スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の国から2012

官主導の反日デモですが、単なるガス抜きと見ていた人も「日中冷戦」と言われ慌てる程の深刻な事態になってきた日中関係。米国筋から吹き込まれた石原が尖閣買取話→国有化が発端として起こった今回の反日運動ですが、尖閣諸島の国有化で中国側から見ればメンツを潰された格好である。火の中に油を注ぐとは正にこのこと。実効支配側が相手と同じテーブルに付くような状態にしてしまったのは石原だす。ただ、この騒動でまた韓流が息を吹き返しているという。

上海(SNH)48のデビューは夢・幻で終わるのか?

これがエスカレートして中国、韓国、日本が三つ巴となって、東アジア紛争にまで発展するのだろうか? いやいや中国や香港のAKBヲタが何とかしてくれるでしょうが、米国の意を受けた上海閥が「不自然極まる人為的暴圧力に触発」するところ迄は煽っていくでしょう。ヒラリー会談のドタキャンも「米国」でも外交ラインが無くなって手に負えない状態というのを演出した茶番劇だすな。最終的には、紛争は米国介入で回避という筋書きでしょう。まぁ、これこそが米国が描いたシナリオであり、尖閣諸島近海の海底資源を米国と中国が山分けするシナリオでもある。元々、ないのだからどちらも濡れ手に泡ですからね。

金艮さんのコメで紹介された王仁三郎聖師の『霊界物語』によると、ハルマゲドンは米国と日本の二大勢力で行われるという。それが起きる頃には、『暑い時ときに寒い風が吹き、作物は思ふやうに発達せず、到る処火山は爆発し、地震洪水の悩み、強盗殺人に諸種の面白からぬ運動、到底人間としてこの世をどうする事も出来ますまい。もうこの上は救世主の降臨を仰ぐより外に道はございますまいなア』と言っているので、昨今の状況を見れば、このハルマゲドンも近いような感じがします。ただ、まだ救世主を仰ぐ程の事態には至っていませんが、、、、

■霊界物語 第64巻上 第一五章 大相撲
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm64a15
※註 この相撲(角力)の発祥地とされるのが、穴師坐兵主神社参道沿いにある「相撲神社」。この「兵主」というのは「兵主神」のことですが、蚩尤(しゆう)のことです。つまり、ここにも蚩尤が暗示されているのです。

その二大勢力とは、、、

■米国 (卍と十字の印を持つ従者?)
・極西の一大大陸
・列強中の最も新しき国
・建国以来の民国
・四年交代の主権を誇り
・億兆烏合の「民権」を本位とす

強大なる一新勢力を発揮し、全世界に活動飛躍を試み傍若無人的の振舞をなし、不自然極まる人為的暴圧力によつて膨脹拡大し、弱肉強食を以て唯一の国是となせる強大なる国家


■日本 (太陽の印を持つ従者?)
・極東の一小孤島
・現今における最古の国
・建国以来の王国
・万世一系の皇統を誇り
・天孫の「稜威」を本位とす

鎖国攘夷の夢を破り一躍して全世界の舞台に現はれ、列強と相伍し、再躍して世界の一大強国となつた国家


とのことで、正にこの2つの国家はあらゆる点で対極を為している。やはり米国が「北から来るぞ! 北に気をつけろ!」の国なのだろう。実際、米国との行き来はアラスカ経由が一番早く、正に「北の国から」なのです。3.11はジョブ程度のものなのかもしれない。

地図

しかし、この二大勢力も最終的には勝つことが出来なくて、もう一つ奥に大勢力が潜んでいて、最後の世界を統一するという。

そ、それは、、、多分、アガルタ

これがホピ予言でいう赤のマフラーと衣装を着た「白い兄」なのだろう。これがラウドラチャクリンと呼ばれるアガルタ王で12部隊からなる「ラストバタリオン」を率いて参戦してくる。日月神示がいう富士山噴火とともに誕生する「てんしさま」のことでしょう。彼は「生命の木」と「智慧の木」の実を食べた存在で、オコツトが「真実の人間」と呼ぶ1つ上の次元の存在であり、ヒトラーが「神人(ゴッドメンシュ)」と呼ぶ存在のことですが、前世界でアセンションしたムー人だろうか?

mastuken.jpg
(末顕ランドラチャクリン)

ヒトラーの究極予言では、、、

「国民諸君、同志諸君、最後まで戦い続ける諸君に敬意を表する。すでに戦況は……私はベルリンと運命をともに……しかしナチスは不滅である……たとえ米ソがいったんは勝つように見えようとも……。

そうなのだ、それは砂の上の勝利だ。彼らは世界の真の支配者ではないからだ。彼らの背後で操る者……ユダヤ……イスラエル……世界的なユダヤ国際資本……。

米ソは……おそらく1990年代ごろまで、対立と妥協を繰り返しつつ、世界を運営しようとする。しかししょせん……ヨーロッパと日本、東アジア、イスラム諸国、インド……いずれ世界は米ソの手に負えなくなる。そのときユダヤはみずから……に乗り出す。

あわれなアラブ4ヶ国……最終戦争。東西が激突するだろう。ユダヤはそれに勝って全世界……なぜならそれが彼らの『旧約聖書』の約束だからだ。黙っておけば必ずそうなる。しかし、私がそうはさせない。そのための手を、私は死ぬ前に打っておく。それが最後の秘儀である。それによって人類はわれわれを受け継ぐことになる。

しかも見よ、そのあと、わがナチスの栄光、ラストバタリオン……。それが真のハーケンクロイツの日だ。カギ十字の日だ。そのときラストバタリオンが現われる。ユダヤを倒す。世界を支配する。永遠に……そしてナチスは甦る。真のヒトラーの時代が来る。必ずだ。

甦ったナチスの軍団とその強力な同盟がそのとき来る。宇宙からの復讐のカタストロフィとともに来るぞ。それからが真の究極だ。真の終わりで真の始まり、真の淘汰、天国の地獄、21世紀のその年に、人類の驚くべき究極の姿……ではそれを明かそう。諸君、それは人類……」


「真の終わりで真の始まり」、、これはイエスが言った「アルファ(A)であり、オメガ(Z)である」という言葉と同じ意味ですが、それが「真のハーケンクロイツの日」。籠の中の鳥が出やる時でもある。

赤のシンボル

それが、、、真の究極だZっ!

赤いマフラー
スポンサーサイト

Comments

ナチスの彫像、実は隕石 チベットから持ち帰る
胸に「卍」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2701H_X20C12A9CR0000/

444…

「222…」って言ってたら
こんな映画が公開予定・・・

『4:44地球最期の日』予告編
http://www.youtube.com/watch?v=SHdZK9RPQ-k

No title

3.11はジョブ程度って、すごい表現だなあ。そういえば、埼玉県和光市の理化学研究所が2004年に見つけた新元素、初の「日本生まれの元素」となる「ジャポニウム」は「113番目の元素」なんだってな。たぶん偶然なのだろうが、ひっくり返すと「311」になるのと、例のカードで話題になった時計台をいただくビルも「和光」だったから、おお~!て思った。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。