スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二つの太陽

最近、夕日が妙に眩しいです。

「夕日が目に沁みるぜぃ」

夕日
(その辺から、てきとーに拝借)

薄っすらと広がったケムトレイルを通しても、その眩しさは変わりません。単に明るさ(輝度)ではなく何か違うものが増加しているのでしょうか。ニュージーランド地震の時も東北地方太平洋沖地震の時も前日には太陽フレアのXクラスの爆発があったといいますが、ここに来て体感的な眩しさ増加したのは、再びプロトンイベント(太陽フレアの祭り状態)が始まったのだろうか、、、確かに前回のプロトンイベントから太陽公転周期(最短)とほぼ同じ期間を過ぎようとしていることから、前回の記事では、、、、

地震は4月1日に起きるんぎゃ~
(震源地:相模湾沖&御前岳の連続二波)

エイプリルフールネタとしては最高(最悪)のものを用意しましたが、その後、それらしき地震雲の形態変化(帯状→波状→竜巻型→断層雲)は見られませんでした。ですから、この予言(妄想)は外れるかもしれません。あのような地震がそうそう簡単に連続してあってはならないのです。日本には「泣きっ面に蜂」という諺がありますが、今、日本に起きたらマジそのような展開になってしまうのです。

ただ、あの東北の地震は被害規模は大きかったのですが、地震としての揺れはそれ程大きなものではなく、マスコミや報道機関で言われているような世界で上から数えて何番目の規模の地震などではなく、ごくごく普通の地震なのかもしれない。ということは、あの規模の地震は今後、ちょくちょく起きるのかもしれません。

今回の東北大震災の特徴は、地震の揺れでの被害状況は限定的です。確かに多くの道路の亀裂が入ったり液状化はしましたが、甚大な被害は津波によるものが大半です。しかも津波の高さも15mと過去最高の34m(M8.4)よりも低いのです。この地震がM9というのも素直には頷けない話なのですが、そう思っていたらこのM9の測定値は今までの地震表記してた「気象庁マグネチュード(Mj)」ではなく、「モーメント・マグネチュード(Mw)」なのだという。で、「気象庁マグネチュード」ならM8.2クラスだという。

「想定外の大地震だった、、、」を演出する為に計算式まで変更したというのか、、、、これが本当ならば、この国の政府組織とは無責任な「保身の塊」なのだな。
※注 気象庁マグニチュードも2003年9月25日以前と以降では計算式が異なりますが、日本は伝統的にこの気象庁マブネチュードで表記していた。ただ、少し擁護めくが、今回の地震は激しい直下型の揺れではなく眩暈がするような地殻の波打ちするような揺れであったので「モーメント・マグネチュード」表記にしたのがろうか? でも、それでは他地震と比較するうえでの一貫性がなくなるのだが、、、

これでは、日本の恥骨です。 い、いや恥部です。

何故、このような波打つような揺れになるかというと、太平洋オプレートの大移動が起きているからです。太陽活動の活発化に伴い、降り注ぐニュートリノによって地球マントルの活動も活発となり、地球下部からの圧が上昇し地球が膨張するような感じとなり、その表層の地殻の巨大な塊(プレート)が移動しているのです。で、押された北米プレートが逃げるようにしてズレたのが、今回の三連発地震だと見ている。

少し前に起きたNZ地震も、この同じプレートの移動で起きた地震なのです。今回、想定される関東&東海地震は内陸型か大陸棚寄りで発生するのと、リアス式海岸ではない為、東北地震のような巨大な津波とはならないと見ています。ただ地殻の沈下や隆起はあるだろうなぁ、、、

そして、不思議なことに東北地震でもNZ地震でも地震の直前には、太陽が2つ見えるという現象が発生したといいます。

一瞬、ニビル(惑星X)来訪かぁ!!!と思ったのですが、画像を見る限り何らかの大気の屈折化現象だとは思います。今のところ説明が付かないといいますが、とても不思議な現象です。日月神示にも「天にお日様一つでないぞ、二つ三つ四つ出て来たら、この世の終りと思へかし」という有名な文がありますが、この現象を指しているのではないかと思えるのです。

2つの太陽
(中国で目撃された2つの太陽現象)

まぁ、ニビル、大気屈折以外にもベテルギウスが、超新星爆発して太陽が2つ見えるようになるともいわれてますが、こちらはまだ超新星爆発が起きていないので、これではありませんね(爆)。

**********************************************
冬の夜空に輝くオリオン座、その肩に位置する赤い巨星ベテルギウス。地球から640光年の彼方にあり、直径が太陽の1000倍という、とてつもなく大きな星だ。オーストラリアの研究者によると、そのベテルギウスが、2012年に星の最後をむかえ超新星爆発し、地球にとって2つ目の太陽となる可能性があるというのだ。この発言に海外のネットユーザーは騒然、さまざまな議論を巻き起こしているのである。

南クィーンズ大学の物理学者ブラッド・カーター博士によると、「もし超新星爆発が起きたら、少なくとも2週間は2つの太陽が見られることとなり、そしてその間、夜はなくなるだろう」


■2012年ベテルギウス大爆発か? 2つ目の太陽となる可能性も
http://rocketnews24.com/?p=68224
**********************************************

とにかく、明日4/1の日中、太陽が2つ見えたらやばいっすw
(今日3/31は2つ見えなかったです・(´▽`) ホッ)


(追記)
一見、恐怖を煽っているような記事ばかり書いているようですが、これには理由があります。勘違いされないようにここに書いておきます。実は、これは「そうならない」ように「過剰ポテンシャル」を発生させているのです。願望実現でもそうなのですが、「ふと思って忘れること」が一番実現化しやすいのです。つまり、想念を手放してしまうと実現化してしまうのです。想念は感情的に同調せずにずっと意識でフォーカスして囲い込んでおくのが非実現化の肝要だと思っています。願望実現ではこれを「渇望する状態→叶ってない現実を実現化」と解釈しています。これは相場でもいえるのですが、当てよう当てようとすると、不思議なことに逆に当たらなくなるのです。地震予知でも同じことで、東○アマさんがその典型でしょうか。東○アマさんの場合、地震予知の為に日々詳細なデータ分析して何年間も毎日記事を更新していましたが、肝心の東北大震災の日には体調を崩して記事更新を出来ない状態だったのです。どんなに断腸の思いだったでしょうか。
スポンサーサイト

Comments

書くことで外す、魔除けの役割を担っているのがヤッズ★さんかと
なのでこれからも期待w
シッチンの本を読んでからニビル来訪をwktkしています
原発を救ってくれないかな

No title

はじめまして。
五井野正博士を検索してたどりつきました。
追記を読み,なるほどなぁと思いました。
私も発信していきたいと思います。
またお邪魔します。

いつも拝見してます★★★

コメント欄に【五井野博士】の文字があったので、びっくりして思わずコメしてしまいました☆
実は私も五井野博士の大ファンです♪
【カクレイシ日記】さんのブログで五井野博士を知り、博士の事務所をネットで探し、何冊か貴重な書籍をゲットしました☆
いつか五井野博士の講演会にも行き、一生のうちに一度はお会いしたい憧れの方なんです★
世間からは、(創○学会により)抹殺されてますが、是非とも表舞台に出て来て頂きたい方ですね♪
五井野博士なら、今回の原発事故をどのように対処されるか…伺ってみたいです☆
なにせ…普通の方ではないですので…
ヤッズ様、今後とも頑張って下さいね☆☆
陰ながら応援しています (*^ー^*)

偶然見つけましたがなんでしょうコレ?
ゴミ?二ビル?
http://www.fujigoko.tv/live/camera.cgi?n=26&t=&b=&u=&o=1&e=&c=

No title

2011年2月2日札幌で二つの太陽出たらしいです。
こちらを参考にしてください

二重富士とニつの太陽
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-218.html

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。