スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の原子力の実態

プルトニウムを含有したMOX燃料を使うプルサーマルの危険性を、1999年10月に核管理研究所(NCI)科学部長(当時)のエドウィン・S・ライマン博士が講演で指摘しています。

***********************************************
日本の規制担当者にとって、日本の原子力発電所が米国のものよりリスクが相当低いと考えるのはばかげている。したがって、日本は、MOX燃料を使用する計画を再検討しなければならない。米国の例にならって、重大な封じ込め機能喪失事故が日本でも起こりうるという事実を受け入れ、MOX燃料の使用のリスクを評価すべきである。このような評価を厳密かつ正直に行えば、日本の当局は、MOX使用に伴うリスクの増大は、日本人にとって受け入れることのできない重荷であり、将来の日本の原子力産業の焦点は、通常のウランを使った既存の原子力発電所の安全な運転におくべきだ、との結論に至らざるを得ないだろう。

■プルサーマルの危険性を警告する
http://kakujoho.net/mox/mox99l_s.html
***********************************************

今、まさにこの重大な封じ込め機能喪失事故が起きているのです。日本の原発推進の方向はこの世界では危険だと放棄されたプルサーマルにも敢えて突き進んでいった。これは技術者の驕りとしか言えない。被害レベルを過小評価した結果なのでしょうか?

しかし、実は日本の原子力行政において安全上一番の問題なのは、プルトニウムを扱うかどうかではなく、もっと根本的、基本的なところにあるのだという。

というのは、「素人」が足場や環境が最悪な不安定な職場でたった数分の作業で保守作業をしており、これまた「素人」の検査官が検査しているというのです。つまり、メーカー以外に原子力施設全般に通じたプロフェッショナルな人材がおらず、この素人軍団が実際の原子力設備を実際に運用保守している点が日本の原子力の最大の安全上の問題だという指摘です。

これで東海村の臨界事故が起きた真の理由もはっきりしました。しかし、これも表面上の一つの点であり、現在の日本の原子力には他にも問題点が多いのです。下記の文章を読めば、現在の日本の原子力発電の怖さがダイレクトに伝わってきます。実際に原子炉を施工監督した者でなければ決して分からない内容であり、今回の事故が何故起こったのか分かる気がします。長い文章ですが、是非読んでみて下さい。(コメで紹介して下さり、ありがとうございますm○m)

***********************************************
●「安全」は机上の話
●素人が造る原発
●名ばかりの検査・検査官
●いいかげんな原発の耐震設計
●定期点検工事も素人が
●放射能垂れ流しの海
●内部被爆が一番怖い
●普通の職場環境とは全く違う
●「絶対安全」だと五時間の洗脳教育
●だれが助けるのか
●びっくりした美浜原発細管破断事故!
●もんじゅの大事故
●日本のプルトニウムがフランスの核兵器に?
●日本には途中でやめる勇気がない
●廃炉も解体も出来ない原発
●「閉鎖」して、監視・管理
●どうしようもない放射性廃棄物
●住民の被曝と恐ろしい差別
●私、子ども生んでも大丈夫ですか。
●原発がある限り、安心できない


■『原発がどんなものか知ってほしい』(禊御中主ワールド)
http://tukuyomiwld.jugem.jp/?eid=524
***********************************************

日本の原子力行政の杜撰(ずさん)さに、怒りがこみ上げてきます。今回の福島第一原発の事故を契機として、こんな悲惨な結果しか生まない現在の原子力発電はもう日本には必要ないと「決別」の決断をする時でなないでしょうか?
※註 荒川名誉教授の安全・安価・低コストで画期的な「固体核融合」が何故、日の目をみないのか? それは、検査官、メーカー、役所、、、こういった原子力利権マフィアの魑魅魍魎が日本の中央である東京に跋扈してるからでしょう。


(しょせんコイツも素人なのか、、、事実が確認できないのも、事故内容が高度過ぎて理解できないだけで、前職がコメの検査員だったからじゃないのかぁ?)

海外メディアが絶賛した住民避難がパニックに成らずに落ち着いていて、非常にマナー良かったというのも、裏を返せば、あれは地域住民に対する電力会社の長年の徹底した安全洗脳教育の賜物に過ぎないというところでしょうか。しかし、その住民も上の実態内容を知った後では、あのような落ち着いた態度が取れるでしょうか?
※註 こう煽っていますが、多分、取れるでしょう。そういう精神的強さが日本人、とりわけ東北の人には強いと思っています。あれが古き良き日本人の健気さなのでしょう。今回のことで世界がそのことを学べたのが唯一の救いでしょうか。来るべき大艱難に向けて、人類の心の指針となる筈です。

今回の東電の「計画停電」も原発がなくなれば、日本は大変になるよ~という脅しで原子力発電の延命策なのだろう。これを承認した缶総理はやっぱ阿保缶だぁ。。。。多分、この計画の裏には原子力利権を持つある役所も絡んでいるのかもしれない。東電という大口スポンサーの下にあるマスメディアが「ヤシマ作戦」とネットの動きを歓迎して囃子立てるのも何となく理解できようというものです。
※註 「福島第一及び第二原発の供給可能量は720万kWであるが、実際は計8台の原子炉のうち2台は休止中なので520万kWであり、このような数量などは、他の原発で休止中の原子炉を5~6台稼動させれば済むことである。 また、全国には火力、水力発電所の中にも休止中のものがあるはずである。」という指摘があります。
スポンサーサイト

コメント

No title

まさにコルマンインデクッス9Th
隠されていたものが吹き出てくる
ということでしょうか?

チャーター機

ワタスのネットワーク情報ですが、都内にいたフランス人は、チャーター機にて国外に脱出したもようだす。

更に●大病院のお医者なども次々と東京を脱出中だす。

政治家や上層部との繋がりがありますんで、テレビでは言えない情報は彼らには入っておりますんで。

No title

こちらのほうがわかりやすいかも→http://www.youtube.com/watch?v=U8VHmiM8-AQ&feature=feedu

東京都日野市でも・・・

東京都日野市にあるガイガーカウンターの針が、激しく動き出しておるだす

http://park18.wakwak.com/~weather/geiger_index.html

実は先ほどの●大病院の先生には東海地方にも既に放射能がとの事を話しておったそうだす  
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。