地祇系vs.天孫系 神祇なき戦い

謎に包まれた日本の真の国体を露にしようと洞察を重ねていますが、最近ちょっとズレが生じてきた。

それは地祇系についての詳細。

地祇系の3トップは、、、

1)緑のカラス(ペリシテ人=客家)
2)地下家
3)三国人統括の一族


という認識をしていますが、卍党はこの緑のカラスの下部組織であることから「地祇系」に属する勢力だと思い、大本もアヤタチ上田家も「地祇系」だという観点から今まで洞察を進めてきた。前記事のウジテレビの件もその観点で書いています。

しかし、下記の名無し先生の指導の元にO'BRIEN氏が書いた内容とどうも噛み合わなくなってきた(滝汗)。

***************************************************
北朝=藤原北家(清和源氏系)
南朝=藤原式家(桓武平氏系)

一方、九鬼家をはじめ、大本、紅卍会といった組織の元になる家系があります。
その家系を、藤原北家(北朝・清和源氏系)といいます
この南朝と北朝は大化の改新時代から、延々と対立しているのです。
当事者達は知らないと思いますが、どちらもヘッセン陣営です。
NWO=世界統一政府、千年王国を目指しています。
現在の日本は、南朝支配下に有ります。

***************************************************

どこかでボタンの掛け違いを起こしたのだろうか?
う~む、ある意味、混乱錯乱中です。マジ焦るだす~

実際、名無し先生の高度自給自足でのコメントでも、、、

***************************************************
ここの処、大本、九鬼家など北朝側の裏の素顔についての記事が続いていましたが、
***************************************************

うあぁ~、やっちまっただす~(滝汗)

「大本=北朝派」は確定だすな。記事内容をもう一度咀嚼し直さなければ、、、

つまり、九鬼家、大本、紅卍会は北朝系であることから、「天孫系天皇の奉公衆」となりますね。
※奉公衆=守護&盛り立て役

今まで卍党、大本を「地祇系」と表現したのは間違いだった。まぁ、間違っていたというよりも、三人の天皇の出自を示す「地祇系」「天孫系」「天神系」という用語を奉公衆に対して使ってしまったのは不適切であったということです。特に卍党に関しては、系に関係なく広がっている勢力なのでこの用語自体では表現し得ないのです。

大本、九鬼(イエズス会傀儡)が北朝系ならば摂家と同じ「天孫系奉公衆」に属する。綾部に潜む「客家に見える漢人」勢力=大本=卍党ですが、ここが鷹司門流である今出川の某羽林家と繋がりがあるのは、大本が北朝系派閥に属するなら当然となりますね。これで1つ謎が解けました。

さてさて、ここで謎が浮かんできた。

北朝の宗教は仏教ですが、この仏教に潜むキリスト教である卍党というは一体何なのだろうか? 敵なのか味方なのか? 何を目的としているのか? う~む、サッパリわからなくなってきた。

オイラの認識では、日本の神道も仏教もその根幹にはキリスト教であり、道教+キリスト教が「神道」、上座部仏教(小乗仏教)+キリスト教が「平安仏教」(日本風大乗仏教)であることから、この両宗教にキリスト教を吹き込み続けてきた勢力が卍党であると看做していいのだろうか?

下記はベンジャミン氏のコメント欄に書かれていた内容ですが、卍党=大本=大江山霊媒衆を考えるにあたって示唆する部分が多い。

元々は落合莞爾の『真贋大江山霊媒衆』がオリジナル内容だと思われますが、要約していて分かり易いので載せると、、、

***************************************************
「……私が聞いた名前「表雑賀。渡来天皇を≪大和≫へ先導した部族で、頭は≪川端≫姓と聞いた。
今も昔も400数十軒在る由。ただしヤタカラスともいう。
結社の内容は、皇統奉公衆と呼んでいる結社と全く同じである。
明治時代までの天皇とは北朝の閑院宮系の光格王朝で仁孝、孝明と続く。
これを守護したが、大室が天皇になり、東下したので、孝明系の堀川辰吉郎が裏天皇になり、その守護に。

之に真贋在り、真は天照彦を奉じて修験者なので吉野。
贋は須佐男を奉じる大江山霊媒衆という。
神社に関係あり宗像が核。

皇統堀川の裏天皇に従うは、京都社寺勢(本願寺から大徳寺)、大江山霊媒(大本から学会)、杉山茂丸の玄洋社(黒龍会はその一部)、薩摩ワンワールド(土佐も入る)、公武合体の徳川(会津、紀州)が主流。……」です。

***************************************************

ここでも大本、創価は北朝系とされている。(反省)
要約すると、、、

■北朝(皇統堀川)守護勢力
京都社寺勢、大江山霊媒衆、玄洋社、薩摩ワンワールド、徳川(会津、紀州)

■北朝奉公衆(ヤタガラス)
真・・・天照彦を奉じる「吉野修験道」
贋・・・須佐男を奉じる「大江山霊媒衆」


ここには摂家がいない(爆)。
多分、南朝天皇(地祇系)に乗り換えたのだなwww

だが、南朝天皇(地祇系)側には既に3トップがいて、摂家は背後から天皇権威を操る奉公衆となることが出来なかった。それ故、自前の「摂家137公家システム」を維持しつつ、摂家ブランドを売り込みながら閨閥を形成。各財閥の求心力となって経済界に君臨し、官僚をも取り込んでいったといったところか。明治維新によって修験道が弾圧を受け存続の危機に陥ったのも、南朝天皇の世に北朝側に付いた修験道を危険視し禁止されたから。

また、大江山霊媒衆が奉じる「須佐男」とは、元々は上田家が崇めるバアル神のことですが、金光、黒住、天理、大本..等の教派神道十三派(教祖のいる神道)は江戸時代には吉田神祇家から認可を貰い神道側に属していたが、明治期になると国家神道との絡みからか、明治政府により神道認可が取消となった。これも北朝側に付いてしまった報復処置ですね。

地祇系天皇はバアル神を祀るが故に「地祇系」の名があると睨んでいたので、上田家や大本のバアル神と同じであった為に大本を「地祇系」と分類してしまった。上田家が祀るバアル神は、師としていた慶州客家=ペリシテ人が信仰していたタゴン、バアル、アシュタルテから来ていると思われるのだが、、、果たしてどうなのだろうか?

前記事で金光教信者であるウジテレビ日枝久氏を「地祇系」としてしまったのは誤り、正しくは北朝の天孫系に属する者だった。

逆にウジ乗っ取り(鹿内家放逐)とは、地祇系の鹿内氏から天孫系の金光教信者・日枝氏が乗っ取ったと理解した方がいいのかもしれない。しかし、それでは労組委員長=民主党=同和=ペリシテ人(客家)=地祇系という図式と矛盾する。再び地祇系が天孫系からウジを奪い返すこととなり、「地祇系ゼロ計画」の目的とは全く逆の結果になる(大汗)。

ここでウジテレビ創業者について調べてみた。
ここから何か分かるかもしれない。

創業者の鹿内信隆氏は北海道夕張生まれで父は鹿内徹、母はモヨ。だが実際はI氏の養子であったとうが、実は実子だとも、、、この辺は謎だす。父・徹は写真家・歯医者・山師・宗教家という顔を持ち、「鹿内教」という神道とユダヤ教をミックスした宗教に熱中し村で辻説法をしていたという。町では診療せず出張治療で日高方面に診療に出かけ、患者から情報を聞き出して稼いだ治療費で金鉱やクローム鉱のヤマ探しばかりしていたという。

山師、神道、ユダヤ教、、、地祇系の臭いがプンプンしますね(笑)。
※フジ・産経グループは、勝共連合名誉会長だった笹川良一の日本船舶振興会(後の日本財団)と密接な関係があるが、総帥の鹿内信隆は、戦争中、岸の子分で、長州出身の日産コンツェルン鮎川義介の手下だった。

鹿内家が支配していたウジテレビの日枝乗っ取り劇の背景には電通がいただろう。というのも、かつて鹿内時代にはウジテレビでの取扱い高を一定量に抑えられていた電通が、労組を結成し書記長となって左遷されていた日枝氏に目を付け、育て上げたことで電通取扱い量が飛躍的に上がったという。その後、日枝氏が鹿内氏を放逐し、そのまま日枝氏と電通の密接な蜜月関係は続き現在に至っている。その関係無しにウジテレビの韓流押しはなっかったとさえ云われているのです。

電通が口説いて進めた「韓流押し」が禍いとなり、嫌韓ムーブメントの波に飲み込まれてウジが撃沈。タイミングよく起こった前韓国大統領の土下座発言、盛り上がる嫌韓デモ、いいともでも「キムチ鍋」「プルコギピザ」の人気1位の捏造は制作会社の独断だったようだが、、、何となく裏でシナリオ書いている奴がいそうだな。

う~む、3.11での原発事故ですら、H社を追い込み海外案件に走らせるものだったように思えてきた。

日本は善用の簿外資金が投入されない20年であった為に、3.11を起こして資金を回す復興特需を発生させ、返す刀で自陣営の持つ水素タンクインフラ構想推進への強力な理由付けとする。更には復興税と称して消費税アップの口火を切らせるというシナリオだったのだろうか。

充分、アリエール話ではある。

ウジ乗っ取り劇の霊的背景は、、、鹿内教vs.金光教かもしれん(爆)。

この金光教は元々は伯家神道の流れを汲む、あの「皇太子が天皇に即位する際に行われる「 祝(はふり)神事 」が100年間、或いは4代行われないと天皇家は滅びる。」と予言をした神道です。この伯家神道は何故か明治政府によって宮中から排除された。伯家神道の予言には「生き残るのは3%」というのがあり、これは日月神示の「生き残るのは三分」の内容と共通する。また100年後の期限も「青白い馬計画」の2014年とも連動していて、この辺にもヘッセン=ナッサウ勢力と何か繋がりがあるのだろう。

数日前、リチャコシどんがウジテレビ社員の大量退社をスクープしていましたが、昨今のウジテレビの業績から考えれば、当然、有り得る話ではある。もっと詳細を知りたいところです。いいとも最終回特番での有り得ない芸人同時の一同集合(ダウンタウン、とんねるず、爆笑問題、ナインティナイン、ウンナン、さんま)がウジテレビのバラエティ終焉を意味するとまで鶴瓶に云われているが、本業の放送はガタガタで放送外収入がメインの収入源となってしまっている。

現、在ウジが本業そっちのけで取り組んでいるのが「お台場カジノ構想」。で、ウジと組んでいるのが三井系ですが、これに「大手町カジノ構想」で待ったを掛けているのが三菱系。カジノ構想は天皇が京都に戻った後の「江戸城テーマパーク構想」に連動する内容だと睨んでいます。

これは天孫系(三井)と地祇系(三菱)との戦いでもある。

う~む、ということは、、、ホリエモン騒動と同じく、嫌韓もウジを陥れ弱体化させる地祇系のリベンジという線も考えられなくもない。あるいは最終目標として、自陣営による「カジノ構想実現」という既得利権の構築が背景にあるのかもしれない。つまり、強力な推進者である日枝久CEOを経営責任で辞任させれば、ウジの「お台場カジノ構想」は現在の台所事情では白紙撤回になるのは必至。これが嫌韓キャンペーンの真の狙いなのか?
※ウジお台場移転もカジノ利権を視野に入れていた? カジノ利権に執心の石原珍太郎が絡んでいるかもしれんのう。カジノホテルでの生演奏のエンタメ用としてKPOPに白羽の矢を立て、それがウジの韓流ゴリ押しの要因だったのかもしれないなぁ、、、

日枝久CEO、、、君の代わりは居やしない!


(王朝娘2014)

かつてバラエティ番組の雄だったウジテレビも存続の危機すら噂され、現在、企業価値が大幅に下がってきていますが、乗っ取り&買取りするなら今がチャンスかもしれない。
※放送局は放送法の壁があって株式による実効支配は出来ませんが、、、

今出川で「今でしょ!」とケモノは叫んでいるだろうか?
※北朝派が乗っ取ったウジに、更に五摂家が手を出して乗っ取ることはないだすな、、、(汗)
スポンサーサイト

コメント

青い…

Fテレビのマスコットってサングラスをかけた青い犬ですが、私的に青い犬は蔵王権現さんなんです。
明るい青は菊理姫さん、濃い青は瀬織津姫さんの色だそうです。青は地祇系と思われるので、ラフくんは地祇系の名残なのでしょうか。

南朝系→桓武平氏→蝶(北条氏はミツウロコ)→鱗→蛇(龍神)→地祇系ということでしょうか?

前に安倍首相夫人が瀬織津姫に興味があるって仰ってたかな。テーマ曲もどなたかが作曲されてなかったかな。(二十年程前の週刊誌で鳩山元首相が夫人からプレゼントされた水晶で運勢が良くなった事が書いてました。街で見掛ける占いがそれを分かるように置いてたので見ちゃいました。関係ない話。)自分の種の保存の欲望が本能からなのかトラウマからなのか・・・。大好きな人達とふざけたりして過ごす何でもない時間もすぐに終わってしまうというのに。人間は生きているというのにね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク