風前のともしび

現在、福島4号機の核燃料保存プールが崩壊、あるいは単に冷却水の漏洩だけで日本は終了すると言われていますが、これはTVでも放映され、よく知られていることです。



で、今、いつ4号機が「使徒化」するかとビクビク心配されていますが、3.11発生後、4号機がスグに使徒化しなかったのには、実は不思議な偶然があったのだという。

***************************************************
けさ(3月8日)の朝日新聞朝刊を読まれただろうか。その大見出しはこうある。「工事不手際 4号機救う」(デジタル版では「4号機、工事ミスに救われた 震災時の福島第一原発」)

この記事を要約すると、4号機では一昨年11月から炉内の大型構造物の取り換え工事をしており、一時的に原子炉真上にある原子炉ウェルに水を張っていた。そして去年の3月7日には水を抜く予定だったが、工事の不手際で3月11日まで水を張ったままにしておいた。そして、あの3.11の地震と津波で、燃料プールの水を冷却できない事態におちいる。ところがその工事の不手際で張っていたウェルの水が偶然にも燃料貯蔵プールに流れ込んだため、核燃料の過熱を防ぐことができたのだ。この経緯を朝日新聞は次のように綴っている。

4号機の使用済み核燃料プールは津波で電源が失われ、冷やせない事態に陥った。プールの水は燃料の崩壊熱で蒸発していた。水が減って核燃料が露出し過熱すると、大量の放射線と放射性物質を放出。人は近づけなくなり、福島第一原発だけでなく、福島第二など近くの原発も次々と放棄。首都圏の住民も避難対象となる最悪の事態につながると恐れられていた。しかし、実際には、燃料プールと隣の原子炉ウェルとの仕切り壁がずれて隙間ができ、ウェル側からプールに約1千トンの水が流れ込んだとみられることが後に分かった。さらに、3月20日からは外部からの放水でプールに水が入り、燃料はほぼ無事だった。東電は、この水の流れ込みがなく、放水もなかった場合、3月下旬に燃料の外気露出が始まると計算していた。
(「朝日新聞」3月8日朝刊)


原子炉ウェル

■4号機のヒビを前に、ぼくたちの運命は「風前のともしび」状態にある (秋場龍一)
http://www.asyura2.com/12/genpatu21/msg/662.html
***************************************************

これを神の「恩寵」と捉えるか、「猶予期間」と捉えるか、「偶然」と捉えるかは個々人で異なるとは思いますが、煩フルでは上記URL先でも述べているように、この偶然は大いなるものが与えた「考え直す時間」「悔い改める猶予」であると捉えています。これは奇しくも「山梨のじっちゃん予言」がいうように、日本の神様がじっと日本人のこころを観察しているのだと思う。その為の寸止めなのだろう。逆にいえば、改心すれば救われるのかもしれないが、、、

いますぐ関東に大地震がきたら
まちがいなく日本は滅亡だと、じいちゃんは言う。
だから日本の神様はじっと日本人のこころを観察しているらしい。。
でも神様は大変お怒りらしいのでこのままにはしておけないらしい。
「生かさず殺さず」の状態にして日本人の本性を表に出す仕置きをされるらしいよ。
だからそうとうな被害だと思う。
日にちは 311 にかくされてるらしい。
原発でも 1号機と3号機が故障してるでしょって。


う~む、相変わらず怖い予言だす。
ただ、今は2号機も4号機も故障しているだすが、、、

コルマンサイクル第9サイクルとの関連を考えて、かなり早い時期(昨年の夏)での「再襲」を予想していましたが、これは虚しく外れました。まぁ、外れて良かったのですが、、、ただ、この予言の一番の注目ポイントは以下の箇所。

「日にちは3.11に隠されている」

しかし、この特異日を洞察する前に、果たして日本人の心が神様の観察に耐えられ、合格したのかを洞察してみたいと思う。

一応、政府は「絆」を提唱し「食べて応援」という口当たりの良い言葉を選んでエールを送ってはいるが、あれだけの甚大な被害を起こしておきながら、未だに事故の真因追求はしていない。それに追従するかのように、原因解明の進まぬうちに原発再稼動を推進とか、、、汚染は風評被害だとか、、、、瓦礫受入れて復興だとか、、、、未検査の高ベクレル食品を食べて応援だとか、、、幼児に配るガラスバッチに反応しない細工をしたりとか、、、、「放射物質汚染は無かったことにしよう♪」政策を日本政府は押し進めているのです。

まったく改心の欠片もない。

これを推進している日本政府は絶対頭がおかしくなっている。多分、野田も官僚も放射能で脳死状態になっていると見る。ならば、日本はこの試験には落第ということになってしまうが、、、、

もう日本には「生かさず殺さず」の「お仕置きだべぇ~」の展開しか残されていないのか!? 今までの日本政府の対応を見る限り、それはもう確定しているように思われる。

その予兆なのかもしれないが、先日X1.1、X5.4の大規模フレア爆発が連続して起きました。3.11の時にも大規模フレア爆発が数日前にありました。同じような展開が今再現されているのです。特盛の「プレバッコ~ン!!!(もう1度いくわよ!)」になる状況をヒシヒシと感じる。フレア爆発と大地震は密接な関連があると睨んでいますが、これは降り注ぐCMEが地球磁場で極地方に運ばれ、その大量の荷電質量が地球内に取り込まれ、その際、電磁気的な変動が電子レンジのような効果を生み、マグマ活動が活発化を促して地殻に溜まった歪エネルギーが解放され大地震が起きるのだと考えています。

昨日(3/9 4時)には、南太平洋の島国バヌアツでM6.7の地震がありましたが、バヌアス地震の数日後には日本にも地震があるというように、バヌアツと日本は太平洋プレートの対極にあって非常に関係が深いのです。電子の振る舞いでいう「クーパー対」のようなものなのです。

更に、同時期に日本オリジナルの神様・蔵王権現が色濃く反映していると睨むKARAも「ビター&スイート」と二本立ての新曲キャンペーンを展開し始めたのですが、これは、今後の日本はこの2つの方向性、、、つまり荒廃と復興、死と再生を二本立てで持つ事を余儀なくされることを暗喩していると睨む。具体的に言えば、東北地方の政府立入り禁止区域と移住先の西日本の新世界。まぁ、最後のはマン毛狂写輪眼、、、い、いや万華鏡写輪眼(妄想眼)を開眼し得た者でなければ、到底、洞察し得ない内容なのだが、、、(ふふふふ)

散々述べてきた「コマネチ(CME)神業=ポチっとなボタン=お仕置きだべぇ~=プレバッコ~ン!!!」という展開になってきていて書いている方が焦るくらいだ(汗)。このように、今、地震フラグがビンビン立ってきていることから、、、

「使徒化の日」は3.11かぁ?

これでは「日付は311に隠されている」というより、、、そのままじゃん(滝汗)。ものを隠す場合、策を弄せずそのまま置いておくのが一番の隠蔽策だとはよく言われますが、まさにその通りなのかもしれない。

この日、関東直下型地震が起こるのか、、、房総沖の地震が起きるのか、、、福島沖でアウターライズ地震が起きるのか、、、、東海・東南海・南海地震が起きるのか、、、、はたまたその全てが同時に起きるのか分かりませんが、大きな地震が起きれば4号機冷却プール機能喪失で使徒化して日本終了となる。当然、その際には東北の電源喪失も起き、六ヶ所村も電源喪失でメルトダウン、、、、これは「世界の終わり」を意味する。

だがしかし、今、日本では東大地震研究所の震度7への引き上げや4年以内に70%の確率で地震が起こるという話を展開し、全マスコミを上げて「地震が来るぞ~キャンペーン」を張っていますが、実は危機管理からはおかしな展開なのです。これは遷都を政治課題に乗せ、速やかな遷都を施行する為の背景作りだと見ている。多分、裏でデンツーが糸を引いているだろう。ただ「地震は忘れて頃にやってくる」という法則からは「今は地震は来ない」ともいえるが、法則は破られる為に存在するとも云われるので、正直なところ、よく分からないだす~。

3.11には天皇陛下は、千代田区の国立劇場で開かれる「東日本大震災追悼式」に御出席される予定ですが、このこと自体にはさして異議はありません。ただ、その出席が政治的に利用される節がある点で危惧しています。野田総理は「犠牲者のみ霊に対する最大の供養は、被災地が一日も早く復興を果たすことに他なりません。……東日本各地の被災地の苦難の日々に寄り添いながら、全ての日本人が力を合わせて、『復興を通じた日本再生』という歴史の一ページを共に作り上げていこうではありませんか」と1月24日の施政方針演説で述べていますが、原発事故とその拡散を起こした真因の総括なしに、放射物質汚染を除染克服して再び同じ路線(トイレのないマンション状態の原発を推進)を歩もうとしているのです。

しかも、犠牲者を弔う日に最大の悲劇が起きれば、言葉は悪いが、これは演出的には最大の教訓となる。つまり、ダメ出しされたということが誰にでも明白に分かるのです。
※註 3月20日にはイスラエル大使館が臨時休業だとかで、実はイスラエルがイランに空爆して、これが第三次世界大戦勃発の端緒となるのだとも言われています。しかし、3/20以前に山梨のじっちゃんのいうようなことが起きれば、放射物質対応に追われる大国は、大戦参加どころではなくなり、この企てに抑制力が働いて局地紛争で終わるのかもしれない。あるいは、そうならなくても、日本だけは大戦参加の国力がなくなり不参加となり、大戦後の配分に与かれなくなる。これを日本の支配者層は危惧しているのだろう。だからこそ何が何でも復興して国力回復なのではないだろうか。洞察するに、藤原摂関家を始めとする閨閥は、戦前の財閥が経済支配の再来を求めており、既に戦後禁止された持ち株会社を解禁しており、その野望は工場の派遣労働解禁で実現手前にある。支配者層は戦前の身分社会でないと、高賃金化した労働者では日本の工業力回復はないと考えている節がある。

でも、「日本人の本性」を表に出すとは、一体どういうことだろうか?

それには、歴史から「日本人の本性」を見出さねばならない。

今の日本人民は1300年に渡る神道と仏教の恭順化のマインドコントロールで洗脳され、「長いものには巻かれろ」とするのが「大人の知恵」「大人の対応」だと詭弁を弄してしまうように権力に従順なおとなしい羊にされてしまっている。日本の嘘は1年じゃなく「1300年の嘘」だったのだす~。逆に考ええれば、今の日本政府の真逆を行く間違った対応は、このゴイム化された日本人の覚醒を呼び覚ますに充分であり、これ故、この政府対応もある意味「神仕組み」なのかもしれない。これが無ければ、その次の展開には決して至らないであろう。

その推測はこうです。

2660年前、国を失ったエドム人がアカバ湾の地からこの日本に渡来して縄文人となったが、彼らは中東の地で敵国の侵攻で逃げ惑う兄弟部族であるイスラエル民族の通行を許さなかった為に神からの罰を受けてエドム人の国は亡国したと信じ、移住先の日本列島では、彼らの奉じる宗教と社会制度(巫女制)の受入れと引換に進んで移住を受け入れ、融和的な移民政策「万世一系」を進めていったという。これが日本に古代遺伝子YAP遺伝子が残っている理由ですが、この「和を持って貴し」とするのが、大和民族の本性の1つなのだと睨んでいる。ただ、これをいいことに初期大王家(カド族)に入り婿したエフライム族が携えてきた仏教を武器に母屋を乗っ取ってしまった。このエフライム族の真正な末裔が藤原摂関家。現在の日本政府の対応ぶりを見る限り、4号機冷却プールの事象を見る限り、東北地方住民を見殺しにするような対応振りであり、実際、放射能汚染地域の実験データ取得サンプルにしている。これは以前にエドム人が国を滅ぼしたと反省した「仲間の見殺し」と同じである。
※註 本性はこれだけに留まらず、出雲大社の構造がピラミッドと同じであるとか、、、まだまだ本性に関する秘密が隠されていると睨んでいる。1つ1つ解き明かしていきたいところだが、果たしてそれを可能とする時間的猶予はあるのだろうか?

今、また同じ轍を踏んでいることから、日本は亡国は避けられないとみている。それが今年の3.11という日なのかは分からないが、4号機崩壊の時間的猶予と地震フラグだけは沢山立っていて危機的状況下にあるのは誰しもが認めざるを得ないところです。

まぁ、何も無ければ良いと祈っています。
スポンサーサイト

Comments

No title

なんの因果なんでしょうかね。運命の必然を感じますが、何も無しを祈ってます…。

「ぬまゆのブログ」にアクセスしたらつながらなくなりました

No title

原子炉の亀裂が桜の樹に見えます。

計画的???

ヤッズさん
イルミナティーカードの分析お願いします。

No title

他の所でつぶやきwましたが、古代進さんが、ヤマトの危機を救ってくれた
女神テレサにこんなセリフを言いました。
「テレサよ。我々は知っています。奇跡は二度起きないことを」←ウロ
古代さんは、女神テレサが与えてくれた“やり直しのチャンス”を無駄には
しないと誓ったのですが、さて21世紀の日本政府は…。

No title

何もありませんように…って思いつつ
覚悟を決めて彼等の来訪を待ってるこの頃…
桜の季節は雨が多い……その嘘の為にどれだけの人が散っていったのか……その魂達に守られてることも知らないで…熱き先人達の思いや…お世話になった地球について、考えてみる気はないのか。

No title

11.3.11
ときたならば
12.3.12
と考えるのはどうでしょうか…(ガクブルッ

てんしさまはでてこられました?

12.3.21ってのも…

数字当て選手権も中盤。

怪我の功名とは、このことだす~ (詳しい意味はしらん))

No title

今朝は関東南部直下のM5。寝てて気付かなかった。これでも我が家は原発肯定派が主で、地震の話すらできない空気だから、近く神様のお仕置きを受けるんじゃないかと。ところで前の続きだが、釈迦は絢爛豪華な法華経の後、追加で説いた涅槃経の主人公は卑しく貧しい下女で、その女が子を産んだところ、憎まれて住まいも仕事も追われ、誰にも助けてもらえず、差別や迫害を受けながら逃げる途中、歩いて大きな川を渡ることになり、流れの中で力尽きて死んでしまうが、最後まで子供だけは助けるのだという強い思いを持ち続けたので、死後は天上界という美しい所に転生し、何不自由ない境界を得たという。ただしこの経は途中で終わっている。熱心な信者の供養したキノコにあたって倒れたから。毒殺かもな。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)