第Qサイクル最終日

10月23日トルコ東部で発生したM7.2の地震で、トルコとアルメニア国境地帯にあるメツァモール原子力発電所に被害が及んで放射能漏れが起きたという。使徒の攻撃はどどまるところを知らないが、トルコはスキタイの本拠地であり、スキタイの最終到達地・日本と同様な現象となったのは感慨深い出来事です。

26日には、アフタースクールじゃない、アウターライド地震が東北方面で起きるのでは?と自らのシンクロから洞察していましたが、さらに輪をかけて、みゆ吉さんの「おっかない」という体感、HARRPの動き、太陽黒点数増加も連動し出し始めてきて、マジやばい感じがヒシシヒしていたのですが、、、、あにはからんや

■地震情報 明日26日 最大限注意 (金玉ブログ)
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-date-20111025.html

当日、何も無かったです(爆)

ヤッズ★が見た8本の「筋状雲(正しくは波状・放射状雲)」の予兆は何だったのら?

やはりコメで千早さんが言われたように、金玉ブログが被ってきたのが安心・安全につながったのかぁ!!! 皆が「来るぞ!」と騒ぎ立て一般化すると当たらない。これこそが「合成の誤謬」なのかもしれないw
※註 金玉最新では、10月25日も関東で幅広い帯状雲発生したというので、まだ地震への警戒は怠れない。1週間後ならば11月1日だすな。だが、3.11のリバースの11.3というのも考えられるが、、、

ここで予測が外れたことを嘆いたり怒ってはいけないだす。実は、この情報に接する態度次第でアナタの運が良くなってきているのだす。アセンション組の「勝ち組」になれるかもしれないのだす~。『ツキの科学-運をコントロールする技術』によるとツキを良くするための秘訣が5つあるそうで、それは下の五箇条。

1.運の良い人は社交性に富む
2.運の良い人は直観力が強い
3.運の良い人は勇気がある
4.運の良い人は「ラチェット効果」をはたらかせる
5.運の良い人は悲観的観測に基づいて行動する



「ツキ」の科学 運をコントロールする技術「ツキ」の科学 運をコントロールする技術
(2011/01/27)
マックス・ギュンター

商品詳細を見る


■「ツキ」の科学運をコントロールする技術
http://plaza.rakuten.co.jp/kagoshimalife/diary/201102060000/

ラチェットとは車輪が逆回転しないようする「歯止め」のことで、間違った方向に進まないようにする機構ですが、スパナにもありますね。で、問題はこの中の(5)の「悲観的観測に基づいて行動」という部分です。実は、ワダスは26日には有給取って休んでました(超爆)。まぁ、今回、合成の誤謬(?)で予測は外れたのですが、こういったネガティブな洞察記事に同調してしまうことは、とてもいいことなのだす(ふふふ)。
※註 こういうのを「自家薬籠中の物」に嵌るというのだろうw

だから、、、ワダス ばりばりネガ目指しとんねん(爆)

まぁ、今回は外れたのですが、セーターを着た人&米国株価暴落&東京閑散化フラグが、未だ立っていないので地震発生はもう少し先なのでしょう。柏市で高い中性子線が計測されたと騒いでますが、これなど東京閑散化の原因になりそうです。万一、東京が高レベルで放射線汚染されたとなると東京の地価は下がる筈ですが、「土地本位制」の元、都心の高い地価を担保に自己資本としている都市銀行は自己資金不足に陥り、破綻状態となり取り付け騒ぎが起きアボーンとなるかもしれません。この可能性は今非常に高い。当然、世界経済の資金の出処である日本の都市銀行が破綻すれば、世界経済がパニックに陥り、米国株式は暴落する。このように東京閑散化と米国株式暴落は密接にリンクしている。

で、そろそろセーターが必要な時期に近づいてきた。って思っていたら、今日、帰宅したらカミサンが既にセーター着てた。うはぁ~、もうそんな寒さになってきたのか! 「ウィンター・マジック」は近いのか?

それはそうと、今、地球はCMEの影響が段々と大きくなってきているようです。一昨日にはアメリカの多くの州で赤い色を帯びたオーロラが見えたといいますが、これは太陽風CMEによる赤化現象でしょう。

■巨大な磁気嵐がもたらしたアメリカ全域での「赤い空」(In Deep)
http://t.co/Rw8UtdKG

これは、正に蚩尤旗(しゆうき)

蚩尤旗(しゆうき)とは兵乱の前兆を示す彗星のことですが、空を赤く染め上げ、彗星の尾の先が曲がっているといわれる。ここでいう「蚩尤」とは 炎帝・神農氏の子孫で兵乱を好んだ中国古代伝説時代の諸侯で、中国の苗(ミャオ)族の英雄神であり、人身・牛蹄・四目・六手」とも「亀足・蛇身」という戦神です。鬼神。妖怪軍を率いて黄帝と争ったが破れ去ったという。蚩尤は人工的に霧を起こし「目くらまし」し黄帝の進軍を妨害するも黄帝は「指南車」(磁気に寄らず正しく南を指す方位機、現代のGPSみたいなものかw)を使い、正しく軍を進めることが出来、戦闘に勝ったという。

この古伝は実際の戦いではなく二ビル来訪時に起きた動乱に対する中華民族の記憶だと睨んでいます。この「蚩尤」が日本に伝えられたのが「牛頭天王」であり、記紀の神と習合された「スサノウ」です。徐福の国に憧れた邪馬台国では「蚩尤」は「兵主神」として祀られたと睨んでいますが、この「蚩尤」を崇め日本に伝えたのが徐福なのです。

実は、聖書のモーセの逸話「脱エジプト」も脱出する前夜、街に霧が襲ったとあり、「蚩尤」の話と符合する。しかもモーセ自体角がある姿で描かれており、この姿は「蚩尤」とダブってくるのです。つまり、モーセの「脱エジプト」もニビル来訪時のヘブライ民族の記憶が神話化されたものだと睨んでいるし、仮庵の祭(スコット)も非難生活を忘れないようにしたものだと考えられる。

ですから「モーセ」と「蚩尤」は実は同じだと睨んでいる。このモーセですが、聖書「出エジプト(エクソダス)」の直前には下記の10の災いが襲ってきたというだす。

1.血の災い
モーセが杖を振り上げ、ファラオとその家臣の前でナイル川の水を打った。川の水はことごとく血に変わり、川の魚は死に、川は悪臭を放ち、エジプト人はナイル川の水を飲めなくなった。

2.蛙の災い
アロンがエジプトの水の上に手を差し伸べると、蛙が這い上がってきてエジプトの国を覆った

3.ぶよの災い
アロンが杖を持った手を差し伸べ土の塵を打つと、土の塵はエジプト全土に広がって人と家畜を襲った

4.あぶの災い
あぶの大群がファラオの王宮や家臣の家に入り、エジプトの全土に及んだ

5.疫病の災い
エジプト人の家畜は全部死んだが、イスラエルの人々の家畜は一頭も死ななかった

6.腫れ物の災い
モーセがかまどのススを取って、ファラオの前で天に向かって撒き散らすと、膿の出腫れ物が人と家畜に生じた

7.雹の災い
モーセが天に向かって杖を差し伸べると雷と雹が落ちてきた。このような雹はエジプトの国始まって以来かつてない。

8.いなごの災い
モーセが大地に杖を差し伸べると、丸一昼夜、東風を吹いた。朝になると東風がいなごの大群を運んできてエジプト全土を覆い、そのまま領土全体に留まった

9.暗闇の災い
モーセが手を天に向かって差し伸べると、三日間エジプト全土に暗闇が臨んだ

10.最後の災い
真夜中、エジプトの国ですべての初子を撃たれた。ファラオの初子、牢屋の捕虜の初子、家畜の初子もことごとく撃たれた。すべてのエジプト人は夜中に起き上がった。


これはサントリーニ島の噴火の災害だという解釈もありますが、この解釈によると、、、、火山噴火の際には雷が鳴りますが、溶岩が上空に舞い上がり雹と結合し激しく降ったと考えられるという。また、全エジプト人の長男が亡くなったのはこの時発生したガスが原因で、長子は他の子供と違い、特別な場所(高いところ?)に寝る習慣があって長子だけが無くなったという。イスラエル人はその日は過ぎ越しの祭で就寝していなかったので助かったという。ただ検証しようが無い内容ですが、、、、、それはさておき、この火山噴火も今と同じようにニビル来訪が原因かもしれない。

いづれにせよ、これら災いのいくつかは「モーセの杖」が大きく関与している。

これ程の力を宿す「モーセの杖」とはいったい何物なのだろうか?

語り部によれば、熱田神宮に奉納されている「草薙の剣」とは実は「海凪の剣」のことであり、それは紅海を2つに分けた「モーセの杖」であるという。かつて、草薙の剣は2度紛失しましたが(①新羅の僧 ②壇ノ浦)、いづれも海に浮かんで戻ってきたという。つまり、海に浮かぶ程軽いw 剣のような重いものではなさそうなのです。ただ、熱田神宮のは本物かどうかは怪しいだす。

ワダスは石神神社の布都御魂剣が怪しいと睨んでいる。
※註 「布都・フツ」とは徐福のことを指すといいますが、石上神社の「布都御魂剣」の祀り方は異様であり、かつては社殿も無く、単に塚に埋められ祀られていたという。これは何らかの祟りを恐れているかのような感じですね。実は、過去に塚は掘られ剣を確認されていますので、布都御魂剣は「モーセの杖」では無いことは確定です(涙)。ただ、徐福民族に関わる大切な刀剣だろうとは思います。となると、やはり熱田神宮が怪しいかw 太平洋戦争時、ルーズベルトを呪い殺す神業を行なったというが、その時の様子は、魚の骨のような草薙の剣は轟音を発し、触れた禰宜は青白く燃えて灰になったというインディ・ジョーンズ顔負けの事故があったという。

東三河にはかつて「草薙の剣」があったという古老の伝承がありますが、これは徐福民族が持ち込んだのかもしれない。というのも、古来より熱田神宮は「蓬莱島」と呼ばれていますが、「草薙の剣(モーセの杖)」は元は蓬莱山(鳳来寺山)を背後に控える豊葦原瑞穂国中津国(君子国・扶桑国の大漢国)に定住する徐福民族の宝物であって、この徐福民族を滅亡させたのが初期大王家(扶余系スキタイ、カド族)ですが、滅亡時にこの宝物と「蓬莱」の名を奪ったのではないかと睨んでいる。
※註 東方の三神山とは、蓬莱・方丈・瀛州(えいしゅう)のことですが、蓬莱山は「竹取物語」でも「東の海に蓬莱という山あるなり」と記されています。「方丈」とは神仙が住む東方絶海の中央にあるとされる島で「方壷(ほうこ)」とも呼ばれる。瀛州はのちに日本を指す名前となった。「東瀛(とうえい)」という。実は瀛州山(石巻山)の近くには、「花祭り」で有名な東栄町という地域がある。「草薙の剣」はヤマタノオロチの尾から出たと言われるが、このヤマタノオロチとは旧三王朝(邪馬台国・大漢国・丹波国(=元毛野国))を示し、旧三王朝が半島から招聘した初期大王家によって崩壊した際に出てきた宝物であることを暗喩していると語り部は言う。ですから、「草薙の剣」は大漢国という徐福移住地の東三河から奪い去られたのだと睨んでいるのです。

何故、徐福が「モーセの杖」を?と疑問が起きますが、元は始皇帝の持ち物ではなかったかと睨んでいます。始皇帝の本当の父「呂不韋」はヘブル人レビ族の商人であり、また始皇帝と徐福は遡ると祖先は同じ苗字だという。ここに二人の奇遇な運命が始まる。

始皇帝から逃げた徐福の逃避行は、モーセのファラオからの逃避行を彷彿とさせる内容であり、「東洋のエクソダス」だとも言えるだす。つまり、約束の地・カナンとは正に日本のことであり、諏訪で祀られるミシャグチ様とは「御イサク地」がここ日本であることを祝う祭だった。

徐福は「不老不死の妙薬」探しに際し、一度目は海洋に巨大な化物がいて到達出来なかったと報告した。で、その化物を追い払い、航海の無事を確実なものとし、目出度く「不老不死の妙薬」を得る為に始皇帝は「モーセの杖」を徐福に貸し与えたのではないでしょうか。それ程までに始皇帝は焦っていた。内政が傾く程の膨大な資金を費やして徐福を日本に派遣したのには、そういった知られていない経緯があるのだと睨んでいます。
※註 徐福と始皇帝の血流は飛鳥昭雄先生の本に詳しい。

事物を2つに分ける魔法の杖、、、、

実は、この「モーセの杖」がこの物質世界の二極化・二分化現象を起こしているのかもしれないw やはり「モーセの杖」は元あった場所、、、、2つが合一する「ゼロポイント都市」である東三河に戻さねば(爆)。

豊橋
(平原広沢の地=豊葦原中津国=穂の国=豊橋の市章)

帰還の時が、御世出づ(345)で「てんし様」誕生かもしれない?
※註 「123の仕組」の後に「345の仕組」発動ですが、この「123仕組」とは東北3.11ではないかと思っているだすが、、、

で、明日はとうとう第Qサイクル最終日!!!

とうとう来てしまっただすな、、、、(滝汗)

この日はマヤ暦の「本当の終了日」だと言われる日です(日本時間では29日ともいうが、、、笑)。「コールマンの折り畳みサイクル」の懸賞に当たったことから、「コルマンサイクルは当たるだす~」という啓示を受けてから、短いような長い期間でしたが、その間には、3.11やタイの洪水...等、様々な災害が発生し、怒涛の展開でしたね。明後日からは今までのような時間の流れが無くなるというか、、、時間の質が変わるというか、、、、スピではそんな風に言われています。別に世界がが無くなってしまうわけではない(笑)。

多分、誰も気づかないかもしれない(あはは)。

これはアナログ放送が停止しデジタル放送になるようなものだとも言われており、自分の思いが即現実化する度合いが高くなるともいう。これは幽界という人間思念を反射して閉じ込めておく世界よりも高い領域へ人の無意識領域が抜け出すことが原因(反射層が希薄化というのもある)ですが、霊界や高次世界へダイレクトアクセスし始めることも出来るとみている。今後、こういった領域へドンドン移行していくのですが、最終的には各個人の意識がネットワーク化されると見ています。この第Q期間には右脳左脳の意識統合が主要テーマだったといいますが、上手く行きましたでしょうか? これが上手くいっていれば、チューナー買替が済んだ、あるいはLANボードを実装したようなもので、次の時間軸でもきっと大丈夫でしょう(ニタリ)。

ヤッズ★も八頭→九尾→成十(なると)になるだすか?(爆)
スポンサーサイト

コメント

2011年10月28日からの世界

http://ameblo.jp/code135/entry-11059649259.html

http://ameblo.jp/code135/entry-11059121177.html

http://ameblo.jp/code135/entry-11061074019.html

http://www.youtube.com/watch?v=DQkb5Zh7SeU&feature=player_embedded

とりあえず 月人は2012年2月10日から3Dにてスクリ~ンから登場ダ~ス

http://www.dailyblam.com/news/2011/10/24/star-wars-episode-1-the-phantom-menace-3d-theatrical-trailer

全6部作が3Dとして完成するまでは、本当のアセンションはなしかね

2012年から1年ごとに公開されても2017年までかかるのダ~ス






No title

ヤッズさん、どうもです。猿の惑星ジェネシスに出てくる新薬の名前「ALZ113」でしたよ。なので113はばばーんとメジャーなので大丈夫じゃないでしょうか。


人類が滅亡した歴史はありません。

マヤは滅びたのではなく移住しただけです。

移住したからマヤ歴が終わっただけのこと。
ちゃんと新しい歴へ移行しました。

みんな生きてますよ。

ニビル説や人類滅亡説など無理やりすぎて酷い話ですね。
いま世界中で地震や水災害、火山噴火が起きているのは当たり前のことです。

滅亡やらニビルやらは全く関係ありません。

結局、

マヤ暦の終了て、何だったんでしょう?

コルマン博士は、今後どうするんでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク