スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと少しで7月だが、、、

7月危機説で光明氏が話題になっていますね。

実際、過去の予言の的中事例をリアルタイムで知らないことや、人となりも分からないので、今まではニュートラルな扱いをして書いてきましたが、ここでオイラのファイナル・アンサーを書いておこうと思う。まぁ、内容的には前々回記事の「アタタの...」とあまり変わらないのだが、、、

丁度いいことに、さんが会合に参加した時の話がネットにありましたのでご紹介します。これで光明氏の思想、思考...等が少しは分かるかもしれません。

■光明氏の著書について(アロイアからの伝言)
http://ameblo.jp/syamonno0358/entry-11277978689.html

この中でオイラが注視する点は聖徳太子の件。獣さんグッドジョブだす~。

■聖徳太子はどんな人物?
→「聖徳太子は聖徳太子ですよ、別に普通です」
→「聖徳太子は蘇我系の天皇になるはずだったが病死した」

■どんな名前?
→「聖徳太子でいいと思います」

■聖徳太子が仏教を奨励した理由は?
→「蘇我系(インド系日本人)の人間だったから」


蘇我氏がインド系日本人というのは初めて聞く内容。インド人もびっくりだす。

インド系日本人なのは、アユタヤ国王女・許黄玉(ホ・ファンオク)を妃にした首露王(倭旨)の初期大王家の血筋の者で、大伴氏、尾張氏、物部氏、宇佐氏、日奉氏、阿智祝氏...等の古代豪族なのだすよ~。ちなみに、蘇我氏は聖書のイエスの「我蘇り」から取られた架空の豪族で、モデルとなったのは出雲王朝末裔の葛城氏→鞍作氏であり、元々はエドム人であるアイヌ系の縄文人の一族で、この日本の家主みたいなものだす。

光明氏のその他の太子観は一般的見解に近過ぎですね。

つまり、聖徳太子は実在の人物で仏教布教の大立者であり、隋の煬帝にタメ口のカッコイイ宣言をし、聖徳太子と呼ばれていたという内容です。歴史マニアで太子について多少知っている人ならば、ここまで簡素な回答となることはない。逆にいうと天界から過去のこと知らされていないのでは?と疑ってしまう。そうならそうと会合で正直に云えばいいのにと思う。若草伽藍の方位の謎や法隆寺・夢殿でのフェノロサと岡倉天心の話を知っていたら、こういう回答には決してならない筈なのだが、、、人の過去などを100%的中させるにしては、聖徳太子についての言及はあまりにも酷い。

オイラは語り部説に心酔してるので、聖徳太子についてはこうみています。っていうか、いろいろ調べた結果、これが正しいという結論にまで至っている。

■イエス逸話を折り込んだ架空の人物
■モデルは高向王こと「倭聖」
■倭聖は仏教排斥の景教信仰者
■倭聖は景教の教えから「四箇院」を設置
■百済仏教派に負け、逆に仏教守護者に祀り上げ
■幽閉され服毒で暗殺
■女装させ父・祟峻の藤ノ木古墳に埋葬


光明氏の太子観とは完全乖離だす~(爆)。

聖徳太子という確定している過去事象に関してだけ見てもこういう甘~い認識状況であり、もっと予測が困難な未来事象については如何なものか?という感じがする。逆にオイラの信じる内容通りに述べていたら信用していたかもしれないが、、、

結論として、異なるパラレルワールドに住んでいるので(爆)、光明氏がいう詳細な予言内容(時・場所)はハズレると見ているだす。これにはかなり自信がある。
※註 ミカエルだとか、ガブリエルが出てくる時点でオイラ的にはパスなのだす~。ヒルデガルドや日月神示のように、受信者が何か分からないような内容でアプローチしてくるのが、天上界の高級霊の最上の方法だと思っている。ある時、船井氏の前世の名前を言われ、後日、その名がバイブルコードで見付けたというのが船井氏がゾッコン盲信化している理由だが、旧約聖書の「モーゼ五書」自体がエノク書やシュメール神話の内容盗作品なので、それ程神聖なものではないのだが、、、

大体が「デスノート」はやり過ぎだと思うが、、、閻魔帳じゃあるまいし、、、怖過ぎだす。

ただし、少女時代のシンクロの件から6月末~7月に再び大地震や災害発生があるという考えはオイラは保持している。つまり、この時期に日本に対して「プリバッコ~ン」(もう一度行くわよ!)の「特盛」があるという見解なのですが、それは「淡墨桜」をターゲットにした「濃尾-白山-福井」に掛けて震央として起きるだろうと睨んでいると前記事に書きました。

実際、これが7月かどうかは不明ですし、東北アウターライズ地震あるいは房総沖地震の方が先に7月に起こるかもしれないとも思っている。今のところ、決め手がなく場所・時ともにアヤフヤな予測というよか、オイラの場合、誰にでも公平な物証や現象からシンクロを元にした洞察(妄想)に過ぎないが、、、

ただ、これは霊視でも何でもなく、あくまでオイラの痴的洞察での結論なので、スルーして構いません。

マグネ8.0

シンクロ的に言えば、2009年に放映されたアニメ『東京マグニチュード8.0』では、2012年7月21日15時46分頃に東京湾北部を震央に関東大地震が発生したという設定になっていますが、この方がシンクロ度は高そう。しかし、その日時通りになることはまずないだろう。

あと、ローマ教皇に関しても何か起きるかもしれませんね。
※註 鹿さんから、6月22日が教皇暗殺の「危険日」だとコメで教えてもらいました。感謝だす~ m○m しかも、この日は久々に少女時代が日本のTV番組(Music Station)に生出演する日でもあるのだす~。多分、新曲『パパ・ラッツィンガー』を歌うだすな、、、

教皇(法皇)といえば、かつて法皇庁というフザケタ組織を作っていたある宗教団体が最近ニュースになっています。まぁ、あの逮捕劇は今まで温存していたカードを切ったに過ぎないのですが、これは大飯原発再稼動の印象を消し、また反原発デモの盛り上がりを抑える為の陽動的情報操作的なものと見て間違いないでしょう。

その宗教団体とは、ご存知、オウムですが、日本の行政組織を真似たあの組織形態は、ある意味、雛形神業のような感じがしないでもない。サリン工場と言われた第七サティアンは実際は覚せい剤工場だったと睨んでいるが、今の日本政府は福島サティアンでプルトニウムを生産して米国に売っている。松本や東京にサリンを撒き散らしたオウムに対し、SPEEDIを隠匿し放射能被爆させ、放射能瓦礫を日本中に拡散し放射能を撒き散らす日本政府。確か、あの時は米軍機が毒ガスを空から撒いているとか、プラズマ兵器とか、マインドコントロール(洗脳)とか言っていましたが、これは現代のケムトレイルやHAARPやマスコミを使った情報操作&愚民政策に相当するでしょうか。

何もかも同じです。
日本政府自体、オウム化しているっていうか、実はオウムの黒幕なのかもしれない(爆)。

そういえば、「仮面ライダー」の原作では、世界征服を企む悪の秘密結社「ショッカー」の正体というか黒幕は、実は日本政府だったという凄いオチがありますが、何やらコレと同じ展開じゃないかと思えてくる今日この頃だす。

さてさて、光明氏は反日的な人間は「デスノート」にペンで消えないように書かれていて、7月から始まる一連の災害で消去される運命にあるというが、このオウム的所業の日本政府及びミンス党は、果たして親日的に分類されるのか? それとも反日的に分類され消去される運命にあるのか? じっくり聞いてみたい内容ではある。
※註 穿った見方をすれば、この時期、こういう恐ろしい内容をブチ上げることで反原発に意識が向かわないようにする陽動なのかもしれない。もしそうならば、光明本の「反日的」というのは、日本政府の方針に楯突く反原発の人たちのことを指すことになるなw
スポンサーサイト

Comments

ショッカー ≠ 日本政府

>そういえば、「仮面ライダー」の原作では、世界征服を企む悪の秘密結社「ショッカー」の正体というか黒幕は、実は日本政府だったという凄いオチがありますが、

あ~ヤッズ様、これはわりと広く知られている話ですが、実は誤解です。
正しくは「日本政府がひそかに進めていた国民総背番号制をしいたコンピュータによる一元管理計画を、ショッカーが乗っ取る形で進行させた」というのが原作マンガ版のストーリーで、ショッカーの黒幕(or正体)は日本政府ではないです。

光明は全国で僕一人

アメブロの本物の光明さんブログによると 
書物はまだ原稿を書いている段階で発行には至っていないらしいです。
 
詳しくはアメブロ光明さんブログでご確認ください。

Re: ショッカー ≠ 日本政府

コメントありがとうございます!

> 正しくは「日本政府がひそかに進めていた国民総背番号制をしいたコンピュータによる一元管理計画を、ショッカーが乗っ取る形で進行させた」というのが原作マンガ版のストーリーで、ショッカーの黒幕(or正体)は日本政府ではないです。

おおっ、そうでしたか!
リチャコシどんがいう「組織内組織」というわけですな。オウムも統○やソ○カが乗っ取った団体ですし、日本政府も奥の院には藤原摂関家が控えているし、、、これはますます似てきました。

No title

オイラの見立てでは、ヤッズ氏が光明氏を気に入らないのは、ネトウヨのようなごく一部の人間だけが知る「朝鮮人のルーツはエベンキ族」ということを書籍の活字にして一般読者に知らせてしまったところにあると思ってる。(笑)
ついでながら、「蘇我系(インド系日本人)の人間だったから」の、インド系日本人が( )で挿入されているので、光明氏がそう言ったのかどうかはどうもよく判断できないのではないか?
獣氏は三宝を神道・仏教・儒教のことだと勘違いしてるようだから、蘇我氏=インド系日本人というのが獣氏の見方だったとしても別に不思議ではない。
そこにヤッズ氏が気づかなかったのは、やはりルーツがエベンキ族だと暴露されて「気に入らない奴だ」と目が曇ってしまったからなのである。

No title

ヤッズ★さん

光明氏の期日指定の怪しい地震・噴火・戦争予言は恐らく大外れするでしょうから、これだけ世間を騒がせた言い訳を、購読した小生も楽しみに待っていますが、この記事で下記の質問がありますのでご回答をお願いします。

(1)「聖徳太子モデルは高向王こと「倭聖」で、幽閉され服毒暗殺され、女装させ父・祟峻の藤ノ木古墳に埋葬された」の文献・根拠を教えて下さい。

(2)「インド系日本人なのはアユタヤ国王女・許黄玉(ホ・ファンオク)を妃にした首露王(倭旨)の初期大王家の血筋の者で、大伴氏、尾張氏、物部氏、宇佐氏、日奉氏、阿智祝氏...等の古代豪族なのだすよ~」の文献・根拠を教えて下さい。

(3)「蘇我氏は聖書のイエスの「我蘇り」から取られた架空の豪族で、モデルとなったのは出雲王朝末裔の葛城氏→鞍作氏であり、元々はエドム人であるアイヌ系の縄文人の一族で、この日本の家主みたいなものだす。」の文献・根拠を教えて下さい。

(4)「それは「淡墨桜」をターゲットにした「濃尾-白山-福井」に掛けて震央として起きるだろ」とのことですが、この白山は伊勢―白山道氏の本拠地だが、ここの大地震について何の神示もしていません。どうしてでしょうか?

(5)「今の日本政府は福島サティアンでプルトニウムを生産して米国に売っている」とのことですが、証拠はありますか?

No title

どうも光明さんはムー大陸を書いた光明さんと ↑に紹介されてます
関係ないアメブロ光明さん お二人存在するようです。

No title

http://ameblo.jp/milok/entrylist-2.html
ついでに見つけました。
宜しければヤッズさんご覧下さい、、

No title

それから聖徳太子と言ったら、やっぱりコレですよ↓

本当は怖い聖徳太子「超劇画・聖徳太子」
http://blog.livedoor.jp/textsite/archives/50372499.html

ヤッズ氏もパパラッチの仲間?さ~ん♪

コメントありがとうございます!

> 光明氏を気に入らないのは、ネトウヨのようなごく一部の人間だけが知る「朝鮮人のルーツはエベンキ族」ということを書籍の活字にして一般読者に知らせてしまったところにあると思ってる。(笑)

それはないだす~。
たかがエベンキごときで、、、
実際のところ、韓民族はエベンキ100%ではなく、漢族、女真族、満州族..等が混血した民族でしょうね。で、一番多いのが漢族の血でしょうか。

オイラが気に入らなくみえるのは、1600円ムダ金使ってしまったことに腹が立ってるからでしょう。その思いが行間に滲み出ているだすな。(あはは)

> 「蘇我系(インド系日本人)の人間だったから」の、インド系日本人が( )で挿入されているので、光明氏がそう言ったのかどうかはどうもよく判断できないのではないか?

確かにそうですね。ただ、光明氏の発言に敢えて( )付けまでして獣氏が補足するとは思えないのだが、、、自分なら別途に「※駐」で記しますしね。

> 獣氏は三宝を神道・仏教・儒教のことだと勘違いしてるようだから、蘇我氏=インド系日本人というのが獣氏の見方だったとしても別に不思議ではない。

「三宝」についてはスルーだすよw
オイラは一般的な「仏・法・僧(僧伽=教団のこと)」だと思っていますが、獣氏のサイトを読めば分かるのですが、歴史に関しては物凄く洞察が深く舌を巻く。「十七条憲法」の「篤く三宝を敬え。三宝とは仏と法と僧となり」という文言は獣氏ほどの歴史洞察者なら知らない筈はなく、逆に何か根拠があって敢えてそういう考え方をしているのだなぁ、、、とこの三宝の記述を見た時思いましたね。

■∀N☨I CHRIS☨ 完全FILE3【アセンションへの道】
http://kemono666.seesaa.net/

> やはりルーツがエベンキ族だと暴露されて「気に入らない奴だ」と目が曇ってしまったからなのである。

それはないって!(爆)

山田ひろし(雅号)さ~ん♪

コメントありがとうございます!

> それから聖徳太子と言ったら、やっぱりコレですよ↓

おおっ、これはまた楽しい劇画だす。
オイラは「ギャグマンガ日和」の聖徳太子が好きなのですが、この漫画の「超兄貴」テイストの太子もグーだす。

http://www.youtube.com/watch?v=etcbkZ94WrE

No title

ヤッズさん、丁寧なレスどうもです。

エベンキですが、ヤッズさんのおっしゃる混血の比率(漢族がいちばん多い)ですが、ちゃんとした根拠をあげてくださらないと、ネトウヨだけでなく鹿さんにも突っ込まれると思いますよ。(笑)
これは韓国にとっては、国家秘密に指定したい話のはずです。日本海にある採取が容易なメタンハイドレードを韓国が自分のものにしようと動いている時に、光明氏が言う「モンゴル帝国に連れてこられて朝鮮半島に来たエベンキ人」なんて話は、絶対に葬りたい話なわけで。

三宝ですが、獣さんのことは全然知りませんが、これも根拠の提示はないようで、詳しい人であるならば異説を唱える場合は根拠をきちんと提示しないと、読む人に嘘知識で洗脳しようとしているのではないかと受け取られるのは、陰謀論に詳しいヤッズさんなら言わずもがなのことではないでしょうか?そこをスルーしてしまうということは、どうもなんか怪しい組織の一員なのではないかと疑ってしまうことになるわけでして。名前も獣とか怪しいし、ヤッズさんの名前も失礼ですがやはり怪しいです。(笑)
ちなみに「ヤッズ氏もパパラッチの仲間?」の中で言ってるパパラッチというのは今のブログでヤッズさんがとりあげてるローマ法王とかカトリック教会のこととは関係がなくて、パパラッチのように秘密をかぎまわったりもするような組織の中の一員なの?という疑問です。

No title

>たかがエベンキごときで、、、
実際のところ、韓民族はエベンキ100%ではなく、漢族、女真族、満州族..等が混血した民族でしょうね。で、一番多いのが漢族の血でしょうか。

李氏朝鮮の創業者である太祖 李成桂は、高麗王朝に仕える有力な武将であったが、高麗人と女真人が混雑していた出身地・咸鏡道の地域性と、父親兄弟が皆、蒙古名を持っていた事実から、女真人に高麗の血が混じった混血、或いは、女真人そのものだった可能性がある。そのために、皇后は満州(モンゴル)人が多い。

歴史再考 No.183 「日帝の七奪」とはよく言ったものだ
http://teikoku-denmo.jp/

No title

先代旧事本紀大成経に、「三法とは儒・仏・神である」とあるようです。。。。。

Re: No title

コメントありがとうございます!

> エベンキですが、ヤッズさんのおっしゃる混血の比率(漢族がいちばん多い)ですが、ちゃんとした根拠をあげてくださらないと

漢族の混血が多いと見ているのはオイラの主観ですが、その主観の根拠となるのは、『後漢書』辰韓伝]、『三国志』魏書辰韓伝、『晋書』辰韓伝に書かれている「秦の始皇帝の労役から逃亡してきた秦人がおり、馬韓はその東の地を割いて、彼らに与え住まわせ辰韓人と名づけたという。」の記述。これが辰韓であり後の新羅。新羅の大きさを見れば分かりますが、かなり広大です。過去、それぐらいの大量の漢人(秦国では被征服民)がなだれ込んできたのでしょう。これが漢族が一番多いという主観の根拠。

あとエベンキが少数だという根拠は、遺伝子でエベンキ最大保有の「C3c」が韓国人にはないという点です。逆に「02b」が一番多いのが日本と韓国で世界中の民族の中で近親といえる。極論を言えば、「D2」の縄文人遺伝子(YAP因子)の有り無しが日本人と韓国人の差でしょうか。ちなみに、この辺のことは過去記事に書いています。

http://livedoor.2.blogimg.jp/googleyoutube/imgs/4/e/4ef25fae-s.jpg


> 三宝ですが、獣さんのことは全然知りませんが、これも根拠の提示はないようで、詳しい人であるならば異説を唱える場合は根拠をきちんと提示しないと、読む人に嘘知識で洗脳しようとしているのではないかと受け取られるのは、陰謀論に詳しいヤッズさんなら言わずもがなのことではないでしょうか?そこをスルーしてしまうということは、

多分、サイトの記事中に書いていての獣氏なりの結論だと思いますよ。オイラはその根拠は見ていないので批評ができないのと、また疑問に思いながらも三宝自体にあまり興味が沸かなかったのがスルーした経緯。太子を仏教守護者に祀り上げたという観点からは、十七条の憲法の「三宝」は仏教派の言い分を代弁させたようなものだろうと思っています。

このサイトも獣氏のサイトも日記みたいなもので、別段、思想誘導(洗脳)なんてものは最初から考えてないなぁ、、、ただ同じ結論のことを何度も根拠をあげて書くのが面倒なだけで、これは獣氏も同じでしょう。だから、突然結論が出てくるw

>怪しい組織の一員なのではないかと疑ってしまうことになるわけでして。名前も獣とか怪しいし、ヤッズさんの名前も失礼ですがやはり怪しいです。(笑)

別に疑ってもらってもかまいませんよ。
当方は何も困りませんからね。
また、名前が怪しいかどうかは主観でしかないし、
「八の頭」なんてヤマタのオロチみたいでかっこいじゃあ~りませんか!

>パパラッチのように秘密をかぎまわったりもするような組織の中の一員なの?という疑問です。

まぁ、秘密はかぎまわってますが、、、
組織の一員かどうかは秘密です(爆)

鹿さ~ん♪へ

コメントありがとうございます!
質問に対する回答は今回で最後です。
(時間とられてかないません)

基本は語り部がいう内容ですが、一応、裏らしきものは取っています。
それらを抜粋しますね。
ただ鹿さんがいうような文献というのは無いですね。
そういう歴史文献を廃却し歴史を改竄したわけですから
あと神社の伝承もこの政策に則って行なわれた筈ですから、あまり参考にならないと思う。
ですから、古代史はいきおいロマンとならざるを得ない。


> (1)「聖徳太子モデルは高向王こと「倭聖」で、幽閉され服毒暗殺され、女装させ父・祟峻の藤ノ木古墳に埋葬された」の文献・根拠を教えて下さい。

大聖勝軍寺には江戸時代迄、聖徳太子の毒殺絵巻が存在した。

江戸時代の山片幡桃が「ツイニ馬子、太子ヲ毒殺ス」と書いているんだそうだ。この太子毒殺説は河内の大聖勝軍寺の縁起絵巻にあったものという。
http://www006.upp.so-net.ne.jp/ashi/ashi/zakki37.htm

フェノロサと夢殿の白衣ぐるぐる巻きの秘仏
http://homepage3.nifty.com/btocjun/rekisi%20kikou/houryuuji/3-kuzekannon%20nazo.htm

耳飾りが発見された藤ノ木古墳
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E3%83%8E%E6%9C%A8%E5%8F%A4%E5%A2%B3

若草伽藍は現在の法隆寺のように真南を向いておらず、シリウスの方向を向いていた。景教(キリスト教)は救世主待望の宗教である故、現世の至高である太陽は崇めない。あくまで終末の時にやって来る「天の白き王」を崇める為、よって天空で一番青白く輝くシリウス信仰(星信仰)へとつながっていったのでしょう。誕生譚に「ベツレヘムの星」が出てくるように元々キリスト教は星信仰であった。

http://members.jcom.home.ne.jp/fuga-buriki-can/horyuji%20discussion1-data1-wakakusa-seiinn.htm


> (2)「インド系日本人なのはアユタヤ国王女・許黄玉(ホ・ファンオク)を妃にした首露王(倭旨)の初期大王家の血筋の者で、大伴氏、尾張氏、物部氏、宇佐氏、日奉氏、阿智祝氏...等の古代豪族なのだすよ~」の文献・根拠を教えて下さい。

http://red.ribbon.to/~menorah/ootomo.html


鹿さ~ん♪へ(2)

(つづき)

> (3)「蘇我氏は聖書のイエスの「我蘇り」から取られた架空の豪族で、モデルとなったのは出雲王朝末裔の葛城氏→鞍作氏であり、元々はエドム人であるアイヌ系の縄文人の一族で、この日本の家主みたいなものだす。」の文献・根拠を教えて下さい。

ペルシャ湾の漁師は伊勢の海女と同じくセーマン・ドーマンの護符を付ける習慣がある

一方で、五芒星を最初に使ったのは、シュメールであるとされウブと呼んでいた(BC3000)
古代ペルシャ湾ににて行われた漁法には、鉢巻きやヘラにセーマン(五芒星:護身の意)とドーマン(縦4本横3本の格子マーク:海の女神の意)という文様を付ける習慣があったともされている。

http://ameblo.jp/hex-6/entry-10734584745.html

> (4)「それは「淡墨桜」をターゲットにした「濃尾-白山-福井」に掛けて震央として起きるだろ」とのことですが、この白山は伊勢―白山道氏の本拠地だが、ここの大地震について何の神示もしていません。どうしてでしょうか?

それは偽だからじゃないでしょうか(爆)
大体が3.11すら当ててないだすよ~
「来年の春3月ごろには、また節目が来るかも知れませんが、なんとか泳いで行くでしょう。」という程度。

それよか、オイラがした「コルマンサイクルは当たるだすよ~」の内容の方がまだ当たってるだすよ~(爆)


> (5)「今の日本政府は福島サティアンでプルトニウムを生産して米国に売っている」とのことですが、証拠はありますか?

・イラクで使われた劣化ウラン弾は日本製
・核兵器は核弾頭が劣化するので取替が必要

証拠など出ようがないが、、、、
スリイーマイル原発事故で新規原発は凍結という米国事情。
日本配備している核爆弾には交換の手が廻らない。
日本国内での調達した方が安価。ただし流用は困る。
ならばイスラエルの会社に監視させよう。
といった感じでしょう。
これが日本政府が原発再開に躍起になる本当の理由だと思っている。

http://ameblo.jp/pinkglalem-kingfisher/entry-11194025799.html
調べれば一杯出てきます。

はなまるさ~ん♪

情報ありがとうございます!

> 先代旧事本紀大成経に、「三法とは儒・仏・神である」とあるようです。。。。。

調べてみましたが、先代旧事に確かにそうありますね。
ここに詳しくありました。

http://on-linetrpgsite.sakura.ne.jp/column/post_112.html
(蘇我氏が太子をという部分には賛同していませんが、、、)

なるほど、、、真意は三教ともに仲良くですか!

獣氏が光明氏に「生前なんと呼ばれていたか?」という質問は、ある意味、ひっかけ問題だったかもだす。
獣氏おそろしやw

No title

私も根拠はないですが、太子は蘇我氏ではなく倭聖大王説を支持してます。

因みに語り部(影武者さん)も「三宝とは儒・仏・神である」を言ってました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1071536590

No title

ヤッズさん、いつも丁寧なレスありがとうございます。

ウィキに『後漢書』辰韓伝、『三国志』魏書辰韓伝、『晋書』辰韓伝のことが載ってますが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%BE%85
これは古老から聞いたという話で、「自称している」と書かれているとおり、かなり客観性が心もとない話ですね。
隋書新羅伝によれば高句麗の王の部隊が辰韓の先住者を破り、そのときの王は百済人だそうです。
また、新羅の有力王族のひとつは日本人(倭人)です。

それと、新羅の大きさは時代によって違ってて、たぶん初期の大きさを言ってるのでしょうが、
その大きさは朝鮮半島全体の6分の1くらいか、あるいはそれ以下じゃないですか?
それに大きさだけ言って人口のことすら言わないのでは全然話になりません。
また、新羅は漢人だけで構成されていると言わんばかりのヤッズさんの主張は上に書いたように崩れてます。

それから遺伝子のグラフですが、これはどこが調査したものかすら全然わかりません。
こういうものは信用性が全くないので、根拠になりません。


>調べてみましたが、先代旧事に確かにそうありますね。

それは勘違いですよ。

先代旧事本紀大成経
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%88%E4%BB%A3%E6%97%A7%E4%BA%8B%E6%9C%AC%E7%B4%80%E5%A4%A7%E6%88%90%E7%B5%8C
>>>先代旧事本紀大成経(せんだいくじほんきたいせいきょう、先代舊事本紀大成經)は、
>>>『先代旧事本紀』を基に江戸時代に作られたと推測される偽書。
>>>この文献をめぐって「大成経事件」(先代旧事本紀大成経事件、伊雑宮事件)が起こった。


以下のサイトに詳しい経緯が書かれてます。
『先代旧事本紀』と『大成経』
http://www.mars.dti.ne.jp/~techno/column/sendai.htm
>>>幕府による弾圧の後、多くの学者たちが『大成経』の偽書たることを論じ続けてきた。
>>徳川光国をはじめとして、吉見幸和、多田南嶺、伊勢貞丈、本居宣長、平田篤胤、橘守部・・・
>>だが、こうして学者たちが繰り返し、偽書たることを強調したというところに、
>>かえって『大成経』の反響の大きさをうかがうことができよう。


>名前が怪しいかどうかは主観でしかないし、
>「八の頭」なんてヤマタのオロチみたいでかっこいじゃあ~りませんか!

そうですか?「獣」を名乗るなんて誰に聞いても怪しいと言うでしょうから、
客観的かもしれませんよ。ヤマタのオロチの敵はスサノオノミコトという日本神話の神。
「八の頭」を名乗るのを日本を敵とする意味を名前に込めているのかもしれませんし、
あるいは八人のチームを意味しているのかもしれない、と思ったりするわけです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

聖徳太子架空説

>オイラは一般的な「仏・法・僧(僧伽=教団のこと)」だと思っていますが

私が読んだ、牛山火壱著「聖徳太子から小沢一郎までー日本に忍び入るユダヤ」の中でも、
三宝は(仏・教典・坊さん)と書かれてましたね。
「先代旧事本紀」についても記述がありましたが・・・

しかし、鯨統一郎さんのユニークな話が満載・「邪馬台国はどこですか?」の中の”聖徳太子はだれですか?”で、聖徳太子が架空の人物で、蘇我家が大王家であったことを石渡信一郎という研究者が指摘していたと述べられていて、架空説はそれが始めじゃないですかね?!

この石渡信一郎さんは、「古事記」および「日本書記」に記されたアマテラスを皇祖神とする万世一系天皇の歴史を根底から覆した在野の古代史研究家らしいですね。
応神天皇は百済系集団の始祖王・昆支(こむき)であると主張
著書はまだ読んでませんが・・・^^;

パパラッチさ~ん♪

コメントありがとうございます!

>新羅は漢人だけで構成されていると言わんばかりのヤッズさんの主張は上に書いたように崩れてます。

漢人だけで構成とは一言もいっていませんよ。国の線引きはその民族の広がる範囲にするというのがもっとも合理的な選択肢であり、その範囲が単に一地方レベルではなく広大であるので、多くの秦人が半島に流入しただろうと想像できると言っているだけ。また、「倭人=日本人」としているようですが、倭人で日本人になった者はいますが、倭人=日本人ではありません。

「倭人=長江出身の中国人」であり、東アジア海域に多く分散して分布。その定住先の1つが日本列島であり、それが邪馬台国を形勢したと見ています。であるからこそ、卑弥呼が「親魏倭王」という金印を貰った。弥生人というのは彼ら倭人のこと。倭寇として海を行き来していたので、当然、半島にも多くが定住。広開土王碑で「多くの倭人が新羅に侵入し、更に帯方地方に侵入してきた」と記されている倭人が彼らであり、必ずしも日本列島の人間を指しているわけではない。

http://www.peoplechina.com.cn/zhuanti/2008-10/28/content_159390.htm

今言った泰人や倭人が多く半島にいたからこそ、中国系の血がもっとも多いだろうと見ているわけです。



> こういうものは信用性が全くないので、根拠になりません。

では、逆に「エベンキ=韓国人」だという「信用性のある」遺伝子的証拠の提示を願います。



> それは勘違いですよ。

先代旧事本紀大成経のつづりが長いので「先代旧事」と書いたまで。
紹介したURLを読めば、それが「先代旧事本紀大成経」を指していることは容易に分かると思ったからです。

あと、それが偽書では?という話は改めて指摘されるまでもなく知っています。ただ、ここでは獣氏が三宝を「神・儒・仏」とした根拠は何か?ということが論点であり、それがどうも「先代旧事本紀大成経」だろうということが分かっただけです。獣氏が偽書の噂がある文献の記載内容を何故正しいとし採用したかまではオイラには分かりません。それはオイラにではなく獣氏に質すべき内容だと思いますよ。

オイラの「三宝」の認識は「仏・法・僧」程度の一般レベルであることは先にも書いています。



> そうですか?「獣」を名乗るなんて誰に聞いても怪しいと言うでしょうから、客観的かもしれませんよ。

「誰に聞いても、、、」
だから、それが主観だと言っているんだが、、、
主観の寄せ集め=客観ということですか?
厳密に言えば、客観とは観察者からではなく、対象物(客体)から見た認識のことですよ。
そこに人の意識の関与(特に主観)はないのです。


>八人のチームを意味しているのかもしれない、と思ったりするわけです。

文字通り八人の頭を意味してる(ふふふ)。
つまり、多面的な見方をすることを暗喩させているだけw

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ヤッズさん、レスありがとうございます。

「倭人(日本人)」と書いたのは厳密な意味での倭人=日本人という意味で書いてるのではありません。それはヤッズさんが「倭人=長江出身の中国人」というところの「中国人」を厳密な意味で使ってないのと同じです。そもそもその長江にいた人たちと、そのもっと北にいた人たちを同じ中国人でくくってしまうのは、倭人=日本人よりもっと乱暴なくくり方です。そして「中国系の血が多いはず」と言うのは、もっと問題のある言い方になります。

>>逆に「エベンキ=韓国人」だという「信用性のある」遺伝子的証拠の提示を願います。

それがわかってればこちらからもう出してると思いますが。ただ、出元すらわからないものを根拠にされるのは情報リテラシーとしてどうかということです。ただ、ヤッズさんはそういうこともわかっててわざと出してると思いますが。(ニヤリ)

>>厳密に言えば、客観とは観察者からではなく、対象物(客体)から見た認識のことですよ。

「客観」ではなく「客観的」と言ってます。「客観的」の意味は
1 主観または主体を離れて独立に存在するさま。⇔主観的。
2 特定の立場にとらわれず、物事を見たり考えたりするさま。「―な意見」「―に描写する」⇔主観的。

>>紹介したURLを読めば、それが「先代旧事本紀大成経」を指していることは容易に分かると思ったからです。

いいえ、わかりませんでしたけど。

>>文字通り八人の頭を意味してる(ふふふ)。
>>つまり、多面的な見方をすることを暗喩させているだけw

対象分野の広さについては8人の頭という名前にふさわしいですが、多面的な見方かどうかとなると私の意見のようなものまで提示してないとちょっとどうですかね?なんか言い合いに近くなってきたので、これにてレスを終わりにさせていただきたいと思います。ヤッズさんのブログは面白いんだけど、十分な知識なく読んでしまうと危ないブログです。

No title

ヤッズ★さん

ご丁寧なご回答ありがとうございます。
ほぼ連日の記事コメント投稿でご多忙の折り、申し訳ありませんでした。
今後は質問を控えるようにしますが、記事に関しては可能なかぎり他ブログ、著書等の出典紹介をお願いします。
「そういう歴史文献を廃却し歴史を改竄したわけですから。あと神社の伝承もこの政策に則って行なわれた筈ですから、あまり参考にならないと思う。」とのことですが、
だからこそ伝承改竄されていない地方の記紀以前に創建された神社伝承を調査分析した「古代日本正史」原田常治説は、既存のアカデミズムに認知されず一般国民に周知されていませんが、一つの仮説として認知されています。
更に鹿島昇氏の古代史説も出典不明なところがあり突拍子もない説と思われているが、ある程度の評価はされています。
従って、語り部は記紀以前の門外不出の家内伝承資料により独自の古代史観を展開しているようですが、「古代日本正史」原田常治説にならって、その家内伝承資料作成した先人の思い、つまり『いつの日か世に認められたい』を叶えるためにも広く公開活動して一つの仮説として認知させるべきと思います。

◎「聖徳太子モデルは高向王こと(倭聖)で、幽閉され服毒暗殺され、女装させ父・祟峻の藤ノ木古墳に埋葬された」と「蘇我氏は聖書のイエスの(我蘇り)から取られた架空の豪族....」は語り部説のせいか根拠不明で理解できません。
◎「けんのブログ」の家系図は一つの仮説として参考になりますが、金首露王....女子(藤原宇合室)....女子(源満仲室)....源頼信....源頼朝とあり、ビックリですね。
◎Pinkglalemのブログはおもしろいですね。いろいろな知見が繋がってきます。 
◎「プルトニウム生成工場としての福島原発」において、
・JCO東海事業所臨界事故は中性子を取り出す作業中の事故で中性子爆弾を作っていた。
・実は自衛隊は、化学兵器や生物兵器、核兵器も既に、装備している。
⇒⇒核実験なしなので、アメリカから導入したのかな。
・福島原発の使用済み核燃料は、現地で再処理(プルトニウム濃縮)され輸出されていた。主な輸出先はアメリカ。その他ソ連や世界各国も直接なり間接なり顧客にはいた。
⇒⇒福島原発4号機で再処理していたのかな。青森・六ヶ所村の使用済み核燃料再処理工場がうまく稼動しないのはウソでカモフラージュなのかな。
これだとアメリカが福島原発事故を起こすメリットがないが、濃縮プルトニウムをイランに売り込もうとしたので、原発管理のイスラエルの会社(MAGNA bsp)のテロ行為で福島原発事故が起こった説があるのは当然かな。
上記は日本国民が知らないだけで世界の政治・軍事常識であろうが、日本が開き直って核武装表明するのは何時になるのか関心がありますね。
この度、原子力基本法の「安全確保」に「安全保障」、宇宙航空研究開発機構法の「宇宙開発」に「軍事目的」が追加改正されたのは核武装表明の準備かな。

当初ヤッズ★さんの陰謀カテゴリー記事を全て読みましたが、最近未分類にも興味が出てきたので最初の「2009/02/17これマジ?!」から読み始めていますが、五井野正博士の記事があったのでビックリしました。
小生も最近 万能薬GP(五井野プロシジャー)で五井野正博士を知ったのですが、これほどの大天才が日本人にいるとはほとんどの日本人は知らないですね。正に南方熊楠の再来のようですね。
ヤッズ★さんもいろいろな分野の豊富な知識と情報、そして鋭い独特の解析・分析力があり、更にブログ読者を惹きつけるうまい表現力がありますね。但し、小生はK-POPは嫌いですが。。。。。
今後ともブログ読者を堪能させる刺激的な記事を期待しています。

No title

>>ヤッズ★さんもいろいろな分野の豊富な知識と情報、そして鋭い独特>>の解析・分析力があり、

横レスですが、そういうヤッズ氏が朝鮮人とエベンキ族の関係については無茶苦茶な論理を展開しているのはなぜかと考えたときに、毎度おなじみのK-POPの宣伝と照らし合わせると、韓国の利益がまず第一というスタンスをとっていることがわかります。K-POPがなにかを示唆しているからというのは見せかけの理由でしょう。
そのようなスタンスで書いているヤッズ氏が述べる日本の歴史は、韓国の都合のいいように捻じ曲げようとするだろうことを想定に入れるべきだと思います。

聖徳太子とルシファー

聖徳太子が「インド系日本人」と言っているのは、獣氏ではありませんよ!
ヤッズ説と同じく、百済経由の渡来人がモデルだと思っています。

倭聖かどうかは分かりませんが、倭聖が仏教排斥の景教信仰者だとしたら、それは蘇我氏に当たるのではないでしょうか?
獣説では、蘇我馬子は聖徳太子を構成する1人らしいです。

先代旧事本紀大成経が正史だとは言っていません。
しかし、それを言うなら古事記や日本書紀も同じです。
等価に検証するべきだと思っています。

三宝が「仏法僧」であることは知識で知っていますが、なぜ「仏教・儒教・儒教」と書いたのかは分かりません。
半分以上は無意識に書いているので、直感か記憶(潜在意識)から出てきたものです。
今「三宝 仏教 神道 儒教」で検索すると出てきました。

日本政府自体、オウムの黒幕……について
日本政府がオウムの黒幕ということはありませんが、日本政府(民主党)とオウムの黒幕は同じです。
かつては自民党の黒幕も同じでしたが……。
○○○に資金援助していたのも、その黒幕の提携団体なので、麻原が死刑にならないのは当然です。
このまま体制が変わらずに日本政府が崩壊し、経済も破綻しないと、新たな体制は構築できないと思います。
現状を良くしようと思っても無理ですね。
良い意味で、諦めましょう!
そうすれば希望が見えてくるかも知れません(笑)

ちなみに、獣という名前の由来は、黙示録の「獣=666=ミロク=反キリスト」らしいです。
イエスは「キリスト」を名乗る者は「偽者」と言っています。
獣氏は悪魔崇拝者らしいですが、「悪魔=ルシファー=竜=国常立尊」ということらしいです。

エバンゲリオンと聖徳太子

『大和民族大移動』
*日本書紀編集者の良心の呵責を見抜いた石渡信一郎と林順治*

失礼無礼きわまりない話ですが、あなたが家系図を作成するとして、
実は、あなたのおじいさんが泥棒だったら、あなたはどうしますか?
昭和18年に隣の酒屋から酒5升盗んだ人だと正直に書けないですね。
でも、良心の呵責から、なんとかして泥棒行為を書き残したいですよね。
簡単です。じいさんに弟があり その架空人物が、盗んだ事にしましょう。
おっと、じいさんの弟はお墓が無くばれますね。では干支60年古くして
明治16年に、ひいひいひいじいさんの妹の夫が盗んだ事にしましょう。 

書紀は天皇様の見事な万世一系の家系図を書いた推理小説です。
太古から日本を統治していた事としたい。でも本当の事も書きたかった。
そのため、架空人物を多数創造した。時代も原則60年単位で古くした。
これが、真実を残すために書紀が取らざるを得なかった編集方針です。
もちろん、真実そのままの事も、どうしても書けない真実もありました。

では、架空実在人物が新旧入り混じった小説からの真実の救出法は?
 ①実在したご先祖のお墓や使用物の年代を正しく求めましょう。
 ②貴重な金石文を正確に読みましょう。
 ③地名や人名の語源を冷静に考えましょう。
この3つを追求整理したあとで 初めて日本書紀を読むべきですね。

石渡信一郎は、まず先に、上記①②③を 徹底的に、探究しました。 
①古墳や須恵器・土師器・埴輪の絶対年を正しく定めました。
 (過去の気象や磁気の変化を考古学の原則で追及した後に)
 例えば、弥生後期(5期)は260年頃から350年頃までとしている事
  及び 稲荷山古墳550年頃 で、鉄剣の辛亥年=531年
②七支刀・隅田八幡鏡・武寧王陵碑・稲荷山鉄剣を正確に解読した。
 (すみません。解読結果詳細は石渡氏と林氏の本を読んで下さい。)
③地名人名の語源を音韻変化の基本原則にのっとり追求しました。
 韓(カラ)⇒加夜(かや)・軽(かる)・茶屋(けや)・秦(はた)
大韓(カカラ)⇒大軽(おおかる)・各羅(かから)
南韓(ナムカラ)⇒難波(なには)・長柄(ながら)・中(なか)
東韓(スカラ) ⇒菅谷・早良(さわら)・日十(そか)・蘇我(そが)
大東韓(カスカラ)⇒飛鳥・春日・足柄・橿原・八幡(はちはた)
大東韓(キスカラ)⇒一須賀・石川・鬼前(きせ)・去来紗(いざさ)
大東韓(クスカラ)⇒樟葉・太秦・宇治(うじ)・太(ふつ)
昆支(コンキ)  ⇒誉田(ほむた)
  
今では信者のむらかみからむですが、石渡論の理解に半年以上です。
通説の古墳年代の根拠を知らず、通説年代は当たり前の事でした。
即ち、誉田山も大仙古墳も5世紀初頭と 無意識に思っていました。
さらに、百済皇子余昆が書紀では昆支だという事を忘却してました。

その昆支が倭の5王の武で、誉田山古墳に眠る応神でもある。
その弟が継体であり仁徳でもあり仁徳から武列までは架空である。
獲加多支鹵は欽明であり継体の子ではなく昆支の子である。
その息子がアメノタリシヒコで用明で蘇我馬子で聖徳太子でもある。
とくれば、なんでもありの飛んでも説をよくもここまでまじめに書くなあ。
石渡信一郎も林順治も トンデル人だ。と思ってしまいますよね。

しかし、音韻変化の原則から『飛鳥の語源は大東韓(かすから)だ』
の説明を熱心に 語っている文章の迫力には心を打たれました。
で、稲荷山鉄剣の辛亥年=531年で古代史を語る人は誰もいない。
の文章を読んだ時、この理論が他説を圧倒する事に気づきました。
通説の古墳年代を無意識に受け入れていた私がトンでいたのです。

なんと、小6の私の息子の社会の参考書にも書いてありましたが、
通説は稲荷山鉄剣の獲加多支鹵大王を書紀の中の雄略大王として
辛亥年=471年としてた。これを絶対基準に古墳年代を決めていた。
ワカタケルは大泊瀬幼武じゃない可能性の追求が甘いままでした。
おかしな話ですよね。書紀の記述が真実かどうか検討しているのに
書紀の記述の大泊瀬幼武の実在は真実からスタートしていたなんて。

結果的に、通説での全古墳の絶対年は60年以上古すぎたのです。
4世紀前半は弥生時代で、古墳時代はAD350年からなのです。
これは寒かった弥生後期5期が260年~340年頃でも裏付けれます。
『通説の古墳年代を 60年以上新しくして古代史を見直すべき』
との提案が石渡説の基本で他説との相違点で最重要ポイントです。
これが理解できないと石渡論はトンでる空想物語になります。

では、531年の根拠は?『完本聖徳太子はいなかった760円』より
①草冠ぬきの獲の字は 中国でも6世紀に初めて使用した。
②発掘関係隊長の斎藤忠も副葬品(銅わん等)から 531年説。
③稲荷山古墳と同年代の野々上窯の熱残留磁気測定結果。
④少し新しい江田船山古墳履が武寧王の墓の履と文様が似る。

石渡論は辛亥年=531年で須恵器や土師器や埴輪の年代を求めます。
典型例は『須恵器大成(田辺昭三)』を60年新しくしている事です。
で、全国の主要古墳年代を通説より基本的に60年新しく求めます。
さらに古鏡&刀の金石文と中国の文献で実存した人物の中から
その生存&死亡時期と照らし、各々の古墳披葬者を選び出します。
これで書紀に全く頼っていない石渡論の基本年表が完成します。

古墳------年代----被葬者
①箸墓-----385年頃-倭王旨(七支刀)   
②渋谷向山古墳-410年頃
③行燈山古墳--430年頃-倭王讃(宋書)
④五社神古墳--440年頃-倭国王珍(宋書)
⑤中ツ山古墳--450年頃-倭国王済(宋書)
⑥石津山古墳--475年頃-倭国王興(宋書)
⑦誉田山古墳--510年頃-倭王武・余昆(宋書)・日十(隅田鏡)
⑧大仙古墳---520年頃-男弟王(隅田鏡)
⑨見瀬丸山古墳-570年頃-獲加多支鹵(稲荷山鉄剣)
⑩太子西山古墳-585年頃
⑪石舞台古墳--620年頃-阿毎多利思比孤(隋書)
⑫天武陵(旧)-645年頃-ワカミタフリ(隋書)
⑬持統陵(旧)-645年頃

で、ここから初めてこの年表を書紀の記述と照らして検証していきます。
このとき、先述の音韻変化の原則から求めていた語源が役に立ちます。
コンキ⇒ホムタ や スカラ⇒ソガ や ウズ⇒フツは典型例でしょう。
こうして以下の本当の大王様の家系図の一覧表が探し出せました。

古墳---被葬年-本名-書紀の中の名前【家系図】
①箸墓---393-旨-ミマキイリヒコ【初代】
②渋谷向山-409-?-イクメイリヒコ【①の子】
③行燈山--438-讃-イニシキイリイコ【②の子】
④五社神--442-珍-ワカキニイリヒコ&ワカタラシヒコ【③の弟】
⑤中ツ山--462-済-ホムタノマワカ&尾張連草香【③の孫】
⑥石津山--477-興-カワマタナカツヒコ&凡連【⑤の子】
⑦誉田山--507-武・日十・余昆-昆支&ホムタワケ【⑤の子の婿】
⑧大仙---531-男弟-ヲホト&オホサザキ【⑤の子の婿。⑦の弟】
⑨見瀬丸山-571-ワカタケル-アメクニオシヒラキヒロニワ&蘇我稲目【⑦の子】
⑩太子西山-585-?-ヌナクラノフトタマシキ【⑨の子】
⑪石舞台--622-アメノタリシホコ-タチバナノトヨヒ&聖徳&馬子【⑨の子】
⑫旧天武陵-645-ワカミタリフ-善徳&蘇我蝦夷【⑪の子】
⑬旧持統陵-645-?-蘇我入鹿【⑫の子】

大和民族は『うるわしの土地』を求め大陸から大量に移動してきました。
まずは西暦330年頃から半島南部を、460年頃からは百済を通って。
1回目の代表は旨(崇神)、2回目は武(応神)&男弟(継体)です。
で、各々の起因は1回目が楽浪郡の崩壊、2回目は高句麗の南下です。
書紀の隠したこの事実は、現代日本人には小説(書紀)よりも奇です。
というより、受け入れがたく、石渡論を無礼者と思いますよね。

しかし、考えようによっては当たり前だったのではないでしょうか?
大陸は寒かった。温暖な飢えない日本列島は『うるわしの土地』だった。
新羅を置き去り、自ら大和民族大移動し、海を渡り来ていたのですよね。
さあもう21世紀です。石渡論が世に出て4半世紀も経ってしまった。
ぼちぼち古墳を60年新しくして、真実を考え、受け入れませんか?。

隣家の酒樽から酒5升分のお金が入ったじいさんの名前の財布が
見つかった。稲荷山古墳の鉄剣・隅田八幡鏡・七支刀のことですよ。
じいさんはお酒を飲んでお酒を買いに行き転んだ。よかった。無実です。
ひいひいひいじいさんに妹夫妻はいなかった。雄略大王もいなかった。

まだまだまだまだ書きたいことありますが 最後にまとめを書きます。

石渡論は古墳年代を正しく求めスタートします。そのあとで書記です。
ところが 不幸な通説は架空雄略大王の実在からスタートし迷走中。

石渡信一郎が真にすばらしいのは 日本書記の編集者たちが持つ
・ひとりの実在人物をふたり・さんにん・・と分けざえるを得ない苦悩。
・架空大王をひとりふたり・・30人31人と創造せざるを得ない苦悩。
・時代を60年120年180年240年・・神話へと古くせざえるを得ない苦悩。
すなわち、『真実が書きたい』と言う叫びを痛切に理解している事です。

見事な万世一系の筋書とは異なる飛んでた真実があるのだから
書紀は真実を書けば書くほどでたらめになる自己矛盾を持つ。
書紀は でたらめではない。でたらめにならざるを得なかった。
石渡説がトンでるのではない。飛ばされた真実を探しているのです。
『飛ばして申し訳ないという良心の呵責を持った家系図』も眠るはず。
これを見抜き信じるから、真実が救い出せるのです。すばらしいです。

私は近日、以上を前書きに『大和民族大移動』という本を買きます。
石渡信一郎を東大か京大の古代史教授に推挙するために。。で、
副題は『書紀編集者の良心の呵責を見抜いた石渡信一郎と林順治』

で、アメノタリシホコは
蘇我馬子であり
用明天皇でもあり
聖徳太子でもあります。

この4名は 実は たった一人の実在人物です。

とにかく皆さん 両先生の本 読んで古代史考えましょう。で、早いのは、
『古代史の謎を探る』か『倭韓交差』か『むらかみからむ』でネット検索。


尚、ムラカミカラムは パチンコは エバンゲリオンしか しませんが
石渡説で最も大切な数字 531(辛亥の年)は
パチンコ エバンゲリオンでも 最も大切な数字です。

で、ロンギヌスの槍も好きです。

聖徳太子にショッカーですか・・・・

 管理人さん、皆さん、こんにちは。


 まず「聖徳太子」の正体ですけど、私から見れば、やはり「日猶同祖論」的な物を感じずにはいられないと思います。

 というのは、まず、生まれた場所がイエス・キリストが「馬小屋」で、聖徳太子は「馬小屋の前で産気づいた」とありますし、最近では聖徳太子事態が「実在しなかった説」が出てきており、やはり・・・・

「神道=失われたアーク+イエス・キリスト磔刑十字架」

・・・・を裏付けるための「ヒント」として設定された可能性があるかも知れません。


 次に「悪の秘密結社ショッカーの黒幕=日本政府自身」という説は、確かに興味ある話だと思います。

 というのは、原作者の石ノ森正太郎氏が「戦後の日本には米国(=フリーメーソン)が寄生してしまった」を暗喩的に表現しようとした可能性があるかも知れません。

 確かに、日本の戦後は「米国に居座り続けられてしまっている」ことは事実ですし、それを打開して米国を追放しようとして「核武装」を行ったが、結局バレて「御巣鷹山」を起こされてしまい、逆に現在まで「思いやり予算」を搾り取られ続けてしまったと言う話を聞いたことがあります。


 もうすでに今の日本は「末期スキルスガン患者」ですから、右寄りな連中が「日の丸・君が代」という名のモルヒネを投与して延命を図ろうとしているようですが、私は絶対にこれはだめかもわからんねと思います。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。