スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数霊48

9月8日からのXクラス太陽フレアの連続発生をもってCME48の正式デビューが決定しましたが(爆)、予想通り日中は爆暑であり、この暑さが2週間も続くのだという。日中は日陰はいいのですが、直射日光に当たると耐え切れない暑さにゲンナリです。まだまだ夏は続いているという感じです。

未だ「GOGOサマー!」は有効なのか?
※註 NASAじゃない、、、KARAが新曲プロモートするまでは有効かもw

CME48デビューの2日後に起きた米国の300万世帯の大停電事故、フランスの原発処理場の突然の火災...等、やはり、パーティは始まってしまったのだなと見ています。山梨のじっちゃん予言がいう「神が人の改心状態を眺めている期間の終了」という言葉がフト脳裏を過ぎる。

ここ数日、関東圏で起きている群発的な微小地震(震度1レベル)はその顕れのような気がする。まぁ、これが杞憂に過ぎなければいいのだが、、、

■地震情報 たった2分の差
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-date-20110912.html
■先日の9日と10日のMとXの太陽フレアで地球の磁気圏が崩壊しました
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/33113835.html

実は、同時期、地元豊川市ではマスコットキャラ「いなりん」の女性主体のバックダンサーチーム「INR48」がデビューしていたのです(爆)。ちなみに、「いなりん」とは三河弁で「いなり寿司、食べりん(食べなさいよ)」から付けられたw

■INR48
http://ja.wikipedia.org/wiki/INR48


(INR48  9/24・25は豊川市でB1グランプリなのだが、キャッチコピーが「ゴーゴーイナリ!」だという。どこかで聞いた事のあるセリフだが、、、)

INR48のデビューは、イエス磔刑時の罪状板「INRI」(ナザレ人でユダヤの王イエス)に通じることから、これは「真のキリスト意識」の浮上が近いことを暗喩していると睨んでるが、、、あるいは「再臨のイエス」で表される「刈り取りの神」の登場を暗喩しているのか? 使徒が持つロンギヌスの槍で金満家した日本を屠って「贖罪の儀式」の始まりを示すのか? 実は、その全てなのかもしれない。

INRI
(八幡はヤー【ヤハウェ】、稲荷はINRIが由来)

稲荷で有名な豊川稲荷は、日本で唯一ダキニ天とその眷属である大陸から渡ってきた平八狐(狐によく似た獰猛なジャッカル=年老いて霊能力が長けた狐=九尾妖狐)が祀られていますが、今までの煩フル記事の洞察からは、「アニメNARUTO=九尾妖狐=豊川稲荷」であり、豊川稲荷は日本を縦断するスムシュナー管である中央構造線に位置することから、ここが今回の岩戸開きのキーとなる「富士鳴門の仕組み」の「鳴門の仕組み」発動の拠点だと睨んでいる。

かつて、このような洞察内容を書きましたが、コルマン第9サイクルに突入してからは、東北に地震津波から始まり、熊野の山津波、茨城の地震、、、等、今、中央構造線を抑える封印は確実に弱まってきていて、この洞察内容が正しかったとヒシヒシと感じています。ですから、その拠点候補地での「INR48」デビューには非常に感慨深いものがあるのです。

ところで、今、話題のニビルですが、アヌンナキの父とされるアヌは、エジプトの「アヌビス神」がそうであるようにその姿はジャッカルで示され、そして雄牛の角を伴った王冠を載せているのです。つまり、アヌはジャッカルでもあり、牛神(龍神)でもあったのです。
※註 聖書黙示録には「白い雲が起こり、その雲には人の子のような方が乗っておられた。頭には金の冠をかぶり、手には鋭い鎌を持っておられた。、、、」とあるように、ここにも王冠が出てきます。再臨のイエスと目される「白い王」とニビル人であるアヌだと睨んでいる。

つまり、豊川稲荷の祭神は、、、、

本当はアヌビス神だったのだす~(超爆)

アヌビスアヌビス02
(アヌビスは獣頭人身と獣身の2種あるが、獣頭人身がデンバーNWO空港に鎮座)



日本人はなぜ狐を信仰するのか (講談社現代新書)日本人はなぜ狐を信仰するのか (講談社現代新書)
(2006/02/17)
松村 潔

商品詳細を見る

(お稲荷さんの起源はインド・エジプトにあると説く本)


hopi2horns.jpg
(ホピ族が被る冠は牛の角のアヌを彷彿。見ようによってはジャッカル(狐)だなw)

この展開は正直面白いです(あはは)。

アヌビス神は「ミイラを布で包む者」の異名があるように、死と再生を司る「白山(冥土)入り」の神でもあるのです。そういえば、冥土入りの大災害予兆を「きゃほー」と喜び、地震関係の恐怖基地外情報(自称)で独走する金玉ブログがありますが、イナリは「金玉」の隠語でもあるのです(爆)。またタイトルにある「黄金」もニビル人が黄金好きという特徴なので、あの方は絶対ニビル人だと思うだす~。そういえば、ドクター中松もニビル人だそうですが、二人には何となく常人離れした似た雰囲気(オーラ)を感じるだす~w

ミイラ作りの際には肛門から臓器を引っ張り出すことから、アヌビスは「アヌスの神」であると勝手に思い込んでいますが(爆)、このことから豊川稲荷は「痔ろう」等の肛門関係の病気にも霊験あらたかかもしれませんね。この豊川稲荷を篤く信仰したのが大岡越前ですが、東京豊川稲荷はこの忠相が勧請し祀っていたものが起源なのです。『大岡忠相日記』によれば、忠相は痔の持病があり痔の悪化により公務を欠席した事があるという有名な逸話がありますが、これで忠相公が豊川稲荷を崇拝する裏の理由が分かろうというものです(爆)。絶対、痔ろう平癒の祈願をしていたと睨む。

ですから、豊川稲荷参拝の際には、交通事故で尾てい骨骨折した「少女時代」のスヨンの早期治癒を祈願しておきます。別に礼などいいです。だって好きだから、、、(ポッ)

AKB48、SKE48、INR48...等、今、日本ではこの「48」という数字がブームになっていることは誰も否めないですが、今の時代、何か日本人の琴線に触れるものがあるのでしょうか? 実はこの「48」に関して日月神示ではこう記されているのです。

四十七と四十八で世新しく致すぞ
三人使ふて三人世の元と致すぞ
三人を掘り出すぞ
世に落ちてます神々様
人民様を世にお上げせなならんぞ
悪神の国から始まって世界の大戦(おおいくさ)愈々激しくなって来るぞ

(日月神示 梅の巻)


「48」で世を変えると宣言しているのです。
どうも、ここに「48」ブームの真相がありそうですね。

ところで「47」「48」という数字は何なのでしょうか?「48」は「いろは48」の数霊で「母の数」、「47」は「ひふみ47」の数霊で「父の数」だといわれています。ですから、陰陽説では「偶数」が陰数であり女性原理を表しているので、女性グループが陰数「48」を冠するのも至極当然の成り行きなのです。で、次の展開は「47」を冠する男性グループの登場でしょうか!(爆)

忠臣蔵の赤穂四十七士はその好例かも!

今風に言い直せば、、、AKO47だなw
※註 そういえば、CMEは「火」の属性を持つ男性原理の為、正確には「CME47」と記さないといけないのかもしれませんね(汗)。

三千世界一度に開く光の御代ぞ楽しけれ
あな爽(さや)け、あなすがすがし、あな面白や
いよいよ何も彼も引寄せるから その覚悟よいか、覚悟せよ
あな爽け、あなすがすがし
四十七と四十八と四十九ぢゃ
十二月四日、七つ九のかミしらす。

(日月神示 梅の巻 第17帖)


この「48」→「47」→「49」へと至る流れは、実はカバラの「生命の木」の降下の流れと逆行する流れなのです。父なる神がアダムを創りその肋骨からエバを作ったとされるのが創世記の内容なのですが、これが「49」→「47」→「48」のデミウルゴス的創造の流れです。この流れと完全に逆方向の流れとなっている。つまり今は二極化というデミウルゴス的な創造世界が収束する過程にあり、このような逆行の流れになっていると考えている。

で、この「49」が示すのは、、、

男性性・女性性が未分別の状態である原初の人間「アダム・カドモン」だと睨んでいる。最終的に、ここに帰結するのが今後の方向性でしょう。

不思議なことに、豊川稲荷を篤く信仰した大岡越前は、木造家屋の過密地域である町人域の防火体制再編のために町火消組織を「いろは四十七組」を創設していますが、それは後に「四十八組」の小組に再編成し直しているのです。この時は「生命の木」を降下(=デミウルゴスの創造)する「47」→「48」でしたが、、、ここに大岡越前-豊川稲荷-アヌビス(九尾妖狐)-日月神示の見事なまでのコラボが伺えるのです。

この2つの数霊でもって「天と地」「陰と陽」の結びを為して「贖罪の儀式」とし、エヴァ風にいえば「人類補完計画」を為すわけですが、その結果、結び付いた者が原初の人間アダム・カドモンである「49」なのでしょう。更に、その先には「50」が控えていますが、これは「五十(いそ)」であり、「磯宮」(伊勢皇大神宮の古名で伊蘓宮とも書くが、多分、外宮のこと)のイソでもあり、それを音で記したのが「伊勢」であり、また「五十鈴(いすず)」がイエスズ(イエス)でもあることから「真のキリスト意識」のことだと睨んでいる。メソポタミア神話ではエンキ率いるアヌンナキ50人が地上に降臨したといいますが、この内容「50(イソ)の降臨」とも深く関連していると思われる。

五十は伊勢であるぞ
五百は日本であるぞ
五千は世界であるぞ
このほう五千の山
五万の川
五億のクニであるぞと申してあろうがな

(日月神示 五十黙示録 碧玉の巻)


五十人の仁人が出て来るぞ
仁人とは神人(カミヒト)のこと
この仁人が救世主であるぞ、救世主は一人でないぞ
各々の民族に現はれて五十人であるなれど
五十と言ふ数に囚われるなよ
五十人で一人であるぞ
数に囚われると、判らんことになり
岩戸しめとなるから気つけおくぞ

(日月神示 五十黙示録 扶桑の巻)


「仁人」50人とは、新たにニビルから降臨したアヌンナキだとも思えるのですが、この世界各地に散らばった50人の「仁人」が一人の「てんし様」と意識を共有していて、ニューワールドを先導していくのではないかと睨んでいます。また、この「仁人」こそがヒトラーのいう「神人(ゴッドメンシュ)」であり、1つ高い次元から降下してきた「キリスト意識」ではないかとも考えられるのです。

日月神示は三人掘り起こすと三人使って世直しをすると言っていますが、これが生き通しの「てんし様」なのでしょうか?あるいは、その前の前座的存在? 逆に最奥の存在? あるいはもっと別のものなのでしょうか?

他の箇所で「御三体の大神様に七回祝れよ」と言葉があることから、この三人は御三体の大神である「大国常立尊(天御中主神)」「高皇産霊大神」「神皇産霊大神」の造化三神であることが分かりますが、別の名前では、日の大神、月の大神、地(くに)の大神です。これは太陽、月、地球を示してもいる。

これらの神はカバラでいう「中央の柱」「慈悲の柱」「峻厳の柱」にいも相当しますが、これが「49」「47」「48」として表されているのでしょう。更に、この三人はマヤ予言に出てくる「白き兄パハナ(ニビル=新しい親太陽)」「太陽の印を持った従者(月)」「卍と十字の印を持った従者(新しい地球)」としても表されていると見る。その具現化(対化)として、「刈り取りの神」である本国ニビル人、月人であるアルザル人(地底に封じられたニビル人)、ラストバタリオンを擁するナチスのNWO勢力(アヌの末裔アヌンナキ)としても顕れるシナリオも保持しているが、、、、

この3人は、かつて第五の世界が始まったときのアヌ、エンリル、エンキの3人が降臨した時と同じ役割を持った相似形のシナリオになっているのだろうか?
※註 最近、全てに辻褄合わそうとしてるので、何書いてるだかよく分かんねぇ~w

三つ巴
(造化三神は三つ巴で表される)

この三人についてはノストラダムスの四行詩でも「髭をなびかせた星(ニビル?)が現れるとき、3人の巨大な王子がたがいに敵対する。平和は空から打たれ、大地は揺れ動き………」と記載されていますが、「敵対」するのではなく、三つ巴のように「対峙」するという感じなのかもしれません。

王仁三郎聖師の「霊界物語」では、八岐大蛇と金毛九尾によって憑依された中国北方に降り立った「盤古大神」と、色界の頂にあり三千界の主で男根がシンボルの「大自在天神」(バラモン教におけるシヴァ神)の二大悪神が戦いの末、「盤古大神」が勝ち、この世界を治めたと説く。これは「盤古大神」をエンキ、「大自在天神」をエンリルと読み替えれば非常に分かり易くなるだろうか。あるいは、黄帝と蚩尤(しゆう)でもいいかもしれない。

で、元は善神で悪に染まってしまった「万古大神」からの世界委譲が今回の世の建て直しの真相だという。前回の戦いで、天御中主神の顕現である国常立大神は世界の艮(東北)の方角である【日本列島】に隠退し、神皇産霊大神の顕現であり妻神である豊雲野大神は未申(南西)の方角にあたる【イスラエル地方】に退去され、「坤の金神」と呼ばれるようになったというが、、、、東北3.11大震災の発生とは、雛形理論では東北は日本を示していることから、3.11は「艮の金神」の掘り起こしだったのかもしれない(汗)。

となると、、、、次はイスラエルか!?

イスラエルの首都エルサレムはエル・シャローム(平安京)であり、雛形理論からは、位置的にもダビデの紋章(六芒星)と同じ市章を持つ京都が掘り起こしの対象ということになってしまうのだが、、、、今のところ、そのような予知・体感情報は全くないが、、、、果たしてどうなるのか?

ただ、天の橋立があるのは京都ですが、そのスグ隣は若狭湾の福井です。そして福井と福島は名前からも、、、フォッサマグナを挟んだ位置からも、、、両者共に「原発銀座」であることからも分かるように「クーパー対」でエネバランアス的に結ばれている。最近、中津川でイノシシ9頭が軽自動車に激突する事故があり中部関西圏でも磁場がおかしい?ともいわれますが、サクラコードの解析結果からは、使徒の関東襲来の前には関西襲来があると洞察していますが、これはシドニーのオカマの霊能者のいう夏の終わりに起きるという2つの地震(①中日本の山中(九頭竜山系?)、②小さな島(江ノ島?海ホタル?)とも一致していて、不気味に思っています。ただ、それが起きる前には、セーターを着込む程の肌寒い日にダメリカの株式暴落というフラグが立たない限り起きないが、、、

そして、この流れは「48」(福島)→「47」(福井)→「49」(富士)という世界刷新「ミロクの世」の雛形発動でもあると睨む。(ふふふ)
※註 「フクシマ」は4音偶数の女性原理の「48」、一方、「フクイ」は3音奇数で男性原理の「47」。これらが「福が倒れて福来る」の「逆福」でもありますが、富士(不二)で融合、大ドンデン返しとなることを示す。そして、各地名の頭文字を取ると「ふふふ」となるのだす。日月の神の不敵な笑いにも見えるだす。
スポンサーサイト

Comments

この流れからすると三神とは・・・

Perfumeですね!!

No title

ヤッズさんの考察は、いつも深いですね~。

毎回、深みに落っこちつつ、読ませて頂いております。

京都のくだりは、ちょっと個人的にひっかかります。

というのも、私は、以前夢で、京都と兵庫の県境辺りから、始まる広域の地震の夢を見ているのです。
京都・奈良・大阪・和歌山・三重・愛知・岐阜、日本海側は、新潟近くまで、太平洋側は、千葉神奈川、一分東京にかかるぐらいの地震の規模でした。
現在ヤッズさんと同じ地域に住んでいるので、とても心配なのです。
 
まあ、夢は数年前に見たもので、最近では愛知内陸部の地震の夢を見ています。
日本全国何処へ居ても、難は逃れられないかも知れませんが、せめて故郷に帰って最後の日を迎えたいものです。

いつもありがとうございます☆

面白い記事を見つけました☆

【マブハイさんのブログ】

『NASA内部告発者:エイリアンの月の都市は存在します』

http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/content?bid=jennifer1215b&id=33116877

いつもありがとうございます☆ 

国会議員数も☆
47人がよさそうですね☆ 

3.11地震が人工だとしてもそれは悪の御役に金神さんがやらしたのだと思いますね。何日か前のテレビ番組でアメリカ人の人が日本人は全然反省してないからこれから、今回のような災害が次から次に続くと言ってました。多分(イルミの人だと思う)自然であれ人工であれ、いらぬものが無くなるまで終わらぬ道理なのでしょう。失礼しました。

更新

http://ascensionnote.blog.shinobi.jp/Entry/68/

されていませんが・・・滝汗

八ちゃん

タコみたいな火星人はいませんでつか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

内なる地球

地底世界に住むアルザル人はいませんでつか?

為せば成る
為さねば成らぬ
なにごとも。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

…以下のコメントは、全てアヌンナキの陰謀に違いない(爆)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

秘密のビデオとスペシャルドリンクを使った痔の完全克服プログラム

あなたのイボ痔と切れ痔を医師や医薬品に一切頼らずに15日以内に完治させることが可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。