スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓬莱山地震

昨夜17日19時37分に愛知県東部で直下型地震がありました。

とはいっても震度1ですが、、、、ワダスも寝ていて気づきませんでした(笑)。問題なのは発生した場所で、それは鳳来寺山と鳳来湖の間の地点。

地震愛知東部
(震源は、北緯35.0度 東経137.6度 深さ40km マグニチュード3.1)

つまり、かつて蓬莱山(設楽火山)のあった場所です。

愛知県に直下型地震というのも珍しいのですが、中央構造線のスグ傍というのも注目ポイントです。2,3日前には愛知県渥美半島沖で「ちきゅう号」が試掘していたといいますが、海洋震源地でないので人工地震の懸念はありません。つまり、この地震は世界最大の断層、、、中央構造線が活発な活動をはじめた証なのかもしれません。

いよいよ徐福(フツの神=クナト神=熊野様)の復活か?

ただ、語り部はクナト神=アイヌ(縄文人)だと語っているが、、、、それでは、韓国の『海東諸国紀』の記述内容に矛盾してしまうのだが、、、、クナト神と熊野権現(熊野様)は異なるのだろうか?
※註 熊野へ最も多く参詣したのは後白河法皇ですが、その後白河法皇が編纂した『梁塵秘抄口伝集』の回顧談の中に熊野の神と自分自身を結んだ清盛の話が出てきています。熊野詣の途上、清盛の夢の中に神の前で今様を踊る後白河法皇が現れたのだというが、そもそも平家がこのように繁栄したのは、ひとえに熊野権現の御利益であると噂されている。清盛が熊野詣の途上、船に上がった鱸(すずき)を熊野権現の顕れと食したところから、平家のトントン拍子の出世が始まるのですが、これは熊野の有力者・鈴木氏の助力が得られるようになったのだと解釈されています。熊野=吉野が日本の裏中枢というのはこの辺にも伺いしれる内容です。現在、NHK大河ドラマで「平清盛」が大河始まって以来の低視聴率で絶賛放映中ですが(爆)、藤原摂関家の家人として繁栄した河内源氏に対して、滅亡した伊勢平氏を取り上げること自体が異例であり、これは、今、熊野様の力、、、つまり裏の力が表に出る兆しだと見ている。

香取神宮の経津主(フツヌシ=初期大王家2代目の倭興【倭の五王の1人】、豊葦原中つ国を討伐)も既に中央構造線の活性化を押さえられなくなっており、年初から茨城県下で体感地震が多発しています。
※註 コメで指摘されたのですが、「経津主」は中臣氏ではなく初期大王家(スキタオ・カド族)の倭興だっただす。ファイナルアンサーが間違っていただす~。語り部はそう語っていたのを見過ごしていた(滝汗)。そうでなければ経津主と建雷命の2名が出雲に終戦報告に行くという話がおかしくなりますよね。これで謎が解けましたが、この日本列島はこういった以前の王朝の人物を神に祀り上げ、中央構造線に配して神宮とし、その動きを封じる呪詛をしているのだろう。こんなことを書いていたら、今日(2/19)再び茨城で震度5弱の地震がありました。この地震、中央構造線がガバーっとズレる予兆にも思えるのですが、、、、

「徐福東渡2222年」に相応しい地震ともいえる。(ふふふふ)

この愛知東方の地震である方からメールを頂いたのですが、これは富士山噴火のサインだとのこと。これで富士山噴火は避けられなくなったという。確かに蓬莱山は「不二山」「不死山」とも言われ「富士山」のネーミングの由来でもあり、その霊的関連は深い。実際、2222年という数字自体が「フジ22」を表しているので、オイラは今年に富士山に何かあると睨んでいるわけですが、、、、その1つが蓬莱山と同じくカルデラ化すると睨んでいる。

語り部の話によると、蓬莱山が崩落したのは745年(聖武天皇の御世)の時であり、新城まで入り江になっていた東三河は、この時、隆起して平野化したのだという。この725年は聖武天皇が紫香楽宮(甲賀)から平城京に遷都した年ですが、紫香楽宮は余りに山奥であり都には不向きな場所です。何かを恐れてここを都としたと思われるのですが、その1つに当時、日本列島で繰り返し起きていた海岸線の隆起・陥没ではないかと睨んでいる。日本各地に国分寺・国分尼寺を建立の詔を発したのもこの当時の地殻変動を恐れてのこと。しかし、蓬莱山の崩落で山地も危ないと考え、盆地であり湖が干上がって陸地化した奈良の平城京へ遷都を思いついたのではないでしょうか!
※註 天智天皇によって「大化の改新」(645年)で策定され649年に発布された「評(こおり)」という地方行政組織では、宝飯、八名、渥美、額田の評は存在するが、豊橋に該当する「評」は存在しないのです。これはかつて豊橋平野は葦の広がる広大な沼地だったからだと考えられる。ただ実際には、大化の改新の詔は「壬申の乱」(672年)の終了後に天武天皇によって発布されたものなので、「評」の制定も約30年ほど後ろにズレますが、、、
スポンサーサイト

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ヤッズ★さん、こんにちは。
トランブレーみゆきさんの東三河高天原 ブログ閉鎖のようです。
けっこう読んでいたのにな~。
ヤッズ★さんは閉店しないでね~。

初めまして。トランブレーみゆきさんの素晴らしさに感動して初めてメールします。

初めまして。みゆきさんの素晴らしさに感動して初めてメールします。みゆきさんは、久遠の本仏、久遠実成大恩教主釈迦牟尼世尊、日蓮上人、あめのみなかぬし様、北辰妙見菩薩、天照大御神様、聖徳太子、そして、法華経については、どう思っていらっしゃいますか?是非お考えをお聞かせ頂けたら嬉しいです。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。