スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似て非なるもの

先日、四川省成都の友人と久々にスカイプで長話しました。

三川(=三河の古名)のヤッズ★と四川省の彼女の取り合わせもなかなか数魂的に面白い現象ですw。しかも彼女の名には「照」が付き、今、意識集中している「照山」とシンクロしている(笑)。これは「石巻山-照山-豊川稲荷」で構成される封印された三角地帯の中央に位置する権現山の「緑野神社」にも言えることであり、非常に興味深い現象です。このシンクロ現象こそ、正にこの現実世界が「外界=内面」という変換人型ゲシュタルト的な世界である証左なのかもしれません。

で、彼女との話は、徐福から始まり、実物大ガンダム、実写版宇宙戦艦ヤマト、少女時代&Karaの韓流ブームにまで及びました。

徐福に関しては、彼が目指した蓬莱山は、語り部情報にもあるように東三河の鳳来寺山だと主張するヤッズ★と山東省煙台市の蓬莱山であると主張する彼女とはずっと平行線のままでした。

蓬萊山は「方丈」「瀛州」とともに三神山の1つであり、渤海湾に面した山東半島のはるか東方の島にあるといい、これは日本を指すと考えるのが普通です。また、山東省の蓬莱山は紀元前133年(元光2年)前漢武帝が巡幸、築城した際に「蓬莱」と命名され、前3世紀に日本に渡来した徐福と比べると後年であり、蓬莱山は仙人が住むという神仙の地なのに、中国の蓬莱市にはそれらしき雰囲気が無いというのがヤッズ★の主張の証拠なのですが、彼女は頑として譲りません(汗)。

鳳来寺山
三仙山大酒店
(上:鳳来寺山 下:三神山を名に持つ蓬莱市の三仙山大酒店【ホテル】)

中国人の彼女に拠ると、この蓬莱という言葉の意味は「苦いヨモギの高菜」だという。

「苦ヨモギ」、、、これは聖書黙示録に出てくる有名な言葉です(汗)。

この星の名は「苦よもぎ」といい、
水の三分の一が苦よもぎのように苦くなって、
そのために多くの人が死んだ。
(新約聖書 ヨハネの黙示録8章11節) 


苦ヨモギは、楽園(エデンの園)から追放された蛇が這った跡からこの植物が生えてきたという伝説に由来する植物ですが、防虫剤にも使われたことから、北欧のバイキングの間では死の象徴とされていたといいます。蓬莱は不老不死の妙薬のある地ですが、指し示す内容が180度違うのは面白いですね。

次の話は、今、話題の四川省成都の遊園地の中華ガンダムです。

布で張られただけの簡素なハリボテですが、日本のマスコミの取り上げ方は尋常ではありません。オザワンの「政治とカネ」並みの取り上げ方です。たかが民間の遊園地がクリスマスイベント向けに学園祭のノリで作ったようなものに対してこの過剰反応なのです。この行為自体、著作権関連の専門家が国内に全く育っていないのがその背景にあるに過ぎません。この報道の裏には遊園地=中国=悪という印象操作の感を受けるのです。実は、こんな些細なことよりも、日本のマスコミは韓国の国家プロジェクトでもあるロボット博覧会に建つ50m超のマジンガーZのパクリの「テコンV」の方を指弾すべきなのだが、、、、

この中華ガンダムの記事URLを教えたのですが、どうも画像は見れないようです。
中国は見せたくない映像は排除してるんだなw
これでは会社のPCと同じです。
日本もいづれこうなるかもしれません。

中華
(国色天郷楽園の中華ガンダム)

仕方がないので画像を送ったのですが、彼女の反応は「確かに似ている、、、」とのこと。しかし、成都に住みながら中華ガンダムのことなど何も知らないという。そして、画像送付から少し経ったところ、急にスカイプが繋がらなくなってしまった。。。。もしかして、この画像は国家機密に属するものなのか?(爆)。

仕方なくその場は終了し、翌日に話の続きをすることとした。
以下は翌日の話の内容です。

キムタク好きの彼女に対し、実写版ヤマトのロケ地が豊橋であることを明かすと、空かさず「キムタクを見たか!」と畳み掛けてきました。十分予想された内容です(爆)。残念ながら目撃していない。。。。。その後も韓国ドラマ『シンデレラ』のロケが豊橋で行なわれる話をしたのですが、これで韓国ドラマ好きでもある彼女が「蓬莱山のある」豊橋を目にすることが出来るのではないかと思った。

さらに、今度は彼女から「韓国のキムタク」ことユン・サンヒョンを知っているか?という話になりましたが、サンヒョンより「もっぷん」の方が似ていると「もっぷん」の画像を送ったところ大爆笑。
※註 演劇「ええじゃないか」が韓国で公演され、聯合ニュースのインタビューを受けた在日演出家のキム・スジンが思いもよらぬ発言をしている。「日本野球代表チームの監督に就任した星野仙一、歌手の和田アキ子、俳優の木村拓哉、草なぎ剛など、人気スターたちが韓国系というのは、海外の同胞社会ではもっぱらの秘密なんです。」ということから、韓国のキムタクという言葉は、意外と核心を突いている。

ユン・サンヒョンもっぷん
(ユン・サンヒョンともっぷん)

さらに韓流に話が及び、少女時代のことは知ってはいましたが、Karaについては知らない様子でした。「Mr.」の動画を紹介し、この中でスンヨンが一番可愛いと言ったのですが「普通だ」とバッサリ。「少女時代」の対抗というか模倣というか「爱朵女孩(アイドルガールズ)」という大陸の中華ユニットがあるが知っているか?と振ってみたところ、意に反して「知らない」という。そこで空かさず、あるブログのURLを紹介し、その画像(下図)を見せたところ、またしても大爆笑です。

中華アイドル
(エヴァシリーズにも偽物が、、、)

中国人以上に中華アイドルに詳しいヤッズ★ですw
で、「少女時代」のどこがいいのか?と問われたので、、、

正直に美貌と美脚だと答えた(爆)。

でも、その美貌も整形だとグサリ(汗)。
確かに、あの国は大統領ですら整形するお国柄ですから、、、

美脚も美貌も成都ではごくごく普通だという。なぜならば、昔から四川は「美人城」と言われる地であるからだという。確かに、美人歌手アランの出身地「美人谷」は成都近郊にありますし、過去記事で紹介した四川省にオープンしたメイド喫茶の服務員は超ハイレベルでしたね。北京も美人が多いところですが、その北京すら凌駕しているというわけか、、、、

現在、北京美人と知られているのは、、、、九頭身美人・孔燕松は「長脚皇后」の異名を持つ程の美脚の持ち主ですが、彼女は「少女時代」一番の美脚の持ち主スヨンをも凌駕します。

孔燕松01孔燕松
(九頭身美人の孔燕松 ハイヒール履かずともこの長さ)

オバマ大統領のレセプションをたまたま聞きに来た大学院生・王紫菲の美人ぶりがネットで話題になる等、美人に関しては北京が中国で一番であるという不変の認識をヤッズ★は持っています。

王紫菲
(王紫菲 彼女も北京美人です)

確かに、以上の結果を見る限り、少女時代の美貌と美脚は、中国ではごく普通レベルなのかもしれない。しかし四川が中国一という話はどうなのだろうか? ネットには中国の美人ランキングサイトがありますが、そこの結果では、、、、

☆中国十大美人都市ランキング☆
第1位:成都美女  擦洗眼睛的純浄水 美人指数:98
四川省の女性は、肌が美しい小柄な素顔美人

第2位:長沙美女  中性之美 美人指数:97
湖南省の女性は、南北の長所を兼ね備えたすらりとした中性美人

第3位:重慶美女  熱情似火 美人指数:96
重慶の女性は、まっすぐな性格の情熱的なセクシー美人

第4位:蘇杭美女  小家碧玉 美人指数:95
蘇州・杭州の女性は、女性らしい可憐美人

第5位:大連美女  豪放婉約 美人指数:94
大連の女性は、少し勝気なすらりとした色白美人


あれほどの北京が上位に出てこないのです(汗)。

しかも、重慶は蜀の国で元々は成都であり、その後独立した都市になったといいますので、四川省は中国の1位3位独占ということではないですか! 噂によれば、成都は4人に1人は美人だという、、、、なんてところなんだw。美人が掃いて捨てるほどいるなんて、、、、かつてヤッズ★が桂林で見た美少女は、この世のものとは思えない程の美しさでしたが、あれはきっと四川の方から観光に来た方に違いありません。
※註 世界における美人の国のランキングは、ベネズエラが1位、続いてインド、米国、スペイン、プエルトリコの順で、中国が7位、フィリピンが9位、日本は16位だというが、、、、

四川に美人が多い理由は、盆地なのに海抜が低い為、紫外線が弱い上に雲が多く更に紫外線が弱くなり、年中曇りや雨の日が多く、中国で最も日照時間が少ない都市のひとつである四川や重慶の女性は、肌が白でスベスベなのだそうです。下の図はある方が主観的にデータ取りした統計的なものですが、明らかに四川の優位さが分かります。

ぐらふ

しかも、今、成都ではゴミを路上で拾うとその場で四川美女がキスをしてくれるという、、、、

■ごほうびはキス! 美人女子大生がポイ捨て撲滅に活躍
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100611/chn1006110851002-n1.htm

う~む、四川はこの世の天国か?
三川を捨て、四川に移住しよう(ボソ)

これは「3」から「4」へのアセンション(次元上昇)です(爆)。

日月神示がいう「不二の仕組」の前に発動する「鳴門の仕組」とは、キツネ劇似のジャッカルを「九尾妖狐」として称し、これを眷属化したダキニ天を祀る豊川稲荷が震源地として東三河で起こる「NARUTO(成るヤマト)の仕組」だと睨んでいましたが、、、、、

う~む、これを「成都(なると)の仕組」と変更してもいい(爆)。
スポンサーサイト

Comments

興味深い

興味深い記事が満載ですね

堪能させていただきました

また、お邪魔させていただきます

No title

個人的に中国のガンダムは惜しかったです。昔は日本にも「事後承諾」ってシステムがあったんですけどね。シャレの通らなくなった社会はどんどん貧しくなっていくと思うんですけど。

ちなみにテコンVタワーは、テーマパークの企画ごと頓挫に近い「再検討中」だとか。あの無駄に広いコクピットが再現されるのかと、ちょっと楽しみだったんですが。

ponsunさ~ん♪

コメントありがとうございます!

>興味深い記事が満載ですね

単に熱中し易く飽きっぽいので、このような結果が、、、

Dr.Whoonさ~ん♪

コメントありがとうございます!

>シャレの通らなくなった社会はどんどん貧しくなっていくと思うんですけど。

あの程度のことで、ムキになる日本ってホント貧しいですよね。

テコンVはテーマパークの企画ごと頓挫ですかぁ~、大体、いまどきロボット博なんて時代遅れで博覧会のテーマにならないと思ってたんで、やっぱりな~という感じです。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。