同じこと2度繰り返す仕組みと岩戸開き

秋口から再びKPOPの進撃が始まることを前記事で書きましたが、KARAは2010年8月に日本デビューし、その後、少女時代、T-ARA...等、怒涛のKPOP侵攻が始まった。で、半年後の2011.3.11には3.11が発生している。今年3月にジオン、ニコルの脱退でKARA人気もガタガタの瓦解状態になってしまったが、今回、8月末に新メンバーのホ・ヨンジを加え4人体制の「新生KARA」として蘇る。

ヨンジ
(ほっ! ヨンジ)

この再び蘇るあたりは「不死鳥」を連想させますが、西洋ではフェニックスに比定される不死鳥。不死鳥は自ら積み上げた香木に火を点けて、その中に飛び込んで再び不死鳥(幼鳥)として蘇ります。一方、フェニックスの方は、バアル神はペリシテ人の魚神ダゴンの息子ですが、死してより強力な能力を身につけてフェニックスとなって蘇るのです。この神話の基盤はペリシテ人とも繋がりがあるバアル神(黄金の子牛像)を崇拝していた北イスラエル族がフェニキア人として蘇った事跡を表しているのではないかとオイラは睨んでいる。

運営側が日本侵攻可能と判断を下した裏には日韓間の様々な問題をクリア(フジデモを操った黒幕との手打ち...等)してタイミングを見計って実行に移していることは言うまでもない。ビジネス故にその辺は非常にシビアに考え判断して、フジデモ、NHKデモ、花王不買運動が起きるようなことは決して無いと踏んでの再進出でしょうね。この辺は電通が絡んでいる筈で表の世界からは絶対伺い知れないことでもある。まぁ、進出される側は「侵略」と写るものですが、これは歴史の皮肉なのかもしれない。
※在日も現日本(天孫系)の3トップの一角の配下。在京キー局は日経-テレビ東京の1局の北朝派を除いて全てが南朝(天孫)派。言い換えれば、フジデモとは天孫系と南朝鮮と親密になって欲しくない地祇系=北朝鮮派との代理戦争だった?

MANMA MIA

ただ、この侵攻は「同じこと2度繰り返す仕組み」の兆し的なものではないかと考え、予言を使いマッチポンプ的に成就させて物事を運ぼうとする地祇系(北朝・裏天皇)の動き、特に「ネオ満州国」建国に燃える卍党の動きをオイラは梅花心易的観点から警戒している。
※梅花心易は「占いたいと思った時にすべてが含まれている」という考え方で今という瞬間で卦をたてる。また卦を立てる以外にも、梅の枝を雀が2匹争う姿を見て、翌日の夕方、隣村の娘が梅の枝を折ろうと木に登ったが落ちて脚の骨を折るという占断結果を得たように起きた事象からも判断が可能だが、この占断方法は物質界より先立って発生する形而上世界でのシンクロニティ原理を使っていると思う。

■梅花心易占い
http://www.mind-craft.net/shineki/shineki.htm

「同じこと二度繰り返す仕組みざぞ、
 このことよく腹に入れておいて下されよ
 同じこと二度 この神示 神と仏のふで

 同じこと二度繰り返す仕組みざぞ。
 このことよく腹に入れておいてくだされよ。
 出てきてからまた同じようなこと繰り返すぞ。

 今度は魂抜けているからグニャグニャぞ。
 グニャグニャ細工しか出来んぞ。それに迷うでないぞ。」


そういえば、満州国建国の動きもこれで2度目になるなぁ。。。。

どうしても地祇系(新羅経由の北イスラエル族)は故地・扶余国を乗っ取った高麗国の地を奪い返し、扶余国を再建してここをイスラエル族の地にしたいようだすな。 っていうか、元々、高麗国のあった地である北朝鮮は帝国陸軍(皇道派=卍党の大本)、つまり地祇系の残置国家だっただすな!
※北朝鮮の核実験も地祇系が日本で出来ない核実験を北朝鮮で行っただけだとも言われている。

扶余
(扶余国=満州国)

何故、KARAが象徴となるのか?という点に関しては、地祇系(北イスラエル族)の出自はローマを経て中国北方(扶余国)経由で新羅・加羅国経由で渡来してきたことから、KARAと加羅が単にシンクロしているというのが大きな理由(爆)。当然、KARAのいたいけなメンバーには何の責任もない。

任那・加羅、百済、新羅

同じこと2度繰り返すとは、、、あの震災がまた起きるということにもなるのか? 現在、関東地方や南海・東南海・東海トラフが超ヤバイとも、富士山が噴火するとも言われているが、コレらが起きる可能性は否定できない。確か、市川海老蔵が心酔するザキヤマ似のゲイバーのママの手相占いでは、関東に津波の押し寄せる地震が起きるのは2015年5月末だったな。まぁ、2014年春の日中戦争勃発で九州全滅は大ハズレだったが、、、

3.11から今秋で3年半が経とうとしている。
早いものです。

実は、この3年半というのは日月神示でも書かれていて、、、、

*************************************************
三年と半年、半年と三年であるぞ、その間はクラヤミ時代、火をともしてもくらいのであるぞ、あかるい人民にはヤミでも明るい、日は三日と半日、半日と三日、次に五年と五年ぢゃ、五日と五日ぢゃ、このこと間違へるでないぞ。手足の爪まで抜きとられ、あるにあられん、むごいことにされて追ひやられたのであるが、マコトはマコトぢゃ、時めぐりきて、我(が)がとれたので、光がさしそめたのぢゃ、岩戸がひらけたのぢゃ。神が苦しむ時は人民が苦しみ、人民苦しむ時は神も苦しむのぞ。世界中の苦しみ、地上の苦しみ、天上の苦しみぞ、この大峠を越してから大いなるタメシがあるぞ、人の心のむつかしさ計り知れん程であるなれど、見て御座れ、見事なこと致して見せるぞ。
*************************************************

上記文からは3.11から3年半を経て岩戸開きがあると読めるが、その後に「大いなるタメシ」があるという。

まぁ、最近は日月神示も地祇系がマッチポンプ的に撒いているネタの1つというのが、オイラの中ではすっかり定着してしまっているので、こういった予言内容にもそれほど動じなくなっていますが、ただ3.11のようなことを起こす力はまだまだ持っている点は侮れない。実行はやはり予言と絡めて行われる筈なので、次に何が起こされようとしているのかを知る為にも日月神示の洞察は欠かせない。

飛鳥A雄氏によると、既に皇居の宝物は京都に移され、御所も京都移転もカウントダウンを待つばかりだという。天皇が去った皇居には江戸城が再建されてテーマパークとなるのだという。また伊勢・出雲同時遷宮を経て、いよいよ2014年11月には伊雑宮の式年遷宮遷宮に移りますが、この時に熱田神宮から草薙剣が移管されるとも飛鳥氏はいう。その先駆けというか露払いとして、2012年12月から熱田神宮で禁則地とされ太古から参拝できなかった一之御前神社が一般参拝(6:00~16:00)できるようになっている。

神道も根幹にカバラがある為、不思議と欧米や中東の動きとも連動する。その1つがユダヤ祭日と日食・月食のシンクロですが、このタイミングで第三神殿建設に一気に事を運ぶとも言われている。神道もカバラから導かれる内容に沿った動きをしている為、今後何かしらの大きな動きがあると睨んでいますが、それがこういった一連の動きなのだろう。

次の天皇が京都に戻っても、ビリケン広飲み屋がそのまま君臨するという保障はない。日本には三人の天皇候補の家系(渡来出自が異なる3派閥「天神系」「地祇系」「天孫系」の長がいる)いて、明治維新時のように入れ替わりがあるかもしれない。ヤタガラスから聞いた話として飛鳥氏は京都に戻った天皇家は古代から続く祀祭を継承するだけの家系に留まり、京都・船岡山で天照大神(飛鳥氏いわく再臨のイエス)の降臨があるとしきりに言っている。

これが「岩戸開き」なのか?

ただ飛鳥氏自体がメーソン系列のエノク教団(モルモン)に属し、イエズス会系列の卍党の大本とも連携しているので、このイエス再臨話自体は地祇系天皇(北朝)回帰だともとれる内容なのですが、NWO樹立後を睨んだ世界天皇出現(マウントバッテンの血を引くウィリアム王子か?)と来日時にその降り立つ場所が船岡山だという宣伝を今からしているだけかもしれない。飛鳥氏、ヤタガラスの真意は一体どこにあるのだろうか?

ビリケン広飲み屋のピンチだす~(涙)

ビリケン01

カゴメ唄は、この時の「岩戸開き」を暗示しているともいう。

つまり、天孫系、地祇系それぞれの種族のトーテムは鶴(扶余依羅に始まる百済系後期大王家)、亀(金首露王に始まる新羅系初期大王家)なのですが、コントロールして代理統治させていた大御所「後ろの正面」がいよいよ登場すると解釈できる。
※朝鮮半島には「亀旨峰(クジボン)」という山に6個の卵が降りてきて、卵から生まれた王たちは各々6伽耶の王となったという建国神話があります。この中で一番最初に生まれたのが伽倻国・金官加羅国の始祖・金首露王。このことが日本書記の朝鮮半島の新羅の「ソシモリ」に降臨したスサノオとして描かれています。つまり、金首露王=スサノオ。これ故に金首露王(倭旨)から始まる初期大王家のトーテムが「亀」となるのです。ちなみに、スサノオ=フツシであり、その子がフル=ニギハヤヒとされている。

裏支配01
(凛とした可愛さのユイメタルは鶴、変顔が得意のモアメタルは亀)

「後ろの正面」、、、それは一体なのか?

以前には自己が意識進化して視野背面が見えるようになる(360度の視野獲得)。つまり、これは物質の衣を脱ぎ、物質界ではなくエーテル界を最下層とした存在に人間が進化することだと予測したが、ここに来てもう1つの可能性が上がってきた。

そ、それは、、、ドルイド神官団
※賀茂、因幡、加賀、女禍という名は、ヘリオポリスやドルイド教運営に携わったエドム人神官はカモ、イナバ、カガ、ジョカの名を持つ。 実際、エジプトには現在でもKAMO、ENABA、KAGA、JOCAなどの姓を持つ人々が存在し古代神官氏族の末裔がいるという。これらがドルイド神官団なのか? 天神系賀茂県主は実は「天孫系」でありレビ族が出自であり、葛城系の殖産豪族・秦氏との密約により「賀茂」の姓を恩賜されたのであろう。葛城氏や三輪氏と同族で役小角や陰陽道の宗家である賀茂氏(後の勘解由小路家)を輩出し、「鷹」をトーテムに持つ「高賀茂氏」がドルイド神官団ではないかとオイラは睨んでいる。タカは高天原のタカでもあるが、賀茂氏、葛城氏の居住した御所市近くの「葛城古道」には高天原があったという伝承もある。

役小角02
(山野を駆け巡り異能を発揮した役小角こそドルイド神官の理想像か?)

かつて蝦夷とか、毛人と呼ばれた縄文系のエドム人の渡来人家系で、現在、443代目で1万年を越える世界最長の王朝を誇るという。その長(おさ)がスーメタル(後ろの正面)に該当し、日本の真のスメラのミコトとなるのではないかと睨んでいるのだが、、、これが「岩戸開き」なのか?

地祇系も天孫系も、メーソンもイエズス会ももう役に立たんと考え、自ら乗り出してくるのかもしれん。その場合、メーソンとイエズス会の両者を使役するベルファシ勢力の中枢マウントバッテン卿はどう出るのだろうか?

閉じた岩戸を開けるには力づくではダメであり、岩戸前で天鈿女命(あめのうずめ)が行ったような半裸の女性が演じる妖艶な踊りが必要。JPOPアイドルは前回のKPOP侵攻直後からヘソ出しスタイルが明らかに増え、AKB48もその例に漏れない。現在、JPOPアイドル勢もヘソ出し全開中なのだす。今秋は以前よりも強力なアイドルBABYMETALやでんぱ組INCも登場。モーニング娘も復活しており、ヲタ芸にも熱が入ること必至。

人類史上、最も激しいダンスバトルがここ日本で繰り広げられるだろうと睨んでいるが、世界で一番ダンス教室が多い日本なので、これは当然のことなのかもしれない。

天鈿女命
(天鈿女命)

踊り、、、つまりダンスが岩戸を開く鍵なのだす~(爆)。

モー娘
(森三中がライバルと公言するあのズッキ(右上)もヘソ出し参戦中)
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

同じ月日が二度

今年は旧暦閏月が九月で、旧暦九月八日が二度(新暦の10月1日と10月31日)あることになるんです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク