スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満州マトリックス

とうとう高度自給自足ブログ内で、マックアーサーによって米国に連れていかれ、米国政府高官と養子縁組された「日韓合同朝廷の長男」の養父は実業家、海軍長官、米国財務長官だったロバート・バーナード・アンダーソンの父親であるロバート・リー・アンダーソンであることが明かされました。
※ロバート・バーナード・アンダーソンとは11歳しか離れてないので父親の養子とするのが妥当ですね。

オイラは知日派のジョセフ・グルーかな~と睨んでいましたが、全くの大ハズレだった。(あはは 滝涙)

ただ、名無し先生のあの情報だけからはアンダーソンは全く浮かんでこない。アンダーソンはマックアーサー同じくアイルランド移民末裔という線からしか浮上しない人物。ハイランド出自のアイルランド移民=プロテスタント=ナッサウの米国代理店ということからも納得の帰結ではある。

O'BRIEN氏の指摘によれば、アンダーソン家はナッサウに仕えた古参の家系で、オレンジ公ウイリアムによるイングランド&アイルランド侵攻以前はデンマークにいてアンデルセンと名乗っていたという。勿論、本当は怖~い童話を作り、童話の中に様々な誘導したい方向性の情報を刷り込んでマインドコントールをしていた童話作家アンデルセンの家系でもある。

これでまた1つジクソーパズルのピースが埋まった。

日韓合同朝廷系図

このようにして「日韓合同朝廷の長男」はヘッセン=ナッサウ勢力の隠し玉となったわけですが、その後、ベトナム戦争末期の司令官(彼の負傷で米軍が撤退)、ICPO長官を歴任し、米国軍産複合体トップ、3つの世界最高評議会のアジア・リージョンの議長になったという。

アンダーソン長官02
(ICPO アンダーソン長官)

アンダーソン長官といえば、名コンビ役に南部博士という国際科学技術庁の日本支部長がいますが、、、あっ、アニメ「ガッチャマン」の中の話ですが(笑)。日本の歴史上にも南部氏という氏族がいます。この庶流が大浦氏ですが、本家筋を打ち滅ぼし、その後、津軽氏と名を変え津軽藩家(弘前藩)となったという。ただし、これは出自不明の渡来系新興勢力が南部氏を滅ぼし、その系図に接続したのだとオイラは睨んでいる。

津軽氏(大浦氏)は近衛家とも姻戚関係にあり、また徳川家から養子入りして家督を相続してもいる。ただし徳川幕府から「松平姓」の使用を認可は許されていなかったが、他の松平姓下付された国持大名家と同じく、代々、熱心なキリスト教信者の家系であった。藩校の稽古館はキリスト教の東奥義塾のルーツであり、津軽氏家紋は松平姓使用可の阿波藩・蜂須賀家と同じく「卍紋」。イエズス会と密接な関係を持つことを臭わせるのに充分ですが、これが「緑のカラス」(ペリシテ人・客家)勢力。この津軽氏の娘が常陸宮家に嫁いでいて、位階上からは「緑のカラス」トップの日本支部長となる。(ふふふふ)

tu_manzi_201405162305586bf.jpg
(津軽卍)

彼らこそが、、、客家マンなのだす~(爆)。

ちなみに、長崎原爆起爆地であった大浦天主堂(日本二十六聖殉教者堂)は、国内のイエズス会の本拠地(長崎は日本二十六聖人の殉教地)でしたが、ここで原爆起爆させたのは、伏見宮系列の皇族廃止と並んで国内ヴェルファシ勢力の一掃を図った為かもしれない。

ooura-kyu.jpg
(被爆前の大浦天主堂、現在の天主堂とはデザインが多少異なる)

彼らの上層組織からの指令で軍産複合体がHARRP、人工地震、地球製UFO、遺伝子操作した細菌...等の最新科学兵器を使って、今後、「青白い馬」の危機シナリオを自作自演的に演出しくきると思うが、「国際科学技術庁」という名称はそれを暗喩している。


  ヘッセン=ナッサウ
      |
 3つの世界最高評議会
      |
   イエズス会
   |    |
緑のカラス 軍産複合体
(徳川近衛閥)
   |
大本(卍党)


ところで、ガッチャマンには科学忍法・火の鳥がありますが、客家の大元であるペリシテ人の信仰するのがバアル神。そのバアルが死んで再誕して蘇ってたのがフェニックスであり、ガッチャマンと客家マンはこんなところでもシンクロしている。
※フェニクス=炎の神=エロイム・エッサイム

Phoenix.jpg

ただ、フェニックス伝説も牛神ミノタウロス(バアル神の祖形?)を封じた迷宮(クノッソス宮殿)伝説のあるクレタ島を本拠地にしカナンの地にも定住した「海の民」ペリシテ人が一度滅びた後、新たにフェニキア人としてシナイ半島に蘇った史実から来ているのかもしれませんね。
※ペリシテ人もフェニキア人もともにハム系で、海の民という海洋貿易を主体としていた。

クノッソス
(開放的なミノス文明の成果=クノッソス宮殿は「海の民(ペリシテ人?)」が作られたが、アカイア人(イオニア人=ギリシャ人)によって滅亡。その後、閉鎖的・シンメトリックなミケーネ文明に変遷。)

実は、ICPO はナチスSSの下部組織を母体としていて、ナチス親衛隊(SS)が代々長官を務めていたことから、ヴェルファシ勢力であると考えてもよく、「日韓合同朝廷の長男」が長官就任も決して異常なことではない。

*************************************************
1923年、国際刑事警察委員会(ICPC)として創設された。はじめ本部はオーストリアにあったが、1938年のアンシュルス(ナチス・ドイツによるオーストリア併合)後には本部がベルリンに移され、以降は第二次世界大戦でのドイツの敗戦までICPCは、ゲシュタポの下部組織に過ぎなかった。ラインハルト・ハイドリヒやアルトゥール・ネーベ、エルンスト・カルテンブルンナーなど親衛隊(SS)の国家保安本部幹部たちがICPC総裁を務めていた。
1956年に国際刑事警察委員会を発展的に解組し、国際刑事警察機構を設立した[4]。事務総局は1946年に再建されてからフランス・パリにあったが、1989年以降はリヨンにある。

(Wikipediaより抜粋)
*************************************************

日本もフィリピンも中国も内部に客家、カラス、フリーメイソン、イエズス会、紅卍...等々の勢力を抱えているが、対立しているように見せ掛けているだけで、実はその上層部は同一。両勢力の最上級メンバー以外は両者のトップが同一である事を知らない。若い内にイエズス会教育を受けるカラス達の中でもこの事実を知るのはコウケダイコロ衆等、一定の役回りに付き、成果を上げた後の一部の人間だけ。また日本のヤンゴトナキ方々の間でも、役回りを分けられ、分断統治されているという。

これらを一括りにヴェルベット・ファシスト勢力(旧コミュニスト)というが、彼らが結託して満州国をもう一度というのが「ネオ満州国」。この絵を描く司令塔が米国南部のホルモン協会で、米国南北戦争時の南軍側(奴隷制継続)の勢力でもある。ここにホルモン飛鳥氏と大本が連携している理由が透けて見える。

国を跨る各々の勢力があって、それぞれが協力関係や反目し合っている。世界情勢の分析には、国で考えず各勢力が何を目的としているか考えるのが肝要なのだと、、、9.11も3.11もマレーシア航空機もこの国を跨ぐ勢力の起こしたことだという。9.11は米国のインサイドジョブという見方では道を誤る。

東アジア
(これはイメージ図です)

鳩山の東アジア共同体構想も「ネオ満州国」の言い換えに過ぎず、「米軍基地を最低でも沖縄本島以外(本土)へ」というのも、米軍守備範囲縮小を狙った発言? 上田アヤタチ家流の笹川良一(畑中理=金策と兄弟)と顔が劇似していて親子関係を疑われている鳩山氏なので、ユッキーが大江山霊媒衆の大本と水面下で連動していてもおかしくはない。

情報メディアの発達した現代では童話というかったるい手法を取らずに、映画、音楽、新聞、雑誌、TV、ネット....等を駆使して同様のマインドコントロールをヘッセン=ナッサウ勢力は仕掛けているが、童話同様に「恐怖」情報を噛ませてくる点が洗脳のポイント。人類家畜化の三種の神器は「情報」「食料」「暴力装置」ですが、人類社会での「メディア」「お金・食料・エネルギー」「軍隊・テロリスト」であり、これは放牧における「牧童の笛」「餌」「犬」なのです。

そういえば以前、十数人の女性を妻にしていた男性がいましたが、彼は夢の中でこの洗脳手法を学んだという。そのキーとなるのが「恐怖」。これを巧みに織り込んで多くの女性を心情的に依頼状態になるようなマインドコントールを仕掛けていった。現在のネットの中にも同様な手法が見られ、放射能汚染、地震、経済破綻...等のあらゆる恐怖情報で読者を追い立て、自らが企画参画するイベントに誘導する者もいる。これは明らかにマインドコントロール手法であることは分かりますね。これが何だかんだといわれながらも、定期的に恐怖情報を掲載してくる理由でもある。

実は、同様のマインドコントロールは実社会にはゴマンとあり、大は大手メディアから始まり、寺院仏閣、学説、ダイエット、エステ、保険.....小は個人的なものまで含めると、この社会の認識は実相とは大きくかけ離れた「マトリックス世界」でもある。かつて、オウム信者が洗脳されているとあざ笑う者が多く居たが、実は、笑っている本人が深いマインドコントロールの術中に陥っていたという笑い話にならないのが現代の日本。

で、今、一番ホットなマインドコントロールは、環境汚染、経済破綻、戦争懸念...等の恐怖情報を与えられ、その対立概念としてカジノリゾートで経済活性化するという餌でネオ満州国建国に誘導されている点でしょうか!? そう考えると、3.11が東北で起こされた理由もわかってきます。この事件によって、怯えた日本国民は今まで見向きもしないことに対しても敏感に反応するようになった。さらに「島国は津波が怖いし、まして地震多発国で、原発過剰集積の日本は、、、大陸なら安心だ」という空気を醸し出すことにも成功している。

このような大それた大掛かりなことが出来るのは、3つの世界最高評議会しかない。しかも東アジアで起きることは、すべてアジア・リージョン議長の名において発せられた指令である筈です。 大本、紅卍もそのシナリオの道筋に乗っかり、中国本土の鬼城(ゴーストタウン)の買収転売工作を独自に進めているだけなのだろう。

ネオ満州国の計画首謀者もアンダーソン君であったわけだ。

アンダーソン君01

満州国はマトリックスにおけるザイオンであり、0.01%のアノマリーを収容するザイオン=ジオン=ナチス=枢軸国勢力=ヴェルファシ勢力の新たな拠点。このアノマリー結合体が「救世主」と呼ばれ、満州国として位置づけられることになるのだが、上層世界から俯瞰して眺めれば、満州国建国の旗揚げもマトリック世界である実社会をバージョンアップする為に仕組まれているシナリオなのかもしれない。あくまで上層世界(形而上世界)から眺めての話だが、、、

「だよね~? アンダーソン君」
(エージェント・スミス風)

映画では、アーキテクトに立ち向かった今までの5人の救世主が人類愛から、全員が右ドア(リロードしてマトリックスをバージョンアップ)を選択し、ザイオン崩壊から再建という道を選んだ。つまり、バアル神が死してフェニックスになったのと同じ再誕を選択。しかし、ネオはトリニティを助ける為に左ドア(何もしない)を選択し、プログラム想定外のシステムクラッシュを起こさせ、マトリックス崩壊の道を選んでいる。

さてさて、今の現実世界ではどうであろうか?

■右ドア
満州国建設を諦める→世界のバージョンアップ

■左ドア
満州国建設に突き進む→世界の終焉→人類の生命のスープ化(アセンション)


このような展開になると睨んでいるのだが、、、前回、枢軸国勢力はWW2敗戦で満州国放棄という「右ドア」を選ばざるを得なかったのだが、満州国で開発されていた超技術(原爆、UFO...等)は連合国側に伝わり、水爆、ICBM、マイクロ波プラズマ...等の開発につながって世界はバージョンアップしたわけだが、、、今回はどうなるのだろうか?

ホルモン飛鳥氏は大本との連携から神一厘(日月神示の八段目を解く者)が現れたと述べていたが、これはいよいよ卍党がネオ満州国建国に向けて具体的で表立った活動を始まる宣言だとオイラは捕らえている。だが「日韓合同朝廷の長男」は1921年8月18日生まれであり、生きていれば90歳を優に超す高齢。今も尚、君臨しているかは不明。多分、世代交代しているだろう。

しかし、米国北軍派の秩序維持の働きで、ヴェルフ基金という簿外資金を信用創造で膨らまして行われた日本企業20社の簒奪計画は阻止(1社は除外)されたといい、ヴェルファシ勢力の思うように事が進んでいないという。米国北軍派には圧倒的な秩序維持の仕組みがあり、臨戦態勢が整ったとのことだが、それが何かはオイラには分からない。

今後、どんな展開になるのか目が離せない。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

AOさま

先の(最初の)コメントを、「オォ?ひょっとして、私と同様のご意見か?」と共感して拝読しました。

私の場合、その場で判断できるものは別ですが、諸説を仮説として読んでいます。つまり、白・黒・グレーなど濃淡つきで一時的な判断をして、最終的な判断は時期が来るまで保留・山積みにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

AO様

Wikiで調べてみて見てかなり興味深い本でした。昔からまるであったかのような。

薔薇戦争で思い出しましたが、ヘンリー二世の后の名からつけたと言われる、ロサムンディという薔薇をご存知ですか?

赤と白の薔薇がマーブル状に合わさったような色です。

ロサガリカオフィキナリスの変わり種でしたか。ロサガリカオフィキナリスはニンフのような美しさの極みとも言うべき薔薇だと思っていて、、何故あれがグラバー邸に無いのか残念に思います。(ハイブリッドばかりで) 

巴文様からも思い出しましたので。
シンボルからだと固定した先入観からのアイデアだけになることがありますが、植物はなんと自由に人に夢を見させてくれることでしょうか。

植物の世界を探求すれば必ず宗教が絡み、ドルイドに興味を持たずにいられず、幾度か助けられる経験をするとその成分だけが原因ではないように感じられる。それが繋がり。受け取るものに気付ければそれは魔法ではなく思いやりのせいだと信じています。同じですね。



追記

属さず、依頼せず、心だけを切実に求めてきた人だけが見つける英雄物語の秘宝でしょうね。





No title

本や詩については、よく分からないのですが、

古代の紋様については、
エネルギーの流れを象ったものが多いのではないかと思います。

社会的に何かの意味づけをされていることが今日でも多いのですが、それは後で加わったものだと思います。
太初は、純粋に神々しいまでのエネルギーの流れや動きを、ただ描写しただけなのでしょう。

ブランデンブルク門上の、「丸に十字」のようなものは、「鉄十字」であって、「ドイツ騎士団」などドイツを守護してきた団体の象徴であり、ドイツ軍の象徴でもあるのだろうと思います。前には一時「オリーブ」が掲げられていたのだそうだけど、さぁ、オリーブというのは何なのでしょうね。

紋章とか象徴の読み解きというのは、おもしろいものです。興味深いです。

OVALはヴェシカパイシスに見えますし、実は文字通り結実、油は潤滑、緑は反射した光で含まれず人にとって植物を象徴する色で、本当に見ているものはなんでしょうね(笑)。

はじめましてあなたすごいよ!何者ですか‥?ちょっと覚醒した人かな?

ぽんぽん様

冗談でも覚醒出来てたら言葉も出てこないでしょうね。ましてや人を束ねようなんて思わない。
自由にしてあげたいと思うはず。その気持ちがあって社会のルールがあればどんなに良いか。








オコツトはインチキだったんですね。

おはようございます
とりあえずあなたはすごいです 調べるのも時間かかりますよねけっこういい線いってると思いますよ
日本の安全な場所なんかもわかったらお願いします
あと調べる時
自然とつながっていくタイプですか
だとしたら僕も同じタイプです

十年程幾つか同じ植物を育てていますがここ数年目立って開花時期がずれてきました。今年は遅いですね、本当に。様々な原因が考えられますが、今年は日本列島の天気もおかしい。
青い馬という象徴が人の意識に深く何か与えているとは思いませんが、氷河期周期の予測だとしたら紛争など起こしている場合ではないですね。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。