パンドラの箱

「魔女の火山」として有名なカトラ山に噴火の兆候が出たとか、、、、中国最大の渤海湾の蓬莱19-3油田から原油漏れ事故が発生とか、、、現在、刻々と悪化の兆候を見せ始める世界情勢ですが、3.11以降、この世は、既にあの世に一歩足を踏み入れてしまったのかもしれない。事実、日本は今後放射線物質という目に見えないもの相手に生活していかねばならぬ状態にあり、もう後戻りできない領域に入ったことだけは確かです。

一昨日の赤い虹については、体感者が電磁ブロックが収まってしまったと感じた様に何故だか急に収束してしまい、大地震発生とはならなかった。これは日本の神様がまだ日本人の心を観察中だからとキャンセルしたからだろうか?(爆)。

私見ですが、この急激解消の原因の1つが実はHAARPではないかと睨んでいる。あの赤い虹が発生した時には確かに大気には「怒りの気」(=大地圧迫の投影)が満ちていたのですが、同時期に物凄い勢いでHAARPが稼働しており、コレを打ち消したのではないかと普通の陰謀論者とは逆の発想をしています。

HAARPは地球を守っている。

まぁ、3.11の時は解消できずに地震発生してしまったのだが、、、、

大気の状態は大地の状態を正確に投影しているといいます。これは大地の圧迫でピアゾ電圧が発生してその電圧が大気に電磁的な影響を与え、大気がイオン化したり筋状の雲を発生させるのですが、逆に言えば大気の状態をキャンセルすれば地殻の状態も緩和されるかもしれない。だからこそ、3.11の時もHAARPが物凄い勢いで稼働したのではないでしょうか!ケムトレイル&HAARPで電力グリッドのCME破壊と地震と太陽直射から守っているのです。まぁ、これは前々から言っていることですが、、、(爆)

実際、今日もケムトレイルの薄い雲のお陰で太陽の直射がなく、随分過ごしやすかったです。それでもメチャ暑いことにはかわりませんが、、、、、HOT SUMMERは昨年以上になることは間違いないでしょう。もしあの太陽が連日直射していたら、きっと凄いことになっていたでしょうね。

さてさて、明日何が起こるか?何が飛来してくるのか?全く予期できない今日この頃ですが、こんな時には霊夢とか予知・予言ぐらいしか頼りになるものはありませんね。で、3.11大震災を明確に予言した「山梨のじっちゃん予言」のその後の内容を知りたく思っていたのですが、それを扱ったサイトがありました。

■マグニチュード7.7
http://2channero.blog.fc2.com/blog-category-16.html

******************************************
「危機と言うか………、パンドラの箱は全部で3つ用意されている」
「最初の一番小さな箱が3月11日におきた地震と、その後の原発事故だ」
「そうだ、そして二番目に大きな災いの箱は6月に開く」
「言霊は未来を引き寄せる。6月になると3月の2倍の威力のパンドラの箱が開く」

「10月には日本を制裁しようとする国がたくさん現れるよ」
「その時、日本はもう被害者ではないからな、むしろ世界中を被曝の危機に晒している国だとみなされる」
「いや、天災の後の人災は国民の責任だろう。だから売りたくても売れず、買おうにも買えなくなると言うとんでもないことに陥ってしまう」
「12月になれば、もっとどうにもならないってことが誰にでも分かるようになるだろう」

「来年の2月には九州で火山が大爆発をはじめるから、復興なんて夢のまた夢になる」
「日本の末路は世界じゅうの国がたどってゆく運命になるから、日本だけが滅びる分けじゃない」

******************************************

今は7月ですが、起きるといわれた6月には特盛のパンドラの箱は開きませんでした。じっちゃんの「もののけ」とはそのぐらいの予知力しかないのでしょうか?そのことに対するじっちゃんの答えが以下です。

******************************************
『もう6月のパンドラの匣は開きそうにないんだけど?』
『恐らく、6月どころか12月のパンドラの匣も開きはせんだろう』

『ええ?』

『パンドラの匣はな、9月と10月に連続して開く。9月○日までに関東が大地震でやられ、10月□日になれば九州で大噴火が起き始める』

『その兆しとして、7月から8月に大きな災難が降り掛かってくるだろうが、とくに8月には気をつけねばらん。何と言っても9月10月に連続するパンドラの匣への警戒を訴える神の声だからな』

『生きるか死ぬかの大災害の本番は、来年の春から始まるはずだ。今年起きる事、起きた事はそのための備えをするために用意された時間だから、何が大切か、もう一度考え直して民族の団結を計らなきゃならん』

******************************************

えっ!?

いつの間にか、6月発生が9月10月の連続発生にすり替わっている!!!(爆)
逆に、九州の火山噴火は来年2月から10月に早まっている。

6月が外れたのなら、9月10月も外れるのかもしれないなぁ~
一体、じっちゃんの水晶に宿り未来を教えるもののけの神様とは、、、何者なのか?

マシュー君より性が悪いんじゃないのか?(爆)

この結果から、「大ハズレじゃん!」として見向きもしなくなるのは簡単ですが、3.11を的中したは確かなことだし、ここは好意的に解釈して、じっちゃんが言うように日本の神様が日本人の心を観察する為にわざと第二段の実施を遅らせているのだとしておきます。
※註 まぁ、予言が外れては予言たる資格がなくなり、イケナイとは思っているだすが、、、、

で、じいちゃんが予言している震源は横浜のベイブリッジ付近だという。三浦半島には4箇所の原子力施設があるといいますが、距離からいえば浮島にある原子炉が一番危険となります。で、じいちゃんの予知では施設は見る間にガレキの山に変わるのだという。ただ、予知により地震発生場所に食い違いがあるのはどういうことだろう。

・山梨のじっちゃん予言・・・東京湾(大黒埠頭?)
・世見の照さん、伊勢女の初夢予知・・・相模湾(江ノ島?ニ宮?)

まぁ、似たようなものかもしれないが、三浦半島を挟んで西と東では大きくことなる。う~む、予知の複合解釈では発生場所の特定は難しい。まぁ、分かったとしても対応のしようがない。私たちゴイムにできることといえば、海に近い場合、地震発生後スグに脇目も振らず高いところに掛け登ることだけでしょうか。東北大震災の津波の時がそうであったように、普段から即退避を心得ているかどうかが実際の生死の分かれ目になる。予知内容を知っていれば、そういう行動につながりやすいという利点があるのです。

ですから、地震発生の有無にこだわらない方がいい。
予知通りに発生した時、被害状況がまがりなりに想定できるという点を生かすべきです。

夏の間中バカンスに行ける方は別ですが、予知の活用方法といっても実際には生活基盤があるので事前に疎開避難するわけにもいかず、このぐらいが活用の限界でしょう。まぁ、これが地震国日本に生まれた者の心得というか宿命でしょうな。今回、たまたま予知内容が関東に集中していたのですが、今後、その他地域のものも出てくるやもしれませんが、対処方法は全く同じですね。

幸福への近道幸福への近道
(2011/07/08)
松原 照子

商品詳細を見る


まぁ、予知ゆえ実際に発生するかどうかはわからないのですが、予知というものの信憑性をリアルタイム検証するには、またとない機会です。で、じっちゃんの予言内容に戻りますが、その後の日本について書かれています。

******************************************
『今からわずか3年で、現在の世界はほぼ完全に滅んでしまう。その先触れがこの神国日本に襲いかかる過去に前例のない大震災だ。苦月苦日から、わが民族は奈落の底に落ちて行く』

『3年かけて世界は滅ぶ、しかしさらに3年かけて、今度は日本が滅ぶ』

『最初の3年間で滅ぼされるのは、この世の餓えに耐えられず病を起こして悶え苦しむ肉体人間達だ。しかしこの肉体だけが命だと錯覚して生きて来た人間達が滅んでも、骨と皮ばかりになった人間達がまだ生き残っている』

『だから次の3年間で滅ぼされるのは、この骨にすがって生きている人間達で、彼らは狂ったようにこの日本に押し寄せてくる。日本は攻めに攻められ、負けに負けて天皇家もろとも滅亡の淵に追い込まれる』

『だがな、もしワシの予知が正しければ、今日から5年後の6月11日にこの形勢を逆転するパンドラの匣が開くはずだ。このパンドラのお陰で戦局は一進一退のまま神の裁きへと向かう。そして残されるのは神に使えた人間の髄だけだ』

『神の与える試練は、生き延びることに価値がある分けじゃない。精一杯生きたことが重要なんだからな。最初の3年間で何十億もの人びとが彼方の世界に旅立つ。しかしその事が不幸なんじゃないぞ、人間としてどう生きたかが幸不幸を分けるだけだ』

『いいか、助かる人と言うのは生き残った人びとのことだけじゃない。神の声に従って生きれば、たとえそれがわずかな期間だったとしても、それが本当の救いとなる。何時、何処で死ぬか、それは神のお考え次第だ。悩むほどの事ではない。正しくなされた予言なら、それは神の声にも等しいものとなる』

******************************************

世界が一丸となって日本に攻めてくるという内容は、なにやら日月神示と同じような内容ですね。このじっちゃんは日月神示の読み過ぎという可能性も否定できないのですが、非常におぞましい近未来のビジョン内容です。別の箇所で言及していますが、日本を攻める理由の1つに挙げているのが、「今までは、日本は被害国だったという認識が加害国という認識に180度変わる。」という点です。しかも、その時他国と比較して日本は被害が少ないという理由もあり、生存の為に日本に攻め入ってくるという感じなのです。

これはズバリ、、、原発災害でしょう!

猛毒な核種(プルトニウム)のホットスポットが世界中に拡散するという感じなのでしょうか?となると、拡散候補地はあそことあそこぐらいしか思い浮かばないが、、、、、そんな予知予言は今のところない。やはり、全体的な総数での話なのだろうか?

骨と皮ばかりになった人間達、、、、俗に言う骨川筋衛門ですが、こうなるのも、地震、洪水、津波、旱魃、陥没で食料確保が困難となったところへ、わずかながら確保できる地帯が日本の原発事故のホットスポットで汚染されてしまったとか、、、、、こんな内容なのかもしれません。これならば怒り沸騰で日本に略奪に来るやもしれない。予知ではこのような餓死寸前の姿をした日本近隣の人々が日本に攻め入ってくるとのことですが、これではまるでゾンビに襲われるが如きです。

ゾンビ

しかし、6月11日の大ドンデン返しのパンドラの箱開きは、日月神示がいうように富士山噴火でしょうか?ここでてんし様誕生となり「岩戸開き」があるんでしょうか? つまり、ここまでは耐えねばならないようですが、災害だけならまだしも攻め入ってくる敵に反撃しながら逃げねばならないのは、こりゃ~、大変なサバイバルになるだすなぁ、、、、(暗)

食料の備蓄だけでなく、武器の備蓄も必要だすなw

ゲーム「バイオハザード」をリアルに体験できるまたとない機会です。

ただ、この予知では、審判後のミロクの世というニュアンアスの言葉が1つも出てこないので、サバイバルを勝ち抜いても何ともならないという点が、さらに気を滅入らせてしまうのです。(あはは)
スポンサーサイト

コメント

ノストラダムス2012

今さらノストラダムスなんぞで恐縮ですが、「1999年7の月」はノストラダムスの計算間違い、あるいは意図的なフェイクで、実はカバラ数秘術の聖数「13」を足した「2012年7の月」が本当という話しが出て来ています。

かなり、後だしジャンケンぽい話しですが13年目の「名誉回復」となりますかどうか。

No title

こんにちは!暑いけれど、湘南育ちのわたしには、いえーい、夏だーという感じでうれしいです。わたしがいつも思うのは、予言というのは一つの可能性であるということです。そして未来は変革可能ということです。それしかわたしは信じていません。さまざまな予言は人間そのものの生き方を見つめなおすきっかけですが、その予言に右往左往されるような生き方は、本来の生き方ではありません。パラマハンサ・ヨガナンダのおっしゃるように、世界がたとえ音をたてて崩壊していったとしても、自分の足でしっかり大地に立っていること、それが大事です。
悪い日も良き日もないのです。自分がどういう日にするか、、それがあるだけです。人間が生き残る道はそれしかありません。
アー。海で泳ぎたい!!まさに、GO-GO-サマーでごじゃります!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

マグニチュード7.7は山梨のじいちゃんの孫さんブログですね。
2チャンの書き込みから読んでますがどうも違和感を感じるのです。
最近では課金記事も始めた様です。
ブログを始めた頃度々記事は書き換えられたりしてましたし、
書いた記事を削除したりもしてました・・・・。
ある方はじいちゃん孫さんはばあちゃん予言に乗っかっただけでは?と言っておられますし私もそんな感じがします。
怖がらせて面白がっているように感じたので
もう読まなくなりました。

予言

予言に右往左往する生き方がいけないのでしょうが、聖書のノアは神の予言を信じたからこそ生き延びたわけです。
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク