スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レプチャ族

スグに「逃げろ!」という地震警告はアレですが(笑)、、、日本軍の植民地支配政策や中国大陸での三光作戦、原発や低レベル放射線被爆の危険性を叫ぶ真実の人=東海アマ氏が頻繁にツイートしている内容に古代日本の歴史がありますが、これによると、レプチャ族が日本人の祖先だという。

「万葉集」は題名も内容もレプチャ語で解読出来るともいう。
※註 チベット語でビャン、マンは「歌」の意味。レプチャ語でヨーは「よい」「すぐれた」「りっぱな」という形容詞。シュ、シューは「集まり」「集めたもの」の名詞。つまり、万葉集とは「すぐれた歌を集めたもの」つまり名歌集の意味となるという。

う~む、レプチャ族っていったい何者?

オイラはレプチャ族とはレプタリアン(爬虫類人)のことか?と日頃から思っていた。(超爆)

repu-1.gif
(モレク=バアル神とレプタリアン)

まぁ、バアル神=蚩尤(しゆう)だとこの煩フルでは比定していますが、この蚩尤を大陸から持ち込んだのが東三川に移住してきた徐福末裔の東夷人。彼らは自らをアブラハムを祖とするという。これ故、バアル神を信仰していたフェニキア人ではないかと睨んでいるのですが、、、また、レプタリアンはバアル神の元ネタでもあり、この思いつきもあながち的外れではないのです。(ふふふふ)

アマ氏の一連のツィートによると、、、

**************************************************
■M6.9起きたシッキムは実は日本のルーツ。レプチャ人の故郷。ブータン・シッキムでは和服(呉服)着る。赤米や納豆、味噌、蒟蒻を食べる。木地屋もいる。杉の家に住み母系氏族社会、妻問い婚や夜這い、歌垣の文化、後に呉から日本へ弥生人となった。九州・瀬戸内・大阪はレプチャ族、雲南民族と同じ
※註 歌垣・・・特定の日時に若い男女が集まり、相互に求愛の歌謡を掛け合う呪的信仰に立つ習俗。「プロポーズ大作戦」や「ねるとん紅鯨団」のような集まりなのか?

■日本人の半分以上は元々中国系移民なんだよ。4000年前ブータン・シッキム地方にいたレプチャ族が日本に移動してる。レプチャの主食はインディカ餅米赤米、納豆、蒟蒻、はったい粉、大豆、醤油も 呉服こそレプチャの正体。今の蘇州が呉国、越に敗戦後、有明海に上陸したのさ

■歌垣は今でも南西諸島で普通に行われてる。宮本常一の紀行にもたくさん出てきます。レプチャの食事は納豆・蒟蒻・豆腐・炒り豆・はったい粉・そば粉、主食は赤米(赤飯)これを漆器に入れて食べる。家は杉で造る。特権階級、金持ちのいない共同体社会、みんな兄弟の世界

■東海アマは20年前から日本人とりわけ西日本弥生人は照葉樹林帯文明圏から移住した民族、呉越戦争で敗北した呉国人と。呉国はレプチャ人だった。その源流はブータンシッキム地方。呉服を着て赤米、蒟蒻、納豆、味噌を食べる人たち。漆器を生産、杉の家に住んだ。共同体生活、私有財を持たない自由性交

■日本人には韓国人の血が流れている、DNAが証明=韓国メディア http://t.co/dorN1Ojs  朝鮮半島から移住したのは弥生人ではない百済系女真族だ。天皇家の出自をごまかすために弥生人にしているだけ。弥生人は蘇州からのレプチャ族だ。民族が違うんだ

■レプチャ族の民俗がもっとも遅くまで残ったのは、白川郷と徳山郷でした。外国では雲南苗族や台湾高地族です。妻問い婚という母系氏族社会の名残があり女性のための優しい社会だった

■レプチャ族はブータン・シッキムを源流として雲南から越地方に流出、蘇州に呉という国を作った。呉服や呉音の源流だ。彼らが越に敗北し国ごと有明海に逃れたのが弥生人だ。レプチャ語には誹謗中傷表現がない。しかし械闘という習慣があり激しい氏族拮抗があった。それを手なずけたのが継体王だった

※註 械闘(かいとう)・・・中国での利害の対立する集落間または労働者集団の間で行われる武器を使った武力闘争。主に自衛の為に武器を持つ農村での集団的武力闘争を指す。この農村の団結力は余所者が農村で人を轢いても現場で車を止めてはならず、すぐに現場を離れて隣の村まで行ってから警察に電話しないと村人がワラワラ寄ってきて、轢いた人間をリンチして車をボコボコにすることに顕れている。
**************************************************

調べてみたところ、、、

どうやら東ヒマラヤ(ネパールとブータンの中間のインド北東部のシッキム州)の小さな谷に住む総人口5万人の少数民族だという。ネパール、ブータン、中国チベット自治区にも一部居住。チベット系の言語(レプチャ語)を話す北方モンゴロイドで手足は短く指も短く顔は大きい。髭は濃く体毛は薄い。一重が多く瞳の色は茶色。細身がで赤または黄の肌の色。唇は薄く口も小さい。鼻は比較的的高い。このようn外観や風俗から日本人に似ていると言われることが多い民族。ただ現在はインド人(インド・アーリア系)やネパール人との混血が多いという。

レプタリアン01レプタリアン
(レプチャ族)

確かに日本人に似てますね~。

そして、シッキム→雲南→呉→日本という流れになっていったが、その大元のレプチャの源流はブータンにこそあると東海アマ氏は力説している。

ブータン人の服を「ゴ」と言い、和服にそっくりですが、和服のことを「呉服」という語源がここにある。

ゴ
(ブータンは超親日国家)

蘇州は2500年前に呉(春秋時代 紀元前585年頃 - 紀元前473年))という国があった場所で、臥薪嘗胆という故事で有名な呉越戦争のよって「越」に敗北した呉民は船に乗って有明海に上陸し弥生人になったという。彼らが東へ東へと移動していったのは太陽が生まれる若木である扶桑樹への信仰故でしょうか?その後の秦(紀元前221年 - 紀元前206年)の時代、この扶桑信仰の元、徐福が不老不死の妙薬を得に蓬莱国に旅立った。列島での徐福国の繁栄から弥生人が徐福国のある東海三神山を目指し、更に列島東へと移動していって建国したのが邪馬台国。

『晋書』や『梁書』には「倭者、自云太伯之後。俗皆文身」と「倭人は自分たちは太伯(春秋時代の呉国の始祖)の末裔であるといい、皆が刺青している。」と書かれているように、呉人=倭人なのです。

この呉も越も「百越」で実は同じ越族。殷を倒した周の長子の末裔であるのが呉。秦の始皇帝の中国統一後は、その帝国の支配下に置かれた。越も呉も人々は頭は断髪、上半身は裸で入れ墨を施していたとういうが、髪を短く切るのは海中でウザさを避け、刺青は模様で魚を威嚇したからと言われる。そして邪馬台国の住民も同様に刺青をしていたことから、同じ文化圏に属すと思われています。

つまり、レプチャ族=呉人=蘇州人=越族=江南人=倭人=邪馬台国人=弥生人であり、彼らは苗族なのです。
※註1 厳密に言えば、呉人には3C因子がなく苗族にはある。「倭人」とは苗族から呉人に至る長江下流の広範囲に住む漢民族ではない住民を指す言葉だったようです。苗族は長江上流のチベットや下流の2方面に逃げていった。

※註2 以前は「徐福=苗族」としてしまっていましたが、「徐福=羌族=東夷人」に訂正します。この羌族はトルコ系のテュルク諸語の民族と交わり製鉄技術を習得。砂を食べ武器を産する 蚩尤(しゆう)とはこの製鉄炉のこと。九黎族→三苗族ですが羌族と交わった。言語学者の川崎真治はミャオ族神話の蚩尤の語源はウル・シュメール語で「鋳物師」を意味するシムグ/シウ/シであると指摘。また、これが扶余・高句麗神話の「朱蒙」であり、伽耶神話の首露王であり、日本神話のスサノオとイコールなのだという。蚩尤自体がメソポタミア由来の神らしいのです。


越に負けた呉の難民は徐福の山東半島の琅邪山経由で遼東半島や朝鮮北西部、海南島、九州方面の三方面に逃げた。

goetu01.jpg

勝った「越」も「漢」の武王に破れ、「呉」の後を追うように朝鮮半島に強制移住させられた。その後、朝鮮半島から日本の福井へ到来。この事跡が広島県の「呉」や、越中(福井)や越後(新潟)の「越」となって残っているとも言われる。

goetu02.jpg

これが倭人(弥生人)と呼ばれた者たちの正体で、彼らこそが長江文明の担い手であった江南人です。そして、彼らは赤い旗印で表される 蚩尤(しゆう)を崇めた為に「蚩尤民族」とも呼ばれていたが、この倭人の大量流入が倭国の大乱の真の原因。
※註 倭人に国を乗っ取られるのを危惧した縄文人(武蔵国)との武力衝突で倭国の大乱。魏の調停で一旦は収束したかに見えたが、福井からの上陸を抑える為に縄文人は武蔵国から福井に遷都し、大陸と邪馬台国を監視した。しかし、裏では武力に勝る朝鮮半島の加羅国で雇われ王をしていた扶余系王族を倭人の邪馬台国と夷人の徐福国を撃つように日本へ密かに招致し、列島の倭国化を防止したというのが語り部が語る内容。

呉服、短髪、全身刺青、、、これらは呉人(江南人)の風習ですが、、、

これが本当の江南スタイル!!

本当の江南人が多く住む日本列島においてPSYの「江南スタイル」が全く流行しないのは、江南人(倭人)は農耕に適した呉服を着ますが、乗馬に適した袴のような服は着ません。つまり、江南人の出自は騎馬民族ではなく漁猟や農耕民族なのです。ですから、乗馬ダンスを踊ること自体が怪しいと知っている。あれは「烏垣スタイル」とか「女真スタイル」というべきもの。これが流行らない真の霊的理由かもしれん(爆)。

このレプチャ族が持ち込んだのがシャーマニズム(巫女制)ですが、邪馬台国の卑弥呼がこの流れにある。しかし、父系制の騎馬民族の女真系が支配者層になるに従い、巫女制は男性神官に取って替わられていった。

今様を愛した後白河上皇は次のような歌を詠んでいる。

東には 女はなきか 男巫女
さればや 神の男には憑く

(坂東には巫女がいないのか?では神が男に憑依するのか?)


ここでいう東(あずま)とは「坂東」のことで、北関東(群馬栃木)・上越・東北のこと。似た言葉の「東国」がありますが、こちらは静岡・愛知・甲信・南関東にあたります。京では巫女とは女と決まっていますが、平氏とか源氏という烏垣(烏丸)系の武士団がひしめく坂東の地では巫女という存在がなく、男巫女(神官)に移り変わっている様がこの歌に生々しく残されているといわれる。

ただ、京都は女真系の支配者の中枢だったのに、、、何故ここに巫女が残っていたのか? 本来ならば、真っ先に京都の巫女が無くなってしかるべきなのだが、、、これは若い女性を尊ぶ縄文人(アイヌ=エドム人)が国政を実質的に見ていた為、この巫女制度が廃れなかったのだろうか? この辺はまだまだ洞察する余地がありそうです。
※註 江南人(倭人)にはヒメが聖(神祭り)を担当しヒコが俗(政治)を担当するヒメヒコ制がある。

ただ、現在まで続く支配者層を百済系とし、その発祥地を扶余国にまで繋げてしまっているのは非常に残念。確かに前半はその通りですが、百済は扶余国王族によって傀儡的に建てられた烏桓(うがん)系(烏丸)であり、扶余末裔とは違うというのが語り部に心酔するオイラの見解です。
※註 烏桓族の祖先は東胡で、鮮卑、柔然、奚、契丹は兄弟部族。また扶余の女真族は濊(わい)族の末裔。高句麗はこの扶余国の家臣・朱蒙が興した国。

ただ、東海アマ説には本当の古代史解明に絶対必要な2つのキーワード、つまり、徐福末裔の「東夷人(羌族)系」と金首露(倭旨)氏祖の列島に招聘移住してきた「加羅(新羅)系」(初期大王家)が抜けている為、残念なことに「秦氏=百済系」としてしまっている点です。まぁ、百済系支配層による改竄歴史を記された現存する日本唯一の公的歴史書である記紀にそういった記述がない以上、こうなってしまうことは仕方がないことですが、、、

記紀の中に記述される秦の始皇帝末裔で朝鮮半島から120県の人びとを引き連れて渡来した秦氏とは、この徐福と加羅系大王族の事績をマゼコゼにした記述で架空のものに過ぎないと思っている。そうまでして、百済系王朝の君臨以前に別王朝が君臨していたという事実を隠したかったのでしょう。

これらのキーワードが抜けてしまっては、鬼道や銅鐸祭祀の突然の終焉、半島の任那日本府の存在、邪馬台国から大倭への劇的変遷、また「白村江の戦い」の敗北後に国内を二分した古代最大の内乱「壬申の乱」発生経緯が全く上手く説明出来ず、お手上げ状態になるのです。

「秦氏=百済系」としてしまった為に、福井や福島を百済系の上陸地や影響地となってしまった。ここは逆に加羅(新羅)系の地域。支配者層が百済系なのに秦氏(百済系)の多い場所に原発を作るという説明はどう考えてもおかしい。これを百済系(後期大王家)に敵対する加羅(新羅)系(初期大王家)を「秦氏」とする方がまだスっと納得がいくのです。
※註 歴史に登場する「秦氏」とは東三川の徐福国技術を継承した出雲系縄文人の秦河勝。初期大王家が倭人恭順化の為に持ち込んだ唯一神信仰(キリスト教)を拡める為に縄文人の古神道にコレを織り込んで「神社神道」を創設。機織・製鉄・酒造...等の大陸技術と引き換えにこの信仰を広めていった。これが稲荷社(→INRI)や八幡社(→ヤハウェ)。
スポンサーサイト

Comments

No title

ふむ。以前から思うのですが、どうしてそんなに日本を大陸起源にしたいのですか。古代においては確かに浅からぬ関係はあったでしょうし、移民もあったでしょう。しかし、現在においてそれを強調する趣旨がわかりません。確かに遺伝しレベルではチベット系とは共通のD系統ではありますが、だからといって向こうが起源とは限りません。まるで朝鮮人の論法ですね。特に、現在のエベンキ朝鮮人と日本人が遺伝子的に同系統などというのは、すでに完全に否定されています。
日本人にはただの略奪民族でしかないエベンキを親戚にする人は、いたとしてもほんの少数でしょうね。

No title

 ヤッズさんは情報知識をいっぱい集めて頑張っていると思うよ。
彼の努力と明るいキャラは評価してほしいな。

情報を信用してブログに取り入れたって、専門的なディープな部分まで
正確に検証するのは時間がかかるもんです。

高速で膨大な情報をまとめるヤッズさんの記事は、やっぱ才能ですね。

ひとつの記事を書くのが早すぎるから、専門家がみれば
ミスがあっても仕方ないでしょ。ヤッズさんにしかかけない豊かな表現力は、才能として私は見ています。

こんにちは。勉強になりました!有難う御座います!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人「江南スタイルw工作じゃねーか」世界「うおお江南スタイル!」日本人「」←マジでこの状態な件

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/12/03(月) 18:18:15.98 ID:9af421Xv0 ?2BP(1001)PSY、「江南スタイル」に名前を変えたレストランを訴えずhttp://woman.infoseek.co.jp/news/celebrity/cin...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。