スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日月神示には十種神宝や一二三祝詞が登場することから、物部神道系の霊言に間違いないだろうことは、前記事にも書きましたね。

一二三とは、一二三と云う事ぞ、言葉ぞ、祓いぞ、ウズぞ。スサナルの仕組みぞ。成り成る言葉ぞ」

一二三祝詞(一二三祓詞)は花山天皇(968-1008年)の子孫である白川伯王家の伯家神道が採用した宮中祭祀だけで用いられた祝詞ですが、幣立神宮に阿比留草文字で書かれた一二三祝詞があることからも、その起源はかなり古いと思われる。

この一二三は卑弥呼の倭国を討伐・継承した扶余系スキタイの初期大王族の大王名の初代の倭旨(崇神天皇)、二代目の倭仁(垂仁天皇)、三代目の倭讃(景行天皇)を表してもいることから、初期大王家に繋がる祝詞、つまり、物部系祝詞であることは間違いないと思われる。
※587年に起きた物部守屋と聖徳太子の「神仏戦争(丁末の変)」はデッチ上げですが、実は百済救済見余った聖徳太子と守屋を討ったもの。守屋の死後、物部神道は衰退し、神祇は中臣氏が独占。

「無、一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、有、であるぞ。有、十、九、八、七、六、五、四、三、二、一、無、であるぞ。唱えよ。宣り上げよ。」
(月光の巻 第五帖)


110b.png

この祝詞の背景にはカバラの「生命の木」がある。「一二三四...十」とはセフィロトを表してもいますが、「十種神宝」も人体のチャクラを表し各セフィロトに対応しているのだろう。これは凡ゆる事物が「無」から「有」へと生成していく過程でもあり、更にコレを逆に辿れば消滅に至るという過程になっている。この2つの過程を繋ぐのに隠されたセフォロトが存在しますが、それを介して2つの過程は無限連鎖的なサイクル化する。

この「22」個のサイクルが「ニニ(不二)」と呼ばれるものであり、「十種神宝」を振って祝詞を唱えると死者を蘇らせる「穢土転生」的な効果があるとされた理由なのだろう。また、賀茂神社にパクられた籠神社の「藤(不死)祭」の型でもあり、大魔神コード「22」として現れるもの。で、このサイクルから抜け出すのが解脱とか覚醒と呼ばれるのでしょう。

「世界平和と申しているが、神に還って、神に通じねば和平なく、よろこびないぞ。十二の玉を十まで生んで、後二つ残してあるぞ。」
(秋の巻 第二十一帖)


そして、残りの2つの玉をカバラの「生命の木」で示すと、「王冠(ケテル)」の上位に位置する「アイン・ソフ(無限)00」「アイン・ソフ・オウル(無限光)000」ではないかと睨んでいるのだが、、、、これが地神顕現(△)の後に天神顕現(▽)して一体化してスサナル(✡)となることであり、これがカバラでいうところの「アイン(無)0」。

はそれぞれ聖書黙示録に示される「地の釜から湧き出て来るイナゴの顔をした兵士たち=地涌の菩薩=アルザル」と「天空を飛翔する町エノク(新エルサレム)」のことなるのではないかと睨む。

この2つの「サンドイッチ!」状態によって新世界が開闢する。

カバラオコツト
(上三角△=アイン・ソフ・オウル「000」と下三角▽=アイン・ソフ「00」)

さてさて、日月神示の「日」と「月」の時を重ねると「目」という字になりますが、日月神示の別名「一二三(ひふみ)神示」の「一二三」を重ねると、これもまた「目」という字になるのです。

目

日月の神には何か「目」に関する神が関係していそうな感じがします。

目
(ホルスの目)

1つはメーソンシンボルでもある「ホルスの目」、別名「プロビデンスの目」とも呼ばる左目ですが、「ラー(マルドック)」の目とも呼ばれる。初期には「ウアジェトの目」「月の目」とも言われ、ホルスが父オシリスの敵セトを討つ時に奪われた左目のことである。この左目は月からの監視者「イギギ」や堕天使集団「グリゴリ」を暗喩するものでもあると睨む。で、この失った左目という構造はアニメ『NARUTO』では「うちはオビト」として表現されている。
※うちはオビトは、うちはマダラが提唱した瞳術「無限月読」で人類全体を幻術下に置き、争いを根絶する「月の目」計画に賛同して計画推進しているが、この「月の目」とは「ウアジェトの目=ホルスの目」であり、ここからヒントを得たと睨む。

古代エジプトのホルス神はハヤブサの頭部を持つ「太陽と天空の神」ですが、右目は太陽、左目は月を象徴していた。日本神話では左目から天照、右目から月読が生まれたとされており、丁度、真逆になっていますが、何か関係あるのかもしれませんねぇ。

それ以外にも「目」に関係していそうなのが、、、聖櫃(アーク)です。

飛鳥昭雄先生によれば、アークに臨在する目は「右目」なのだとか、、、ちなみに、映画『インディ・ジョーンズ 失われたアーク』の主人公インディアナ・ジョーンズはクリスタル・スカルの王国以降は右目を失い、老インディは右目に黒い眼帯をしている姿で描かれている。

アーク
(この三角形に目が臨在していた?)

十戒石板を収めていた契約の箱、聖櫃(アーク)は2つのケルビムが付いた「贖いの蓋」からなる木製の箱ですが、このケルビムと翼と蓋で構成させる三角形に「目」が臨在していたという。これが「栄光(グローリー)」。漢字の「箱」という字はこの2つのケルビム(ケケ)と「目」と「木(木製)」で構成される字であり、聖櫃(アーク)そのものを表した漢字だとも云われる。また、聖櫃(アーク)は「アローン=ハッコーデシュ」といいますが「箱」の読みの起源っぽい。

レビ族と目される忌部氏を率いた天太玉命(倭得玉)が神祇氏族・尾張氏へとなっていきますが、百済系の応神天皇(倭武)暗殺失敗から神祇は傍系の物部氏に継承された。継承した物部氏の祖が物部目です。系図には「目」は2人存在することから、物部氏は「目」、つまり聖櫃(アーク)に関する何らかの神祇をしていたのではなかと睨んでいる。
※天香久山で鹿の焼く香りを捧げる時に祭壇に置かれていたのかもしれない。

物部氏の「モノ」とは「モノ申す(奏上する)」から来ていて、決して「モノノフ=武者」から来ているのではない。神祇氏族であるから物氏であり、更に警察業務も兼ねていたから「物部=モノノフ=武者」となっただけのこと。
※神のお告げを受けて40年ぶりにエジプトに帰ったモーゼは、イスラエル人の解放を申し出てファラオと交渉するが、ファラオが応じないと見るや、モーセの
の杖でヤハウェに命じ天災地変や疫病の災禍をもたらした。このファラオにモノ申したモーセが「モノ」の起源だともいわれる。


この「モノ」は「目は口ほどにモノを言い」の「モノ」でもありますが、聖櫃の「贖い蓋」とケルビムの翼が構成する三角形の中に臨在する「目」が何らかの言葉を発していたのかもしれない。

ただ、聖櫃(アーク)の神(ヤハウェ)、イルミナティ・シンボルのホルスの左目、日月の神が同じ存在だという証拠は何もないのだが、、、

ヒトには右目左目の2つの目がありますが、うちはオビトとはたけカカシの時空間瞳術「神威」の時空間が繋がっているのと同じように、ヤハウェと日月の神は互いが裏で繋がってはいるが、表面上はそれぞれ異なる性質を持つ神なのかもしれません。それが先に述べたエジプト神話と日本神話の目の対称性ですが、これはアメン神とアテン神の対立でもあり、エンキとエンリル、知恵の木と生命の木の関係と同じでもある。

Tobi___Kakashi_by_Yarite.jpg
(うちはオビトとはたけカカシ)

アニメ『NARUTO』では、開眼した万華鏡写輪眼の右目、左目にそれぞれ別々の瞳術が宿ると、両眼を使った複合瞳術「スサノオ」が発動出来るようになるとされていますが、実はコレと同じで、異なる性質を持つ神(左目・右目)が止揚して完成体スサノオ=スサナル大神が誕生するという展開になるのかもしれません(爆)。

だからこそ、日月神示は「悪を抱き参らせよ」とか、「ミロクの世はイシヤとメシヤが手を組むときに完成する」と云っているのだろう。

これは究極的には、知恵の木(アメン神=蛇神=エンキ・マルドック勢力)と生命の木(アテン神=牛神=エンリル・ニヌルタ勢力)が揃うことで「エデンの園=みろくの世」の顕現へとなっていくのだろうか?
スポンサーサイト

Comments

No title

「十」を「10」と読むと無限ループになる気がします。
「十」で「たり」だと感じます。

出エジプト

の時代に消された4ファラオの中に「眼」があるだろがwww
第18王朝末期の怨念が「666」で全部足したら?
創作された民族と神話に翻弄され、洗脳されて何も見えてない?

No title

ヤッズさんナルト好きっすね~~~(笑)

No title

「1・2・3・・・・」といえば、JOJOの第六部のラスボスであるプッチ神父も素数を数えることこそが、祈りだと言っていましたね。
神父は「相手のスタンド能力をDVDに代えて抜き出す」ホワイトスネーク(蛇!)の使い手。
最終的に、自らのスタンドを「捨てさる覚悟」により、新しいスタンドーー「宇宙を一巡させる」メイド・イン・ヘブンの能力を会得し、JOJO世界をアセンションさせたようなキャラですが、ここにもまたヤッズ説と何かしらの共鳴を感じますね~。
ちなみにナルトの作者はJOJOの大ファンでもあります。
恐らくですが、JOJO第七部のジャイロが使う鉄球は、ナルトの螺旋丸からヒントを得たのでしょう。

また1・2・3といえばプレイステーションの発売日でもありますが、来月22日はまさに旧暦12月3日・・・。
ここにも「22」と「1・2・3」の暗合が共鳴してますね。

あと、メタルギアソリッド5の主人公スネーク(蛇!)が右目に眼帯をしてますよね。
あれ、今まで左に眼帯だったんですよ。
三作目で左目を失明しちゃってますんで、急に右に入れ替わってるのが謎とされていますね。

No title

すいません「左目眼帯→右目眼帯」は「4→5」でしたね。
オールドスネークの時系列からしたら右目眼帯であってました。
ただ、5のスネークは角が生えてるんですよね・・・。
角といえばモーセ。
そして賀茂建角身も連想させますが、ところで天太玉ってスサノオ?

煩悩くんを見込んで…

所見を聞きたいのです。
今…アメン神とアテン神についてジャッジしかねる時点に差し掛かっていて、その背景に今で言うところのシリウス・アンドロメダからの来訪者とプレアデスなどとハッキリ出自のわからない者で色んな名前でチャネリング情報を流しながら洗脳というか、日本のサイキックの脳や頭の周りに靄をかけたりして惑わせ続けている者達が目障りなのだが…

一説によると、大国主などはアテンの流れだと言われている。が、それでは霊的に納得のいかない面が出てきて果たしてあの説が私の敵とする者達…実際的な背景は長くなるので省かせてもらいますが、アテン→プレアデス→グレイ→月のハイブリッド が現在ネット上で感受性の強いものをたぶらかして国力を低下させ、まとまりのない日本を現出させている訳で…

つまり、聞きたいのは日本の神道の源流は原初のアメン神か18王朝の半ばに乗っ取りによって展開したアテン神か、どちらなのかと言うところでその結論いかんによって、今後の体勢や攻略方法を考えないといけない時点にあるのです。そして地球上で大抵の乗っ取りや侵略或いは成り済ましによって勢力を拡大してきた者たちの背後には奴等がいた訳で、スピ界隈での手先は、船井のタコ坊主、中丸薫、ロケットバカなどが挙げられ、シェルダン某やマシュー君等々同じ目的で日本を侵食してきました。
ちょっと情報量が多すぎて、まとまりのないような文章になって悪いのですが…可能性としてそれがあるとするなら、煩悩くんはどうだと思いますか?直感的に。

大切な事なのです。是非とも回答の方をお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

自解

前回記事の「、」がつくとスサノオうんぬんの一文より
思わぬ天恵を得ましたが、見事に真実をこの手に掴むことができました。

また今回の記事を改めて読みなおしたところ、新たな天恵が!
宇豆比古こと椎根津彦の正体が判明しました。
すべて繋がってるんですよ。

孝霊天皇前後はさらに掘り下げてみようかと思います。
ヤッズさんの記事は霊感を得て書かれているだけに、
見るものにも霊感を促進させる効果があり素晴らしいと思います(^_^)b

ま、本当かは知りませんけどw

では…

ラムセス2世の転生者として、問いますが… 日本書記・古事記ではラムセス2世は何という名前で登場していますか?

あと、日本書記等々の編纂に私は関わっているか否かジャッジしてください。ヨロピクф

リアルを手に入れるんだ!

ブログタイトル通りヤッズ氏自身は煩悩全開の(良い意味で)凡人だが、コメント欄は社会不適合者とリタイア組が多い。
ガチのメンヘルへの最善の対処法、それは一切関わらないこと。これ豆な。

No title

そういう意味ではヤッズさんは心ならずも罪つくりといえますね。
 変換人だからこそ、自由勝手気ままに妄想を広げて「楽しむ」ことが
できるんですがねぇ。
そこの微妙さを閲覧者全てがわかっているとは限らんもんねぇ。。。

まぁフツーの人は物事を小難しく考えるのやめて、ダラッと日常を生きるのがよろしいよ。
(前も書いたけどね)

感想

今回のテーマ文章、
いま、わたしのつくってる形而上的なvisual image書に、ものすごく役立ちました。感謝です。
このラインでいっぱ書いてくださいまし。
こういうのはヤッズさんしか書けない。ヤッズさんは去年のスランプと壁を、乗り越えた、というか、壁に当たることをやめて、開けたのかな?(^O^)
ナイス。

Re: 煩悩くんを見込んで…

コメントありがとうございます!

> 今…アメン神とアテン神についてジャッジしかねる時点に差し掛かっていて、その背景に今で言うところのシリウス・アンドロメダからの来訪者とプレアデスなどとハッキリ出自のわからない者で色んな名前で...
> 大切な事なのです。是非とも回答の方をお願いします。

このアメンとアテンの戦いがイエズス会と日本の戦いだと睨んでいますが、いろんな箇所で捻れ(成り済まし?)があって、イマイチ明確に区分けできない状態。いろいろ洞察していますが、今までの記事に書いたぐらいしか分かっていませんねぇ

あと、ラムセス2世が古事記の誰?という質問に対しては、オイラも分からない。それらしい可能性のある場合は過去記事で触れていますが、今のところ、そのようなこと無かった。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。