ヘッセン=カッセル方伯家が奥の院か?

カレン・ヒューズ女史が暴露した米国の影に英国があってその背後にバチカン、さらにその奥にイエズス会という構図がガチになってきましたが、オイラは血胤でなく選ばれるイエズス会総長が「真の黒幕」であるとはどうしても思えない。

やはり、イエズス会すらも「真の黒幕」の傀儡であり、実務的な指令塔に過ぎないだろうと思う。

■1534年・・・イエズス会設立
■1744-1812年・・・マイアー・アムシェル・ロートシルト


陰謀論ではロス茶を世界の帝王とする風潮があるが、イエズス会に比べれは新興のロス茶などは番頭格に過ぎない。「真の黒幕」を炙り出すには少なくともバチカン設立のローマ時代まで遡らないと分からないのかもしれない。

以前の記事にも書いたのですが、奥の院はやはり欧州貴族なのだろう。その候補の1つがヘッセン=カッセル方伯家。ロス茶の祖マイアー・アムシェル・ロートシルトは古銭収集の趣味を通じてフランクフルト近くのハーナウの宮殿の主であるヘッセン=カッセル方伯家皇太子ヴィルヘルムを顧客に獲得し、1769年にはその宮廷御用商人に任じられたという経緯があるからだ。

ここから転機が始まるが、最初は僅かな額の為替手形割引(現金化)する仕事だけだった。1789年にはロスチャイルド家もヘッセン・カッセル方伯家の正式な金融機関の一つに指名されるに至り、その対外借款の仕事に携われるようになった。そして、1795年頃からヴィルヘルム9世の大きな投資事業にも参加できる立場になったという。

フリーメーソンに潜入させた工作員がイルミナティー。このイルミナティーがコミュニストと名を変え、世界中へ革命と戦争を生み出している。またイルミナティーはタクシスのオカルト部門でもるという。タクシス家とはオーストリア皇帝の専属郵便会社を作った貴族で、世界中の情報を握ると言われ諜報を得意とする。トウーレ協会とはタクシスそのもの。資金難にあったタクシス家にロスチャイルドから融資させ、彼をヘッセン陣営に取り込だことから、奥の院はヘッセン家となる。

となると支配構図はこうなる、、、

■ヘッセン-イエズス会-バチカン-英国-IRS-米国
■ヘッセン-ロスチャイルド-シフ-ロックフェラー-FRB


これが正しいかは分からないが、ヘッセン=カッセル方伯家とは以下のような家系。

******************************************
■ヘッセン=カッセル方伯家
リューネブルク公のヴィルヘルム1世(ハインリヒ3世獅子公の甥)とデンマーク王・ヴァルデマー1世の娘ヘレーネの一人息子。ハインリヒ1世幼童王(オットー1世 1264-1308)から始まる大貴族。ヘッセン家は宗教改革初期以来の敬虔なプロテスタント信徒の家系。

フルート演奏とジャガイモ栽培で有名なフリードリッヒ二世(プロイセン王)は、1777年に騎士団を統合した結社「聖堂騎士団」を乗っ取り。またグレイトブリテンのジョージ三世(英国教)、オーストリアの女帝マリアテレジア(旧教)と協調し、ルター派とカルヴァン派を繋ぐ新教君主として、ハノーヴァーやプロシア、ザクセン=ヴァイマール、ヴュルテンブルク、バィエルンなどを統一し「新王国」建設を企て、大ドイツ帝国を目指す神聖ローマ帝国(ハプスブルク家)に対抗した。このドイツに反動的な絶対王政が「千年王国」と云われる。

皇太子のヴィルヘルム(ヴィルヘルム9世=ヘッセン選帝侯ヴィルヘルム1世)は領内の若者を傭兵として鍛え上げ、植民地戦争の兵員を求めるイギリスに貸し出す傭兵業を営み、その傭兵業の儲けでヨーロッパ随一の金持ちになっていた。ロスチャイルドと知遇を得た。

2013年まではモーリッツ・フォン・ヘッセンが家長。第二次世界大戦中、モーリッツの父フィリップはゲシュタポに逮捕され、母マファルダはブーヘンヴァルト強制収容所へ拘留・収監され、まもなく死亡したという。

現在の家長はハインリヒ・ドナトゥス・フォン・ヘッセン(家督2013年 - )

******************************************

この勢力が第三次世界大戦を仕掛け、イスラエル国消滅後、ユダヤ人を中国東北部の移住させ、ネオ満州国を建設するという運びだというのだが、、、(汗)

そう考えると、日韓海底トンネルで新幹線という構想も、こういう裏があっての話かもしれないなぁ。
※オイラの考えでは、日本はひょこりひょうたん島のように動いているので、トンネルで繋げるなんて狂気の沙汰だと思っている。四国・九州ですら飛行機で行く時代。韓国には飛行機で充分だすよ~

このヘッセンという言葉はエッセネ派とも関連があるというが、、、それ以前に世界を牛耳るイエズス会の奥の院がヘッセン家だとしたら、ナチス=トウーレ協会はバチカンとつるんでいたというのに、何故、ゲシュタポ逮捕や強制収容所に収容されたりするのだろうか?
※WW2は一見、英米フリーメーソンVS.日独伊イルミナティーという対立構図のようにも見える。

やはり、奥の院はヘッセンとはチャウのではないか?

チャウ・ヘッセン(爆)

essenn.jpg
スポンサーサイト

Comments

名無し先生って誰なんでしょう?

権力構造は、既にナチスから下った軍人エリートの掌握下にあり…
オカルティズムをベースにした支配体制は、考慮せずに実際的な巻き返しをどのように構築していくかが現時点の科学レベルにおける焦点となっている。

つまるところ、様々な呪術その他アナログで不可解な出来事に対する分野もとうに工学的な利用段階に入っていて…それに平行して、私の方でも敵に塩を贈るようなことを震災後からの様々なミッションの合間に彼等に対し行ってきた。

だが、それを凌駕する力が私達の方にあるということを物理的手法で応じる全てに対応することで、表現しようとする意図があったからこそ、そのような振る舞いが許されたのかも知れない。

事実上、私達は異次元に分身というか元の魂の自分があり…3・11以降その存在とも、向こうから次元の扉を開く形で対面し、この次元に於ける科学の限界は現象化し物となっている全てにあるのだと理解している。

つまり、それが背景にある者達の介入している世界に於いて最終的に選択する方向性は1つしかないと知るべき時点に差し掛かっているとも言える。

私の家には、磁場変換器という自分で開発した地磁気や空間エネルギーを循環し加速し放射線により更に微細なエネルギーとして、自分の意識で様々な対象に合わせたエネルギーを合成して無限に取り出すデバイスを空間に作る為の装置があるが…その内部にある重複した干渉波エリアは異次元にアクセスしているが故に、様々な私に関わる情報は向こうに流れるようになっている。

何台かあるその装置の中の1つに11次元から来た彼は何らかの細工をして帰っていった。

つまるところ…情報や思考で出し得る結論には限界があり、もっと多角的な体験や認識から現状の空間情報や潜在意識からのデータなどを加味して様々な事柄を判断できなければ、机上の空論を充実させるに留まるしかない。

私の上には、まだ日本に6人いる。肉体を持ち更にレベルの高い者だ…
表に出ることはない(^-^)

ここまで来て、巷で名称が上がってきた宇宙人のグループソウルなどについて少し説明すると…

私の知る限りでは、エジプト第18王朝の中盤即ち私が治世をしていた頃に、アメン信仰を侵食した勢力のアテン神なるものが発生しているが…あの背景にいて地球に入植してきたのが、現在プレアデスと宣ったりバシャールやエクトンなどチャネリング情報を拡散してきた者達で同じグループだ。
エジプトに於ける為政者側の転生は確か4種族のグループソウルで、今で言う処のシリウス・アンドロメダは一組として後はベガとプロキオンとペテルギウスで構成されていたように思う。
そしてその各々の経歴を持つ魂の転生者達全てと今世にて日本で会ったり関わったりしてきた。

ただ、宇宙連合に於ける主たる権能を持つ者が多く存在するのは、シリウス・アンドロメダでありそのグループソウルの中から選抜されて降りた者のによってメルキゼデクの僧団ができて、後にイエスと12使徒となった。

仏教・神道≒シリウス・アンドロメダと源流を遡れる霊性をニュアンス的に感じ取れる者もいるだろう。

一方、レムリアとアトランティスまでの事は私には分からないが…おそらくリラと呼ばれる者達がアトランティスをそそのかした様な気がするし、あれの手引きでエジプト時に於ける介入が行われたのでは無かろうか。確かギリシャと平行して為されたように思う。

つまるところ、私が言いたいのは闇の勢力やあらゆる陰謀・乗っ取り・支配に於ける歪んだ観念形態を地球に反映させた大元は、あの者達ということだ。

私達だけで、管理していた頃の見積りというか他の惑星に於ける標準的なデータと比較した場合、地球の進化の遅れは1.5倍程だろうか。

日本に対して、成り済ましシリウスやプレアデス、或いは近代スピリチュアルやニューエイジが元来的な信仰形態や意識の有り様を撹乱した上で、3.11が起こった現実は既に勝算がある自負心に基づいたもので、そこまで侵食し民族や血脈に於ける団結心とパワーを削いだ確信があったからに思うが… 全く想像もできないルーキーが居たわけだ(-.-)y-~

ま、そんなとこで…今プレアデスがどうこう言っている者達は、例え同じ日本の霊流・血流であっても上手く洗脳されてしまっているか、アテンに染まった者達の成れの果てである(-_-)OK?

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)