は北斗七星を祀っていると云われますが、丹波比治山に天降った八天女のうち天に帰った7人が北斗七星であり、地に残った一人が豊受大神となったという。

陰陽道ではこの星を重視し「金輪星」と呼び信仰の対象にしている。

金輪星=輔星は八人天女のマンネ(一番年下)のトユケと目立たない存在なのですが、地球の地軸は公転面に対する垂直方向に対し23.4度傾いていますが、これが地軸の傾きが無くなるとと、この輔星が北極星の位置に座す。オコツトによれば、この地軸の傾きは「人間の意識を等化するための一つの負荷」であるといい、意識の等化が終了した新世界(変換人世界)になると。この地軸の傾きは解消されるという。つまり、次の世界では豊受大神(トユケ)が天帝(太一)となるわけで、トユケは弥勒菩薩的存在であると解されているのです。

太秦の広隆寺には有名な奇祭「牛祭」というのがありますが、これは牛に乗った「摩多羅神」を祀る祭り。深夜に東の門から青鬼と赤鬼を引き連れて現れて、摩多羅神は北斗七星が描かれた冠をしている。現在は広隆寺の祭となっていますが、明治以前は広隆寺の境内にあった大酒神社の祭礼だった。大酒神社の祭神は秦始皇帝・弓月王・秦酒公で、いずれも「秦氏の祖神」ということで祀られている。「大酒」とあることから「酒造りの神」を連想してしまいますが、酒作りの神は同じ秦氏得創建の「松尾神社」であり、「大酒」の元々の神名は「大辟神」と書き、ダビデ(大辟)を表している。

牛祭
(牛祭)

この摩多羅(マダラ)神は謎の神である云われるが、鎌倉時代の光宗が書いた中世の「百科全書」でもある『渓嵐拾葉集』によると、「摩多羅神とは摩訶迦羅天であり、また吁枳尼天である。」と記されている。
※そういえば、アニメ「NARUTO 」でも九尾妖狐(ダキニ天)を操って木の葉の里を攻略したのは、うちはマダラだったなぁ、、、

う~む、ダキニ天、北斗七星が出てきましたね。
何故、魔多羅が北斗七星を被るのか、、、それは救世主(弥勒)を意味しているからDEATH!

救世主列伝『北斗の拳』のケンシロウも胸に七つの傷がありましたよね(笑)。「北斗七星=救世主=弥勒=新世界の盟主」なのです。これで豊川稲荷(ダキニ天)と豊受大神(トユケ)が完全に繋がった。先のオイラの洞察内容は正しかったといえる。

摩多羅神曼荼羅
(摩多羅神曼荼羅図)

大酒神社の「摩多羅神曼荼羅図」には、北斗七星の下に笑みを浮かべた摩多羅神を中心に童子が踊る姿が描かれているが、これは聖徳太子二童子図と同じであり、ベビメタちゃんを彷彿とさせる。ここから聖徳太子二童子図で知られる有名な聖徳太子の肖像画は、本当は摩多羅神だったのではないかとオイラは睨んでいる。

摩多羅神は「後戸の神」とも称されるように本尊の背後に守護神と共に配されている神だが、仏像も五体しか発見されておらず、その姿かたちがインド風、中国風、日本風のいづれでもなく「謎の神」だと云われる。天台宗の慈覚大師(円仁)が唐から帰国する際に船中で虚空から摩多羅神の声が聞こえて感得し勧請したところから始まる。これは豊川稲荷のダキニ天が鎌倉時代の禅僧・寒巌義が宋から船で帰国の途上、ダキニ天の加護を受けたのが切っ掛けであるのと全く同じなのです。

摩多羅神
(笑い顔が特徴の摩多羅神)

***********************************
■愛染寺の初代天阿上人は、江戸と京都と伊勢を度々往来し、稲荷信仰を広めた人物だが、天阿上人曰く「ダキニ天は北斗七星をあらわす」と述べている。

■天台宗の百科事典とも呼ばれる「渓嵐拾葉集」では、仏教世界において、大日如来こそ天照大神の垂迹とされてきたが、 大日如来は深淵の理のような存在で形を成さないものである為、 その形として、神と化身して働くという「和光同塵」という考えが登場した。 つまり、大日如来の代わりとして着目されたのがダキニ天であり、それが天照大神と習合されたのだという。

■秦氏の祀る伏見稲荷の御神体ともいえる霊山である稲荷山は、五つの峰が連なって形成されており、 東の峰には「ダキニ天と天照大神」、西の峰は「愛染明王と弁財天」、南の峰が「丹生都姫、鬼子母神」、北の峰が「不動明王と三大神」、 この三大神とは?熊野三山であるとも言われているが定かではない。 真ん中の峰が「稲荷・弥陀・辰狐王」であり、全体的に女神が多いのは、ウカ魂やウケ魂・・・穀霊との結びつきで地母神となる。

※明治維新の神仏分離令で伏見稲荷のダキニ天は分離されたが、同様に豊川稲荷も強い神仏分離圧力があったが、何とかこの波を乗り越え分離を免れた。
***********************************

つまり、ダキニ天とは救世主(北斗七星)であり、大日如来の顕現で天照大神と同格。未来の座主となる弥勒菩薩でもあった。ダキニ天を調伏し仏教に帰依させたのが大日如来の化身の大黒天だとされているが、この大日如来がダキニ天であったことは、自分で自分の尻尾を加える「ウロボノスの蛇」のような構造。これは自らの菩提心から発起して自らが帰依したという風に理解した方がよさそうです。

そういえば、エゴを消滅できるのはエゴだけであり、「彼岸」を渡り切って「悟り」に至るには自分の中の最強化したエゴを船として使って渡り切ると説いていたのは我が師匠ラピ師匠と祖師の教えであった。

摩多羅神とは摩訶迦羅(マカカラ)でマハーカーラ(大黒天 シヴァの別名)のことでもあるが、このことからも、ますます「摩多羅神=ダキニ天」が濃厚になってきた。
※摩多羅神は主に天台宗に配された神だが、空海の真言宗の東寺では摩多羅神はダキニ天、聖天(ガネーシャ)、弁財天の三面六臂状態だとされ、同様に配されていた。これら天台宗や真言宗の平安仏教は仏教をキリスト教エッセンスを取り入れマイルド化させたものであり、そこには当然、「刈り取りの神=再臨のイエス」を後戸に配していなくてはならないわけです。

まとめると、、、

摩多羅神=摩訶迦羅(マカカラ)天=マハーカーラ(大黒天、シヴァ神)=マイトレーヤー=北斗七星=ダキニ天(ダーキニー)=九尾妖狐
※京都では摩多羅神=秦河勝だとされているが、、、

牡牛を屠るミトラス神のことを書きましたが、摩多羅神も牛に乗ってやって着ます。先に述べたように「牡牛を屠る」とは「知恵の木の実」を食べた人類が技術・科学を身につけ、やがてそれを高度に発展させ、契約の神との約束違反で引き起こされる天変地異の試練をも乗り越えてやるという挑戦的内容を持つ暗喩でもある。人類は2度の戦争を起こすことで科学技術を発展させてきたが、全てはこの対応の為であったと言える。っていうか、ベルファシ勢力の奥の院はこういう狂信的な考え方を持っているのでしょう。

そして、艱難の時、登場するのが救世主であり、マイトレーヤーであると古代叡智の内容利用して秘教団体を通じて声高に宣伝してきたのはベルファシ勢力が世界政府に一元化する為の下地作りであったわけだが、このことはかなり古くから行われていたようだ。その連綿と続く強い意志に唖然とする。
※オイラはこういった世に溢れる神は人の念や祈りから感情想念層(アストラル界)に形成した「タルパ」であり、このタルパは実際にいる人格のようの作用する。実質的には「デミウルゴス(偽の神)」であると思っている。こういう想念現象の秘密を駆使して人民を精神的に支配してきたのがエドム人のドルイド神官団。日本のカバリストである「漢波羅」の陰陽師が作る式神もタルパの一種。

ダキーニー(ダキニ天)を調伏帰依させたのが大黒天という自らのエゴの部分であるように、「受取」そのものであるエゴが生存欲→金銭欲→名誉欲→知識欲と段階的に質的変化に経て、最終的に人類を霊的飛躍させる。これはカバラ奥義で説かれる内容である。
※精神球である太陽は人類が科学技術を発展させエゴ(受取)が増大することで新たなサイクルに突入する。突入すれば地球環境は劇的変化を遂げるが、これが契約の神がいう最後の審判でもある。このことをドルイド神官団は知っていてカバラの奥義として伝えたのだろう。ドルイド神官団を源にする天神系が政治に興味が無く、天の仕組に勤しんでいるのはこういった理由からと睨む。

この霊的飛躍が、死肉を喰らうダキーニーが調伏されダキニ天となることや、金毛九尾の狐が善玉の「白面金毛九尾の狐」となることであり、ミトラス神が牡牛(贖罪の神の象徴)を屠ることであり、また、大魔神が荒ぶった後にハニワ顔に戻ることとして暗喩的に示される。

確かに、ベビメタちゃんはメタルという社会から爪弾き状態にある者たちが好む音楽界にJPOPでジュガーコーティングされたKawaii Metalを引っ提げて彗星の如く登場し、その澄んだ歌声で癒され浄化され、厳ついスキンヘッドやタトゥーしたオヤジを瞬く間に信者にしていまい『キンキラリーーン』という掛け声を発せさせている。愉快を通り過ぎて爽快ですらあるが、これが救世主の力であり、ダキーニーを調伏してダキニ天に帰依させたような現実の出来事でもあるのDEATH!

これでベビメタちゃんがメタル界の救世主という評価も強ち誇張ではないのが分かる。弥勒そのものではないかもしれないが、ベビーメタルは少なくとも弥勒(ダキニ天)的魅力を備えたダンスユニットであることは確かだ。

白面金毛九尾
(白面金毛九尾)
※出口王仁三郎は「金毛九尾狐」はインド方面で悪が凝り固まって出来た邪神で三大悪のうちの1つだという認識。しかし、大本が地祇系のベルファシ勢力の一翼であることが分かった今、金毛九尾狐の評価は180度反転する。
スポンサーサイト

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おもしろい

ナルトの九尾クラマに幽遊白書の妖狐蔵馬。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

キツネさまの指令により世界を世直し。キツネさまはやはりINARI=INRIだな。
さてベビメタの後ろの存在は?
コバメタル以外に誰がいるのやら、、、
ところでベビメタのファンサイトに登録したが、そのサイト名はAPOCALYPSE‼
紙芝居にあるように破滅に向う世の救世主になるのか?

そうそうコミック陰陽師の最終巻13巻のラストに登場するのは、トヨウケ姫神でしたな。
確か京の都の建て替えの時という設定でした。

そうそう、加門七海の東京魔方陣に将門縁の神社を結ぶと、北斗七星となると書いてある。
将門公の封印とか言われるが、土地神の封印に将門公の力を使っているように思える。
東京は京の護りに造られたとも言われる。結界か?
そして八つ目の星にあたるのが新宿にある鬼王稲荷なんだわ。
先のコミック陰陽師でも晴明がヘンパイに七箇所を廻っていたな。
でも八つ目の玉置まで行かなかったと指摘されていた。

No title

大魔神・佐々木主浩が、実娘が自宅に「不法侵入」したと被害届を出していた! | スクープ速報 - 週刊文春WEB
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4324

2014.09.03 18:01
今年1月に野球殿堂入りを果たした「ハマの大魔神」こと佐々木主浩が、自分の長女(22)が自宅に不法侵入したとして、地元の警察に被害届を出していたことが分かった。

長女本人が週刊文春の取材に対して明かした。

佐々木は2005年に不倫の末にタレントで女優の榎本加奈子と結婚しているが、この長女は前妻との間の子になる。

以下略

No title


斎藤 忠 (著) 裏天皇の謎と安倍晴明 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)

序章 土御門なる「土の帝」
第1章 安倍晴明は平将門の子供か!?
第2章 アヅマ国王統と安倍晴明
第3章 冥界の大神スサノヲ
第4章 魔王・安倍晴明と陰陽道
第5章 東下りの秘密と失われし王家
第6章 天の帝と土の帝
終章 呪法の継承者天海



新作立佞武多の魂入れ
ttp://ameblo.jp/ken19680330/entry-11557793197.html

意味深・・・・
平成26年度新作立佞武多原画発表 - gosho×goshoぶろぐ
ttp://blog.goo.ne.jp/5shokanko/e/fe8fa83adb9acd8b6d5d6d1578e69751

そして隣りの市では・・・・
弘前ねぷたまつり中止 死亡事故で初 - MSN産経ニュース
ttp://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140806/crm14080611180008-n1.htm

又以前にはこんな事も・・・・
【心霊?】深夜、青森・八甲田の無人の別荘から原因不明の119番通報 | ガールズちゃんねる - Girls Channel
ttp://girlschannel.net/topics/139613/

そしてとわだ市出身の防衛大臣が誕生・・・・
2014/09/03 「どの国でも一国のみで平和を守れない」 江渡新防衛大臣、集団的自衛権行使に意欲 | IWJ

Independent Web Journal
ttp://iwj.co.jp/wj/open/archives/166276

そしてブラックスワンイベントサイン・・・・
全身真っ黒…コクチョウ2羽が青森・深浦に飛来 - ヤフコメ速報
ttp://yaho.blog.jp/34958/6561300.html




【歴史ミステリー】本能寺の変に驚愕の新事実!!明智光秀が残した"呪いの歌"の正体とは!?
ttps://www.youtube.com/watch?v=1zcVFBmR9kk
【歴史ミステリー】本能寺の変に新証拠!?織田信長の首に秘められた暗号!!
ttps://www.youtube.com/watch?v=6DrNE2PtC_k
【歴史ミステリー】本能寺の変の真相!信長を殺したのはイエズス会だった!?
ttps://www.youtube.com/watch?v=cGaoa-DDNUY
【歴史ミステリー】千利休は徳川家康のスパイだった!?豊臣秀吉暗殺計画の全貌!!
ttps://www.youtube.com/watch?v=XrIqiegj71U
【歴史ミステリー】千利休と石川五右衛門は陰陽師だった!- ?豊臣秀吉暗殺の黒幕は徳川家康!!
ttps://www.youtube.com/watch?v=rck2dggX81o
【歴史ミステリー】石川五右衛門は陰陽師で秀吉暗殺の刺客だった!?
ttps://www.youtube.com/watch?v=2OJ6adHp8Tk

No title

法隆寺の絵は、描かれた時代が後代なだけで、やはり聖徳太子を描いたんだと思いますよー
だって聖徳太子廟である、夢殿に奉納されてたのを発見された絵なんですから。

昨今の聖徳太子不在説とか、貶めたい筋は、ちょっと思惑ありきなんで
あんまり真に受けないほうがいいと思うなあ。
描かれた時代が後代で服装が違うとか、のちの尊称や通名で教科書等に載るとか、別によくあるはなしで
なんで聖徳太子だけやたら消そう消そうとしてるのかっちゅーはなしですよ~

ワテもハタと思いついた!
フォックスサインはアークの上にある二つのケルビムの間から覗く神の目だと、、、爆
ところで美内すずえのマンガ「アマテラス」の戦士クシュリナーダに、スーさんが似ていると思うのはワテだけ?

荼枳尼天像の場所につきまして

荼枳尼天に関するレアな情報をありがとうございます。

(素晴らしい造形。ダキニ天は玉藻前のような美少女風に限る)

にてお写真を掲載中の荼枳尼天さんへ訪ねたいと思います。

大変恐縮ではありますが、住所や寺院名などは覚えておられますか?

もしよろしければ、ご報告をお待ちしております。

Re: 荼枳尼天像の場所につきまして

> 大変恐縮ではありますが、住所や寺院名などは覚えておられますか?
> もしよろしければ、ご報告をお待ちしております。

ネットで拾った画像ですので、オイラもどこか探したのですが、場所が分からないんです。
この像、一度拝んでみたいです。

お久しぶりです

実現くんにいろいろ質問して、コメントしてた「マッチ」です。
もう、忘れてるとは思います。
ほんとうに久しぶりです。
いやはや、怒濤のごときブログ。
まさにフルスロットル以外の何ものでないと感じました。

No title

ご連絡ありがとうございました♪
ネットで拾われたんですね!

こちらも手がかりは少ないですが、地道に検索して、引き当ててみます。
そして無事に発見できれば、こちらでもご報告させて頂きます♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

スーメタルはウカノミタマ
祟り神ダーキニーは大川隆法

アイドル(?)とアニメと仏法を滅茶苦茶に混同するとは、誠に酷い有り様ですね。。

No title

キツネ様云々は置いといてSu-Metal様自身が神という認識です(広島県民)
もちろんYUI-MOAも大好物です

No title

すごく面白い記事ですね。
渓嵐拾葉集によると、天照大神は天の岩戸に辰狐(=荼枳尼天)の姿で隠れたという記述もあります。
また、豊受大神は宇迦之御魂神と同一視する向きがあります。
そもそも名前が一緒で(ウケさまとウカさま)どちらも食物神ですし。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。