スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金星人が攻めてくる~

彗星発見者で二度の臨死体験者の木内氏が、臨死体験時に見た未来の地球の話はスピ系の人には有名ですが、オフレコで語った内容に「金星人が地球を侵略する」という話があるそうです。

元々は地球人であったのが金星人だといい、昔の故郷、地球を取り戻しに来るのだという。今は金星の環境に適応し、二酸化炭素呼吸に進化した金星人たちは、地球環境も二酸化炭素濃度を濃くして、自分たちが住めるような環境にしようと企てているのだという。


(バトルオブロサンジェルスは、金星人侵略のゴイム教育用の映画か?)

木内氏が開発している「炭素化炉システム」には裏の目的があって、これが金星人の侵略に対抗する秘密兵器だという。つまり、二酸化炭素濃度を濃くしないようにしてしまうのが、「炭素化炉システム」というわけです。

なんかガミラス星人が地球侵略する際に、遊星爆弾で放射能テンコ盛の地球にするような話ですが、実際、今、日本は放射線テンコ盛だす。金星人よりもガミラス星人が攻めてきてうるんじゃないかと錯覚しそうですが、、、、

さて、ここで木内氏が語る未来の情景を眺めてみると、、、、

闇の勢力(世界権力)は金星人の侵略を恐れ、それに対抗する為に2012年までに世界統一政府を作り上げようと企てた。しかし世界統一政府は樹立されておらず、世界は焼け野原で無政府状態となっている。

また、木内氏が語る地球の過去を見てみると、、、、

地球には古代に2つの文明があり、最初、地球には月が無かったが、約1万五千年前に巨大彗星が太陽系に来てそのまま地球重力に捕捉され地球の衛星になったのが月だという。その際に持っていた氷が溶け、地球に水として降り注いだのが聖書の「ノアの大洪水」。大量の水で陸地の海岸線が2000メートルほど上昇。2000メートル低い位置で生活していた為に寿命も長生きだったという。現代人の寿命が短くなった理由は高山病だからという。月が来る前の地球には超古代文明があり、主に地下都市を建設して住んでいて、地上はUFOのような乗り物で移動。洪水を事前に察知し、それらUFOで逃げたのが金星人や火星人だという。で、その金星人が故郷を取り戻しに帰ってくるというのです。

この2つの文明はアトランティスムーのことでしょう。月が水を運んだというのもどこかで聞いた事がある内容ですが、月のコアが月面に出てきていることから、月内部の熱水が溢れ出して地球に降り注ぎ、月内部は空洞になっていると飛鳥先生も指摘しています。

ヘルメス文書「エメラルド・タブレット」では、金星人はアトランティス人がアセンションして地球から去っていたのが源流だといいますので、これも何となく似たような内容です(笑)。
※註 私見ではアトランティス時代にアセンションしたのがムー人で、アセンション出来なかったのがアトランティス人だと思っています。ですから、エメラルド・ラブレットの内容は金星人はムー人であるとなってしまうw

このように似た話が多いファンタジー溢れる内容なのですが、オコツトの語る内容とは大きく違います。このビジョンの中で一番気になる点は、「世界統一政府」が成立していないという箇所です。今はこんな状況なのですが、ワダスは世界政府は成立していると考えています。ただし、闇の勢力(世界権力)がその中枢は占めていないという見解ですが、、、、だからこそ、「ミロクの世」なのですね(笑)。

多分、木内氏はディセンションした世界を見たのではないかと思う。

そこには機械的反応しか出来ない家畜人ヤプーがいっぱいいる筈ですw

木内氏の認識の問題点は、地球過去の記述を見る限り非常に唯物史観的な点です。そこには意識進化やアセンションという類のものが一切入っていない。つまり、客観的宇宙があってその中に人がポツネンと生み出されるという視点から、未だ逃れられていないということです。

天文学者ゆえ、盲目的に宇宙を客観的に存在する「無限に広がる空間」と見てしまっている。

木内氏のビジョンからは、唯物論者が辿る道は「ディセンション」以外はないんじゃないかと思えてくるのです。二度の臨死体験で未来の情景が破滅確率が9割から7割に減ったと木内氏は語ってしましたが、これは木内氏自体が一度目の臨死体験を経た後、唯物論的立場から一歩離れたからだと思います。ですから、次に三度目の臨死体験した時には破滅確率は7割から5割までに減少していると睨む(笑)。

つまり、この世とあの世の関係...等、自己の空間認識の変化、つまり意識進化ですが、これが未来のビジョンをも変えるのです。

[2012年に再び戻ってくる]天使的宇宙人とのコンタクト (超知ライブラリー 26)[2012年に再び戻ってくる]天使的宇宙人とのコンタクト (超知ライブラリー 26)
(2007/07/19)
ハワード&コニー・メンジャー

商品詳細を見る

(主観と客観の両方が事実に関係していると説く天使的宇宙人 つまり現実は意識の延長線上でもある)

ここで少しオコツトの語る宇宙人論を書こうと思ったのですが、非常によくまとめられた内容があったので、そのままコピペしますね。

******************************************
クラリオン(ヤハウェ)は地球・太陽系がすべての意識進化を現した位置で、地球の完成やオリオンの顕現とも言えます。現在、人間はその位置までの意識進化を完成させていないので人により捉え方や見え方は変わります。オリオン星人にも見えると思います。

その他、よく地球と接触のあるプレアデス星人とはニビルのアセンション側の存在で、ディセンションした側はよくアヌンナキなどと言われます。太陽系外は真実の宇宙が、人間に見える形で映し出されたホログラム宇宙です。宇宙の精神(神)の意図は身体・生態系・宇宙・原子と、あらゆるところにフラクタルに見える形で表現されています。

星座はそれぞれ宇宙の精神(神々)が写し出された比喩的な形で、ニビルのアセンション側はプレアデスの神聖をよく現しているのでプレアデス星人と見えることがよくあります。火星のアセンション側がアンタレス人に見えるなど、昇華された精神(神)の姿をそれぞれ現しています。遠方から飛来してきているものではありません。

宇宙人は太陽系の月と冥王星以外の惑星にすべて存在し、それぞれがそれぞれの次元で営み、アセンションした惑星は同次元に入るので交流し合います。惑星はそれぞれ別次元の為に、アセンション前に干渉し合う事はありませんが、どちらかがアセンションしていれば稀に共振します。各惑星は由来する星座(宇宙精神)などを現してゆきます。地球は太陽系の惑星すべての精神・特色を民族の違いとして持っています(10種)。日本人が太陽であったり白人が金星であったり、アジアが地球であったり宇宙の雛形になっています。クラリオンはそれらの調和がすべて現れたものです。地球とクラリオンの関係はカバラ・生命の樹でマルクトとケテルの関係になります。

宇宙人はすべて人間型です。人間という神の似姿は、動植物すべての特色を内包しているので精神の現れ方と見る側の精神により見え方が違います。爬虫類や半身が魚など言われる存在がいるように見えるのはその為で、別次元同士での交流ではそう見えてくることもあります。すべて人間型です。

グレイは宇宙人ではなく、人間の関与していることです。人間のディセンションの意識がこの関与にはあるので、クラリオンのディセンションのように見えます。大戦や権力や災害がオリオンに例えられることと同じですね。

人間自身が意識進化を確立してない場合に、不完全なオリオン(宇宙の精神)の流れをそのように見ている意識状態です。艮金神・祟神などとも比喩されますが、その見え方は宇宙の完全化が未完全の人間自身の影です。これから人類はこの父権的な影を昇華し越えて、真実の宇宙(天なる父オリオン)の世界を見ることになります。

なぜクラリオンが月の裏側や太陽の裏側など言われるかは、太陽の裏側とは、太陽系の統合昇華を意味し、月の向こう側は人間の覚醒を意味します。物理的位置や距離はそれほど関係はありません。ホログラム宇宙は地球の内部・裏側方向からの真実の宇宙の投影なのでアセンションし宇宙交流するということは、本当の宇宙がある地球の内部に入るとも言えます。物質世界の中から出る、または昇華するとも言えます。

月の裏側や太陽の裏側と表現されていた真実の宇宙の姿を見ることになります。そうなるとそこに真実の地球、クラリオン(真実のオリオン)が現れてきます。なので、クラリオンとは昔の地球人とも未来の我々とも言えます。その時は、新たな地球の人達がクラリオンを想像しているでしょう。また、クラリオンからも想いを寄せ見守ります。


http://i56789.blog50.fc2.com/?m&no=24
******************************************

太陽の向こう側にあるクラリオン(反地球・ヤハウェ)こそが、アセンション組の次のニューワールドの舞台となると睨んでいますが、この今までの地球に残った場合、木内氏の見たビジョン通りになるかもしれません。その際には、同様にデセンション組の金星人の襲来はあるかもです(爆)。って、ビジョンがあるのだから絶対ある筈です(超爆)。

そして、彼らが次のアヌンナキの役を演じ、人類の上に君臨し、血を分けた子孫を王族とし君臨させ人類から搾取することで、結果として、人類を再び意識覚醒へと導いていくというシナリオになっているのでしょうか。

金星人の生活は、なかなか分からないのですが、オムネク・オネクが詳細に書いていて分かりやすいといいますね。まぁ、それが真実なのかどうかは証明のしようがないので分かりませんが、、、、ワダスはセムヤーゼ派なのでセムヤーゼが書いたのなら即買いなのですが(爆)。

地球人になった金星人オムネク・オネク アセンションした星からのメッセージ (超知ライブラリー)地球人になった金星人オムネク・オネク アセンションした星からのメッセージ (超知ライブラリー)
(2011/02/25)
オムネク・オネク

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

金・星・人

鳩山さんの奥さんでしたっけ?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ひゃ~すごいシンクロ!

昨夜、彼と話してたとこなんです☆
ある有名サイトを、好きでよく訪問してたのですが、時折、『金星人が地球に攻めてくる』という話題になるんです☆

「地球人より次元が高いはずの金星人がなんで!?そもそもどこからの情報なん?」
「思うに、木内氏からなんじゃない?ぞっこんだから…」
「え~アセンションしてるはずの金星人がなんでまた?!それが本当なら我々地球人がアセンションした後も、まだワンネスになってなくて、二極化されたままで戦争とかあるって事? うっそ~(@@; それじゃ~バシャールとかのメッセージとは違うじゃん?! (もろ広島弁ですみません…)」
な~んて話になったんです.
最近は内容に違和感を感じ始めて、私が描く未来の地球とは程遠いので、『自分の勘を信じよう…己の内なる声のほうを…(でへっ)』と思っていたところなんです.
すると今回のヤッズ★さんのこの記事が♪♪
もう何もかもスッキリです☆
【ディセンションした地球の未来】だとは!
そもそも木内氏はエレーニン彗星についても、『大きさ、質量ともに小さいので地球への影響は全く無し』と言われてましたし、なんだか他の情報とは違うのです.
仮にエレーニン彗星はそうであっても、本命のニビルについて何かを語っておられるのかと思えば、私の知る範囲では何も言及されておらず…
しかし正真正銘の天文家でいらっしゃるわけだから、前述の某ブロガーも木内氏の見解に異論挟む余地無し…という感じです.
さて、17日公開の【ロサンゼルス決戦】も観に行く予定ですが、【スカイライン】【トランス・フォーマー】に続いて見事に『異星人による地球征服洗脳型』のハリウッド映画には、ダークサイドの意図を感じていました.
以前、どこかのサイトの『スピルバーグ、お前もか!?』という記事通り、すべての映画は検閲され、内容をチェックして手直しを要求されているらしいので、一時は信じてたスピルバーグに嫌悪感を抱いていましたが、これもハリウッド界で生きていく為には仕方ないのかなぁ~と…
以前、『やりすぎコージー/都市伝説』で関氏が「スピルバーグが鍵を握ってる…」とのコメントもあったし☆(この時はいい意味で言われたような…)
ますます目を離せない時代に突入しましたね☆☆☆

ふむ

唯物論者のたどる道はディセンション・・・・
ヤッズさん卓見ですね。
いわゆる「自己」と呼ぶもの、と、万象、を対立させる見方をひきずっていると
ディセンションの方向へ向かうということですね。
でもマイナスがあって初めてプラスがあるように、それらを超克する
絶対的な救いの道はあるはずですし、はじめから備わっていると思うです。

憧れの金星

こんにちは~
いつも興味をもって読ませていただいております(感謝)
今日のヤッズ様の記事で、とてもすっきりとした心地になりました。
以前から木内氏の発言は・・・???・・・だったのですが、
やはりそうだった・・・!!!・・・という理解ができました。
ありがとうございます。
また、金星や人々の生活については下記のサイトも参考に出来ると
思います。(すでにご存知かもしれませんね。。。)
"Center of the SUN"のサイトhttp://www.kachina.net/~alunajoy/index.html
このサイトの中でインカのシャーマンであるウイラル・ファイタ氏が金星の宇宙船で金星を訪問し、案内された内容の一部が書かれています。PDF形式でその他についても公開されていますので、ご紹介させてください。・・・http://www.kachina.net/~alunajoy/Inca-transcripts.pdf

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

木内氏が本当に“金星人侵略”のヴィジョンを観ているのであれば
「あ~遊ばれちゃってるな」
と言ったところですね。イタズラ好きの低級霊に偽のヴィジョンを観せられて
いるのではないかと。
 
これは小林ワサオ…じゃなかった小林朝夫氏が観た「吹き飛びます!」の
未来光景についても言えると思います。 
霊が見えても未来が見えても、結局『不可視の領域に拡張された唯物主義』
の限界ですかね。

No title

ヤッズさん
リクエストに答えていただきまして
ありがとうございます!

金星人が元地球人で先の次元に行っているなら
地球を攻めてくる とか 乗っ取るということに
違和感があったんですよね・・・

臨死体験と幽体離脱は別物でしょうか?
生きてるか死んでるかは置いておいて
私は似たようなものだと思ってるんですが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

金星人は動体に眼球があるためどうたい視力高いです。また地球の学園を支配しようと企んでいます。
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。