スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムー大陸浮上

てぇへんだ、てぇへんだ、、、

なんと、ムー大陸が浮上するかもしれんだす~

**************************************************
世界中の大陸プレートが活発に動き出している状況であり、プレート同士のせめぎ合いの臨界点を超えた合図が富士山の噴火となります。その後は、世界中のプレートの流れが変わって各大陸の地形も大きく変動していくことになります。

そして、最終的にポールシフトなどの磁極の移動なども起こって行き着く先には、この「ムー大陸の再浮上」という究極のクライマックスが待っています。

それにしても「2013年?来年って早すぎでは?」と思っていましたが、どうやらこれは出版側が決めたタイトルのようで、光明さんが仰るには、正しくは「2016年」から「ムー大陸の再浮上」が始まるようです。


■ムー大陸の再浮上とデスノート(天下泰平)
http://ameblo.jp/pure-tenkataihei/entry-11245591349.html

**************************************************

この浮上するムー大陸がダイヤモンド型をした「フィリピン海プレート」だと睨んでいる件は、以前の記事に書きましたね。


(少女時代 Diamond)

与那国島の海底神殿遺跡(?)もスッポリ入っています。

フィリピン海プレート


フィリピン海プレートの先端が伊豆半島なのですが、伊豆半島は元々、遥か海洋の小島だったのが日本に近づいてきて衝突し、現在のような隆起した箱根峠を形成しています。その証拠が伊豆半島は本州と植生が異なるからです。地球膨張期におけるこのフィリピン海プレートの南から北への動きが、日本列島を半時計周りに90度回転させた原因かもしれない。

また、このプレートの圧迫が富士山直下のマグマ溜りを刺激し、定期的に富士山は噴火していたわけです。

ですから、富士山噴火とフィリピン海プレートは密接な関係があり、今回、富士山噴火が合図ならば、当然、浮上するムー大陸はフィリピン海プレートのことだろうという洞察が充分成り立つ。

今、一番活動が著しいのが太平洋プレートですが、このプレートはフィリピン海プレートの下に潜り込んでいることから、地球膨張期が終了し縮小に転じた現在はプレートの大幅な潜り込みが今後起きる筈ですが、それは地球の「海溝」に集中する筈です。この海溝部を多く持つ日本は周辺のプレートが著しく隆起し、さらにその隆起に伴い上側に位置するフィリピン海プレートをも急激に隆起させる。ただし、この時、地球直径も縮小する為に海洋水位も急上昇するので、この隆起場所及びその周囲は沈没しないが、他の大陸、島...等は大方が沈没するかもしれない。

「日本以外全部沈没」

なんかこんなタイトルの小説があったなw

この現象がt中国の予言書『背推図』で「日(日本)は白洋の中へ隠匿される」と予言された「列島アセンション」のことかもしれんだすな。ダアトを抜け出た日本は、ある意味、地球の裏側世界に行ってしまうのかもしれない(笑)。

下から上昇する△と上から下降する▽が一点で接するゼロポイントを表わしているのが「豊橋市章」なのですが、それがそのまま通過し重なった状態がイスラエルや元伊勢の裏神紋でもある「六芒星」。更に通過して重なりが離れる直前がイヤモンドとなるのです。

上下三角

このシンクロは徐福本国だった豊葦原瑞穂中つ国(豊橋)故でしょうか(爆)。不老不死を求めて中国大陸から新天地・日本に渡来してきた徐福一行ですが、これは生き通しの半霊半物質存在となるアセンションを希求する現代人と同じ心持ちかもしれません。日本人はやがてこの新天地ムー大陸に渡って、その新世界で生きていくとありますが、まったく「徐福東渡2222年」の今年に相応しい話だすな。

この新天地で教え導くのが生き通しの「てんしさま」であり、「新世界(ニューワールド)の神」広飲み屋ビリケンはんだと睨んでいます。

そして、その天皇家は何よりも「9」という数字を大切にされるのだとか、、、そう御所のガイドの方から聞きました。例えば、京都御所の玉座がある紫辰殿(内裏の正殿)の南側階段の段数のみ18段であり、その他の階段は全て9段となっている。また天皇が生活する寝殿の寝室は18畳の部屋で、これもまた「9の倍」になっているのです。そして「18」という数字自体が「1+8=9」となるように、二重に「9」を表わしている数字でもあるのです。この「9」を尊ぶのは中国の吉数からだと云われていますが、それだけでは無いと睨む。

天皇家と「9」、天皇家の出自である韓国から来た少女時代のメンバーは9人の使徒、、、

「9」は救世主の9でもあるが、これは2月23日の「富士山の日」に御誕生された広飲み屋ビリケンはんのことを暗喩しているのだろうか?

しかし大事なことが1つ、ムー大陸浮上の前には大禊がある(汗)。

それが、7月の東海・東南海・南海の連動型地震。その後、8月に東京湾直下型地震(震央・海ほたる?)だという。さらにその1ケ月後の9月に富士山噴火となるのだというが、、、、ここに「9」の数字が、、、
※註 う~む、東北沖アウターライズはどうなった? シドニーのオカマの霊能力者の予言では、東京閑散化した後に地震が小さな島を震源に起きるというが、、7月の東海・東南海・南海地震で東京閑散化が起きるかもしれないな。その後、小さな島と中央部の山で地震と続くが、オイラはこの小さな島を「江ノ島」、山を「九頭竜」だと解釈していたが、これを「海ほたる」「富士山」と解釈できなくもない。果たして、、、

日月神示によれば、この噴火の時「てんしさま」誕生となるのだが、これは9の存在から10になる「なると(成十)」のことであり、天使のような半霊半物質存在に「為る使徒」ということでもあると睨んでいるが、、、(笑)

さぁ、浮上はマジに起きるか?!
その始まりはあと2ヶ月後だす。
スポンサーサイト

コメント

マヤ・カレンダー

新たに発見された最古のマヤ・カレンダーは2012年末では終わらず、今後7000年先まで続いているそうです。

2012年終末説は、ハリウッド商業主義の作り話でしょう。

浮上☆☆

浮上は初耳です、ありがとうございます。
過去には沈んだ島があるから、その逆もありそうですね!

No title

ムー大陸の再浮上とデスノート(天下泰平)
http://ameblo.jp/pure-tenkataihei/entry-11245591349.html
に興味があったので見てみると、
◎世界中の大陸プレートが活発に動き出している状況であり、プレート同士のせめぎ合いの臨界点を超えた合図が富士山の噴火となります。その後は、世界中のプレートの流れが変わって各大陸の地形も大きく変動していくことになります。
◎最終的にポールシフトなどの磁極の移動なども起こって行き着く先には、この「ムー大陸の再浮上」という究極のクライマックスが待っています。
◎それにしても「2013年?来年って早すぎでは?」と思っていましたが、どうやらこれは出版側が決めたタイトルのようで、光明さんが仰るには、正しくは「2016年」から「ムー大陸の再浮上」が始まるようです。
◎もちろん潜水艦のように、すぐにプカッと全部が浮かび上がってくるわけでなく、徐々に大陸が増えてきて、最終的には日本列島も合体して太平洋に巨大な一つの大陸が出来上がるようです。
◎また、地殻変動によって浮かんで来る大陸もあれば、逆に沈んでしまう大陸もあるようです。ただ、今の世界大陸のほどんどが海底に沈むようなことはなく、主に各大陸の海岸沿いのエリアが水に浸るみたいです。そういった意味では「大陸が沈む」という大げさな話ではなく、今と大きく大陸の形は変わらずに「陸地が少し減る」といった程度かもしれません。
◎いずれにせよ、今から1万3000年前に沈んだムー大陸が、まもなく復活する時期がやって来るようであり、やがて、このムーが2025年までに世界を統一するようです。
◎光明さんが、情報を受け取っている高次元(5次元よりもずっと上)の「神」とも呼ばれる存在は、昨年の震災で「警告」をしたのにも関わらず、この何も変わっていない今の日本人の現状を見て怒り狂っているようです。
◎そして、昨年末に今年に新たなる「警告」を与える、つまりは天災を引き起こす計画が「確定」したようです。「確定」という言葉どおり、この計画自体は、もはや誰にも止めることは出来ないそうです。
◎「8月のある日」に「海ほたるを震源地とした東京湾直下型地震」が「ある規模」で必ず起こり、デスノートのような物が存在していて、今現在だと8月の東京湾直下型地震の死者数
1 ペン書き(確定分)1000万人
2 鉛筆書き(概定分)500万人
3 未定書き(未定分)500万人
の三段階に区分されて、5月31日で確定するそうです。つまり、関東の3500万人の中で上限2000万人の死亡者が出そうです。
5月に緊急出版に至った経緯には、そんなところにもあるようです。
→これは東京湾直下型地震だけでこんなに死亡者被害が発生するはずがなく、同時に発生する福島原発4号機爆発の放射能被爆死亡者の総計でしょうね。。。。

以上を考察すると、
◎5月21日の金環日食のストレスで、7月に南海・東南海・東海地震の連動型地震が誘発され、8月15日の終戦記念日に「海ほたる」基礎工事中に仕込んだ小型核爆発で東京湾直下型地震を誘発し、同時に福島原発4号機を爆発させて放射能と地震で首都圏壊滅し、ダメ押しとして9月に活断層に仕込んだ小型核爆発で富士山が爆発して日本滅亡を図るストーリーか。。。。国際金融資本とアメリカによって。。。。その前に日本国債の空売りと、日本株のかさ上げと空売りで大儲けを企むはず。。。。。「海ほたる」建設したのはベクテル社主導であり、富士山麓の米軍演習場直下に活断層があり小型核爆弾を仕込み済みか。。。。。

◎現在「太陽の大局的磁場が4重極構造になる兆候が発見された」のだが太陽の2重極構造から4重極構造になった場合、これがポールシフトなどの磁極の移動なども起こって行き着く先には、この「ムー大陸の再浮上」という究極のクライマックスが待っているのか。。。。。
伊勢白山道の回答では「大自然が動きます。渦をまくように」とあり、フィリッピン海プレートが動いて浮上する予言なのか。。。。。
伊勢白山道の神示では、太陽黒点からの超巨大な太陽フレアが地球に「吹けば」、人工の原発放射能を宇宙からの「別の」放射能が中和すると示されます。本当かな?
ただし、その時に大きな地震も起こる感じです。今後は、太陽黒点の増減と太陽フレアの発生に注視しましょう。大地震の犯人は太陽黒点です。陰謀論のHAARPなどは、太陽電磁波の影響をグラフが受けているに過ぎません。地震は、太陽黒点の「増・減」ときれいに相関しています。
米航空宇宙局は9日、太陽の黒点群1476(AR 1476)の画像を公開した。太陽には地球の10倍の黒点群が現れており、この黒点群は地球側にあるため、これによる最大級のXクラスの超巨大な太陽フレアが地球に吹いて大地震、例えば南海・東南海・東海地震の連動型地震を起こし、「ムー大陸の再浮上」という究極のクライマックスの舞台の幕が上がるのかな。。。。
ROCKWAY EXPRESS さんのサイトより
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/731/

◎「2016年から徐々に大陸が増えてきて、最終的には日本列島も合体して太平洋に巨大な一つの大陸が出来上がり、復活したムーが2025年までに世界を統一」とあるが、やっずさん推測のようにフィリッピン海プレートが浮上して日本列島と合体して巨大な大陸が誕生するかもしれない。
この新大陸には奇しくも東経135度が真ん中を通ることになり、「ガイヤの法則」のように、浮上したフィリッピン海プレート内及び周辺の石油・石炭・鉄・貴金属等の膨大な鉱物資源による繁栄で新しい世界文明の中心になるのかもしれない。
但し、弱った日本国・日本人に世界を統一する力があるとは思えず、やはりこのクライシスで生き残った世界中の人々が集まってきて新しい文明を開花させるのかな。
その時には統合の象徴が必要で、南海・東南海・東海地震の連動型地震で伊勢神宮・多賀宮から発見されるモーゼの十戒石と契約の箱や仁徳天皇陵などの天皇陵出土品等により、「失われたイスラエル十支族」の北イスラエル国エフライム王家末裔の天皇家素性が明らかとなって、天皇を象徴とする世界統一政府が樹立され、アインシュタインの予言が成就するのかもしれない。

アルバート・アインシュタインの名言
(アルバート・アインシュタインが大正11年11月16日から40日間にわたり、日本滞在中に書き残した手記)
近代日本の発達ほど世界を驚かしたものはない。
世界は進むだけ進んでその間、幾度も闘争が繰り返された。
最後に闘争に疲れる時が来るだろう。
そのとき人類は誠の平和を求めて「世界の盟主」を上げねばならない時が来るに違いない。
この「世界の盟主」になる者は、武力や金力ではなく、あらゆる国の歴史を超越した最も
古く、また、尊い家柄でなくてはない。
『日本の御皇室』のように。
世界の文化は、アジアに始まってアジアに帰り、
それは、中国や韓国でなく、アジアの高峰である『日本』に立ち戻らなければならない。
われわれは、神に心から感謝する。
天が我々人類に『日本』という尊い国を作っておいて下さったことを・・・・

◎「ガイヤの法則」千賀一生著では、6400年前はシュメール文明から始まったが、その6400年前は日本文明から始まったし、その前の人類は、太平洋上にあったムー大陸と、大西洋上にあったアトランティス大陸の沈没も経験しているそうです。
ムー大陸・アトランティス大陸 ⇒ 日本文明 ⇒ 現在のシュメール文明 ⇒ 今後は日本+新ムー大陸の文明が6400年周期で繰り返すのが地球文明なのか。。。。
そういえば、12000年前の日本の土器は、世界の中でも進んでいて、それが南米にもそのまま持って行っているとか。
*新たな文明は東経135.0度(明石、淡路島)を中心としたものになり、それは西暦2400年頃に最高期を迎える。 今は節目の時で最も大切な時期であり、今生きていることには重要な意味がある。
*巷で言われているような2012年に地球がフォトンベルトに入るという現象は起こらず、2012年には地球規模での大変動は起きないが、2013年には局地的な変動が起こりやすくなる。
*象徴的には資本主義が終焉する。
*1995年から約100年間が転換期間となる。その兆しとしては、焦点が結ばれる地域の周辺、すなわち、アジアの広範囲が活気づくことになる。逆に0度焦点の周辺は力を弱めてゆくことになる。これは転換期間であって、135度文明が最大の力を発揮する時期は、西暦2400年前後となるだろう。そのピークに向かって社会も序々に変化してゆくのだ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。