アスカ語録とシャンバラ

裏情報に詳しい飛鳥昭雄先生のDVD紹介動画をYOUTUBEで見ました。所々、話が飛ぶので詳細は分からないのですが、備忘録がてらまとめてみました。あと、突っ込みもね(爆)。

オイラの感想では、今までの傾向から政治情報、軍事情報はかなり精度が高いが、日本の歴史に関しては、多次元同時存在の法則(記紀記述は同一人物を分散化して記述)はいい線をいっているのだが、本当に隠された部分がまだ見えていないなぁ~という印象です。あと「聖書=善」というクリスチャン的見方が占めている点が気になるかな~。ただ驚きの内容が多いので、エンターテイメント性は充分ありますね。

■沖縄の海にはメタンハイドレート、レアメタルが無尽に埋蔵
■沖縄の海洋開発が出来れば沖縄は最も裕福な県となる
■沖縄空港は既にハブ化済で中国・韓国を凌駕
 (但し、今は貨物に関してだけだが)
■中国は沖縄を狙っていて、そこから太平洋に出ることが目的
■TPPは失業率の高い米国内の知的労働者の就労引き受けが目的の1つ
 (日教組が賛成なのは、教師がその対象から除外が既に合意済だから)
■TPPは環太平洋経済圏構築で中国封じ込めが真の目的
■最後のゲートが沖縄で、ここを取られると「水の泡」に帰す


まぁ、確かにこれがTPPの真の目的ならば、TPPの詳細説明を飛ばすというのも分かる気がする。中国封じ込めを画策しているのなら、中国寄りの小沢氏を排除しようと躍起になるのも分かる。

■EUとリビア・サウジ...等で地中海を挟んで戦争
 (ここから大国を巻き込んで第三世界大戦に発展)
■NATOの核の発射ボタンは米国が握っている
■イランは核を持っている
■米国は手を引き傍観、最後に手を貸す
 (ノルマンディ上陸作戦の時と同じ)
■その際にプラズマ兵器を使用(一瞬で勝敗を帰す)
■荒廃する世界で力を温存し、莫大な借金をチャラ化
■米国一極支配の世界政府が完成


9.11を見る限り、借金チャラ化できるなら現在米国中枢を仕切っているサバタイ派は何でもやりそうな感じはする。力の温存説は、世界最高品質の自国石油の採掘を抑制し輸入(輸入量世界1位)をしている点からも同意は出来る。

■3.11はHAARPでプレートの歪エネルギー開放で発生させた
■3.11で東日本を壊滅、東京まで火の海にする予定だった
■太平洋を挟んでいるので日本の原発事故は米国に影響はない
■ロックフェラーJrの東北慰問は犯人は現場に戻って確認に来る習性から
■上手くいかなかったのでもう一度行なわれる
■日本は二度攻められて初めて気づく
 (原発再稼動は自殺行為)
■何もかも失ってから復活。それが日本の底力
 (この国ではそれ故「蘇民将来」の札を掲げている)
■世界の三大国(米国・中国・ロシア)は消滅


オイラは人工地震派ではないので賛同しかねる内容ですが、日本を米国が荒廃させる理由がイマイチ分からない。確かに言われるように、米国一極支配の新世界においては日本の工業力は邪魔以外になく、その力を削ぐ為に最新設備の揃った東北やタイが襲われたというのなら理由も立つ。ただし、幾ら太平洋で隔てられているからといい、福島4号機だけでなく六ヶ所村までが荒廃すれば、北半球は完全に死滅してしまうのだが、、、それに、その後、起きている地震の説明にはならないのだが、、、

ここに人工地震派の盲点がある。
また、その矛盾を無理矢理回避しようとすれば、「原発事故ヤラセ説」という鬼っ子が生まれざるを得ない。

■日本はヘブライ人末裔、秦・物部はレビ族
■セム・フリーメーソンが八咫烏
■2014年、エルサレムに第三神殿建設
■日本にある聖櫃(アーク)、十戒石、マナの壷、アロンの杖をエルサレムに運ぶ
(これにより聖書預言が成就)


物部氏、蘇我氏、八咫烏に関しては、オイラとは意見が異なるのは以前の記事にも書きました。八咫烏は鵜飼で恭順化した徐福末裔の象徴というのが語り部の意見。また日本人の大方は倭人・夷人の弥生人と縄文人(エドム人)やエブス人の混血であり、ユダヤの血筋は傀儡的な王族・貴族階級に限られると見ているので、この内容には完全賛同できない。

日本には聖櫃(アーク)、三種の神器だけでなくモーセの旗竿、イエスの十字架、罪状版まであり、内宮、外宮、伊雑宮のそれぞれの地下神殿に隠匿されているというのが飛鳥氏ですが、オイラが伊勢内宮の遷宮地跡地にブルドーザーが入っているのを見たので、もし地下神殿があればその重量に耐えられない筈。

一方、語り部の話ではマナの壷はあるが聖櫃等はないという。熱田神宮の草薙剣(海凪の剣)もモーセの杖を模して扶桑樹(イチイの木)から作られたものだと言っていて、かなり話が食い違います。まぁ、昔は景教そのものを奉じていたので聖遺物をレプリカを作っていて、それが保管されている程度のことではないでしょうか。

■2012年以降、太陽活動が新しいサイクルに突入し太陽フレア爆発が頻繁に起きCMEが地球を襲う【宇宙の津波】
■木星の大赤班から新惑星「ケツァルコアトル」が誕生する
 (木星より内側の惑星は月も含めてすべて木星から誕生)
■アルザル(シャンバラ)が地球北方に露出
 (鏡餅、仏陀の頭の盛り上がり【肉髻】がそれを暗示)
■アルザルと米軍の戦いが始まる
■既にエリア52(ユタ州)がある(対アルザルの基地)
■2012年12月21日にペテルギウス新星爆発が地球に到来
 (650光年先にあるので、650年前に爆発している)
■反地球「ヤハウェ」が見えるようになる




霊能者、預言者かいう内容よりも凄い内容です。どこまで信じていいものかは分かりませんが、それらの情報が世界権力に関わる筋からの「科学的成果」というのですから完全無視は出来ない。これが始まるのなら、地震・放射能を恐れ世界のどこに逃げても同じようなもの。ただ光より早くどうやってペテルギウスの新星爆発到来の時期を知れたのかという突っ込みどころはあるが、、、、アルザル登場でいよいよアルザルとのスターウォーズが始まるのだな(感無量)。

これがヒトラーのいうラスト・バタリオンだろう。

シャンバラの住人は墜落UFO乗員遺体回収の分析からは日本人と同じYAP遺伝子を持つ者たちだったというが、彼らはオイラが蔵王権現の霊的根源とみている者たちだす。今までダアトに埋もれていたのダアス。そうなるとアルザルは日本人の味方となるか?

YAP遺伝子なら縄文人なのだが、、、、
あっ、弥生人(倭人)は駄目そうだすな(爆)

ケツァルコアトルに関しては、チベット密教の『世界の王の予言書』では、カルキ軍であるアルザル人(イスラエル10支族)のシャンバラ王が軍隊を率いて地上に現れる時、木星に隠れた天体「ラジャサン」から地上を焼き尽くす炎が放たれるという。これが木星の大赤斑から生まれるケツァルコアトル。NASAは近い将来に木星の巨大火山から超新星が誕生する事を予測しており、既に「ケツァルコアトル」というコードネームを与えているという。

この尾を引く灼熱の彗星はまさに「赤い竜」である。赤い竜は『ヨハネの黙示録』に記される「エデンの園の蛇」の化身で正体はサタン(敵対者)のルシファーだという。その姿は「十本の角と七つの頭を「持ち、その角には十本の王冠がある」と記される。十本の角と王冠、、、これは「失われた十支族」を象徴しているようでもあるし、赤は兵乱の前兆を示す赤色の蚩尤旗の蚩尤(スサノオ・牛頭天王)でもある。牛神は元々は龍神であったが貶められたと苗族の伝承にある。

確かに今、太陽系温暖化起こっていて、まぁ、その理由はオイラはニビルだと睨んでいるのだが、、、冥王星や木星の南北逆転が起き、地球がそうであるように木星もまた火山活動が活発となっていると見る。いつ「ケツァルコアトル」が飛び出してきても可笑しくはない状況ではある。

あと、例のエレニン彗星の顛末もありましたね。飛鳥氏によると、NASAの長官チャールズ・F・ボールデンが全職員に発した例の警告はエレニン彗星接近の為だったという。あの彗星の接近で映画『2012』の状況を本当に懸念したのだという。しかし、太陽から巨大フレアが噴出してエレニン彗星は燃え、その後、木星が数度にわたる衝撃波の噴出が当たった結果、彗星は木っ端微塵に消え去ったという。これは地球と人類を守るために太陽と木星が連携して起した生物的防衛反応なのだというが、、、、

つまり、太陽も木星も「超生命体ハイコスモリアン」であるとのこと。

■エレニン彗星消滅の謎 飛鳥昭雄ガイア論2(アセンション ヘミシンク漂流記)

う~む、あの消え方は異常だと思っていたが、そういった背景があったのか、、、、生命体という方がもっと信じがたい話なのだが(汗)。い、いや、それ以前に水とガスの規模が木星より巨大というエレニン彗星は、やはりニビルだったのか? ニビル一筋30年のオイラのニビルが、こんな簡単に、、、あっけなく、、、逝ってしまうとは、、、

「あんたバカ?」

アスカ・ラングレーの言葉が脳内に木霊する。ただ、これで危機は過ぎ去ったわけではないのは先に述べた通り。特に一番肝心なのが「ラジャサン」。これは木星規模の暗黒天体であり、しかも「超ド級生命体」なのだという。ラジャは「王」の意味なので「王の太陽」といった程度の意味か?「ラジャサン」は人知れず太陽系内に侵入し1994年に「海王星」を潮汐力でポールシフトによって引っ繰り返し、その後、太陽系内を自由に移動し、2012年3月11日についに「太陽」と接触したという。それがあのYOUTUBE動画で太陽からチューチューとエネを吸っているように見える暗黒物体ですが、3.11のちょうど1年後というのも何か因縁を感じる。

まさに「暴れん坊将軍」という感じ。



そして、2012年6月17日には再び太陽表面に巨大な黒い竜巻と謎の暗黒物体が現れたという。まだ太陽近辺にウロウロしているのか? それとも何個も存在するのだろうか?しかも「超生命体」という、、、(滝汗)。まぁ、プラズマはまるで生命のような挙動を示すというし、暗黒プラズマもプラズマであるから、そのような挙動を示しても決して可笑しくはない。それ以前に飛鳥氏はプラズマとは重力や生命体の元になるものだという。これはオコツト以上に衝撃の内容だす。っていうか、オコツトはそんなこと一言も言わなかったぞ(滝汗)。

う~む、暗黒プラズマ、、、こっちがニビルじゃないのだろうか?

釈迦預言によると「悪の力が頂点に達した時、シャンバラは必ず木星の背後の天体を光らせるだろう」と説くという。今、この木星背後にラジャサンが回り込んでいるというから、ラジャサンが輝き出すということか、、、うんうん、これはオコツトがいっていたニビルが新しい親太陽となって輝き出すというのと同じ内容。うんうん、これは間違いなさそうだ。

しかし、それにしても「ラジャサン」とは何やら「マツケン・マハラジャ」と「マツケン・サンバ」を合わしたような名前ぽいだすな。

「マツケン・ラジャサン」

マツケンの出身地である豊橋限定の「マツケン・ええじゃないか」より、ええじゃないか!
多分、史上最強だす(爆)



7年ぶりのマツケンのブレークは「暴れん坊将軍」のラジャサン到来を暗喩していたとなりそうだ。で、シャンバラが浮上してくる場所は、マツケン・シンクロ、反原発官邸デモでの「ええじゃないか」コールの盛り上がり...等も勘案して、今までの洞察から霊的なターミナルドグマであり、また「蚩尤(スサノオ)揺籃の地」である東海三神山のあった徐福末裔国のゼロポイントシティ直下の中央構造線を岩戸としてビックリ箱のように出てくると睨む。

それは、木星から波動砲のようにケツァルコアトルが発射された時、地下からシャンバラがグレンとせり上がって来て、その巨大なプラズマドームに包まれた日本列島は、これがバリアーとなって空からやってくるケツァルコアトルからの被害を防ぐことが出来る。これが中国の預言書「背推図」に「日本は白洋へ隠匿される」と記される事象ではないのか?

これがメガ・コマネチ神業なのだす(爆)。
スポンサーサイト

Comments

ヒッグス素粒子が見つかったみたい。やはり、今まで見えなかった物、者、が色々見えてくる。それが、2012なのでしょうか、、、これから色々出てきそうな気配ですね。

同じでしたか

シャンバラの住人は日本人と同じYAP遺伝子(縄文人)を持つんですね。やっぱり日本の未来はYAP遺伝子保持者にかかってる気がしてなりません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

予想通り、7/1~7/5;イエローストーン火山噴火(三日間の暗闇)の光明予言は大外れしたが、今後の7/7~7/10;カリフォルニア大地震で一部が海没、7/10~7/13;イラン核攻撃を契機に第三次世界大戦開始、7/18~7/21;東海・東南海・南海の巨大地震・大津波(東海~九州、名古屋・大阪も)も大外れすると思われるが、これだけ世間を騒がせた言い訳を楽しみに待ちたいですね。
ところで、また「7月8日にM8以上の東海地震が起こる!NASAが警告している!」とネット上で話題になっていますが、「東海地震は約150年周期で起こっており、前回は複合食(日食や月食などが続いて起こること)が起こった34日後に東海地震が発生していて、今回も5月21日に金環日食、6月4日に部分月食と複合食が続いたので、6月4日の34日後である7月8日に東海地震が起こる可能性高い」が根拠のようですが、確かに日食や月食が通ったラインには約2ヶ月後に地震が起こる可能性が強く、この理論をもって2011年2月10日、つまり311の約1ヶ月前に2011年3月8日に日本で地震が起こることを予測したらしい。実際は3日違いだったので日付は正確ではないのかもしれないが、今回も予想の3日後となると、イルミナティカードの7月11日(ただし、カードの内容は首都直下型地震ではある)が怪しいのかもしれません。7月11日は魔の水曜日であり、最近になっては聖書の暗号でもこの日に東海(東南海・南海)地震とも思える津波や地震に関するキーワードも出て来ています。
伊勢の夫婦岩「興玉神石」が露になる異状の前触れがあり、更に最近メタンハイドレード探査名目で海底探査船ちきゅう号が伊勢湾入口付近を探査していたので、これは光明予言よりも当る確率が高く、注意が必要かもしれないですね。
もし東海大地震が起これば、浜岡原発の放射能事故、中京地区の自動車産業壊滅などが危惧されるが、この大地震で伊勢神宮外宮・多賀宮の小山が崩れれば、モーゼの石板を入れた伝説の契約の箱が露出し、「次の世が来る時は、この石板が世の中に出る時だとモーゼに神霊は伝えた」の伊勢―白山道予言が当るのか関心がありますね。
天下泰平 NASAが警告している7月8日の東海地震説について
http://tenkataihei.xxxblog.jp/

>■3.11はHAARPでプレートの歪エネルギー開放で発生させた
>■3.11で東日本を壊滅、東京まで火の海にする予定だった
>■ロックフェラーJrの東北慰問は犯人は現場に戻って確認に来る習性から

「ついに『311が核爆弾の人工地震であった証拠』が見つかった!?:高周波と音波の存在!」 
http://quasimoto.exblog.jp/17336865/

福島1号機と3号機の爆発映像を比較すると、1号機爆発は白い煙が横方向に広がり、いかにも水蒸気爆発だが、3号機の爆発は黒い煙が垂直に立ち上り、いかにも小型核爆発のように見えるので、この元NSA技術者 JIM STONE氏の証言は正しいと思います。
福島原発3号機の大爆発は何だったのか?:水素爆発?水蒸気爆発?核爆発?
http://quasimoto.exblog.jp/14506699/

なぜイスラエルが日本へ戦争を仕掛けたかは、下記のブログによれば、極秘の米イスラエルによる核兵器移動が福島の爆発を引き起こした説「島津論文」があります。
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-353.html

更に、濃縮プルトニウムをイランに売り込もうとしたので、原発管理のイスラエルの会社(MAGNA bsp)のテロ行為で福島原発事故が起こった説があるが、いずれにしろ東日本巨大地震直後の3月26日に、被災者支援のイスラエル軍医療チーム53人がネバティム空軍基地を出発し、27日夜に成田空港に到着し、宮城県南三陸町で約1か月間の医療救護活動をしたが、あまりにも手際が良いので事前準備していたと思われ、ロックフェラーJrの東北慰問同様に、これも「犯人は現場に戻って確認に来る習性から」被災地入りして被災状況を確認したと思われる。
さらに、アミシャブと連携して、失われたイスラエル十支族末裔と言われる日本人、特にYAP遺伝子の縄文人(エドム人)やエブス人の血が濃い東北人の採血(遺伝子調査)が目的であったと思われる。

>■TPPは失業率の高い米国内の知的労働者の就労引き受けが目的の1つ
 (日教組が賛成なのは、教師がその対象から除外が既に合意済だから)

最近小学校高学年から英語教育を開始したが、今後順次に全国の小学校、中学校、高校に米国知的労働者を英語教師として就労させる目的がTPPの一つだろうが、これにより教育段階から日本人・日本改造される恐れがあり、絶対反対すべきである。

No title

NASAの8日東海地震は もう8日19時前ですけども
たとえ8日がなくても あと数日ぐらいは注意した方が良いかも
知れませんね、ヤッズさん。

No title

コメする場所間違いでした

飛鳥計画

モ〇〇ン飛鳥氏、モ〇〇ン教の予言(予定計画)をリークする広報マンなんじゃないですか?

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)