スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムーンマトリックス

Z8さんの記事経由で鹿児島UFOさんとこで知ったのですが、あのアイクが「月人」の本を出すという。アイクもとうとう核心部分に踏み込んで来たなぁ~という感じです。


人類よ起ち上がれ! ムーンマトリックス[覚醒篇1] マインドに呪縛された人類~私を嘲笑せよ~(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫)人類よ起ち上がれ! ムーンマトリックス[覚醒篇1] マインドに呪縛された人類~私を嘲笑せよ~(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫)
(2011/09/22)
デーヴィッド・アイク

商品詳細を見る


アイクに対しては、メイソン式の握手仕方からイルミ工作員の疑惑(笑)をずっと持っていたのですが、最近読んだ故・大田竜との対談本『2人だけが知っている世界の秘密』に書かれている内容は、この現実世界が「透明な存在」という異次元存在が作り出した仮想現実の「マトリックス世界」であり、人類も「次元の隙間」にいる爬虫類人も各々に与えられたシナリオに沿うようコントロールされているというアイクの主張は、他の陰謀論者とは一線を画していて非常にユニークです。多分、この『ムーンマトリックス』も同じ路線でもっと詳細に書かれている筈なので、是非、読みたい1冊です。って、この本全部で10巻もあるんだ(汗)。

実は、この現実認識はオコツトの語る「外界=内面」という変換人型ゲシュタルトやカバラのいう「五感の暗箱」という内容とも同じであり、この「透明な存在」とは、実はオコツトのような「真実の人間」なのではないだろうか?とフト思えてきた。このようなユニークな視点を与えることから、最近ではアイクはイルミ工作員ではないと認識を改にし始めている。ただ、相変わらず陰謀論者特有の「1%対99%」という反ロス的心情を喚起させる点や高圧的な態度は、別の意味で工作員疑惑は残るが(爆)。


2人だけが知っている世界の秘密2人だけが知っている世界の秘密
(2009/11/21)
太田 龍、デーヴィッド・アイク 他

商品詳細を見る


鹿児島UFO氏の記事を引用すると、、、

**************************************************
月は超巨大な電波塔だ! 奴らは月から虚偽の現実を放送している!それをわれわれは、ホログラムの物質世界として 認識するよう脳を操られているのだ!!あなたを果てしない現実認識における新世界の荒野へと投げ出す快著!!量子力学とホログラム宇宙論の発達のおかげで、 われわれの住まう世界は、強固な物質3次元ではなくて、 どこからかやってくるホログラム世界であることが分かった。われわれが現実と思ってきたものは、 単に映画を見てる現象にすぎないと分かってしまったのだ!その構造をとっくに知っていて、 人類を支配するために利用してきたのが、 ロスチャイルドやロックフェラー、 そしてイルミナティに連なる連中だ。

■人類 本当の支配者は誰か? 知っていますか?
http://plaza.rakuten.co.jp/kagoshimalife/diary/201110220000/
**************************************************

この物質世界が人間意識が作る仮想現実であるという話は、マイケル・タルボットの「投影された宇宙」を読むと実例や研究成果を挙げていてよく判りますが、このことは煩フルの主要な洞察テーマでもあります。

タルボットが主張する結論は、私たちの周りに広がる「本当の世界」は、今、見えているような物質的な固形化した世界ではなく、波動のような世界だということ。つまり、私たちが見ている確固とした世界は、実は脳が作り出したホログラム的な世界に過ぎないというのです。まぁ、実はアイクもこの本を対談本で取り上げていますので当然同じ帰結になるのですが、アイクによるとこの世界の秘密はあるイルミに関った者から聴いたという。ヤッズ★がこの本の存在を知ったのは願望実現マスターの「実現くん」の記事からですが、、、
※註 実は、この煩フルのネーミングは「実現くん」へのリスペクトから「くん」だけ頂いたのだすw


投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待
(2005/04/25)
マイケル タルボット

商品詳細を見る


さてさて、本当にこの世はホログラム的世界なのか?

この件に関してずっと洞察してますが、そうでもあるような、、、、ないような、、、っていうか、多分、今の脳の認識プログラムでは直接的認識は出来ないでしょう(大笑)。ですから、状況的証拠を元に洞察する以外にないといったところです。ただ、確信出来るような事象や体験はそれなりにあり、逆もまたしかりで、パラドクスというか反証的事例もあるのです。「それーっ!」とばかりに盲目的にこの観念を採用することは簡単なのですが、それでは周囲から「脳内お花畑状態」認定されてしまうだす。
※註 常識的見方はいうまでもなく皆共有している為、字数を減らす為に敢えて煩フル内では書かないことにしています。勘違いしないでねw。常識的見方とオルタナティブな見方。このどちらにも偏らないことが肝要。これにより、事象を立体3D化して認識できると考えているが、、、、

ですから、「合成の誤謬」を避けつつ、いろいろな角度から眺めて立体3D的に浮き上がってくるよう、ああでもない、こうでもないと洞察するようにしています。これ故、記事により結論が違って来る(爆)。まぁ、いろいろと洞察していると、各々に上手く収まるビンゴの解が得られるだろうとの軽いく考えている。
※註 「合成の誤謬」・・・ミクロ視点では正しくとも、それが合成されたマクロ視点となった場合、必ずしも正しくない結果になることをいう。例として、相場観測手法の全てが「買い」シグナルを発した場合、実は売り場であるような状況。皆が「買い」と思った場合、その先にはもう買い手が不在化する為、そこで天井を打つ。新聞に記事出たら仕舞いというのはこういうこと。ミクロ視点の洞察と同時にマクロ視点の洞察が欠かせないように、洞察には「複眼的視点」が重要なのです。

このホログラム的現実を記した地図がカバラです。

古くはアブラハムの時代にオープンにされていた古代の叡智なのですが、紀元前のある時を境に表に出さなくなったと云われる。そして、今、時が着たのか、再びその口伝部分をオープンにし始めている。日本にはこのカバラの概念と似た「造化三神」がありますが、アブラハムの末裔がエドム人の蝦夷(アイヌ)でもあることから、日本の裏神道(古神道)にカバラ的な造化三神の概念があっても、全然おかしなことではないのです。で、これを伝え護ってきたのが賀茂氏ですが、こちらは為政者の為の神道です。人民には恭順さを植えつけるように、パーツパーツを切り取って景教の一神教概念を混ぜた伊勢(イエス)、稲荷(INRI)、八幡(ヤー)をモチーフに神社神道を興し普及させていった。その後、仏教好きな百済系の世となり、神社神道は仏教と習合されていったわけだが、、、
※註 飛鳥先生はカバラを伝えたのは原始エルサレム教団である秦氏であると推測していますが、秦氏は徐福民族の技術を継承した蝦夷系の者が名乗った「商号」みたいなものであり、日本への徐福民族の渡来や建国自体が無かったことにする隠蔽工作の役割も果たしていると語り部は言う。

カバラの「生命の木」では、地球は最下層の物質世界であり、「マルクト」(王国)というセフィロトだと考えられていますが、その地球の中でも日本はシリウス系末裔とか、アヌンナキ末裔とか、ムー人の末裔とか言われているように、人類の意識進化のトップランナーであると考えられている。その証左といえるのが、伝統文化の継承、ハイテク技術、シンプルな構図でありながら繊細に表現されるアニメや浮世絵、料理や技術も本家を凌駕してしまう改善力、被災しても社会秩序が乱れず列に並ぶ、四川地震救助で見せた名も無き死者への敬礼、、、等でしょうか。で、その日本が今入っているのが隠されたセフィロト「ダアト」なのです。

死と再生の儀式「白山(冥土)入り」へ「GO DIE GO!サマー」で真っ最中に突入し、その後は1次元上の世界へと移行する「ウィンターマジック」へと繋がっていくと睨んでいる(ニタリ)。

まぁ、これが「岩戸開き」「神一厘の仕組」なのではあるが、、、、どう展開するかはサッパリ分からんw

「月・星」の国旗を持ち、スキタイの本拠地であるトルコが東洋と西洋の分岐点である一方、スキタイの最終到達地で「太陽」の国旗を持つ日本は東洋と西洋の合流地点でもあり、日本文明は東洋と西洋とが止揚(アウフへーベン)した高次元文明となり得るわけです。こう考えると日本が先の戦争で米国に負け、アメリカナイズされたのもシナリオ通りなのかもしれませんね。以上のことから、「ガイアの法則」が説くように次の世界覇権文明となるのは、ある意味「当然の帰結」なのでしょう。
※註 まぁ、別に日本人が凄いというわけではなく、単に日本という地理的位置や血統的にそうなっただけと感じなのです。

地球を1つの巨大な脳と考えた場合、「西洋=左脳、東洋=右脳」であり、日本は松果体や脳下垂体に該当するのです。意識進化のトップランナーであるが故に「生命の木」の隠されたセフィロト「ダアト」にも一番先に入り込んでいくわけですが、これが日本に原爆が落とされ、3.11で原発事故の起きた霊的な理由であり、イルミをコントロールする「月人」のシナリオなのです。で、以上のことからも今後、起きる「本番」にも繋がっていく。これが王仁三郎聖師が唱えた「日本は世界の雛形」の原理だと睨んでいるが、、、、

この辺りの話で興味深い内容の文章を見つけましたので紹介します。

■進化を求める私(その35)・ 地球は魂の孵卵器・揺り籠であり、選別機である
http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/690.html

この内容を要約すると、、、、

地球は神の子たる人間が無限に発生する孵卵器。ただ玉石混交となって生まれてくる為、「神の御魂になり行く者」と「不熟の者」とを選別する「選別機」にもなっているという。まさにアセンションとディセンションの関係です。で、この世は陰謀論者が捉えるような「世界人間牧場」「宇宙の牢獄」ではなく、魂の「教練場」であり、そして神々とは、実は超文明を気づいた宇宙人のことであると語られています。ヤッズ★的には「宇宙人」は前世界(第四世界)でアセンションして「真実の人間」となった元人間で「異次元人」。地球は「選別機」というよりは魂を磨く「精米機」だという認識をしていますが、、、

その発達のキーは科学知識

聖書によればエデンの園の「知恵の木の実」を食べたのが人間ですが、これにより人間は著しく科学技術を発達させ、その結果、核開発や工業開発に邁進するのですが、悲しいかなエゴに裏打ちされた発展は結局のところ環境破壊をもたらし、また際限の無い人口増加を招き、最後には食物を食い尽して「共食い」を始めるのだという。これが前の時代、人間だった神々の歴史的教訓なのです。これはメソポタミヤ神話にあるエンキとエンリルの話にも同様のことが書かれています。人間に知識を与えたのがエンキですが、人口爆発が起きた時には、それを収束させる為にエンリルが裁きに訪れるという約束をしたという話になっています。

この魂の「教練場」で学ぶことは、「助け合うこと・思いやること・分かち合うこと」であり、これを神々(宇宙人=異次元人)が体験学習させているのだという。で、神になるための卒業試験が「3.11福島」だといい、これにより進むべき未来が決定されるのだというが、、、、この観点からいえば、日月神示シリーズを書いた中矢氏の取った「ホテル放射能」という行動は卒業試験に適うものではある。

この判定式でいくと、、、、

「助け合うこと」という点で、オイラは失格だすな。(あはは)

「不熟な者」確定だす(滝汗)

あと、「真実の太陽」は人間には眩し過ぎるから、霊性の低い人間用に作られたのが現在の太陽なのだともいう。ここはオコツトがいう内容とダブっています。オコツトも最後には太陽は輝くのを止め、ニビルが新しい太陽となって輝き出すと述べていますが、この時が「ミロクの世」の顕現、つまり生きながらにして霊界に入ることであることから、その太陽を拝める人間存在へのアセンションが起きるとおいている。しかし、如何せん、この物質世界に住んで長いが故に、そのような劇的変化が訪れるという風に到底理解が追いつかないというのもまた事実ではある(爆)。

とは言うものの、現在、世界的な経済崩壊や太陽活動や地震・火山活動を始めとした地球環境変動がゾクゾクと起きていることから、この物質世界や人類の営みである社会基盤がことごとく崩壊し始めているのでは?とヒシヒシと感じている昨今です。これは「月人」が人類へ向けて投影するホログラフのシナリオが、いよいよクライマックスに近づいて来たというサインではないだろうか?

映画でもクライマックスはハラハラドキドキですからね(爆)
スポンサーサイト

Comments

なんだかね どうなるのか最後まで見ているよ…私の友達は皆 子育てや 家計のやり繰りで 精一杯らしく 何も感じないらしいんだ…私も壊れていく両親とここに残るよ

反転期☆ 

ヤッズ★様、おはようございます☆

いつも楽しくて☆
興味深いお話☆
どうもありがとうございます☆

私もハラハラドキドキですー♪

明日からのイベント〈?〉は・・・ 
26〈水〉「原子力の日」
27〈木〉「朔・新月〈04:56〉」
28〈金〉「コルマンインデックス終了」
・・・ですね☆
〈他にも色々と、あるかもしれませんが☆〉 

反転期なのかもしれませんね☆
オコツト情報では☆
この世界は「まんじゅう」と☆
「おはぎ」の☆
関係であるそうですね☆ ↓ 

【魚の浮き袋 | ひろなの部屋】 ↓
http://moon.ap.teacup.com/hirona/476.html

そして☆
鏡に映る自分の姿は☆
「理想の恋人」で☆

自分が常に愛して止まない☆
「異性」が☆
そこには映っているのだとか☆

「反転」を理解する事で☆
世界認識が☆
ますます広がりますね・・・☆ 

OCTO〈オコツト〉

・・・追加です☆

OCTO〈オコツト〉は☆
「8」の、ラテン語「OCTO〈オクトー〉」から☆
きていると、聞きました☆

10月はOctoberで☆
ラテン語で「第8の」という意味の☆
「octo」の語に由来しているのだとか☆ 

色々と関係しているようですね☆ 
おもしろいですね☆ 

・・・訂正です〈汗〉☆ 

何度もすみません〈汗〉☆
訂正がありました☆ 

「オコツト」は☆ 
「OCTO」ではなくて☆
「OCOT」でした☆
ごめんなさい☆

あと、オコツト情報の☆
生命の樹では☆
ダートは「Ω8」ですね☆ 

オコツト情報は☆
ダート〈知識・神の真意〉なのですね☆ 

月人といえば、セーラームーン。
現在の地球の情況は、月に替わってお仕置きされてるだす~(爆)

【月人(なると)】?

【月人】って「なると」かと思った…
と言うのも、「投射」されているとかいう話も出ていたし
「月」のことを「ルナ」って言うんだけど
それが反転して「ナル」・・・
それと「人」で、「なると」=「月人」が来る~v-62

No title

松口直恵が月人あるいは宇宙人だと思われます。実際それだけの能力があります。
実態験があります。たとえば人の心も読めますし姿形も自在に変える事も出来ますし他の人物にもなりすますことも可能のようです。。その方が大救世主の秘密も何もかもご存知です。超能力はもちろん人類の能力をはるかに超越しています。検索すれば出て来ますが、今は仮に普通の人間としてラジオ局等・ナレーションもしています。顔は普通よりちょっとかわいい系です。声はとても美しいです。

28日にNYにて26000年ぶりに

つ、 遂に マヤカレンダーの終わる10月28日に

13のクリスタル・スカルを持って、マヤの長老たちが

マンハッタンに集まり、地球浄化の儀式をやるだす~~

http://ameblo.jp/yagyuhyogonosuke/entry-11056501005.html

その後 1年にわかり、さまざまな行事が行われるようだすが

バッグについているスポンサーを見ると、世界的規模で、これから注目されるのか~?

つまりは、 その先に・・・

http://www.youtube.com/watch?v=wHAcIMvxHRg&feature=related

13のクリスタル・スカルのパワ~で、月人が・・・・

そう言えば、あの時 某デニ~ズでワタスが飲んだジュ~スが

Qイ・ジュ~スだっただす~~ 爆

No title

 月がホログラム電波塔 というのはないでしょうね。
それならその電波塔たる月 を投影してるものはなに?ということになり、虚空の中に月だけが浮いてる事になるからです。ちょっと考えればわかる矛盾ですね。

 太田龍のハナシがでてましたが、亡くなる直前の週間日本新聞に 欲望を支配コントロールする「モロク神」は「外」宇宙より来る、とただ一文だけお書きになっていた記憶があります。妙にそこだけ違和感があったので憶えてますねえ・・。   毀誉褒貶相半ばするC カスタネダも同じような内容を 登場人物に語らせてましたね。

面白いおもしろい。

 【 2012 】

★★★  反反ロス  応援 ア~ティスト  ★★★

神曲 ? 新曲 【 2012 】

http://www.youtube.com/watch?v=zlK5abIJRyM&feature=player_embedded

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。