スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別のものと日本

どうも井口博士もヒトラー予言の先見性に驚いている様子。
照さん以来、オカルトの世界に突入かぁ?
(yosiさん♪ 情報ありがとうございますm(_ _)m)

■「1999年以後」ヒットラーの最終予言:人類は放射能や天変地異で進化する!?
http://quasimoto.exblog.jp/14879273/

この煩フルで何度も紹介してきたヒトラー予言ですが、基本的にこの煩フルでは「オコツト」「日月神示」「語り部情報」を聖典の三本柱に掲げ、「ヒトラー予言」「ヒルデガルドの予言」「聖マラキの予言」「ホピ予言」「マイヤー&プター予言」を外典として、それらの内容に沿った洞察で話の展開をしています。

で、意味深なだと井口博士がいう巻末の五島昇氏の言葉がコレです。

*******************************************
ここで思い出されるのが、ノストラダムスの“別のもの”である。これは彼の『諸世紀』1巻48に出てくる不思議な予言の一節で、いろんな解き方をされている。しかし最大公約数的な解釈は、「大きな破滅の年までに“別のもの”が現れるときにだけ、人類は救われ、滅亡は起こらない」。

このノストラダムスの“別のもの”の詩には、「別のものの出現は“日の国”とかかわりがある」と示されている。“別のもの”が「神人」と同じような意味なら、日本には日本独自の「神人」が、そのときまでに突然変異で現われているに違いない。 〈中略〉

……ここで、もう一度簡単にまとめれば、これから世界は天変地異と「人間の二極化」に巻き込まれ、宇宙カタストロフィと新たな世界大戦が襲って来る。聖書の預言では、ここでヤハウェかイエスが降りて来て「罪深い者たち」を裁き、永遠の“神の王国”を築く。

しかし、より冷厳でリアルなヒトラーの予知力による見通しでは、そんなことは万に一つも起こらない。代わりに、超人部隊(ラストバタリオン)が現われて、背後から大戦をコントロールし、決定的な被害が出ないうちにやめさせる。だが、そうなっても汚染や異変はやまず、世界的な大混迷と荒廃が地球を支配する。しかし、その中から、いつとはなく「神人」たちが現われ、一切の危機の解消と「新世界創造」をリードする。残りも、いつとはなく「ロボット人間」になっている。

その意味では、今の人類はそのとき滅び、今のような人類はほとんどいなくなる。しかし、系統種としては、「元・人類」の形でなお続く。つまり、あなたと私たちの未来には、襲ってくる多くの危機にもまして、「人間以上の、または人間以外のものへの進化」という不気味な道が、核と汚染と天変地異の中から、ついにはっきり見えはじめてきたのだ。


■ヒトラー予言
http://hexagon.inri.client.jp/floorB1F_hss/b1fha400.html#09
*******************************************

まぁ、ここでノストラダムスが語る「別のもの」が、ヒトラーがいう「神人(ゴッドメンシュ)」であり、オコツトがいう「変換人」、日月神示がいう「半霊半物質の存在」、コルマンインデックスが述べる第9サイクルで覚醒し「右脳と左脳が融合統一した意識状態の者」のことだと、過去何度もこの煩フルで洞察して述べています。で、この状態とは「生きながら霊界に入ること」であり、即ち、天使(使徒)のことだとオコツトは述べているのです。

ヤッズ★は「万華鏡写輪眼」(=極度の妄想眼)を開眼しており、既に、「生きながら妄想世界」に入っていて、「ナンチャッテ変換人」にはなっているだすが、、、、(超爆)

万華鏡写輪眼
(うちは一族最強の瞳術「万華鏡写輪眼」)

冗談はさておき、変換人とは「自分=世界」と認識している為、まるで夢の世界のように自己の現実世界を想いで操ることが出来る。例えていえば、願望など何でも御座れの超達人、、、、

つまり、願望実現の入れ食い状態的な存在ですね。だからこそ、「ロボット人間(家畜人ヤプー)」に分らぬようにコントロールしながら、放射能と破壊で荒廃した世界を制御し復興できるのでしょう。

これはニューハーフ、、、、い、いやニュータイプの誕生のことですが、虚構のマトリックス世界から抜け出て「思念こそが現実を変える」と覚醒し、元居たマトリックス世界で超人的力を発揮する人物、、、、

ネオ(根尾)に相当します。

根尾
(根尾)

日月神示も「根」の重要性を述べています。

江戸と申すのは東京ばかりではないぞ
今の様な都会みなエド(穢土)であるぞ
江戸は何うしても火の海ぞ
それより他 やり方ないと神々様申して居られるぞよ
秋ふけて草木枯れてもは残るなれど
臣民枯れての残らぬやうなことになりても知らんぞよ
神のこのふみ早う知らしてやって呉れよ
八と十八と五月と九月と十月に気つけて呉れよ
これでこの方の神示の終わりぞ

(富士の巻 第二十七帖107)


ヒトの本分を忘れ「根無し草」となってはならぬということです。この根っこの部分を保持した者が「根尾(ネオ)」であり、現世(実の世界)で...→八尾→九尾→十尾と覚醒段階を昇って尾を出していき、記紀では「根の国」(黄泉の国)とも呼ばれるグレンとひっくり帰った変換人世界(虚の世界)で「根尾」となるのです(爆)。

また、同じく「思念」が救世の武器となることも述べているのです。半霊半物質の高波動の希薄なミロク世となるので、思いが即実現化するのは、当然といえば当然の帰結です。

が新しき武器であるぞ
それでは人民まわりくどいと申すであろうなれど
ものごとには順と時あるぞ
もとのキから改めて下されよ。尊き御役

(日月神示 第二十七巻 春の巻 第四十七帖)

念なりと、今の人民申す思想はマコトの念でないぞ
思想は思想ぞ
念とは力であるぞ。実在であるぞ。喜びであるぞ
喜びは神ぞ。弥栄

(日月神示 第二十七巻 春の巻 第四十八帖)

カタはをもたねばならん
念は語ることによって現れるのぢゃ
・が無なればなる程○は有となるのであるぞ
このことよく判りて下されよ
肚の中のゴモク(五穀)すてるとよくわかる

(日月神示 第二十八巻 春の巻 第十一帖)


■3.11 と 神示 示されていた3.11、そしてこれから・・・
http://umebosiaji.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

思念が世を救うであろうことは、チェルノブイリで汚染された地区にあるアレクセイの泉が長老たちの「祈り」の力によって、全く放射線汚染されなかったのと同様です。ただ、人類の至宝であり、日本神道の根幹でもあるカバラ的な解釈でいうと、「神に現状を変えて下さいという祈りは通じない」といいます。神にはこの世を変える力などないのです。それはこの物質世界がヒトの内面世界である「マトリックス世界」だからであり、創造神の直接的な創造物ではなく付随するものではないからです。神に賄賂(?)を贈って自分の都合の良い未来に変えてもらうことなど出来ない相談なのです。

真の「祈り」とは受取の認識を替えることであり、どういう未来であるべきかの選択です。これが日月神示が「祈り」にはカタ(ひな型)が必要ということであり、祈りが「意乗り(意識がその想念に乗っかる=想念の選択)」であるといわれる由縁です。


(カラバの祈り)

この物質世界は意識が先立って形成するという唯心論的立場からも充分納得のいく内容です。

映画では、ネオ(根尾)は一度死に、トリニティによって再び蘇って完全覚醒しましたが、実は、このトリニティ(三元性)の重要性は日月神示にも言及されています。

日の光を七つと思うてゐるが、八であり、九であり、十であるぞ。
人民では六つか七つにしか分けられまいが。
「イワトがひらけると更に九、十となるぞ。
【かくしてある一厘の仕組、九十の経綸、
成就した暁には何も彼も判る】」と申してあらうが。
別のミナカヌシ、現はれるぞ。
陰陽二元でないぞ。
三元ぞ。三つであるぞ。

(白銀の巻 第一帖)


「ミナカヌシ」とは、アメノミナカヌシノカミ(天之御中主神)のことで、天(高天原)の中央に座する主宰神という意味を持つ宇宙の根源の神であり、宇宙そのものである言われますが、この神が現れたすぐ後に、高御産巣日神、神産巣日神が現れ、そしてすぐに姿を隠したという。この三神を造化三神といいますが、そのメインの神・ミナカヌシの象徴的な顕れが現太陽でしょうか。で、この「ミナカヌシ」が別のものになるとは、ニューワールドにおける新しい親太陽が「二ビル」(ネメシス?)に替わることを指していると睨んでいます。

トリニティとは、キリスト教では「父と子と聖霊」の三位一体した購い主のイエスキリストと解釈されていますが、この三分法はストーリーの最小構成である「破・序・急」であり、短歌の五七五でもあるのです。

つまり、トリニティとは「アレとコレとその間」という関係性のことです。物質世界においては、事物は独立的にしか存在していないように見えるのですが、これが発生の元となる情報空間(意識世界、原型世界)では、必ずその間を取り持つものが介在しているのです。この介在が「近しさの法則」ではないかと睨んでいます。

この三本(トリニティ)の認識を得ることが、マトリックスでいうところのオラクル(預言者)が救世主の条件と掲げた「トリニティに愛され選ばれること」なのです。

キーを持つのが日本(二本)、、、、ラビ・バトラがいう「東洋から光が、、、」もノストラダムスと同じこと指しているのかもしれません。三本目の光の柱を日本に打ち立てることが、日本国(二本)が燦本国(三本)になることだと睨む(爆)。映画『マトリックス・リローテッド』において、マトリックス世界を作ったアーキテクトに至るキーを持つ者(キーメーカー)が日本人として描かれているのは、全くの偶然ではないのですね。

やはり、日本は怪しいのだw

燦本国国旗
(燦本国国旗、、、、但し、赤色ではなく二ビルの青白色になるが、、、、第二次世界大戦は英・米・仏のNWOメーソン国家に敵対したナチス・バチカン・日本の反ロス同盟と見る。日章旗はその象徴。)

新しき世はあけてゐるぞ
夜明ければヤミはなくなるぞ
新しきカタ(型)はこの中からぞ。日本からぞ
日本よくならねば世界はよくならん
外道の武器すてよ
外道の武器生かして、活かして、いのちを生かす弥栄の武器とせよ
かへられるでないか

(日月神示 二十七巻 春の巻 第四十二帖)


今年の夏、NATO軍がサウジアラビアに侵攻するという予測がありますが、リビアを空爆した時と同じようにNATO軍はサウジにおける民主化を警戒してのことか? 今、中東のドミノ民主化でイスラエルが中東の中で孤立化し始めており、中東をロシアは絶対死守すると明言していることから、この火種は英・米・仏・イスラエルのNWOメーソン国家とロシア・中東の戦い、つまり第三次世界大戦に発展する可能性が高いのです。この時、インド・中国はどちら側に付くのだろうか? この大戦の本質は白人vs.有色人種の戦いであり、多分、中国・インドは中東・ロシア側に付くと睨んでいる。

この大戦では核兵器が存分に使われ、今、世界を震撼させているフクシマの放射物質漏れなど可愛いものだと思われる程の核汚染と荒廃が予想されます。ある意味、日本のフクシマはひな型だったのかもしれません。そして、このフクシマを克服することが、将来のミロクの世の雛型になる筈です。

今でさえ日々降り注ぐ放射性物質からの影響を避ける為に水面下で議論されている遷都問題ですが、6月に起こると予想される二度目の本番災害で関東圏が完全にマヒ状態となり、また生活・交通・情報インフラにも重大な毀損が発生する為に完全に首都機能が失われ、遷都が余儀なくされ、東京は廃都されるとみています。

政治も経済も何もかもなくなるぞ
食べる物も一時はなくなってしまうぞ
覚悟なされよ

(水の巻 第12帖)


この時、日本の国力も大幅に喪失する。
日本政府さえ、一時は存在しないのかもしれない。

ただ、これが幸い(?)となって、今次の世界大戦に参加できない筈ですが、、、、
果たしてどうなるだろうか?

フクシマ発の放射物質の垂れ流しも、「問題はない」「測定はしなこの時、日本の国力も大幅に喪失する。ただ、これが幸い(?)となって、今次の世界大戦に参加できない筈です。い」と隠蔽する行政府、単に水揚げ港の変更や二束三文になった福島野菜の大量買付→産地偽装して安売り飲食店への転売、福島牛乳の他牛乳の混入化...等の業者、もう日本は何に放射性物質が含有されているか全く不明な状態に置かれてしまっています。

意識が物質世界に先立ってあるという考えからは、「アレクセイの泉」のように低線量放射線は全く問題ないとする人々の意識が放射能を無力化してしまうのかもしれません。ただ、これは希望的観測に過ぎませんが、、、、ヒトラーは「永遠の未成年者の実験場は東方だ」と述べていますが、政府発の「大丈夫だぁ~」の洗脳情報を疑うことのない「永遠の未成年者」に与えられる実験とはこのことだったのかもしれません。そして、フクシマから「神人(ゴッドメンシュ)」が生まれる、、、、

これが人類補完計画なのか?

そうであるならば、未来の日本こそ、ミロクの世の雛形に違いない。偽ユダヤのイスラエルと真ユダヤの日本が、今、世界の愁眉の的になっているのは、実は偶然ではない。

聖書創世記の冒頭にはこうあります。

初めに言葉ありき、言葉は神と共にありき、
言葉は神であった。


言霊思想を持つ日本人こそが、その潜在された可能性を覚醒し、二元性を克服し三本柱を構築するネオ(根尾)たる資格がある?

ラビバトラ、ノストラダムス、日月神示のいう「東洋(日本)から光が、、、」という内容は、多分、漢字の外形から五角形の「火」と六角形の「水」が「不二不二(2つのものは1つ)」の関係になって、全く新しい7角形の「光」になることを指していると睨んでいる。これが不二鳴門(成る「十」、成る「と」)の仕組み。

成ると
(成る「と」とは裏返しになるという意味がある)

この時、「実」から「虚」の世界へ大転換が起こり、表の世界がグレンと裏返ってしまうわけです。人類は否応なく自己と世界が不可分な曖昧な右脳的世界に投げ込まれてしまうわけですが、ただ自己の感情想念体(アストラル体)を浄化して変容したマナス(霊我)に自己が入ることで正気を保つことの出来た存在だけが「神人(ゴッドメンシュ)」となることが出来る。これが日月神示が語る富士山爆発と同時に誕生する生き通しの「てんし様」なのではないでしょうか。

東洋発の光とは、、、、てんし様の光でしょうね(ニタリ)。

そして、この光が差し込むことが「岩戸開き」でしょうか!

根尾03
(根尾の岩戸開き)

今のところ、てんし様はビリケンなるちゃんだと予想していましたが、同じく金神霊系の王仁三郎聖師作成の「十二段返しの大本宣伝歌」には、てんし(天子)に関する暗号が書かれているといいますが、そこにはこのような暗号が隠されている。

四段目を右から左に読むと、、、、
「綾部に天子隠せり」
八段目を左から右に読むと、、、、
「畏多くも、今の天子偽者なり」

http://onido.onisavulo.jp/modules/ond/index.php?content_id=32

日月神示と同じ霊系の大本が既に「てんし(天子)」を匿っていたのなら、現皇室の流れである「ビリケンなるちゃん」という目は消えてしまいますね(汗)。

こういったことが原因で大本は不敬罪にあたり、ダイナマイトの使用による徹底的な弾圧が加えられたという。長州薩摩を裏で糸引く欧米列強によって打ち立てられた明治維新によって、田布施に長年匿われていた南朝末裔の大室虎之助が入れ替わった東京明治天皇の流れに現皇室はあるとネットでは言われていますが、確かに明治維新後スグに、三井が創設した第一銀行を母体に中央銀行である日本銀行が作られ、「信用創造」という欧米の金融詐欺的隷属システムが日本に嵌め込まれたのです。

つまり、欧米列強のメーソン国家によって、現皇室を傀儡政権と看做し、軍部にまで勢力を破竹の勢いで拡大した大本を危険と判断され、飼い犬国権によりつぶされたと睨む。

では、本当のてんしさまとなるのは、一体、誰なのか?

I Don't Know


(今、人気急上昇中のA PINKの「I Don't Know」 おばはんではないw)

しかし、これを知るには日本の裏構造にも迫っていかねばならぬ、、、、、
これは一筋縄にはいかない。
今、知られていることは庶民向けの表層のことなのです。

次回、怒涛の洞察に続く、、、、
スポンサーサイト

コメント

none

いつも拝読させて頂いてます
ヤッズさんは ニール ドナルド ウォルシュの著も読んだ事がおありですか?
思考と創造の点がちょっとかぶったもので

サウジアラビア??

NATO介入(空爆だけで、地上部隊は未だに投入していない)から二ヶ月以上経ってもカダフィ大佐を排除出来てないのに、今夏のサウジ侵攻なんて有り得ないでしょう。

今現在、デモが起きて死者まで出ている小国イエメンやシリアをNATOは全く無視しているのに、ほとんどデモも起きていない大国サウジアラビアへの侵攻は有り得ません。

NATOがサウジになんらかの因縁を吹っ掛けてサウジに侵攻し、イスラム教の二大聖地・メッカとメディナの守護者を任じるサウジのワッハーブ王家を攻撃すれば、それこそ世界戦争です。
しかし、そこまでする侵攻理由が見つかりません。

井口某、ホントに博士ですか?

オバマ・ショック

1971年8月15日の金とドルの兌換停止宣言、いわゆる「ニクソン・ショック」から40年目の今夏、米国債絡みで「オバマ・ショック」があるやも知れず。
ないやも知れず。

アメロ

今年8月、米国債デフォルト宣言からアメロ導入て流れですかね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ヤッズさん、ご紹介のヒトラーの預言については 過去にも取り上げて
おられられたので、ご参考にならないのかと 感じておりましたが、
また再度 記事にしてもらって有難うございました。
お役に立てて幸いです。
第三次大戦は今年夏に 始まるとか アメリカの某氏(名前忘れました)
が 大胆に言ってましたが、ちょっと展開早すぎかと、、
 ところで、本日の黄金の金玉氏の更新分では
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/
日月神示での「5月5日から厳しくなる、、」を実は 6月6日からと 
解釈してましたので ちょっと目から鱗でした。
 大陽黒点が100以上の日が5日間連続で記録、次の惑星直列も6月11日~15日あたりにあるそうですので、
 注意が必要かも。

訝しげならん

サウジアラビアはアメリカ軍が駐留している親米国なのに、そこへどうやってNATO軍が侵攻するんでしょう?
アメリカもNATO構成国なのに矛盾してます。

I口某は、どこからこんなガセネタ持って来たんだろう。
モ〇モン教か福音派辺りの手先かな?

成るほど、さもあらん

I口氏はユタ大学に留学してたんですね。
ユタ州はモ〇モン教の総本山。

ノストラダムスで大コケした飛鳥氏と同じ、選民思想の「携挙主義者」なんでしょうね。

No title

私、1970、6、4 小畑高秀が真の大救世主であります。よく調べれば解ると思います。

別のもの

「別のもの」とは「魔法の輪」のことだと思う。
http://oriharu.net/jCircle_of_Witchcraft.htm
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。