スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不比等の歴史歪曲

語り部のいう内容から、初期大王家(扶余系スキタイ、ガド族)、後期大王家(烏桓系百済、エフライム族)、出雲王朝(エドム人)の家系図を作っていました。

【三輪氏】【物部氏】【海部氏】【度会氏】【宗形氏】【難波氏】【橘氏】【弓削氏】【守屋氏】【賀茂氏】【大伴氏】【葛城氏】【秦氏】【出雲氏】...等の古代豪族がこの血流から次々と出てきているのがよく分かります。最初からこれを作っておくべきだったな(汗)。

まぁ、これで今まで以上に語り部のいう内容がスッキリ理解出来てきた。

語り部が「天武天皇、天智天皇、藤原不比等の三人は同母異父兄弟」というもの納得です。つまり、この三人を生んだのが、倭佐冨サトミ(別名:宝)であり、後の皇極天皇。

皇極天皇は、漢皇子、天智天皇、間人皇女、天武天皇の順に四人を産んだとされるが、実はもう一人生んでいた。それが藤原不比等というわけです。

倭旨(金首露、扶余依羅)から始まる初期大王家の流れにあって、途中、倭明(用明)から倭峻(崇峻)の暗殺崩御から弟の倭孝(孝徳)が即位するのですが、この倭孝の子が鏡王(有馬王)と鏡女王(佐富、宝、皇極天皇)なのです。

はじめ宝女王・佐冨は、倭聖(高向王、聖徳太子モデル)の后となって漢皇子を生むのですが、天智と天武の年齢問題(弟とされる天武の方が年上)からみて、漢皇子とは倭建(大海人皇子、天武天皇)だとみて間違いなさそうです。
※これで皇極の生んだのは、不比等を含めて四人となる。

その後、景教を奉じ人民に大人気だった倭聖は、仏教を推す百済系大王族の倭舒(舒明天皇)と争いとなった結果、敗れて幽閉中に毒殺され、后の佐冨は奪われてしまった。倭舒は佐冨と同衾することで大王になる資格が出来、即位することが出来たのですが、この時に生まれたのが倭友(中大兄皇子、天智天皇)。

その天智天皇は、百済王子の豊璋こと中臣鎌足と談山神社の山中で密議をして、倭建を大王に推す鞍作毛人(蘇我入鹿)を道端で暗殺。その後、鎌足に自分の妃を下賜していますが、この妃は天智天皇の子を宿していて孕んでいたと云われ、生まれたのが藤原不比等です。で、問題はこの妃の名が「鏡女王」であり、つまり、倭佐冨サトミという自らを生んだ母親なのです。

天智天皇には同母妹の「間人皇女」との近親相姦の噂もありますが、これはそれ以上の事だす。語り部が「衝撃の事実!!!」として打ち明けるわけですね。
※当時は異母姉妹との同衾も結婚はOKだったが、同母姉妹とだけはタブー。一夫多妻制の通い婚下では異母姉妹との結婚も痛恨も防げるものではない。同様な同母妹との相姦は小野大樹と妹・小島子の間に出来た小野妹子がある。

この理由として、天智天皇は皇太子に就きながらも長い間、即位出来なかったといいますが、この焦りが、父・倭舒がそうしたように初期大王家の血統者と同衾することで大王になる資格を得ようしたのではなかったか? それ以上に本当は皇太子ですら無かったのかもしれないとオイラは睨む。

記紀に記される一般に知られる天皇の在位期間は下記のようになっている。

用明天皇・・・585年10月3日? - 587年5月21日?
崇峻天皇・・・587年9月9日? - 592年12月12日
推古天皇・・・593年1月15日 - 628年4月15日
舒明天皇・・・629年2月2日 - 641年11月17日
皇極天皇・・・642年2月19日 - 645年7月12日

孝徳天皇・・・645年7月12日 - 654年11月24日
斉明天皇・・・655年2月14日 - 661年8月24日(皇極の重祚)
天智天皇・・・668年2月20日 - 672年1月7日


この時期は女帝が集中しています。

しかし、大王の資格継承の為に「中継ぎの巫女」を立てるのなら、この順番はおかしい。しかも、一度皇位を禅譲してしまった皇極天皇の重祚(再び即位すること)は有り得ない。斉明天皇とは実は「額田王女(倭道子)」のことであり、更に聖徳太子は推古天皇の摂政となったが通説だが、当時、摂政という役職はなく倭聖の後に推古天皇即位だと語り部は言っているが、オイラもそう思う。

で、本当の即位の順番はこうだろう。

用明天皇(竹内宿禰)
崇峻天皇(用明の子)
倭聖(崇峻の子、高向王、聖徳太子モデル)
推古天皇(倭錦代、聖の姉)
孝徳天皇(用明の子、芽ヌ王、田目王)
皇極天皇(佐冨、鏡王女、孝徳の娘)
舒明天皇
斉明天皇(倭道子、額田王女、孝徳の孫)
天智天皇(舒明の子)


倭聖を省き、舒明と孝徳が逆になっている。

古事記、日本書紀は、このように原形を留めないほどに歴史を歪曲改竄してしまったので、ここから日本歴史の本当の骨格すら作ることが出来ない。不比等に関しては異名を辿ることで母子の近親相姦で産まれたと判明するようにボヤかされて記されているのです。藤原家が天皇家を凌ぐ皇統の血の濃さを誇れる理由でもある。

藤原不比等、いい仕事してますな~(苦笑)。

系図
(記紀では推古天皇が聖徳太子の「叔母」とされているが、語り部は「姉」だという)

用明の決断で上宮という正統が並立した為、あくまで百済系は婿配偶者としての男王という扱いで、大王位に就けるのも一代限りの特例であり、舒明天皇が崩御すれば再び初期大王家血筋の斉明天皇に皇位は戻ってしまっている。これを隠す為に皇極天皇の「重祚」という「まやかし」を使ったのだ。これが舒明天皇の継承者の中大兄王子が皇太子であったにも関わらず、舒明崩御後もなかなか天皇に即位出来なかった理由なのであろう。

天智天皇の御世、大海人皇子(天武天皇)が皇太子(弟なので皇太弟)になるが数年後に辞している。普通は子の大友皇子が皇太子になるものなのだが、、、、それが出来ない理由があったのだろう。やはり、天智も初期大王家の血筋ではない為、婿としての「男王」という一代限りの大王位だったからではなかろうか。

ただオイラが不思議に思うのは、倭聖のことは無かったことにして大幅に歴史的事実を歪曲したにも関わらず、上宮(初期大王家)の天武天皇の事跡や百済系にとっては負け戦である壬申の乱の内容を削除・改竄しなかった点。どうみてもい百済系天皇の桓武天皇には面白い内容ではない筈なのですが、、、、、「大化の改新」の捏造(実際は壬申の乱後の天武の大宝律令の公布の事跡)ぐらいでお茶を濁している。

いづれにしても、中継ぎの巫女として立てられた宝女王(佐冨)や額田王女(倭道子)もそうなのですが、皇位継承の用が済んだら臣下の中臣鎌足や藤原大嶋に下賜されている。なんか哀れでかわいそうに思えてくる。更に、敵対する者の間で「中継ぎの巫女」取得の争いが激しくなり、内戦にまで発展していることから、こういった女系天皇制は争いの元になる点から、この国の皇統継承ではタブーになったのだろう。
※佐冨(宝女王)の最後は、天智(倭友)が土佐の朝倉橘広庭宮(背後に赤鬼山)で近侍の70人とともに毒殺。最後まで佐冨が百済救済に反対したからだという。

石舞台
(明日香の石舞台古墳、、、一般には蘇我馬子の古墳として知られていますが、語り部は天智天皇の墳墓だという。石室が露出しているのは反対を押切り強行した白村江の戦いに負けた故に古墳が暴かれた。地元には天智天皇古墳という伝承がある。鬼畜には相応しいのかもしれない。三河行幸で天武御落胤狩りを楽しんだ広野媛【持統天皇】なので、この娘にしてこの父ありということか。)
スポンサーサイト

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

語り部もあなたもでたらめを語っています。
天智天皇=新羅王武烈。 
キムユシン=カクムソウ=藤原鎌足

藤原鎌足と鏡姫が婚姻して生まれたのが額田王=間人皇后=蘇我氏の棟梁の君臨太政天皇。
鏡姫とは斉明太政天皇のこと。
 
皇極天皇の三男が孝徳天皇でこれがイザナギ。イザナミは額田王。
この二人の婚姻が大化の改新のこと。
しかし、 
皇極の長男だが、王位を与えられずに謀反を起こし皇極を殺害したのがのちに天武天皇とよばれたイリカスミのこと、大海人皇子、淵蓋蘇文とも。
この謀反によって、大化の改新と呼ばれた倭国と蘇我氏との間にできた新政権国家「大倭国」は解消された。
そして、新羅の武烈王と鎌足が盟約を結び、新羅と亡命百済と鎌足の血脈たちとで、新生「日本国」が成立した。

藤原不比等は鎌足と斉明太政天皇との子。天智天皇と鏡姫の子ではない。
わが日本国の礎は新羅の天智天皇と藤原の鎌足が築いた。鎌足は北イスラエル王家の王でもあった。これがエフライム。

鏡姫、額田王が蘇我氏。イエスの血脈。

広飲み屋ごときが本物の皇統であるはずがない。
おおきな間違いである。

ほんもの皇統は聖武天皇の遺言による家系である。聖武天皇は藤原仲麻呂の謀反により、隠岐の島流罪後そこで死没。
 
聖武天皇こそ国父である。国母はその恋人の持統天皇のことである。
宮島の厳島神社の祖神は聖武天皇と持統天皇である。しかしこれは建前で、実際の国母は藤原宮子とすべきである。なぜなら聖武天皇と藤原宮子との間にできた石川広成、広世の双子の兄弟のうち謀殺を免れた広世の血脈が本物の皇統であるからだ。今日本に実在する。
某日本史掲示板できちんと勉強してください。語り部は魔物の勢力に属しているかもしれませんよ。でたらめが酷い。

見たことも無いのに、正解もデタラメもありません。
現在の事ですら分からんのに。

全然見当違いの事だったらすみません

「階伯(ケベク)」という韓国ドラマを観ていたら、カマクチェ村という村が出てくるのですが「かまくら」と音が似ているので、東北の「カマクラ」や「鎌倉」の語源になったのでは…とふと思いました。違うかな?

後、「朱蒙(チュモン)」という韓国ドラマでは高句麗建国の時の旗印が「三本足のカラス」なんですね。そして3種の神器をもって即位するシーンなんかもあっていろいろ考えさせられます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

聖武天皇の母である藤原宮子は、
ご紹介の系図では天武天皇のご落胤となっていますが、
藤原宮子は正史どおり平民の出というのが正しいと思います。

同時代の光明皇后の父は利修仙人という説があります。
利修仙人は役行者の兄弟で、朝鮮半島と縁がある仙人です。

名無しさ~ん♪

コメントありがとうございます!

> 聖武天皇の母である藤原宮子は、
> ご紹介の系図では天武天皇のご落胤となっていますが、
> 藤原宮子は正史どおり平民の出というのが正しいと思います。

宮子が平民ならば、藤原宮子は美智子さまの1300年前に平民出身の皇后誕生となりますね!
しかも皇族以外で初の皇后であり、また藤原氏という臣下の者の子が后になった初の事例なのです。
GHQの指導もない当時、ここまで画期的なことは起きないだろうと見ています。

藤原宮子に関する伝説として道成寺の「髪長姫」があり、

藤原宮子姫の伝説九海士の浦の漁村で生まれた宮子は、頭髪に恵まれなかった。ある日、母親が海の底から観音様を拾い願をかけると、髪が生え美しい長い黒髪になった。この黒髪を燕がくわえ、奈良の都へ飛んで行き、藤原不比等の屋敷に巣を造った。この髪を見た不比等が宮子を探し、養女に迎え、文武天皇に嫁がせた。

■道成寺の「髪長姫」
http://www.dojoji.com/miyako/index.html
■蓬莱山(煩フル記事)
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-1547.html

この髪が無い=尼=アマ=海人=大海人皇子で、天武御落胤と考えています。

うちの実家…

私が長男なんだけど、女方の宮子って名前だけ隔世で襲名してきたみたいだよ。

それに気づいたのは、私だけ。他の継母やその子供達には一切投げ掛けられなかった家系の謎なんだ…。都落ちってのは、本筋の霊統の力を分散させてその時代の為政者に都合の良い組織や家筋を作り上げる行程で被害にあった者の事かな?

この前、年末に英霊祭のようなものがあって私は知らなかったのだけど神風隊の霊達が家に来て騒がしく何かを要求しているようだったので、宇宙のこっくり亭のコメント欄で人員を募集して黙して語らずの協力者と共に、靖国神社にエネルギーを降ろしたら例年だと20~30万人の初詣が250万人に増えて、零戦を題材にした映画の来客数も250万人を数えとてつもない収益を上げた事実があるけど…残念ながら安倍さんがお参りしたからそうなったのではない。

更に、今回の都知事選における細川陣営をケツ持ちしてやろうかと思っただけで怯える者達がいるのも面白いところだが…少しでも先伸ばししたい何かがあるようなので、止めておいてあげることにしたんだ。でも、大きな結果は変わらないけど…それで日本に住む人で助かる人がいるなら、どちらでもよい範疇ってあるから(^-^)

戦うのは嫌いじゃないけど、皆が幸せになる方が多分好きだよ♪

何か繋がったことある?

ちなみに、ラムセス2世の前はアメンヘテプ3世だったからアテンの下僕の愚かさを充分知っていて、それ故に本能的に受け付けないものがある。

あと、どうせ捨てることになるかも知れないけどエイブラハムの本は、ソフトバンクから出てるから邪気を放つよ。買うときだけは良い波動でアピールしてくるけど、置いといたら沸いてくるものがあるので速攻でゴミ箱行き~の、月曜日に出し~の結末(-_-)

孫正義は、まだ日本にいますか。震災後やかましい程に日本から出ていけとヤフーで騒いだ理由は当人が一番知ってる。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。