スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九人十色の中毒性

少女時代の「the Boys」の日本語歌詞「九人十色の中毒性」という言葉とMV最後で彼女らの整列した上空に浮かび回転する「黒い塊」が、日月神示の一節と密接に関連があるのでは?というコメントを頂きましたが、その一節を見て唖然としました。

まさに、その通りだ~すべ~だぁ!!!
(ご紹介ありがとうございますm○m)



で、その問題の一節とは、、、

十柱の神様 奥山に祀りて呉れよ、
九柱でよいぞ、
何れの神々様も世の元からの肉体持たれた生き通しの神様であるぞ、
この方合はして十柱となるのざぞ。
御神体の石 集めさしてあろがな、
篤く祀りて、辛酉(かのととり)の日にお祭りして呉れよ。

(日の出の巻 第15帖228)


う~む、「9=10」???

これを理解するにはアニメ「ナルト」が参考になります。ナルトでは秘密結社「暁」が一尾から九尾の九体の「尾獣」を集めて「十尾」にすることが描かれますが、元々はこの9体の尾獣は1つのマガマガしいネガティブ・エネルギーの固まりであったとされる。各尾獣は「十尾」の分け御霊というわけです。日月神示にも「0.1.2.3.4.5.6.7.8.9→0.1.2.3...9→0.1.2.3...」と「9」の後にグレンとひっくり返り「0」となることが記されています。しかも「0は10」であると記されているのです。

以上のことから洞察を進めると、この節は9柱が「連結」され元の姿に完全に揃った場合、グレンとひっくり返った世界(あの世 形而上世界)では、それらが一体化した「10柱目」が存在し始めることを意味し、そして、その後、グレンとひっくり返った世界が到来することを示している。10柱目は形而上世界に「観念としての存在」するのですが、実体があるが如き振舞う。つまり、少女時代の各メンバー9人にはそれぞれの色(個性・特徴)があるのですが、その集合体である「少女時代」というもう1つの色(個性・特徴)が現れ出るということ。「少女時代」は9人と大所帯なのですが、メンバーが一人欠けても「少女時代」とはならないのと同じです。これが「九人十色の中毒性」が真に意味する内容であり、日月の神が言いたかったことでもある。
※註 しかも、このことは「多神教」が実は本当の意味での「一神教」であることも示している。私たちはこの世の現れである万物を通して、その背後で「一体化」した部分を「一神」として看做さねばならないのです。この「一神」こそが「グレートサムシング」というものですが、一神をダイレクトに崇めることはアカンということなのです。ですから、現在のキリスト教や最終的に天照大神に行き着く神社神道などの「一神教」は「偽」だという結論に至る。

この連結・連帯が「絆」でしょうか。

少女時代のMVで上空に浮かぶ「黒い塊」が「御神体の石」を表しており、それは即ち、少女時代の各メンバーが一体化した状態を暗喩している。MVでは背後の黒い塊が同様にそれを示している。

snsd-the-boys.jpg

「一心同体、少女時代」なのだす~。

実は、この黒い塊は、南相馬市に降った「黒い物体=プルトニウム」とも関連があるかもしれません。現在、日本政府が「絆」の名の下に、未検査状態で日本全国に高レベル放射性物質を拡散化しているが、これは日本列島をガミラス星と同じ環境にする獣のような所業です。しかし、この常軌を逸した展開は何か精神的に操られているのでは?とも睨んでいる。日月神示は「放射能にもビクともしない体」について語られていますが、この記述からも放射性物質を拡散は国体消失後の日本が他国に占拠占領されない為の、ある意味、安全保障になるのかもしれないという感じも受けるが、それ以上に放射性物質まみれの日本にしなくてはならないという強い意志を感じるのだす。そのグレンとひっくり返る一厘の秘密の鍵となるのが「アクレイムの泉の奇跡」、地中酵素、太陽の輝き消滅だと睨んでいるが、、、この辺はまた別記事で述べようと思う。

日月神示は8通りの解釈が可能だというが、上記の少女時代的解釈やナルト的解釈も充分可能だと睨んでいる。では、今後、日本はどうなって行くのであろうか?

江戸の御用すみたから、
尾張の御用と申してあろがな、
カイの御用も忘れてならんのざぞ。

(雨の巻 第13帖347)


これは「三千世界の大洗濯」は、東北の3.11から始まって「関東平野→濃尾平野→富士」の順で起こることであり、これは「穢土(放射性物質汚染)→身の終わり→御世出づ」を暗喩しているとも睨む。また「サクラコード」で述べたように、この東北3.11で始まった建て直しの流れは奇しくも日本三大桜の所在地(三春滝桜、根尾谷淡墨桜、北杜神代桜)とも一致するのです。

また、縄文人(エドム人・アイヌ)が日本列島で歩んだ道のりは、「青森→武蔵→丹波」と西進南下しているが、まさに3.11以降、地震は南下してきており、縄文人同様の道のりを辿るのだろうか? これは日月神示が「アイヌの怨霊」とまで呼ばれる証左になるかもです。

以前の記事で、戦艦大和の最後の時の被弾が「8の字」型であり、これを鏡像反転させた「逆8の字」型の「東北→関東→北陸→富士」で日本は崩壊していくだろうと述べましたが、この文はまさにその流れになっている。日月神示には最後に富士山噴火で「123仕組み」が終了し、次いで「てんしさま」誕生となって次の「345仕組み」へと移行するとある。

神示 腹の腹底まで浸むまで読んで下されよ。
神頼むぞ。
悟った方 神示とけよ。
といて聞かせよ。
役員 皆とけよ。
信ずる者皆人に知らしてやれよ。
神示読んで嬉しかったら、
知らしてやれと申してあらうが。

天明は神示書かす役ぞ。
「アホになれ」と申してあろが、
まだまだぞ、
役員 気付けて呉れよ。
神示の代りにミ身に知らすと申してある時来たぞ。

(夜明けの巻 第13帖333)


やはり、神示はアホでないと解けない(爆)。
※註 これは「学力(左脳)」ではなく「神力(右脳)」で解けということ。

「神示の代りにミ身に知らす」とあるように、少女時代、KARA、ナルト...等、現在、私たちが身近に触れて視聴出来るものにこそ、その真相が込められているのです。「阿保らしい...」とお思いになるかもしれませんが、ここに気づいていない人が大杉なのです。

アホの坂田
(本名・地神利夫 ポーズもKARAと同じ)

地に封印された「元の大神」は、役小角によって蔵王権現として感得されていますが、これは「天神」に対する「地神」でもある。この「地神」を祀っていたのが「国津神」と呼ばれる日本先住民の縄文人(エドム人・アイヌ)や弥生人ですが、「地神崇拝」の元は徐福が大陸から伝えた地に埋めた銅鐸に蚩尤(しゆう)の精霊を宿らせ、祭りの日に掘り起こして木に吊るし鈴を鳴らすという「銅鐸祭事」が広がったと睨んでいる。

この蚩尤(しゆう)はバビロニアや中東で「バアル」「ベル」「モレク」と呼ばれていたもの。堕天使ルシファーと同じであり、日本では蔵王権現、兵主神、スサノオ、牛頭天王、巨旦将来、サナート・クマラと呼ばれる位相で「牛神」で表現される。蔵王権現を感得した役小角に「角」という字があるのも、「まつろわぬ民」として排除された鬼にも「角」があるのも、何か縁がありそうです。

バアル 三徳 蔵王権現立像
(左:バアル 右:蔵王権現)

「牛神」は、一度暴れ出すと獰猛で手が付けられないが、元々は草食系の温血哺乳類である為、実はおおらかな属性を持つ。これはシュメール神話でいう「裁きの神」エンリルであり、エデンの園で永遠の命を得られる実がなる「生命の木」で表される。

また、ヤハウェという「天神」を崇め「天香久山」で鹿の焼く香りを捧げていたのが渡来系の初期大王族(スキタイ・カド族)ですが、彼らは記紀では「天津神」と呼ばれた。これはシュメール神話でいう「知識を与えた神」エンキであり、エデンの園で分別が得られる実がなる「知恵の木」で表される。また「蛇神」であり、冷血で冷徹・陰湿な属性を持つ。
※注 エノク書ではシュミハザ率いる「グリゴリ」として記述されるが、人類に知識を与えた「グリゴリ」は地に閉じ込められたというが、これだと先の逸話とは逆になってしまう。あくまでも、地に封印されたのは裁き側の「牛神」側なのです。これは黄帝と蚩尤についてもいえる。これはどういうことかというと、間違いなく入れ替わりがあったのだと睨む。エデンの園でも蛇がアダムとエヴァを唆して「知恵の木」の実を食べさせたのですが、キリスト教ではこの蛇を「サタン」としています。しかし、実はこの「蛇神」が聖書の神とて君臨している。この捩れ構造が神話の神を判らなくさせ、物質世界が善悪逆転させている元凶なのでしょう。

この2つの神の位相が6500年毎に交互に主役を担ってダンシングしているのがこの世の実相。

今、起きていることは「エンリルの裁き」であり、それはヒト(人)とシト(使徒)の交代期のことである。ヒトとは左脳偏重の「人間」であり、シトとは右脳偏重の「変換人」であるが、この変換人も大艱難の時に起こる物理法則を逸脱する事象を把握消化できずに分別を無くして「獣(機械人間、家畜人ヤプー)」していってしまう者と適応できる「神人」に分かれていく。これがデセンションとアセンション。
※註 既に日本政府の対応はこの「獣」化の道を進んでいるか?

地神氏(アホの坂田)がコンビを組んでいたのが吉本の真の支配者・前田ゴロウ氏ですが、これは皇族前田家とロスチャイルドの間に生まれた「オグラディシュ・ハーマン」を暗喩していると睨む。つまり、蔵王権現とオグラディシュ・ハーマン(前田ゴロウ)はコンビだという解釈が可能。

この地神がバラバラにされて封印されたのですが、蚩尤(しゆう)もまた同様にバラバラにされたのです。そのバラバラにされた呪詛の行事が「節句」であり、1月1日の紅白餅は巨旦の骨と肉、3月3日の蓬餅は巨旦の皮膚、5月5日の菖蒲は巨旦の髭と髪の毛、7月7日の小麦素麺は巨旦の筋、9月9日に菊酒は巨旦の血、蹴鞠は巨旦の頭。的は巨旦の眼、正月に飾る門松は巨旦の墓標。蚩尤も巨旦同様にされている。蚩尤を祀る銅鐸神事では銅鐸や銅矛を地に埋め、その精霊を宿らせ祀るのもこういった理由から来る。同様の話が祇園感神院(現・八坂神社)の縁起を記した『祇園牛頭天王御縁起』に記されている。

そこには牛頭天王と蘇民将来・巨旦将来の兄弟について書かれているが、牛頭天王が海の龍宮に住む美しい姫の婆梨采女を娶るために旅に出て、途中、夜叉国の国王の巨旦将来に宿を求めたが拒否され、巨旦将来の兄弟の貧しい蘇民将来は牛頭天王を歓待。念願叶い姫を娶った牛頭天王は8人の王子を授かった。そして、その八王子に向かって、かつて宿泊を拒否した巨旦将来を滅ぼすことを伝え出撃したと記される。

ただ、この記述は牛頭天王に関して少し捩れているので注意が必要。牛頭天王=初期大王族、巨旦将来=徐福末裔で大陸技術で繁栄し豊かだった大漢国、蘇民将来=貧しいながらも高い精神性を持つ縄文人の丹波国と解釈するとスッと理解可能です。ですから、一般に流布する「牛頭天王=蚩尤」と考えるよりも、「牛頭天王=蚩尤の国を調伏した王」という解釈の方が正しいのかもしれません。この牛頭天王が授かった8人の王子が「八王子」や「八柱神社」の名の由来であり、金首露(倭旨)と共に半島の加羅国から招聘された倭得玉、倭豊玉、倭仁、倭武日...等の王子たちなのです。

この首露王と八王子の9柱が初期大王家のメンバーですが、また同時にこのことは、八つ裂きにバラバラにされ葬られた巨旦将来や蚩尤(しゆう)の事例をも示している。これらの復権・復活が最後の「10柱」を生み出すのだろう。これが冒頭で述べた「9柱の祀れば10柱となる」の暗号の答なのであろうか?
※註 現在日本にまで続く1300年のピラミッド型国体の頂点に立つのは表向きは天皇家ですが、その実は天皇家兄系の藤原氏である。この後期大王家の磐石な支配体制は、「乙巳の変」において蘇我馬子を暗殺した中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣鎌足の法興寺(飛鳥寺、蘇我氏の氏寺)での蹴鞠大会での出会いにまで遡る。この「蹴鞠」というスポーツ(?)の発祥は、黄帝が敗れた蚩尤の頭を取り蹴ることから始まっているのです。そして、今、アフリカのマリで暴動が起きていますが、このマリ共和国(旧名・スーダン)は「富士の仕組」「鳴門の仕組み」を「デミウルゴスの創造の方法」として伝えたドゴンなのです。この偽の神「デミウルゴス」が作りあげた物質世界が上から人民を支配するピラミッド支配型社会ですが、これは「上からマリコ」として暗喩されている?

■マリでクーデターか 反乱軍「権力を掌握」
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381959FE0E0E2E4978DE0E0E2E1E0E2E3E09494E3E2E2E2

四十八柱、四十九柱、それぞれの血筋の者 引き寄せておいて、
その中から磨けた者ばかり選り抜く仕組。
磨けん者 代りのミタマいくらでもあるぞ。
お出直しお出直し。
世界が二分ぢゃなあ。

(黄金の巻 第073帖584)


「四十八柱、選り抜く仕組」は、勿論、AKB48の「じゃんけん大会」で暗喩されている。しかし、その意味する深層はいまだ洞察できないままであるが、、、その後に神示にはこう記されている。

もの見るのは額でみなされ。
ピンと来るぞ。
額の判断 間違ひなし。
額の目に見の誤りなし。

霊界には時間、空間は無いと申してゐるが、
無いのでないぞ。
違って現はれるから無いのと同様であるぞ。
あるのであるぞ。

悪の霊はミゾオチに集まり、頑張るぞ。
こがねの巻は百帖ぞ。
こがね しろがね とりどりに出るのぢゃ。
あわてるでないぞ

(黄金の巻 第073帖584)


逮捕されてしまった六本木の巫女は、とある神社を参拝中に光輝く珠が口の中から入って来て腹にズンと居座ったようなことを語っていましたが、やはり、あれは「悪の霊」というものだったのでしょうか?! 霊能関係には意外とこういう記述をする人が多いのですが、結構、やばいのかもしれないだすな。以上、神社参拝が必ずしもいいものだとは言えない事例でもある。

そういえば、最近、枕で横になって眼を閉じて入る時も眼前の風景が見えます(正確に言うと視野の少し上方の額の部分で認識)。自分が眼を開いてると錯覚してしまうほど、、、まぁ、正確には外の風景が見えているのではなく直前の記憶から再生したビジョンなのですが、眠りに入らずともそのような脳内映像が見えやすくなってきているのです。単にボケたのかもしれないが、、、(爆)

こ、これは、、、「第三の眼」開眼か?

い、いや、これは「永遠の万華鏡写輪眼」のゲットなのかもしれんのう(ニタリ)。意識世界(情報空間)=霊界という風に考えていますので、この機能(?)はオコツトが言う2013年以降から「生きながら霊界に入ること」と関連してくるだろうと睨んでいるが、ここは更なる「マン毛狂」となって、もっと訓練を積み機能向上を図るべきだろう(爆)。

う~む、精神科医には「統合失調症」だと言われるかもしれないが、、、(滝汗)。しかし、今の世の中、特に日本の政治行政は原発の持つ「危険リスク」を認識出来ないまま経済にし噛み付き、何が何でも原発再稼動して「一億総玉砕」に向かっている点で明らかにキチガイじみている。こっちの方が明らかに病的なのだが、、、

日月神示が「気の毒できるぞ」という言葉がコレなのかもしれん。この日本政府の所業は相場でいう「逆張りナンピン」と同じですが、逆にいうと、それぐらい今の放射性物質汚染や4号機の倒壊危機は深刻であり、日本が滅び去ってしまうという危機的認識を持っていることの現れでもある。

一度「脱原発」に向かってしまうと、今まで「金の力」で抑えていた深刻な情報が次々と出てきて、逮捕される者も出るかもしれないし、原子力ムラ崩壊にもつながるのですが、実は、その情報自体が統治システム(電力、医薬、保険...閨閥インナーサークルが富を吸い上げ、マスコミが隠蔽誘導)崩壊を孕む程のものなのかもしれない。「原発再稼動」はこれを抑えると期待しているのだろう。まぁ、こんな状態が長く続けられる筈もなく、いづれ「逆張りナンピン」は多大な負債として圧し掛かって破綻し、玉音放送が聴かれるだろうとは思っている。脱原発、原発推進、とちらに行っても体制は崩壊する。ならば、もう1つの危機が来て実際に表面化するまでは、何としても現在の統治システムを維持しようという腹つもりなだけだろう。

これはオイラの「額の目」、万華鏡写輪眼で観じた内容なのだが、、、、果たして当たっているだか?
スポンサーサイト

Comments

No title

2年以上読ませてもらっているので役に立ててよかったです。

AKB48では指原がさしこで三四五なので、
上からマリコは上から五六七(ミロク)かもしれません。

ちなみにnmb48の「オーマイガー」では神の不意打ちが歌われています。

ナルト同様ワンピースからも読み取れそうです。
トナカイのキャラは名前がチョッパーで断耳射鹿頭血を表していそう。
ルフィの義兄で海賊王の息子のエースが火の属性で途中で死ぬところは
ニギハヤヒとかかなと思ったりします。
ワンピースも古事記もよく知らないので中々はかどりませんが・・・

なんか、久しぶりの地震が…
マグニチュード5・2

確かに!

私もどっちに転んでも、古いシステムは崩壊すると思います☆ひふみ神示の暗示を信じてます!

No title

少女時代やKARAなど曲は主に無名の救世主に向けらたメッセージがほとんどです。

No title

少女時代やドラマ等の暗示的メッセージを無名の救世主は自身に向けられているにも関わらずほとんど解読出来ていないのが現状です。しかしこのブログをみて納得している。

いつも楽しく読み逃げしてます☆

ところで昨日の地震は22時22分(ふふふふ)でしたね
揺れ方が311みたいで気持ち悪かったです。

また読みにきまねす。

はじめまして。
楽しく読ませていただいてます。

バアル、牛神
ヤハウエ、蛇神

妖怪「牛鬼」と「濡れ女(←ルックス蛇)」を思い出しました。
セットで現れて、夫婦とも、同一ともいわれているそうです。

13星座☆ 

ヤッズ★さん、こんばんは☆
いつもありがとうございます☆

牛神=牡牛座
蛇神=蛇遣い座

・・・だったら☆
おもしろいなと☆ 

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。