スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓流くんフルスロットル

身長高くて白い韓国アイドルに席巻されている日本の芸能界ですが、韓国のアイドルには歌も平原綾香クラスの超上手いのがゴロゴロいるし、ダンスもダンサークラスがゴロゴロいます。しかも、モデル並のスタイルや美脚もゴロゴロいる。

これには、日本のアイドルが幼く見えてしまう。

この作られた韓国アイドルブームの舞台裏はこう洞察しています。この第2次韓流ブームであるK-POPブームはある筋の要請を受けて日本の音盤業界が意図したものなのです。つまり、現在の音盤市場はAKBや嵐だけがセールスがあるだけで、全般的には沈滞低迷化しています。業界が新しいマーケットをK-POPに見出し、これを開拓しようとマスコミを動員して積極的な支援をしたのが今回の韓流ブームの背景です。

ガールグループにとって最も忠誠なファン層となるのが男性ですが、この攻略が実に厄介なのです。というのも、日本の若い男性には漠然とした反韓意識があり、これを如何に攻略するかがポイントなのですね。少女時代がショーケースで2万人動員したといいますが、その8割は女性客だったといい、男性ファンの食い付きがイマイチだったのはこういった反韓意識があるのです。少女時代が竹島返せ集会に参加して歌を歌っている動画がありますが、マスコミでこういったことを一切取り上げないのはこういった経緯があるからです。


で、こんな芸当ができるのは、、、「電2」しかありませんね。

この企画は見事に功を奏したのですが、いかんせんブームが加熱し過ぎた。当初、一過性のブームで集束してK-POP市場を創設する程度だと考えられていたのが、日本の音楽シーン全てを占拠してしまうのではと考えられる程になってしまったのです。それ程の勢いがあるのです。実は、これは当然のことで、歌にしろ、ダンスにしろ、ルックスにしろ、K-POPの歌手の実力があまりにも凄過ぎたからです(爆)。

客観的な数値であるCD売上や着歌ダウンロード数..等を基に審査され、売上げに忠実な音楽賞として業界内ではつとに信頼が高い「日本ゴールドディスク大賞」(日本レコード協会主催)では、少女時代は邦楽部門で、KARAは洋楽部門でそれぞれがトップであり、それぞれが各部門で「新人賞」を受賞しているのです。

ガールズトーク(初回盤A)(DVD付)ガールズトーク(初回盤A)(DVD付)
(2010/11/24)
KARA

商品詳細を見る


HOOT(豪華初回限定盤)(DVD付)HOOT(豪華初回限定盤)(DVD付)
(2010/12/22)
少女時代

商品詳細を見る


年末にNHK紅白に出場出来なかったのも、こういった状態を目の当たりにし、「日本の市場を韓国歌手に奪われる」という危機感を持った芸能プロダクション側からの圧力に屈したとみるのが正解でしょうね。

今年2011年はJ-POP対K-POPの戦いが本格化するとも言われますが、実は、もう負けは確定しています。残念ながら、今の韓国勢にかなうルックスやダンス、歌を持つ和製アイドルは日本にはいません。韓国勢のいい所を吸収して今とは違うアイドル像を作り出すのにも数年は掛かる為、この韓国勢優位の傾向はここ数年は続くものだと思っています。まぁ、自分に政治的思惑フィルタがなければ、韓国アイドルは充分楽しめますし、所詮、芸能など「川原乞食」の世界だと思えば、日本の芸能界が韓国勢に席巻されても別段問題視などしませんね。大体、今までが在日系に席巻されているのですから、何をか言わん(爆)。

でも何故、韓国勢は手足が長くスタイルがいいのでしょうか?

韓国に嫁いだ元日本人のブログによると、韓国の親族が子供の身長を伸ばそうと赤ちゃんの頃から成長剤入りの食べ物を食わせろと五月蝿いのだという。子供に成長ホルモン注射も普通だとか、、、、整形手術など体全身にタトゥーを刻むようなものであり、他国とは違う誇るべき文化の1つとなってしまっている韓国ですが、ここまでしているとは、、、、これではかないませんね。

実は、この韓流ブームは日本だけはなくロシアでも起きているといいます。ロシアは永らく日本の「すし文化」が上流社会文化であり続けたのですが、昨今のクールジャパンムーブメントで、多くの青少年も有名アニメに熱を上げる...等で日本文化吸収に非常に熱心だったのですが、この関心が既に韓国の大衆文化に集まってきているというのです。

これをクールコリアというそうです。

しかし、実際はその規模は未だ日本の1/10程度であるのですが(笑)、ただし看過は出来ません。日本で受けるものは世界で通用するのです。日本で少女時代やKARAが人気となれば「ジャパン・ラブ」のロシアの青少年は黙っていませんね。今後、少女時代やKARAやアフタースクールを語るサイトが急増するでしょう。

きっと、少女時代の歌を日本語版で唄うロシア男の動画がたくさん登場する(爆)。
※註 個人的にはロシアの美少女がユニットを組んで唄って欲しいのだが、、、

日本におけるクールコリアの浸透振りはかなりのもので、新大久保は既に第一次韓流ブームで「お嬢様」方の聖地となっており、今回の第2次ブームで若年層や男衆が雪崩れ込んでくることで、更なる進化を遂げるのではないでしょうか。これは萌えのアキバと対立する1つの極だと認識しています。

韓流スターに逢える街 新大久保ガイド+1 (タツミムック)韓流スターに逢える街 新大久保ガイド+1 (タツミムック)
(2010/12/24)
不明

商品詳細を見る


以上、韓国アイドルブームを分析してきましたが、しかし、それは表面的なことなのです。

霊的な観点から見ると、もっと深いものが見えてきます。つまり、これは二次元世界のイデア萌え(アキバ萌え)に対する三次元リアル世界の美脚萌え(新大久保萌え)という対立軸の完成なのです。実は、これは地政学的にもいえるのですね。実際、山の手線をみれば、新大久保とアキバはちょうど真反対側にあるのです。

山の手線

この2つの対立関係が、やがてアウフヘーベン(止揚)して新しい境地が、、、、アニメ「宇宙戦艦ヤマト」が実写版になったように、二次元イデア萌え的な要素を持つ存在(人間)が三次元リアル世界へと登場してくる。これは「生きたまま霊界に入っていく」というオコツトがいう現象なのかもしれません(爆)。

それが少女時代KARAでしょうか。
これはエーテルスクリーンに現れた使徒なのです(爆)

実は、これは日本における太極図の完成でもあるのです。

これは、意識世界の快感である右脳萌えと外界世界の美的快感である左脳萌えの対立でもあるのです。その聖地というか極がアキバであり、新大久保なのです。これは右脳的思考の縄文と左脳的思考の弥生の対立と言い換えてもいいかもしれません。この対立する2つの極が1つに止揚するのが「富士(不二)の仕組」ですが、韓流を推し進めるフジTVをもじって「フジTVの仕組」と命名してもいいですね(笑)。

対極図SS

ヤッズ★は基本的には華流なのですが、華流は現在の日本のマスコミからは決して支援は受けられないですね(爆)。韓国や米国から怒りを買いそうですw そんな韓流の隆盛を横目で見ながら、とうとう巨人中国が乗り出してきた。

「i Me」(アイ・ミー)というガールズユニットがそれです。ハイミーではありません、アイミーです。中国、韓国、タイの3カ国で数万人の応募の中から選ばれた精鋭5人が、韓国でむっちり約1年間の猛特訓を経た後のデビューです。



ここで繰り返し言われるキャッチーな「哎咿呀」(アイヤ)とはこれに似た「アイヨー」「アイヤー」とは、日本で「あーっ!」「ぎゃーっ!」と驚いた時に叫ぶ感嘆詞ですが、これを弱めた感じで「おやおや、まぁ」といった感じの言葉でしょうか。ちなみに韓国人は驚いた時に「アイゴー!」と叫ぶ(爆)。

さすがに5年間はダンスで下積みする韓国勢とは違い、まだまだダンスの切れはよくありませんが、本土では人気が出そうな感じです。

■劉美含(リウ・メイハン)…中国人(子役スター出身)
■李媛希(リー・ユエンシー)…中国人
■易易紫(イー・イーズー)…中国人
■那琳…タイとドイツのハーフ美少女
■沈[シ玄]京…韓国出身

もう1つのユニットは「Lotte Girls」ですが、これも韓国人2名と中国人3名で構成されています。ここにも、やはり韓国勢がメンバーに入っています。今はキーパーソンとして韓国勢を入れないとユニットが引き締まらないのでしょうか?



それにしても、中韓ばかりの取り合わせです。先に紹介したF(X)も中台韓の混成ユニットでしたね。今、日本はこうしたユニット編成からも除外されているのでしょうか?非常に不思議に思っています。何か日本も知らぬところで、重大な変異が起きている兆しんおかもしれません。

この2つの動画を見ると、何か懐かしい感じがしませんか?

ブリッコ的な仕草を上手くダンスの中に取り入れています。
これは少女時代にも言えることですね。

今の韓流の根底には「モダンミックス」がありますが、かつての流行と今の流行をミックスしてアレンジしています。これはかつての日本のアイドルグループの路線なのですね。それを周到しているのですわけです。実は、こんなところにも「ヤ・ウマゥ魂」は健在であったのです(爆)。

かつて、韓国は日本文化の流入を抑える為にTVでは日本の曲を流さない等の政策を取っていました。しかし、その時に韓流が起きたでしょうか? 今ある少女時代やKARAがあるのも、その時代に隠れて日本のアイドル文化をVTRや雑誌等で吸収した先進的な人たちが、試行錯誤してヒップ・ホップを取り入れながら韓国流にアレンジしていったからこそ今の隆盛があるわけです。ですから、今、日本に流入する韓国アイドルや華流アイドルは歓迎こそすれ、厭う必要はないと思っています。今の日本の芸能や文化に欠けている、あるいは優れている何かがそこにある筈だからこそ、人々は飛びつくのです。そして、この取得が日本発の次なるアイドル像の創造に繋がっていくのです。それには縄文と弥生の融合が欠かせません。

これがアキバと新大久保が形作る太極図の真の意味です。

抱き枕
(で、最後はこうなるかぁ~ シカ様単独の抱き枕キボンヌ)
スポンサーサイト

コメント

ギロツポン

六本木巫女!

六本木の巫女逮捕!

No title

六本木の巫女逮捕に関して、何かコメントをどうぞ。

六本木の巫女について

コメントありがとうございます!

六本木の巫女がとうとう逮捕されましたね。
セレブ志向のスピという点は昔からひかかっていましたが、
最終的には「どっち取るんじゃい!」と思ってました(爆)。

神道研究家を標榜しながらも、今あるような「愛」を謳うスピにはかなり批判的な人で「最後はお金よ!」という巫女だったのですが、果たしてどちらが正しいかったのか?という決着もこれで付いたと思います。

このブログでも巫女の言説を多く取り上げましたが、非常にネガティブなものばかりで気が滅入る内容ばかりでした。途中から見向きもしなかったのはそういった理由からです。また、そのネガ反動で「見ているだけで楽しい♪」今の美脚の韓流アイドルの奔流に嵌ったかもしれません(爆)。

巫女が語る内容は選りすぐりのネガ情報ですが、そこで語られる内容はある真実が含まれていることは確かです。ただ、それを自己の金儲けに繋げたのはマズかったのではないでしょうか。そうなると勢いバイアスが掛かり公平さを欠くのは当然の帰結です。

このブログでは巫女が語る言説を多く取り上げ検討していましたが、大体がハズレていました。また、夢大陸について一切言及しなかったのは幸いだと思っています。しかも夢大陸があそこまで悪辣な商売をしていたとは、、、、巫女も最初は上手く行くとの目算だったのが、資金シュートからある時点で顧客資金の流用というルビコン川を渡ってしまったのかもしれませんね。資金を他者に預ける場合は最低でも分離保管が原則です。それができないところはドンブリ勘定となり、今回の事件のようになるのではないでしょうか。

ただ、こう言っては何ですが、巫女の言動が元で語り部情報に辿り付けた点だけは本当に収穫だと思っています。
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。