口は目ほどにモノを言う

相撲好きな少年・大室寅之祐が明治天皇として入れ替ったという意見がネットで多い。まぁ、オイラもそういう意見に左右され、支持している一人ではある。

この話の出元は日本の弁護士、在野の古代史研究家であった鹿島昇のよるものですが、『裏切られた三人の天皇 ─ 明治維新の謎』では、日本書紀に書かれていることは古代朝鮮史の出来事の焼き直しから始まり、孝明天皇は伊藤博文が刺殺へと続き、大室寅之祐=東京明治天皇説を提唱している。これが本当なのかどうかは分からないが、現在、かなりの支持を得ている。

さらに、フルベッキ写真の中央にいるこの人物が大室寅之祐だという意見も根強くある。

フルベッキ睦仁02

そして、こちらが明治天皇の御御影

明治天皇睦仁02

口元は若干似ているが、耳の位置と鼻の位置、頬骨の出具合から、明らかに異なる人物であることが分かる。下の人物の方が鼻筋は太く、鼻先が上を向いていることから明らかに南方系の血の入ったフェニキア人のような造作。南朝系(天孫系)というのも頷ける話です。以上ここからだけで、フルベッキ写真について云われる「明治元勲の全員集合写真」という線は脆くも崩れ去るが、逆に大室寅之祐の顔はこの顔ではないことも明かされる。
※フルベッキ写真の左端に「勝海舟」がいるとされるが、幕閣である海舟がここにいるはずも無く、またペリシテ人の血を引くモジャモジャ頭(笑)の勝海舟の壮年・晩年の顔写真とも大きく異なる。

そして、下記は睦仁親王(明治天皇)の父である孝明天皇の肖像画。国立博物館所蔵品(明治35年 小山正太郎)ですが、菊の御紋の付いた額縁に収められていることから、かつては宮内庁に掲げられていたものではないかと云われる。

孝明01宮内庁
(国立博物館の孝明天皇)

特に、口元がそっくりで本当の親子であることは疑いようがないですね。

しかし、桓武天皇と孝明天皇を祭神とする「平安神宮」や北朝天皇家家の菩提寺である「泉湧寺」に収蔵されている孝明天皇の肖像画では口元は引き締まっているのです。
※平安神宮は明治28年に平安遷都1100年を記念して平安京遷都当時の大内裏の一部を復元したもの。平安京に遷都した桓武天皇と京都での最後の天皇・孝明天皇を祀っている。大宮司は摂家の九条家。

平安神宮に祀られている孝明天皇
(平安神宮の孝明天皇)

孝明天皇01
(泉湧寺の孝明天皇)

下はドナルド キーン著『明治天皇』の見開きに掲載された肖像画ですが、釣り上がった目とスッキリと引き締まった口元、鼻筋が通った大きな鼻が上記2点と共通している。この顔立ちから中国北方系を出自とする血筋であることが想像されますが、この煩フルの分類「地祇系(北朝)」(ローマ~扶余~新羅~伽耶)の証左となり得るような顔立ちです。

孝明01

どうも国立博物館所蔵品より、こちらの方が本物っぽい。

国立博物館所蔵品の方は上の肖像画と明治天皇の特徴を生かして合成して描かれたものなのだろう。この手の込んだ工作ぶりから明治維新で天皇血筋は入れ替わったと確実に云える。つまり、この肖像画は明治天皇をもって北朝(地祇系)から南朝(天孫系)へ政権が移った証左の1つと成り得るのです。昭和4年2月に永年宮内大臣を勤めた田中光顕が語った「実は明治天皇は孝明天皇の子ではない。」と語った内容や醍醐天皇以降、四国の忌部氏の長・三木家が北朝政権の間、アラタエを奉納しておらず、明治時代から再び奉納を始めたことや、奈良の吉野の後醍醐天皇のお墓には「明治22年に明治維新は南朝の確立」と立札に書かれていることからも北朝→南朝は事実であった。
※田中光顕は土佐勤王党に加わったため弾圧され長州へ脱藩。中岡慎太郎らとともに薩長連合の成立に尽力した人物で、南朝政権移動の経緯には詳しい。

では、いったいが睦仁親王と入れ替わって明治天皇となったのか?

1864年7月20日、長州藩兵が御所を攻撃した(蛤御門の変)が起きたが、挙兵翌日の7月21日の夜には、宮中に不審者が三百人以上侵入するという騒ぎが起こり、パニックの中で睦仁親王が一時卒倒した。これは前年の政変で京都追放されていた長州藩勢力が会津藩主・京都守護職松平容保らの排除を掲げた挙兵ですが、大砲も投入され京都市街戦となった為に戦火で約3万戸が焼失したという。最終的に長州藩勢は敗北したが、この禁門の変後、睦仁親王の外祖父・中山忠能は長州藩と呼応した嫌疑で蟄居処分を受け、また長州藩は「朝敵」とされた。

3年後の1867年1月30日、攘夷に固辞した孝明天皇が36歳の若さで崩御。睦仁親王が満14歳で践祚の儀を行い皇位に就き、その翌年の1868年に睦仁親王は元服し即位の礼を行い即位宣下。1869年には政府が東京へ奠都したことから、大嘗祭は東京で行われた(1871年)。

孝明天皇は刺殺説・毒殺説を疑われるぐらいにその死は不自然であることから、入替ポイントはきっとこの時点なのだろう。

大室寅之祐は大室家は南朝末裔とされているが、寅之祐は地家家に嫁に行った母の連れ子であり、大室家=南朝末裔を信じるにしろ、寅之祐は南朝末裔だとは到底言えない。

ただし、長州の田布施は何か秘密を知っている筈ですが、、、

最近、目にした中に徳川(田安)慶頼の子供(長男)であるという奇異な説が某サイトにある。
※内容に毒針チクリと何度も出てくるが、死なない点でどうなのか?という感想をオイラは持っている。

慶頼は「徳川御三卿」の1つ田安家第五・八代当主ですが、徳川宗家に移り「16代様」と呼ばれ数々のホモスキャンダルで知られる徳川家達の父親でもある。つまり、この説が正しいとなると16代・徳川家達と明治天皇は腹違いの兄弟ということになり、明治維新は徳川家の偽装革命という話にまで膨らむ。
※華族会館の給仕を鶏姦し、そのことが度重なり、給仕に事を荒立てられ、この醜聞の口止め料として1万円を支払ったことがあるという。まぁ、お殿様の衆道(男色)は信長以来の武家の誉れではある。

田安慶頼
(徳川(田安)慶頼)

確かに口元と目元は似ている。

右目が潰れているが、慶頼が語るには「或る者が睦仁親王に似ていると言ったので、畏れ多く、自身の手で目を突いた。」とのこと。似ているだけで目を突くか?という思いがあるのだが、そこには計り知れないものがあるのかもしれない。

孝明天皇は側女である中山慶子がその生家で産んだという男児について自分の胤ではないとの疑いを抱いていたといい、確かに顔の造形が全く違うことから無理からぬことである。そこで天皇は入手した舶来のカメラを使い全国の公家・藩主の肖像収集を命じた。その中に田安慶頼という片目の男がいて、片目の理由を問いただしたところ、返ってきた理由が上記の内容。

そして、明治天皇は徳川慶頼が中山慶子の姉に産ませた子であり、慶子が産んだ孝明天皇の御子は生後半年ほどで亡くなり、遺体は中山忠能邸にあった睦仁の産湯を汲んだ井戸に入れられ、埋め立てられた。その数年後、孝明天皇は毒殺され、徳川田安血統の天皇が即位したのだと某サイトは結論付けている。
※中山慶子は孝明天皇の側室。睦仁親王はこの中山慶子を生母とし、皇后・九条夙子(英照皇太后)の養子となった。

う~む、まるでお岩さんとリング貞子を足したような話ではあるが、、、(滝汗)

これで孝明天皇と明治天皇の顔の作りの違いは充分説明できそうではある。しかし、孝明天皇の勅令により祐宮は后・九条夙子の「実子」とされ、親王宣下を受け「睦仁親王」となったが、自分の子ではないと疑ったにしては奇妙です。また明治天皇以来、現皇室が中山慶子の墓には一切参らないという事実と、長州・田布施がどうしてもここに結びつかないことから、この説には信を置くことがイマイチ出来ない。

それよりも、名無し先生が語る斎王・斎院制の元、匿われた戸籍のないヤンゴトナキ血筋の者が本当の明治天皇の出自ではないかと睨んでいるのですが、、、ただ今のところ、このことも点と点が結びつかないジレンマも感じている。

O'BRIEN氏のブログには、「曹洞宗の僧侶・原田祖岳はやがて、久邇宮良子女王(明治天皇即ち西郷隆盛の子供で、久邇宮家で養育された。その事が後に宮中某重大事件の原因となるが、関東大震災後に裕仁天皇の后となる。)と肉体関係を結び、良子皇后は原田祖岳の子“明仁親王”を生んだ・・・」と書かれている。これがホントかどうかは全く分からない。現時点の皇室がコレならば、更に明治期まで遡るともっと天地怒涛の事実が浮かび上がると思っているが、ここでの注目箇所は、、、

明治天皇=西郷隆盛

う~む、これは盲点かもしれない。

こういった内容はどこにもない、、、名無し先生直伝なのか? あるいは「日本製原爆完成全文」からの引用なのか?

西郷隆盛
(壮年期の明治天皇 西郷どん?)

確かに不思議なことに、西南戦争(1877年 明治10年)で刃を剥いたのにも関わらず、明治天皇の西郷隆盛に対する特別な親近感は異常な程であったという。明治天皇は「西郷の罪過を誹らないで詠ぜよ、唯今回の暴挙のみを論ずるときは、維新の大功を蔽ふことになるから注意せよ」といい、皇后や女官などに西郷隆盛という題で和歌を詠じさせたというが、西郷の死は同年9月24日であり、奥に閉じこもった天皇がその年に賊の追悼歌会をおこなうのは政治的に異常だとされている。

西郷隆盛(1828年1月23日生まれ)と明治天皇(1852年11月3日生まれ)の共通点は共に大男であった点ですが、歳も24歳も離れており、また顔が全く違うのでは、、、(滝汗)。

西郷の子供ならば、まだ理に叶うが、、、私欲のない西郷がそのようなことをしたとは思えない。

上野公園の西郷像は本人とは全く違うという話もあり、勤王の志士の写真は多く存在するが、何故か西郷の写真は存在しておらず、西郷隆盛の素顔はようとして知られていない。
※奥さんのイトは「似ていない!着物で歩かない、(肥満ではあるが)お腹は出ていない」と嘆いたという。

何故、西郷の実像が分からないのか?

「維新三傑」と称される程の活躍をした人物なのに、、、
う~む、明治天皇となって君臨したから、隠さねばならなくなったのか?

ここに西郷隆盛の実像だと云われる写真がある。

西郷
(右端の大男が西郷隆盛とされているが、、、)

確かに、明治天皇と同様の大男である。ただし、この写真が西郷隆盛という証拠もないが、、、、実際、西郷隆盛は目が大きく、黒目がちであった。その眼光と黒目がちの巨目でジロッと見られると、いかなる剛の者でも舌が張り付いて物も言えなかったというが、その特徴的な目がない。これは明治天皇の御御影にも云えることなのだが、、、やはり違うのだろう。

42Hgb2vf6d2.jpg
(クリッとした大きな目)

西郷南州(隆盛)は薩摩藩の下級藩士・西郷吉兵衛隆盛の長男として生まれるが、南朝の忠臣菊池氏の子孫でもある。藩主の島津斉彬の目にとまり抜擢され、薩長同盟を結び、明治維新を通じて活躍。その後、下野し西南戦争の指導者となるが敗れて城山で自刃したとされている。

生き残ってスリ替わったのか?

西南戦争自体が不満士族を集めて一掃し、これ以上内乱を起こさせない為に明治政府が行ったヤラセだと云われ、その戦争の為に仕立てられた影武者リーダーだったのか? ならば、それ以前にスリ替わっていたとなるが、、、いったいいつ時点で? 

明治天皇は史実通り孝明天皇の皇子でないことまでは確信出来るが、それは西郷隆盛本人だったのか? それとも徳川慶頼の血を引く子だったのか? 陰謀論の本命通り、田布施の大室(地家)寅之祐だったのか? はたまた、、、

う~む、ますます混乱してきた、、、、(滝汗)。

いったい、明治天皇とは何者なのだぁ~!!!

meiji.jpg
(そ~だす、私が明治天皇だす。ふぉふぉふぉ)

富国強兵の掛け声の元、その象徴として常日頃から軍服を寝るまで脱がずに威厳を正したという明治天皇ですが、国家神道で現人神として神格化された彼を精神的支柱として、日本は世界に昇る旭日・ライジングサンのように舵を切っていった。但し、その後ろ側には英国がしっかりと付き添っていたが、、、よく知られている割になかなか謎の多い人物でもある。

ただ、EXILEのマツに似ていることだけは確かなことだす(爆)


(明治天皇も一緒になって踊ったライジングサン)
スポンサーサイト

Comments

No title

西郷隆盛(フルベッキ写真)とよく似てるのは
「宮本顕治」「池田大作」「三遊亭圓楽」
西郷隆盛(フランスルモンド紙掲載の絵)とよく似てるのは
「西郷菊次郎(孫)」「尾崎行雄」「後藤新平」
いわゆる角刈り頭
田安徳川家の墓の横に光永星郎(株式会社電通創業者)の墓がある
その後ろに田安徳川邸がある

威を継がん 一人唯ぞ知る天のIHS

 いづこの勇は ツァレファテより来たらむ

歌,布流部月

No title

2014-04-27 20:36:18http://ww1-danro.com/militarism/sangatu.html
吉田は「ヨッフェを連れて来るために、藤田勇から頼まれて北京へ食うや食わずの旅をした。
そこで60万円もらい、また旅行をして帰国し、藤田に渡した。
二百円くれ、残りは藤田が自分の贅沢のために使ってしまった」と戦時中に徳川に語った(鈴木徹三『戦後社会運動史資料論ー鈴木茂三郎』大原社会問題研究所 2001)。
藤田と徳川の手元にレーニンの大金が残った。徳川義親は20万円を「大行社」の清水行之助(孫文のボディガードをやっていた)に拠出した。
当時とすれば破格の巨額であり、この金が大川経由、橋本欣五郎に渡った。
義親は、橋本がその金を使い、クーデターに向かうことは承知していた。
橋本が清水・大川の金の出所を知らなかっただけである。
義親は社会主義者であって、貴族院の改革案として議員の「半数を華族から、半数を労働者から」と提案し、誰からも相手にされなかった経歴をもつ。
他方、武力行使による領土拡大を熱心に主張しており、とりわけ南方の植民地化に情熱を燃やしていた。
レーニンの金の最終的行方は、はっきりしない。
陸軍省は約20万円をヤミ金として保管しており、敗戦のとき義親に返却した。
義親は、その金をそのまま日本社会党の結党資金につかった。
三月事件・満州事変・十月事件と日本社会党結党は同根、すなわちレーニンの金で可能となったのである。

明治天皇の一つの仮説

明治天皇(初代)=伊雑宮御師大西(江戸城内暗殺)
明治天皇(2代目)=伊雑宮御誌師クラヤ大夫(後の明治大帝)
大西子孫=大正天皇
大正天皇子孫=◎◎先生(世田谷辺りの教祖様)
上記の事は、「伊勢の仙」で検索するとでてきます。
これが、真実かどうかは、私にはわかりませんが、
大室天皇、昭和天皇ー西園寺八郎子胤説は、長州に都合が良すぎるような気が以前からしていたのでコメントさせていただきました。



てん様





てん様、伊勢の仙に反応していただいて、ありがとうございます。
一体、明治天皇は何者でしょうね?
話が変わりますが、2人、興味深い人がいます。
苫米地英人ー日本人の99%が知らない戦後洗脳史
この本は戦後を名無し先生の解説無しで斬った本です。
滝沢泰平ー著書名?=情報源ー天神様=立ち読みで充分
くれぐれも、自己責任で。
もう一つ、半田さん=卍党では?




835様

有り難う御座います。
ご紹介があれば様々な考え方を知る為に訪問しています。ヤッズ様はとても分かりやすく、幅広い分野の記事を楽しくご紹介下さる為訪れるのを楽しみにしています。名無し先生や高度自給自足時代様のブログ主様の現実を直視した視点は非常に大切だと考えています。また様々な方々がどの様な視点をお持ちなのか勉強させて頂いています。苫小牧様は存じ上げませんでした。現実の生活に使える考え方なのか、そして発想やイメージは気持ちを豊かにしてくれそこから物があります。
また何か有りましたら是非ご紹介下さいね。有り難う御座いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)