FEMA始動!?

さぁ、今日27日から暗黒の3日間が始まるわけだが、その気配は一向にない(爆)。

あの情報はオイラが看破したようにガセ確定だったすな。ただ、オイラは有給をとってしまっただすが、、、(滝汗)。これは単なる偶然だす~。

さてさて、コメントで教えて貰ったあるビデオ動画によると、、、
(紹介ありがとうございます!)

不動産王で有名なドナルド・トランプ氏は、現在、金融危機でカジノリゾート事業の破産、シカゴ、ラスベガスのトランプタワーでの債務未払いトラブルで窮地に追い込まれ、アチコチで訴えたり訴えられたりしていますが、フォックス・ニュースで「10月の第一週目に何かとてつもないことが起きようとしている。」と語ったという。ただ彼が述べているのは経済に関してだけのことかもしれない。もし、それがQE3(量的金融緩和第3弾)のことならば、窮地に陥っているトランプ氏にとって歓迎こそすれ怖れる理由はないのだが、、、

また米国は10月10日頃に債務不履行(デフォルト)に陥る可能性があると米国政府幹部が指摘しており、この2日後の10月12日には「新ドル札切替」だとも噂されている。まさに旧歴9月8日(新暦10月12日)に相応しい「とどめの日」的な内容ではある。

これが「1010(トート)」という頻繁に起きたシンクロの正体だったのか?
※世界の覇権争いが10月から重要な局面に突入し、バラク・オバマやジョージ・ソロス、アラン・グリーンスパン、ブッシュ一族…等々が名を連ねるサバタイ派マフィアら幹部を含む約4万人が世界各地で逮捕される見込みという話もあるが、、、情報戦なので何が正しい情報かの見極めは困難。

しかし、ソングスタッド上院議員も同様に「9月25日から10月末までに何か大きなことが起きようとしている。」と警告していて、これから何か暗雲が立ちはだかるようなことを仄めかしているのです。しかも、それがFEMAキャンプ(強制収容所)と連動していて、単に新札切替だけという展開ではなさそうなのです。

動画はソングスタッド上院議員が暴露した内容であり、米国ではかなり話題になっているという。オイラはこの動画内容を要約して時系列に並べ直して下記に記してみたが、ここから何か見えてくるかもしれない。

【1年前】
DHS(アメリカ合衆国国土安全保障省)は10数億個の銃弾や大量の兵器、武装車両、無人機を調達

【7月】
・7月第四週から、米本土で9週間にわたる国連平和維持軍による軍事訓練開始。
(目的:市街戦準備と英米の兵器システムの使いこなし)

【9月】
・9月25日~10月2日、米緊急放送システムのテスト(毎日実施)

・9月26日から東海岸の沿岸警備隊はメキシコ湾、バージニア、デラウェアで10日間の大規模集団訓練

・9月27日まで北東部沿岸地域の市民暴動に対応するNORCOMM軍事演習(延長)

・9月28日~11月5日まで米軍は国内待機命令

・9月28日までにDHS全職員は手投げ弾、ショットガン、AR15の使い方を熟知指令

・9月29日、GPSと通信衛星(CS)の初の合同テスト実施

・9月末までにアメリカ全土300の学校組織は各学校、各生徒に3日間分の防災キットを準備

・9月末にアメリカ全土の国家警備隊の市民暴動統制/災害救助訓練が終了

【10月】
・10月1日までに大量の抗生物質・非常用飲料水・非常食をリージョンⅢのFEMA収容所に搬入
非常水
(米国の非常用飲料水はアルミフィルムパックなんだな)

非常食
(非常食)

・10月1日までに極度の気象変動時の大都市圏コミュニティーへのサポート体制の整備をオバマ大統領が指示

・10月1日までに2800台のMRAP級装甲車がDHSに搬入
※MRAP・・・軽装甲車輌がゲリラの標的となり、即製爆発装置(IED)や路肩爆弾などから後方施設の兵士のパトロール等の移動時を守る為に開発された耐地雷・伏撃防護車両。

MARP.png
(車高が4m以上もある巨大な車両MRAP)

・10月1日までにMERSコロナウイルスのワクチン準備をWHOの2回目の緊急会議で決定
※MERSコロナウイルス・・・2012年にイギリスロンドンで確認されたSARS(重症急性呼吸器症候)ウイルスに似た新型のコロナウイルス(ベータ型)。肺炎が主症状で死亡率が50%前後と非常に高い。感染確認地域はサウジアラビアをトップにヨルダン、チュニジア、カタール、UAE...等、中東主体で発生している為に「中東呼吸器症候群(Middle East respiratory syndrome=MERS)」と呼ばれる。SARSの場合、当初数人の患者報告だったが約2カ月で一気に広がり、約8000人が感染し774人が死亡。その後、何故か沈静化しているが、、、

・10月16日にQE3を実施
※QE3・・・FRB(連邦準備銀行)の量的金融緩和政策の第3弾。金利の引き下げではなく中央銀行の当座預金残高量を拡大させ、市中銀行への融資貸出量を多くして市中のマネーサプライを増やし金融暖和を図る。


いよいよFEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)が動き出したようだすな。

とはいっても、まだ非常食...等の部材搬入・訓練に留まっているが、今、何かが始まろうとしていることだけは確かそうだ。ちなみに、FEMAリージョンⅢとはワシントンD.Cのあるフィラデルフィア地区のこと。理由は明らかにされていないが、今、ここに集中的に災害準備が進められている。

figure2_1.gif
(Ⅰはボストン地区、Ⅱはニューヨーク地区)

ちなみに、FEMAはDHS(アメリカ合衆国国土安全保障省)の傘下の一部局。DHSはテロリスト攻撃と自然災害から国土の安全を守るために2002年11月に設立された機関で米国行政機関の内、国防省、退役軍人省に次ぐ3番目に巨大な省で20万人以上の職員を有する巨大組織。FEMAは主に連邦機関、州政府...等の地元機関との調整が業務。

動画内容は緊急放送、市民暴動、略奪、ウィルス感染、飢餓、、、非常に物々しい感じだすが、FEMAキャンプのトレーラーやプラスティック製棺桶などはもう何年も前から準備されており、内戦準備ではなさそうです。また宇宙人との戦いやテロを警戒しているようにも見えない。

あくまで極度の気象変動で起きること、、、例えば、暴動や飢餓に対しての備えという感じです。米国の場合、銃所持の国というのもあるが、停電が発生すると治安が乱れて街のショーウィンドゥが割られるは、、、略奪が多数発生する。生半可な危機管理ではダメなのだす。これは自然災害によって長期間の停電を想定した対応のように見える。

となれば、、やはりキルショットなのか?

KILLSHOT.jpg
(キルショット波動砲)

太陽は約11年周期でポールシフトが起き磁極が逆転しますが、今年10~11月頃に陽の磁極が180度逆転すると云われている。しかも今太陽は4極磁場構造と複雑になっているので、どう反転するのか興味深い。磁気のリコネクト(繋ぎ直し)を大量発生させて、全球的に連続的なフレア爆発を誘発するのではないかとオイラ派は睨んでいる。

つまり太陽フレア津波の連続的襲来だす。

しかし、FEMAの動きは大凡(おおよそ)の日時と場所が指定されていて、それに向かって準備している感じで違和感がある。キルショットの場合、いつ起きるか、どの方向にCMEが発射されるか、地球上のどの地区が被弾するのかは確定していません。果たしてそのようなアヤフヤな情報を基に、リージョンⅢ地区への防災準備という莫大な資金投入などするだろうか? もっと確度の高い情報による準備である筈だ。
※リージョンⅢ地区だけが準備されたのではなく、他地区も同様なのかもしれない。単にリージョンⅢ地区の動きだけがリークされたのだろう。

正確な場所と日時を刻むもの、、、

そ、そうか! この時を刻むが如き正確さは天体の運行に関することだ!

これは多分、アイソン彗星に違いない(ふふふふ)。

その線で調べてみると、、、

ISON彗星が太陽をスイングバイして過ぎ去った後、彗星残滓が宇宙空間に「航跡」のように残りますが、これにリージョンⅢ地区が当たるのだという。その後、ロッキー山脈を越えて西海岸に至り、日本の場合は北海道の北側を掠める。しかし、地球へ影響のあるのは「残滓航跡(デブリトレイル)」と地球大気が接触した時だけに限られる。それがリージョンⅢ地区というわけです。

ISON PASS

しかし、デブトレ接触は2014年1月18日頃

米国の危機発生は確か10月だった筈だが、、、これではチト遅すぎだす。遅くとも10月末、11月初めには何か起きなくてはソングスタッド上院議員やトランプ氏のいう内容と辻褄が合わない。

太陽スイングバイした時、逆噴射状に太陽風に流され地球側に向かってくる彗星残滓との接触はどうか? これは少し日時が約1ヶ月早くなるが(12/15頃)、地球のいる方向とは全く異なり、残滓接触しない。

逆に危機と云われる10月1日頃に何があるかと言えば、火星との最接近。また11/11には水星との最接近があるが、地球とはかなり離れていて影響はなさそうです。

ISON MARS
(10/1 火星と接近)

ISON 02
(11/11 水星と接近)

う~む、DHSはサバを読んでいるのか?

10月といいながら、本当の危機は年を越した1月だったりとか、、、確かに「準備完了 → 即、危機到来」では少し性急過ぎる。やはり2ヶ月ぐらいの余裕を見るのが適当だろう。実際、それ以前にこのFEMA準備の暴露内容自体がソングスタッド上院議員がメールを受け取って発表したものであり、実はこれは当局側のリークという線もアリエールのです。この行為は当局側の追求逃れであり、10月までに準備というのは単にISON彗星が目視確認可能な頃、あるいは火星軌道内に突入日を目標として選ばれただけに過ぎないのかもしれない。

しかし、24日のパキスタン南西部地震(M7.7)、25日のペルー南部地震(M7.0)が発生したように、9月末から地球地殻は急速に動き出している感がある。パキスタンのように一夜で隆起して大きな島が出来てしまうなど、地殻の変動が起きているという証左。この点から見れば「米国の9月25日~10月末までに何か起きようとしている」というのはサバではなくマジなのかもしれない。

でもISON彗星のデブトレはまだ先で、今回の地震の原因ではなない。あくまで最後に起きるクライマックスの出来事がリージョンⅢ地区のデブトレ接触。

う~む、今起きている地殻変動の原因は一体、何なのだぁーーーーっ!

エレニン彗星の時のように彗星来訪と地震発生には何か関係があるのかもしれない。エレニン彗星・太陽・地球が一直線に並んだ時に3.11が起き、また2010年2月27日のチリ地震のときも同様に一直線になっていた。これは占星術上のコンジャンクション(会合)のタイミングを狙って起こされたて人工地震なのかもしれないが、そう考えた場合でも何らかの指標にはなるだろう。ただ、今回のISON彗星(核の大きさ3~5Km程度)の場合、彗星-太陽-地球が一直線に並ぶことは起きていないし、来年2014年1月6日に木星-ISON-地球-金星-太陽の5直列がある程度。
※ISON彗星は黄道面に対し浅い角度で交差しているので、厳密には一直線にはならない。

一説にはISON彗星は3機の葉巻型UFOで構成されているとか、、、しかも、そのUFOは「宇宙連合」の所属で30の人種から成る5000人の乗組員を乗せていてファーストコンタクト用に使われるとか、、、(汗)

ISON 03
(画像解析すると3機のUFO(?)が出てくる)

でも、それは絶対にない(爆)

あれは核と太陽風が衝突して、核の塊のうち輝度の高い箇所が棒状に見えるだけのこと。この伝でいくと、蛍光灯の棒状発光物ですら葉巻型UFOになってしまう。大体、編隊の仕方自体が変ですよね。実際にはハッブル望遠鏡が地球を周回しながら撮影した3枚の画像を重ね合わせたり、映像を撮影したという衛星名がデタラメなことやオリジナル画像情報がなくCGで作成という線で落ち着く。オイラは太陽系外宇宙の宇宙人の存在は絶対信じないだす~ぅぅぅ。(但し、地底人・太陽系内宇宙人=異次元人の存在は確信している・爆)

未だに問題の核心部分が掴めないまま、悶々とした日々を過ごしている。

現時点でのオイラの中の結論は、ISON彗星到来に伴うデブトレ災害及び太陽のポールシフトによるキルショット発生の前に慌しくデフォルトして新ドル札に切り替えてしまおうというシナリオ。切替後のドタバタは先の自然災害が無かったことにしてくれるわけだが、その行き着く先には、国内内乱(革命)を経て所有権を認めない「共産主義国」に一気に移行してしまうというシナリオが控えているのもしれない。
※これはアメリカ支配の崩壊ではあるが、この権力構造の崩壊から世界は「多極型秩序」に移行し、グローバル市場が世界を主導し、その運用の全てが民営化され「超帝国」が顕現。しかし、最終的には、その市場メカニズムも崩壊し、その後に利他主義による世界が訪れる。これが「世界政府=NWO」の究極の姿だとビルダバーグ会議の広報マンことジャック・アタリはいうが、、、

それにしても、オイラが「Q(急)」と呼ぶ期間(9/9~10/12)はマジヤバイだすな。この時は伊勢の式年遷宮が終える時でもありますが、台風18号、竜巻、福島浜通り地震、パキスタン地震、ペルー地震、阿蘇山の噴火活動活発化、初の四極磁場太陽のポールシフト、米国デフォルト(予測)、新ドル札切替(予測)、10/5の琵琶湖地震(予測)、超新星爆発(予測)、巨大地震(予測)...等、マジに様々な怒涛のイベントが「Queue(待ち行列)」状態で起きている「Quantum(切替の一定期間)」になっている。
スポンサーサイト

Comments

1010の意味が未だに分かりません(笑)
こちら側が気付けば1010の暗示も無くなると思うんですが
神話トート、銭湯、センジュ、サッカーくじtoto、トイレのTOTO、テンテン?妊娠の十月十日、イエスの十字架が2つか
それとも未来の10月10日に何かあるか・・・
それとも過去の10月10日の出来事
1010年の出来事か
ん~~~~~~( ̄~ ̄;)
あっ!
そんな事より10月上旬に仙台へ旅行に行く事になりました。
杜の都で伊達政宗の牛タン食べてきます!(笑)
何かまたシンクロなり分かる事があれば書き込みしますね。
管理人さんもファイト(p^-^)p


No title

お初です。。
いつも楽しく、拝見させてもらっております。
ところで、以前の記事で・・・

>>まぁ、神人(カミンチュ)の予言の場合、今までの傾向から「当たることは当たるが、日時は外れる」という評価なので、多分、この日には起きないだろう。

、と云うことですが、、、
比嘉さん当人は、「私は、予言者では無い。」と、断言されております。。

「私のご神示は、先に未来を見せられて…悪い未来と、良い未来を見せられますが、悪い未来を先に見せられて、それをご神事の中で形を変え、良い方向に変えて行く。」と、・・・

ただ今回、日時を指定したということは、
余程の事が起ころうとしているということです。。

現在、比嘉さんは「大難を小難に」と、事を「先送り」し、「連鎖」を食い止めるべく、東奔西走されています。。。

20130928 石川県 緊急に伝えたいこと
http://youtu.be/aycoiNGYbF0

ここでは、語られてはいませんが、
浜岡原発の地下には、核廃棄物の処理と言った名目で、、
秘密裏に使用済み核燃料棒があるそうです。

動画 ◉祈り合わせ 聖なる杖のむすびの御神事
開 始 http://youtu.be/zFkXAA2Qdmg?t=6m
御神示 http://youtu.be/zFkXAA2Qdmg?t=33m30s

宇宙人・・・実は、太古の昔に地球を離れた日本人の祖先だった。。。

「ママ〜、ちょっとやり過ぎたら壊れちゃった・・・」
「じゃ〜、宇宙でみんなで楽しくくらしましょ、」
・・・つっても、ダメって話ですね。。。

・・・でわでわ、

ちなみに、仙台です。
牛タンは「肴町公園」傍の「太助」が、んまいです。。

No title

 技術屋Bさんの地震関連ツイです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【続】尋常じゃない!無感含M2.5+発震が、また6時間以上停止!
と題しブログアップしました→http://goo.gl/SU6ahI
可能性として、10/1~2と10/4~5にそれぞれM7超発震を示唆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみにこの方はオカルト・スピ系関連の方ではありませんので・・・。

名無しさ~んへ♪

コメントありがとうございます!

> 可能性として、10/1~2と10/4~5にそれぞれM7超発震を示唆

ブログ読んでみました。
北海道東方沖、宮城沖アウター、房総沖(相模トラフ)
加えてトカラ列島、小笠原(小笠原トラフ)の東北~関東圏が候補に挙がってます。
南海ばかりに集中してましたが、コチラもヤバイですね。

発現可能性は55%とのことですが、
3.11前と同じ異常値でダブルカウント発動という部分に唖然です。

今日14:55にNY地震があったのも、まさに3.11直前と同じ状況。
う~む、「倍返し」で大地震が来そうな感じですね。

また、カミンチュのいう10/1~2(関東)とシンクロしてる点も気になります。
「1010(トート)」は10月に2回地震が起きるを暗示なのか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

昨日

TBS系列で『ノウィング』放映してましたのう…
あんまり面白くなかったけど。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宇宙人がいる事にする陰謀は宇宙人の末裔が実施

陰謀論などを勉強すると、地球には支配者がいて、何かを隠したがっている事に気づくはず。差し当たり、隠したい事と言えば、支配者と被支配者の真の歴史って所だろう。日本でも大和朝廷時代に、大規模な焚書が行われ、日本人のルーツが掻き消されてしまった。 本日の記事はやや難解なので、噛み砕ければ幸いだ。 先に結論を語っておく。宇宙人が地球にいるからこそ、宇宙人が外にいると思わせる陰謀の演出に意...