スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本はどうなる?

初号機の爆発で飛散した放射性物質で、沖合を航行中の空母ロナルド・レーガンが放射性雲の中を通過し、乗員は1時間で数カ月分の放射線に被曝したといいます。このことで、ヘリによる救出作戦が中止されたという。

これを受けてか、フランス大使館は既に自国民の避難を呼びかけている。

************************************************
【パリ時事】在日フランス大使館(東京)は13日、東日本大震災を受け、東京とその周辺に住むフランス人に「特別な事情がなければ、数日間は関東地方を離れた方が良いと思われる」と勧告した。強い余震の恐れがある上、「原子力関連の状況が不透明」なためとしており、被災した原発からの放射能漏れへの懸念が背景にあるようだ。仏大使館はこの中で、「マグニチュード7級の余震が3日以内に起きる確率は70%」とする気象庁の予測を紹介。日本への渡航を見合わせるよう強く勧告した。

■「関東から離れて」と勧告=在留フランス人に大使館
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011031300413
************************************************

このような行動に出るのは、日本政府の隠蔽体質がこのような行動を取らせているのかもしれませんし、何らかの情報をつかんでいるのかもしれません。ただ、今回の場合、明らかに言えることは日本政府の隠蔽体質は非常に強いと見ています。

森住卓を初めJVJA福島原発取材班は現地に乗り込んで、ガイガーカウンター計測をして、下記のプレスリリースを発表しました。

************************************************
三月一三日午前10;20双葉町役場玄関付近で放射線を計測。三台の機器を使用。すべての測定器が振り切れた。(BEIGER COUNTR DZX2は1000マイクロシーベルト/時以上,VICTOREEN 209-SI10ミリレントゲン/時以上,MYRate PRD-10/19,9マイクロシーベルト/時)なりふり切れた。10時30分頃 双葉町厚生病院玄関前でもすべての計測器が振りきれた。国道288号線を双葉町に向けって多くの人々が自宅に向かっていった。すべての住民が双葉町の高汚染について知らなかった。我々は双葉町に向かう住民の車を止めて、長時間の滞在は危険であることを知らせた。半径二〇キロ圏内立ち入り禁止の表示はなかった。また、検問もなかった。

■福島第一原発 JVJADAYSJAPAN プレスリリース
http://mphoto.sblo.jp/article/43820834.html
************************************************

ガイガーカウンターのメーター振り切れですかい、、、、(汗)
その上、さらに今度は三号機の爆発です。
※註 この高濃度の放射能検出からいえることは、初号機の格納容器は破壊されたということです。実際、京都大学助教・今中哲二氏も2011年3月12日の日本経済新聞で「水蒸気爆発ならスリーマイル以上の事故」と題して「原子炉建屋の骨組みが残っているので、大規模な爆発ではないが、原子炉を覆っている最後の防護壁である原子炉格納容器が大きな損傷を受けたのは間違いない。核燃料が非常に高温にならないと出てこないセシウムが外部で検出されていることから、燃料棒や炉心が溶融し、格納容器の下にある水 と触れて「水蒸気爆発」を起こした可能性が高い。原子力事故としては、1979年の米スリーマイル島事故の水準を超えた。スリーマイル島原発では、炉心が溶融して放射能が漏れたが、爆発までは至らなかった。1986年に旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故に次ぐ非常に深刻な原子力事故だといえる。」と指摘しています。

ただ、下記のようなキノコ雲を発する三号機の爆発でも、一応、格納容器は無事だといいます。40年も前に作った格納容器の日本の技術力の高さには驚かされます。
※註 黒煙はプルトニウム爆発という指摘があります。ということは、三号機も格納容器が破壊されたのでは、、、、



ただ、今の状況は三号機の燃料棒は既に2m20㎝も露出し、この燃料棒がドロドロに溶け落ちて制御材のないところに集まれば制御不能の再臨界を起こすと言われています。注水作業も難航を極め、注水しても水位が上がらないことから、注入した水がたちまち水蒸気になっていると思われます。ただ、現在のところ格納容器が無事なので放射能が飛散していないだけで、実は、そうは安穏としていられない状況なのです。

燃料棒溶融が始まってます。露出すると被覆ジルコニウム合金が水蒸気と反応、酸素原子が奪われ解離水素が放出される。付近に酸素があれば再結合するが、この反応エネルギーは爆発的。高圧なら安全弁から格納容器内に。しかし水が抜けるのは圧力容器のクラックやフランジ配管の破断

福島第一原発三号炉が最悪事態の危機的状況! 海水注入が効果なく燃料棒露出状態で溶融続く。このまま考えられるのは燃料が溶融して下に集積、再臨界を起こす可能性。そうなれば原子炉が巨大な中性子爆弾と化す! 硼素を大量に注入して冷却が成功しなければ圧力容器の爆発、放射能全量放出も


このような書き込みが見られる程に、現在、危機的状況なのです。う~む、なんか日本だけが先行逃げ切り6馬身差で2012年的破局状況を独走状態で突っ走っている状態です(汗)。日本が本当に世界の雛形なら、この状況は、その後、絶対に世界に起こる筈です。日本が今このような状況の陥ったことで、今後、世界が東西に分かれて争う第三次世界大戦があっても、参戦出来ずに覇権のおこぼれにもあづかれませんね。まぁ、逆にこの不参加がその後の日本の僥倖となるのですが、、、、ただ、それはまだ少し未来のことです。

一応、心配な方がいそうなので、ガイガーカウンターのあるところ掲載しておきます。今のところ、まだ飛散していないようですが、、、、

■茨城県ひたちなか市のガイガーカウンター
http://www.houshasen-pref-ibaraki.jp/present/result01.html
■東京都日野市のガイガーカウンター
http://park18.wakwak.com/~weather/geiger_index.html

マスコミの放送で気になる点は、年間被爆量より低いとか、CTスキャンの1/5とかいいますが、これは外部からの照射であり、セシウム137、ストロンチウム90、ヨウ素131などの体内吸収した場合には、体内被曝でその被爆は続き危険性桁違いです。
※註 ガス状ヨウ素131の半減期は8.1日、ちなみに、三号機の燃料に含まれるプルトニウム(PU239)の半減期は2万5000年。プルサーマルの場合、燃料50トンのうち4~9%がプルトニウムの含有率ですが、原爆のプルトニウムは多くても10トン程度、また臨界質量は5キロ程度なので、質量全てがエネルギー変換されたら凄いことになる。

既にザッケローニ監督も帰国したし、あのインチキ・タレントのアグネス・チャンも「被災の体験を世界に伝えたい」とほざいて香港に緊急帰国という。もう一生、日本に来なくていいっす。

今は、三号機の格納容器が爆発しないことを祈るばかりです。今回このような世界史上稀にみる大事故が起きた福島原発の問題点は、下記の通りで以前から指摘あったことばかりだという。

●世界が危険だからやらないプルサーマルを原発利権のために推進
●発電用ディーゼルエンジンの燃料タンクが津波で流されましたが、共産党が潮位低下の際と津波の際と両方の事態を想定してどちらの場合にもポンプが正常に働かなくなる可能性を指摘して、津波来たら冷却できないって指摘した福島原発を津波対策しないまま放置していた。

福島第二原発の事故を予言していた超能力イト氏は、次は千葉、そして相模湾と予告してるが、、、

************************************************
皆様には申し訳ありませんが 皆様が一番お知りになりたい次なる災害を最後まで聞けませんでした。体調を戻し 再チャレンジ致しますが 先程から4月の様な字が見えています。この一カ月余りに又 大きく揺れるのでしょう。

■幸福への近道
http://shohweb.com/?p=1126
************************************************

や、やはり、4月かぁ、、、

『オカルト通信 ズバリ!いうかも』でも4月上旬~中旬を指摘していましたね。

日本国内の原発には安全の最終手段であるベント(ガス抜き)が付いていない格納容器が多数存在しているといいますので、現在の電力不足を補う為に他地域の原発を停止させずにフル稼働させていた場合、福島第一原発と同じようなことが起きるかもしれません。

ここで日本政府の原発全停という英断を期待したいところですが、
あのポリシーのない阿保缶じゃ、、、(涙目)

もう日月の神がいう放射能にもビクともしない体を手にいれるしかないのか、、、まぁ、この為にこの試練があるわけだしな。あの阿保缶もこの事態になるように、いわば「選ばれた人」なのだろう。

マコトでもって洗濯すれば霊化される、半霊半物質の世界に移行するのであるから、半霊半物の肉体とならねばならん、今のやり方ではどうにもならなくなるぞ、今の世は灰にするより他に方法のない所が沢山あるぞ、灰になる肉体であってはならん、原爆も水爆もビクともしない肉体となれるのであるぞ、今の物質でつくった何物にも影響されない新しき生命が生れつつあるのぞ。岩戸ひらきとはこのことであるぞ、少し位は人民つらいであろうなれど勇んでやりて下されよ、大弥栄の仕組。
(五葉の巻 第16帖130)
スポンサーサイト

Comments

アメリカ大使館

フランスに続きアメリカ大使館の動きも早かっただすね

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-19954120110311

衛星でリアルタイムで原子炉の温度を観測しているはずですから、日本政府の情報なんて信じているはずがありません。

また在日米軍基地のも当然ガイガーカウンターくらいあるはずだす
衛星からも観測出来てたりするかも

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

弍号機が

メルトダウンするかもと、堂々とNHKで発言!

個人の判断で西へ避難してもらいたい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

放射能って、自宅にずーっといればいずれ過ぎ去る様なものなんでしょうか?
服についたら払えばいい、みたいな感じなアナウンスもありましたけど、
そんなあっさりじゃないですよね・・・?

どこを見ても心配ない、程度の記事しかなくて・・・
関東から出られない場合は、ずっと引きこもってれば助かるもんなんでしょうか??
すいません、質問ばかりで・・・

ねこさ~ん♪

コメントありがとうぎおざいます!

>放射能って、自宅にずーっといればいずれ過ぎ去る様なものなんでしょうか?

放射性物質によりけりです。セシウムやヨウ素は半減期が8日程度なので、いづれ放射線は弱くなります。衣服に付いたら払う程度でOKです。ただ体内に取り込んでしまうとウ○コとして排泄されるまで、放射能浴び続けますが、それでも2~3日程度です。まぁ便秘の人は1ヶ月近く被爆することになりますが、、、(爆)。しかも、今回のレベルは年間被爆量的には大したことはないと思います。問題はヨウ素の場合甲状腺に取り込まれると排出されず、甲状腺ガンになるともいいます。特に子供が顕著だという。ヨウ素は昆布など食べて外部から取り込まぬよう予め満たしておくのがいいと言われていますね。(ただヨド素剤と比べ効果の程は疑問なのですが、、、副作用がないのがイイ・笑)

あと、口にマスクや濡れタオルをあてがい、体内被曝させない方法があります。そういうのが面倒なら、ほとぼりが醒めるまで外出しないで引きこもりするのが超オススメ。

で、一番厄介なのがプルトニウムです。これは半減期が2万4000年もありますから、濃ゆいのが来たら完全に「死の街」化になります。今のところプルトニウムが飛散していないようなので一安心なのですが、弐号機報道が沈黙しているのが不気味なのです。今の風向きから考えるとプルトニウム飛散した場合の経路が大体予想が付きます。今の政府の報道はイマイチ信用性及び速報性に欠ける(初号機の爆発の報道が7時間遅れている)為、何事も少しオーバー気味に安全をみて準備した方がいいと思っています。

ただ、こればかりは全く個人判断に委ねることとなりますが、、、、

No title

とても分かりやすいご回答ありがとうございます!
放射能なら何でもかんでも即ヤバい、って訳でもないのですね・・・

自分は仕事がありますし、家族、というか両親に西へ避難を提案しても、
ネットなんかに踊らされて!と説教をくらって終わりでしたorz
だからと言って単身避難する気にもなれませんし・・・。
どうにかなるまで関東にいるしかありませんけど、
出来ることは最大限で、希望を持って生きてくしかないなーと思います。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。