ドラエモンじゃないよ、アダムカドモンだよ~

8/1にNASAがエレニン彗星を撮影した画像によれば、太陽に近づくことで彗星からガスやダストが噴出していますが、エレニン彗星のコマ(彗星核を取り巻く星雲状のガスやダスト)は直径20万kmを超え、地球の20倍の大きさにまで成長したという。まぁ、コマの直径の過去最大は太陽の半分くらいの大きさになるものもあったので、エレニン彗星のコマが取り立てて大きなものというわけではないです。そのうち、夜空にボワーッと見えてくるかもしれませんが、昨今の太陽フレア激化状態ならば、もしかしたら、コマは太陽より大きくなるかもしれませんね(爆)。

■Diameter of coma of comet Elenin exceeded 200,000 km
http://spaceobs.org/en/2011/08/04/

まぁ、ガスやダストが核から噴出して広がっていることから、超重力を持つが故に光さえ脱出できないという中性子星の線はこれで完全に消えました。超残念です(爆)。ただ彗星の接近と災害はそういう物理的な影響だけではない部分もあると睨んでいますので、引き続き監視対象ではありますが、、、、

しかし、コレ意外にもまだ怒涛のイベントが控えているので、安心は禁物です。

今、太陽の暴走(太陽フレア爆発の多発化?)、リボン状のエネルギーの接近、ベテルギウスの超新星爆発...等の宇宙的イベントだけでなく、米国を始め世界の経済的破局からくる資本主義崩壊(お金の終焉?)、日本での津波原発災害を含む、火山噴火、旱魃、洪水、地震...等の世界的な天変地異が見事というくらい同時進行しているのです。このシンクロ振りにはきっと深遠な理由がある筈ですが、今、間違いなく世界が壊れて行っていることだけは確かなのです。
※註 ただ何故東北なのかという点はまだ明確な答を見つけられないでいる。今のところ、大和朝廷とは心情的に少し距離を置く東北なので、今後のミロクの世への覚醒に至る場合、一番近いポジションにいるというぐらいの洞察しか出来ていない。

カバラでは、二極化世界(物質世界)に男性原理と女性原理で二分化され、さらに655個に分離して降臨してきた「個我」が再び「一者」、つまり「原初の人間」であるアダムカドモンに回帰していく過程が今であると説明されていますが、この説に賛同しています。

うまい棒
(KARAも好きな「うまい棒」  スンヨンよ、アレはドラエモンじゃないよ~w)

これが「白山(浄土)入り」という死と再生の儀式なのですが、日月神示風に言えば「三千世界の大洗濯」、エヴァ風に言うなら、「使徒襲来と人類補完計画」ですね(笑)。

前記事では、KARAが唄う「GOGOサマー!」のGOGOとは、メンバーが5人であることも掛けていると思うのですが、3.11から5ヶ月後の今夏~晩夏に起きると予測する「GO DIE GO」(一度死んで、再び生きる)という死と再生の儀式(白山入り)を暗喩しているのだという洞察をしてきました。そして、この「GOGO」とは日月神示でも言っているように、「5+5」で10、、、、つまり、「成る十(ナルト)」という次の世界の始まりという意味も持っているのです。
※註 5ヶ月後のGOGOで「555」かな、、、実は、もっと後かもしれませんが、こういったシンクロ的な暗喩性を手がかりにその時期を洞察しているのです。この死と再生の対象は人なもかもしれないし、国家なのかもしれない。

さらに不思議なことに、KARAは一時期、「解散か?」と揉めに揉めて一度芸能活動を休止したのは記憶に新しいですが、これは「一度死んで、再び生きる」という「蘇り」なのです。そして、この「蘇り」によって、KARAは前にも増してその存在感が大きくなっている。その結果はCDの売上げとして数字に出ていますね。

「白山入り」では、「生」と「死」という対極関係に「蘇り(黄泉返り)」という第三の極「アダムカドモン状態」となって黄泉から戻ってくるのですが、これは正しく「正反合」の「合」なのです。

即ち、「GOGOサマー!」とは、、、

「合合サマー!」でもあったのです(爆)。

これは70年代に「君たち女の子、、、僕たち男の子、、、」と女性原理と男性原理が支配するこの二極化世界を高らかに唄いあげた郷ひろみ、及び、鎌倉期に見事に蘇った後醍醐天皇、「恐いものかとGO・GO・GO!」の三船剛もビックリな内容ですw


(韓国で日本語の歌を歌う韓国スター、、、なかなかシュールだw 「合」を感じる)

こういったシンクロ振りには、唖然とするものがあるのですが、その他にも、百済系の現天皇家が滅亡させた初期大王家の出身国「加羅」について記事を書いている時に日本デビューとか、、、、ヒップダンス「MR.」の最後の決めポーズが初期大王家と縁が深い吉野の蔵王権現と同じポーズであり、しかも、その秘仏特別開陳の期間が「Mr.」のキャンペーン期間と同じ時期であったりとか、、、、「555の仕組み」記事を書いた後にシンクロ的に「GOGOサマー!」の曲が発表になったりとか、、、、KARAは煩フル記事内容と密接に連動していて非常に興味深い存在なのです(ニタリ)。これはヤッズ★のスンヨンに対する愛ゆえかもしれません(爆)。まぁ、こう思っているのはワダスだけかもしれませんが、、、、

あと、メンバー全員が牛丼好きで庶民的でトークが面白く、可愛く、歌もダンスも上手というのも大きな魅力ですね。

牛丼、、、やはり、牛神(龍神)の御使いなんだな(超爆)
※註 でも、喰っちゃマズイだす~

少女時代もそうなのですが、日本でKPOPを身近に感じさせるのにバラエティに出演したりして一番貢献しているのがKARAであることは間違いありません。


(一見クールなんだが、この大胆さがハラちゃんの魅力)

ただ、フジが韓流に傾き過ぎであるとツィートして事務所を辞めさせられたという俳優の事件が発端となり、8月8日の「フジTVの日」に視聴しない運動とか、フジを支持した花王製品の不買運動にまで発展する展開にまでなってきた(2ちゃんの鬼女恐いだす~)。この韓流の背景には円高ウォン安に加え、韓国ドラマ配給には韓国政府から補助金が出るという理由がある。リーマンショック以降、減り続ける広告費に対処する為に、コストが安価な韓国タレントを用い、韓流ブームを画策し、曲の版権を持つ子会社で稼ぐというフジの台所事情がこのブームの真相でしょう。韓流に水を差すような韓国の報道は控えるという操作もありますが、言われる程の政治的な意図はないと思う。

ただ、公共の電波を許認可で得ている会社が、曲の版権を子会社に持たせ、マッチポンプ的にブームを煽り、営利を貪って特定資本の利益となる点はいかがなものでしょうか?この点は批判されても仕方がない。実は、このことは今までと同じなのですが、韓国絡みで明白になったに過ぎないのです。で、そういった子会社には総務省の天下りがいるとみるが、、、、、(あはは)

造られたKPOPブームは日本と韓国の間に横たわる政治的な問題までもが一緒くたになって流れ込んできて、現在、非常に面白い展開となっていますが、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いという1ビット思考ではなく、政治問題とエンタメは区別すべきものだと思う。まぁ、それが出来ないでいるのは、両国間の長い歴史に横たわる感情のわだかまりがあることは確かです。

まぁ、ブームなど仕掛人がいて、元々が造られるものであり、今更それを指摘してという感はありますが、、、、そんなことよりも、現代日本を洞察時にKARAの持つ非常に明快な「暗喩性」の方に注目ですね。これは両国間に触媒作用を起こすものだと睨んでいる。この暗喩性のは世界的人気アニメNRUTOにもいえることで、人気化するにはそれなりの霊的背景があり、明確な暗喩性を帯びるものだと考えている。

これが、日本に外圧的に変革をもたらす「使徒」と認定する理由ですが、こういった見方も、今、こうしてこの脳内に見える世界はヤッズ★の内面世界だという「変換人型ゲシュタルト」から考えれば、当然の帰結なのかもしれない(爆)。

以前の記事でも書いたのですが、ビッグバン宇宙論では宇宙の始まりは虚の空間の特異点から始まり、それが膨張していって宇宙空間が出来、その特異点は宇宙の外縁部に密接し、引き伸ばされた形で全球状に存在していると説かれていますが、本来は始まりの点に過ぎないものを私たちは無限遠点の全球として認識してしまっているのです。実際には「真の存在領域」ではマクロなものがミクロであり、ミクロなものがマクロなのです。この本来のあり方とは逆転した認識を私たち人類はしているのですが、これが「人間型ゲシュタルト」とオコツトが呼ぶものです。

ここで少し変換人型ゲシュタルトへの気付きのステップを書いときますね。

■片目を瞑っても外界は立体に見える
目の構造は、外界の様子が水晶体レンズを通して、その反転像が平面上の網膜に投影され、視覚神経で電子パルス変換され、脳内で画像再生されると説かれていますが、網膜で2Dに劣化投影されたにも関わらず、脳内映像は3D化されてしまっています。一度、劣化したものが元に戻るとは考えられない。多分、これは何らかのメカニズムで3次元情報も取り込んでいると考えられるのです。つまり、「本当の外界」とは脳内に見えるような状態で存在しておらず、4D的な世界になっているのかもしれない。これならば、1次元劣化しても3Dとして見える。

■目の玉を動かしても外界は移動しない
真ん前を向いて目の玉を動かしても、外界全体が動くことはありません。外界船体の位置は固定され、あくまで目の玉が動いたという感じで外界が見えます。実は、これは非常に面妖なことなのです。網膜はCCDと同じ構造なのですが、ビデオカメラで外界を眺めると、レンズの向きの移動に伴い、外界全体が移動してしまうのです。これが自己の位置が不明確になる為に起きるカメラ酔いです。このことからも外界は私たちが脳内で認識する形では存在しておらず、しかも、脳内で見る映像(外界)はその断片的な一部分でしかないという可能性があるのです。


まだまだ、これ以外にもクオリアや刺激反応の時間差矛盾...等、いろいろヒントはありますが、私たちが外界として見ている世界は自己意識が選択的に再構成した内面世界であり、本当の外界とは定まった形が無く、あらゆる情報が融合した波動状データのような世界、つまり、、、

「なんだかなぁ・・・」(阿藤快風)な世界なのです。

さぁ、どうでしょうか?

KARAが「使徒」に見えてきましたでしょうか?(爆)
ワタスには、スンヨンはネ申、ハラちゃんが天使に見えるだす~

「普通の認識」(=人間型ゲシュタルト)では、太陽活動や超新星爆発・彗星衝突...等の宇宙的イベントは自己の適用範囲外として考えてしまうのですが、この逆転した認識の下では、宇宙や太陽活動や発生イベントの方が実はマクロなものであり、自分の身の回りのことよりも、実は意を反映させやすく、願望実現しやすいとなるのです(ふふふ)。

この逆転認識でいくと、、、、

身近で会いにいけるアイドルよりも
遠い異国のアイドルの方が、身近なアイドルなのです(爆)。


また、韓国は「近くて遠い国」と言われるのですが、これは、実に変換人型ゲシュタルト的な表現なのだなぁ~ということが判ってきますね。

さらに敷衍すると、最近、KARAではなく、NASAをレイオフさせられた職員が、エネルギー状のリボン(プラズマ・フィラメント?)の接近によって、太陽が制御不能状態(暴走状態?)にあると腹いせに暴露しましたが、この太陽の暴走も実は自己意識の覚醒によって起きたものなのかもしれないとなります(高笑)。
※註 実際、オコツトはそう言っていますw 古代の叡智では太陽系の惑星は自身のチャクラに対応するといいますが、日月神示では「「太陽は10個の星を従える、新しい太陽が現れるのであるぞ、原子も同様であるぞ、物質が変るのであるぞ」と語っていますが、これはチャクラポイントの増加を意味し、人間のボディ構成が変わることであり、即ち、「10個の惑星を持つ」=「成る十(ナルト)」ということなのです。
スポンサーサイト

Comments

ヤッズさん、結局 サニワ
の意味が わかりません!質問コメントしたんですよ 前回。

サニワ

審神(さにわ)。
神憑りの際、降りて来た霊的存在が正神なのか邪神なのかを判定すること。

No title

オコツトとオクテット則は似ている..気がする。
いや、失礼しました。

そうなんですね、意味が解らず 気になってましたよ。 日月神示にも 同じで言葉がありましたし。 たまさん 回答有り難うございました。

No title

フジテレビデモって伊勢女さんが夢でみた光景なのかなあ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今の世はみんなアベコベだから、そのうちグレンとひっくり返るかもね

※註 ただ何故東北なのかという点はまだ明確な答を見つけられないでいる。

東北は昔から日本の方位学で鬼門であり、丑寅の金神の方位ですがな。因みに対極にある裏鬼門は南西で、未申の金神。

で、元々関西にはタイガース(阪神)とバファローズ(近鉄{現オリックス})というまさに丑寅の球団が両方存在してる。
ヒツジとサルはどこかいな~
多分ジンギスカン鍋の北海道と日光のサル軍団ですかね・・・

これだと丑寅の方位と未申の方位が正反対なんですよね(笑)
だからいずれ日本列島が大陸移動で動くのか、地球そのものの極が転移して、真逆に成るんでしょうね。まあ~もしかしたら両方いっぺんに来るかもしれませんがね・・・。

とうとうコテ造くんのブログ、閉鎖されましたね…

さて、今現在、世界中で奇妙な出来事がたくさん起こっているようです☆
そんなニュースを連続で掲載されている【In Deep】さんから、次のような情報が…
他の記事も必読です☆

タイトル
『南米チリの地割れとイスラエルでの珍しい地震
(oka at 08/08 12:49)』

=一部転載スタート=

「このニュースの何が珍しいかというと、イスラエルというのは全然地震がないところで、特に今回地震が発生した場所は、少なくとも記録の上では過去に地震の記録が残っていない場所なのだそう.
そもそもイスラエルという場所自体が、小さな地震が90年前に一度、比較的大きな地震が 1837年に一度記録されているくらいのようで、小さな地震でもニュースになります☆ 」

=転載おわり=

http://oka-jp.seesaa.net/pages/user/m/index?_=EIgI

NY株式大暴落

ラビバトラ教授の予想が当たるのでしょうか。
一年遅れで。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アダムカドモンと言うことは、エヴァカレインが居るかもー(爆熱)

ケムログさんがまたまた気になる記事を☆

【ケムログ】より

タイトル
『エレーニン彗星は単体ではなかった!』

=転載スタート=


2つの天文台が到来するエレーニンと共にある幾つかの物体を確認している
「物体」の集合がエレーニン彗星と共に進行しているという、推測がある。NASAが詳細を掴んでいるのは明らかだが、いつもの通り、彼らは「混乱」している事を認める他に何も話していない。
JPLによるエレーニンの軌道図は、彗星の進行経路を表しており、地球がどのようにその尾を通過するのかを示してはいるが、それが伴っている物体は記されていない。これら正体不明の物体は、彗星それ自体よりも遙かに地球に接近することになることからも、これは重大な手抜きといえる・・・
Follow Chemblog on

=転載おわり=

http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=993532

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)