アイタタの光明本、ヤッズ★をタイ流に走らす

話題の本『2013年からムー大陸の再浮上が始まります』を買いました。どういう根拠から地震発生時期を述べているのか?、デスノートとはいったい何か?が非常に気になっていたからです。

一応、震災関係をメモしておくと、、、

・7月…東海・東南海・南海地震
(1~2ヶ月以内に連動して富士山噴火)
・8月…に東京湾直下型地震
・10月…九州西部で地震
・1月と2月…北海道と東北に地震

・2012年夏に中東で戦争(英米/EU/イスラエルvs露/イラン/アラブ諸国)
・英米/イスラエル側が勝利し、英国が盟主の座へ
・2012年イエローストーン噴火を契機にポールシフト
・オレゴン/ワシントン/ネバダ/カリフォルニア州の大部分が沈没
・英仏ロスチャ間の戦いから英仏100年戦争が再来
・英国が負け消滅(仏に併合)
・世界人口は7億人へ減少
・日本1億人、ゲルマンスキタイの独仏1億人が生存
・千年王国の盟主は日本
・2020~25年に「メシア宣言」


大まかな感じはオイラの洞察と似ています。実は、少し期待していたのですが、オイラ的には内容はアイタタでした。

というのは、聖書を「善」と捉え、ガブリエル、ミカエル..等が出てきて神の言葉を伝えますが、「改心せず、神の御心に適わなかったので、ハードランディングは決まった」のだと宣う。霊人(高級霊)に従い神への信仰(=心に神を常に感じること?)を説き、地球に意識があってその揺り戻しが今後起きる災害の原因だという点、「善」と「悪」とに分ける二分化の点、質問に対し「そうだ」としか答えない自称天使、、、、これらは物質世界を自己の内面世界とみる「変換人型ゲシュタルト」、聖書はシュメール神話の盗作改竄品、災害は自我発展の必然の帰結、善と悪は表裏一体の裏表、天使や宇宙人はオコツトやユミットのように人類脳では理解不能な内容を能弁に論じるのが本物、と考える煩フルとは水と油だすな。こういう手合いの本は苦手だす(滝汗)。

スピには霊人の吐く「白い嘘」というのがありますが、予知予言が外れた場合、こういった霊人はダンマリを決めこむといいます。この予言、果たしてどうなるでしょうか?

あと気になる点は、ミカエル、ガブリエルという天使の大名跡やアカシックレコードを使っている点自体にもあまり好感が持てません。こういった場合、読者は防衛策として敢えて名称を変えて読んだ方がいいかもしれませんね。重要なのは名称よりもその語る中身ですから。

オイラが規定する神は創造神であって、単に「授与」だけを施す究極実在ですが、この本の神は裁きをします。ヤハウェやエンリルのような存在なのです。グノーシスがいうところのデミウルゴス。災害タイムラインやデスノートが登場していますが、これ自体、非常に恐怖を煽る内容であり、その後の「至福千年王国」も現時点で考え付く文明レベルであって、天使が語ったにしては非常に人工的な組み立てというか人間臭く唯物的です。この点が非常にひっかかりますね。この予言内容は自称・高級霊の自陣営へのエンロール(勧誘)と見えない事もない。

まぁ、上記の日本での災害時期は多分外れるでしょう。

オイラはシドニーのオカマの霊能力者の霊視内容を参考にしていますが、多分、先に起きるのは東北アウターライズか房総沖でしょうね。その影響で関東圏が閑散化し、その後に関東直下だと思っています。

かといってムー大陸浮上までを否定するつもりはなく、この本を根拠とせずとも、オイラがムー大陸浮上と言っているのは、日月神示と『2002年 ムー大陸大浮上』を著した広瀬謙次郎氏の予言から導いた結論からなのです。広瀬氏は1980年代にこの本を著しており、2002年という箇所は外してしまいましたが、他にもムー大陸浮上は白鳳アセンション忍者、天皇の国師・三上照夫氏も同様のこと述べていて、いづれもが「2016年浮上」としている。う~む、本はここから参照にしたのだろうか?

**************************************************
彼はこの世の終末に世界は地球的地殻変動を経て、陸地が海底へ、海底が陸地へと変貌する。この時、日本列島は一時沈んだように見えるが、再び地上に上がる。この先駆けは三宅島以南の伊豆諸島に現れるという。伊豆諸島が火山活動を始め、それがきっかけとなって、ムー大陸が上昇してくる。....彼は幽体離脱をしてこの状況を何度も天使によって見せられたという。
(広瀬謙次郎・著『2002年 ムー大陸大浮上』)


■宏観画像情報掲示板
http://8544.teacup.com/tokaiamagazou/bbs/186
**************************************************

う~む、ここにも天使が登場する(汗)。
浮上の起きる展開順はこれでいいでしょう。

で、世界の多くの大陸は、ノアの洪水時のように海中に沈すると考えている点はオイラと同様です。ただし、この消失はアセンションする日本側から見てディセンション側が目に見える形で起きる現象であり、きっと中国側からは白洋の中に日本が消えてなくなったように見えるでしょう(あはは)。

広瀬氏が「日本列島は一時沈んだように見える」っていう点が気になります。
いったい、どこまで水没するのだろうか?

洪水といえばタイですね。タイは洪水で国土の2/3が水没しましたが、まぁ、何とか生き延びています。日本もそんな感じになるのでしょうか? タイも日本同様、大災害の洗礼を受けており、また非常に親日な国家で、日本企業が多く進出していることもありますが、「近しさの法則」からもある意味、日本と同様な道を辿る国だろうと睨んでいる。

そして今、中国では韓流からタイ流にシフトが始まったというが、その切っ掛けがあるKPOP歌手の発言(タイの洪水を笑いのネタにした)からだという。実際、現在の日本もあのKPOP怒涛の奔流が下火になってきており、日本でもタイ流始動の予感がヒシヒシとする。

その1人がパルコのCM出演しているNewwy(ニウィ)。モデル、女優、歌手...等、マルチに活躍しているという。



タイ人といえば、ネプチューンの名倉の顔がまず思い浮かんでしまうのですが、こんな娘ならチュウしたいだす~。

続いては、リアル江口愛実の誉れ高いPango(パンゴ)。



えぇだすな、、、(ヨダレ)

両者に共通するこの癒し感はタイの特徴でしょうか? KPOPの人工的で騒々しいヒップホップの音楽に食傷気味の今には丁度よい感じです。

オイラは台流の方が先に来ると予想していましたが、こりぁ、タイ流(泰流)の方が先に来そうだすな。いづれにせよ日本はアジアの一番いいものが寄って来る市場に変貌していく。これがムー大陸浮上の予兆でもあるが、「八紘一宇」を標榜し欧米の帝国主義の呪縛を解いた旧日本帝国の版図と同じである点も興味深い。
※註 少女時代の米国デビューは惨憺たる結果でしたが、あのキュートでシンクロしたダンスは欧米、特に米国では一般受けしないだすよ~。ソシはアジア的心情=萌え文化圏のアジア市場で活動するのがいいと思う。
スポンサーサイト

Comments

DONNA SUMMERが亡くなりました。
「どんな夏」かな、、、と神が日本人に警告してくれている気がしてなりません、、。
ちょっと前は日本刀を使った事件で捕まった犯人の名は「一二三」でした、、。
悲惨な高速バスの事故の運転手の名前は「化山」でした、、。
何かこれでもかと神がハッパをかけている気がしてなりません。ハッパ、、、まさかの8月8日?!

買っちゃったのね

ヤッズさん、こんばんは。いつも楽しく拝見しています。で、光明さんの本を買ったのですね(笑)。天下○平さんの紹介文読んで、あまりの臭さ(人間型ゲシュタルト臭)に思わず鼻をつまんでしまった私です。あのテのスピはめんどくさくてしんどい(汗)。
ヤッズさんの記事で美味しい空気吸えて良かったっす(笑)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

誕生日占いなんかを見ていたら「ドリームスペル」というサイトにたどり着きました。

2011年3月11日を検索してみました。

KIN77
赤い水晶の地球

【キンの書】
私は発展させるために捧げる
共時性を普遍化しながら
舵取りの母体を封印する
協力の水晶の音で
私は普遍的な水の力に導かれる
私は銀河の活性化の正門 私に入りなさい

No title

天国へようこそ - 空が鳴っている
http://www.youtube.com/watch?v=QJgMn270zD4&feature=related

No title

ヤッズ★さんが紹介した1986年上梓の「2002年ムー大陸の大浮上」広瀬謙次郎著をさっそくAMAZON経由で古本倉庫ドットコムから中古価格1円(配送料250円)購入して読んだが、上梓直後のソ連崩壊と冷戦終結、EU拡大の欧州統合と共通通貨ユーロ導入、911テロ、311大震災・原発放射能事故、湾岸戦争・イラク戦争などの世界的大事件を霊視・予言できておらず、肝心な下記の未来史も全く当っておらず、これは妄想・妄言たぐいの馬鹿馬鹿しい霊視・予言ですね。

「1988-2037年の未来史」
1988年 地球カタストロフィーの開幕、中国とベトナムの東南アジア大戦、
      日本クーデターで準軍事内閣、アメリカ大統領暗殺、メキシコ・インド洋西部沖大地震
1992年 ベスビアス火山の大爆発、癌の特効薬「ゲルマニウムマイシン」普及
1994年 カリフォルニアの大地震と日本列島の完水
1998年 世界最終戦争の勃発
1999年 ハルマゲドンと地軸の大変動
2002年 ムー「ヤマト」大陸が浮上を開始する
2005年 ムー「ヤマト」大陸の人類救出作戦
2015-2037年 地球連邦から宇宙連合へ

しかも、ムー「ヤマト」大陸はチャーチワードのムー大陸にそっくりだが、その違いは、日本列島の九州・薩摩半島の南端から沖縄、台湾、フィリピン、ニューギニアまでが陸続きとなり、さらに日本列島の紀伊、伊豆の両半島から南部が大隆起して太平洋上の巨大大陸「マリアナ、フィジー、パラオ、サモア、タチヒ、マルケサス、イースターが隆起」につながっており、それらに囲まれるフィリッピン海プレートは浮上していない。
これはヤッズ★さんの「ダイヤモンド」の正反対ですね。

『2013年からムー大陸の再浮上が始まります』を発注済みで入手待ちですが、光明予言はこれから2~4ヶ月以内に判明するので、興味津々ですね。
但し、以前にコメントしたデスノートと地震の状況が当らないことを願うばかりですね。
◎「8月のある日」に「海ほたるを震源地とした東京湾直下型地震」が「ある規模」で必ず起こり、デスノートのような物が存在していて、今現在だと8月の東京湾直下型地震の死者数
1 ペン書き(確定分)1000万人
2 鉛筆書き(概定分)500万人
3 未定書き(未定分)500万人
の三段階に区分されて、5月31日で確定するそうです。つまり、関東の3500万人の中で上限2000万人の死亡者が出そうです。
5月に緊急出版に至った経緯には、そんなところにもあるようです。
→これは東京湾直下型地震だけでこんなに死亡者被害が発生するはずがなく、同時に発生する福島原発4号機爆発の放射能被爆死亡者の総計でしょうね。。。。

以上を考察すると
◎5月21日の金環日食のストレスで、7月に南海・東南海・東海地震の連動型地震が誘発され、8月15日の終戦記念日に「海ほたる」基礎工事中に仕込んだ小型核爆発で東京湾直下型地震を誘発し、同時に福島原発4号機を爆発させて放射能と地震で首都圏壊滅し、ダメ押しとして9月に活断層に仕込んだ小型核爆発で富士山が爆発して日本滅亡を図るストーリーか。。。。国際金融資本とアメリカによって。。。。その前に日本国債の空売りと、日本株のかさ上げと空売りで大儲けを企むはず。。。。。「海ほたる」建設したのは米ベクテル社主導であり、富士山麓の米軍演習場直下に活断層があり小型核爆弾を仕込み済みか。。。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ただ・・・・7月に予言が集中しているのも事実です

 管理人様、皆様、初めましてこんにちは。

 実はその本、私も拝見させていただきました。

 確かに、最近になって「今年夏の6月下旬~7月中~8月まで」の期間に大震災の予言等が集中していることも事実ですし、実際に科学界でも、千葉県房総半島沖が地質構造的に非常に危険になってきているという指摘がされているので、南関東在住の私にとっては非常に恐ろしい毎日毎夜を送っております。

 もし、房総沖が「爆発」してしまったら、容易に「房総→関東→東海→東南海→南海→九州東方沖」まで連鎖爆破してしまうことは明らかであり、さらに、東京直下の断層を怒らせてしまうことも十二分に考えられます。

 あの311の時でさえ、東京湾内にまで津波が到達していたのですから、房総・相模湾震源の場合は南関東壊滅は確実であり、すでに南関東在住の私は巨大津波の餌食になってしまうことも覚悟しております。

 コンタクトを取っている相手が誰なのかは、本人で無いとわからないと思いますけど、もしかしたら、よほど「位の高い神様が降りてきて警告を発するほどの緊急非常事態」に陥ってしまったと考えることもできるのかも知れません。

トンデモ本

この本、来年には「ゴミ」になってるんでしょうね。

No title

光明本は大地震・噴火を霊視・予言していますが、大天使ガブリエルなら100%のはずが、80~90%の確率と予め逃げを打っているので怪しいですね。
この光明霊視・予言は広瀬謙次郎のムー「ヤマト」大陸とそっくりでパクッたのかもしれないが、やっず説のフィリッピン海プレートは浮上していない。
いずれにしろ、ムー大陸浮上の前提である日本の大地震、米国イエローストーン火山大噴火とカルフォルイア大地震などが本当に起こるのか注視したいですね。

No title

話題の光明本を読んだが、「日本が神から愛されているからこそ厳しい処置(地震・噴火)がされるのだ」と宣われても、キリスト教徒でないほとんどの日本人にとって迷惑な宣言ですね。
ところでこの光明本にはニビル関連の霊視・予言がないが、ニビルは心配しなくても良いのかな。

(1)大地震・噴火を霊視・予言していますが、大天使ガブリエルなら100%のはずが、80~90%の確率と予め逃げを打っているので怪しいですね。

(2)下記の世界大戦は聖書に記された「ハルマゲドン」いわゆるメギド砂漠の大戦争で雌雄を決するとしているが、非キリスト教徒にとっては妄想の漫画的、映画的、非現実的な描写の解説であり、全く馬鹿馬鹿しい霊視・予言である。
今年はエリザベス女王即位60周年記念で、今夏にはロンドンオリンピックがあり、しかもアメリカ大統領選挙運動たけなわの今夏に、中東で第三次世界大戦(英米/EU/イスラエルvs露/イラン/アラブ諸国)などが起こるはずがなく、妄想の滅茶苦茶な霊視・予言である。
ところでこの戦争トリガーは、米国イエローストーン火山大噴火により地球が三日三晩暗闇の世界となるそうで、興味津々ですね。
○2012年夏に中東で第三次世界大戦(英米/EU/イスラエルvs露/イラン/アラブ諸国)
(欧米と中東の戦いだが、ゴルバチョフ指揮のロシア軍とありプーチンの間違いですよね。)
○英米/イスラエル側が勝利し、英国が盟主の座へ
○英仏ロスチャイルド一族間の戦いから英仏100年戦争が再来
○英国が負け消滅(仏に併合)
○2020年夏~秋に中東で第四次世界大戦(EU/大イスラエル連合軍vs中国/インド連合軍)
(一神教と多神教の戦いで、約2億人の中国軍が「ハルマゲドン」のメギド砂漠へ侵攻)

(3)光明霊視・予言では「2012年の米国イエローストーン火山大噴火に伴うカルフォルイア大地震で米国ロッキー山脈西部が太平洋に没し、これを契機に「極移動」も開始し、ムー大陸浮上が形成し始める。範囲は、日本列島から伊豆諸島~小笠原諸島~マリアナ諸島のあたり、九州~パラオ海嶺あたり、大きな範囲はマリアナ諸島を基準にパラオ~ニューギニア~トラック諸島~ニュージーランド~イースター島~ハワイ諸島の広大な範囲となる」としているが、これは「2002年ムー大陸の大浮上」広瀬謙次郎のムー「ヤマト」大陸とそっくりでパクッたのかもしれないが、ヤッズ説のそれらに囲まれるフィリッピン海プレートは浮上していない。
いずれにしろ、ムー大陸浮上の前提である日本の大地震、米国イエローストーン火山大噴火とカルフォルイア大地震などが本当に起こるのか注視したいですね。
○2012年米国イエローストーン噴火を契機に「極移動」開始
○カルフォルイア大地震で米国ロッキー山脈西部が太平洋に沈没
○世界人口は5億人へ減少
○日本約1億人、ゲルマン(スキタイ)の独仏約1億人が生存
○2025年頃に日本が世界帝国に選ばれ「ムー帝国(大陸)」が復活、「神の至福千年王国」を建設し、最終的に2983年過ぎまで「地球」が存続

広瀬謙次郎本は、参考文献のパクリオンパレードで上梓直後のソ連崩壊と冷戦終結、EU拡大の欧州統合と共通通貨ユーロ導入、9・11テロ、3・11大震災&原発放射能事故、湾岸戦争・イラク戦争などの世界的大事件を霊視・予言できていなかったが、この光明本も、直近の「ギリシャ経済危機」に端を発した「欧州経済・ユーロ危機」、更にはアメリカに飛び火しつつある「世界同時不況→世界恐慌」に触れておらず、両者ともに現代の戦争原因は宗教紛争よりも政治、経済的要因が大きい認識が不足しており、「ハルマゲドン」いわゆるメギド砂漠の大戦争で雌雄を決する「聖書」遊びの妄想的戦争予言など当るはずがなく、馬鹿にされるのが落ちである。
これらの大地震、大津波、火山大噴火、第三次・第四次世界大戦、そしてムー大陸の再浮上の壮大な光明霊視・予言がはずれた時に、どんな言い訳をするのか楽しみですね。

No title

この光明本に、「2011年3月11日は日本が大量保有の米国長期国債の償還当日であったが、この大震災に伴って日本はなぜか、国債償還を要求しておらず、このおかげで米国の経済金融政策が一時的に磐石な態勢に移行、いわゆる「デフォルト」が回避されたのが不思議でなりません」とあり、更にクリントン国務長官が震災直後に緊急来日して100兆円?手土産にしたブログを見た記憶がある。
やはり3・11東日本大震災は、海底掘削船「ちきゅう号」が掘った場所に仕込んだ小型核爆発による人工地震で日本政府を脅し、金を巻き上げた国際金融資本とアメリカの仕業ではないかな。
従って、従来の霊視者予言に対して光明霊視・予言は、地震発生場所と期日をほぼ明らかにしている違いがあり、これは日本列島周辺海底を掘りまくった海底掘削船「ちきゅう号」情報をベースにした小型核爆発の人工地震予定情報を入手した予告=予言ではないかと思われる。
「ついに『311が核爆弾の人工地震であった証拠』が見つかった!?:高周波と音波の存在!」 http://quasimoto.exblog.jp/17336865/

今回の場合は「7月に集中している」ことに問題があるのです

 確かにこれを、去年の「西日本水没予言騒動」同様に扱うことは非常に簡単ですけど、去年の「西日本水没騒動」の場合は、あの人だけが「予言」していたに過ぎなかったのに対して、今回の場合は、この「光明ガブリエル予言」だけにとどまらず、科学・スピ界・前兆現象がすべて「6月下旬~7月以内~8月まで」が非常に危ないと指摘しまくっているという点で非常に不気味なのです。

 つい先日も「房総半島の外房の漁港に鰯(いわし)の大群が打ち上げられた」という、311再来に怯えている私達の虫唾を走らせる「前兆現象」が発生してしまったばかりですから、そろそろ私達も、今月下旬あたりから警戒態勢に入らなければならないでしょう。

No title

天下泰平ブログに「7月天変地異の発表」(光明氏より)があります。
当るか、それとも外れるか注視しましょう。
http://tenkataihei.xxxblog.jp

1.「米国イエローストーン火山噴火」
 7/1~7/5の間、火山が噴火し、世界中が三日間暗闇に包まれる。

2.「米国カリフォルニア大地震発生」
 7/7~7/10の間、米国西海岸一帯に巨大地震が発生し、一部が海没する。

3.「第三次世界大戦開始」
 7/10~7/13の間、イスラエル又は米国により、イラン核施設等に対する核攻撃が行われ、中近東において第三次世界大戦が勃発する。

4.「日本、東海・東南海・南海巨大地震・大津波」
 7/18~7/21の間、日本の東海・東南海・南海地域の南太平洋上(南海トラフ)において巨大地震が発生する。また、静岡県伊豆半島から四国高知県の太平洋岸及び九州太平洋岸ならびに名古屋・大阪などの地域において大津波が襲来する。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)