イヤー・オブ・ザ・エヴァ

2010年年末は「ヤマトの年」ですが、2011年はどうも「エヴァの年」になりそうな予感がしています。それも今までにない規模でのビッグウェーブとなるでしょうか(笑)。というのも、4部作の新劇場版アニメの第3部「Q」及び実写版エヴァのロードショウが2011年にありそうなのと、実物大ガンダムや鉄人28号での眼を見張るような集客力を眼にし、これから箱根の「エヴァで町おこし」も本腰入ってくると睨んでいるからです。実物大エヴァのモニュメント登場も近いかもしれません(爆)。また、長引く消費不況で企業の売上もジリ貧な為、いろいろと「エヴァ人気頼り」の展開になりそうです。
※註 新劇場版の「序」は2007年夏、「破」は2009年秋と2年毎に上映されていますので、雅楽...等の芸道で云われる三段構成の「序破急」の「急(Q)」の上映は2011年だと予想できます。で、このスケジュールだと最終の第4部は2013年ということだなw

で、今、ゾクゾクとタイアップ商品が登場してきていますね。

ネルフ本部型チョコケーキ
(ネルフ本部型チョコレートケーキ 綾波フィギュアと「ロンギヌスの槍」型フォーク付)

■富士急ハイランド独自の「エヴァ」グッズ、全10種類を10月23日発売。
http://www.narinari.com/Nd/20101014408.html
■ロッテリアがヱヴァ連弾キャンペーン、第1弾はヱヴァカレンダー2011。
http://www.narinari.com/Nd/20101014352.html
■ローソンがエヴァ・キャンペーン
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/101019/biz1010191458016-n1.htm

実写版「エヴァンゲリオン」の方は、2003年カンヌ国際映画祭で制作発表されましたが、それから既に7年近くが経過しています。途中、制作権の解散とかいろいろあって、プロジェクトは頓挫してお蔵入りの気配が濃厚だったのですが、実はまだプロジェクトは進行中であるといいます。

で、来年2011年にはロードショー可能な予定だともいう。
(本当に出来るかまだまだ怪しいですが、、、、爆)

どういうキャスティングなのか楽しみですが、本当に上映する気があるのなら早く発表して欲しいですね~♪。ただ、映画化に関して懸念している点は、配給元がメジャーではない映画会社でコストが掛けられずにチャチな映画になりはしないかという点と、綾波レイ、惣流アスカのキャスティングミスで一大ブームとはならず、一転、大ブーイングになるかもしれないという点ですw

まぁ、シリウス意識の関与がある筈なので、大丈夫だとは思っていますが、、、(爆)

綾波レイアスカラングレー
(このぐらいのキャスティングはして欲しいところ)

このエヴァに関連深いのが死海文書です。

パンツを脱いで1年も待ってくれていたドクタ~の最新情報によれば、10/20、この死海文書の全文書をデジタル化してネット公開(グーグル)するというニュースが世界中を駆け巡ったそうで、あのしょこたんもビックリで興奮状態だといいます。現在、死海文書はその一部しか公開されておらず、これは非常に画期的なことで、研究者は喉から手が出るほど資料を熱望している筈です。

エヴァの中では、発見されていない文書を「裏死海文書」として描き、セカンドインパクトの後、十数体の使徒襲来が発生し、最後の使徒襲来によってサードインパクトが起きると文書に予言されているとしたストーリー展開がされています。

死海文書
(死海畔の洞窟でツボに封印状態で発見された死海文書)

リアル世界の本物の死海文書の方は、エッセネ派(クムラン教団)が書いた旧約経典であるとも言われますが、この裏文書を持つ秘密組織ゼーレは絵コンテではエッセネと書かれていますので、庵野監督はゼーレ(=闇の世界権力・イルミナティの暗喩)の正体はエッセネ派だと睨んでいるのかもしれません(爆)。まぁ、庵野監督自身、あまりオカルトには詳しくなく、エヴァは聖書世界の用語を飾り付けした感じで制作されたわけですが、シリウス意識の介在によって、監督自身が考えも付かない程、その内容は深くなってしまっていると睨んでいます。

死海文書は今から60年も前に発見されながらも一部しか公開されないことから、実は、イルミナティがイエスズ会を通じて支配しているバチカンによって、キリスト教のドグマ(教義)の本当の出所がバレるのを恐れ、意図的に隠蔽しているのではないかとも噂されていますw

この死海文書群には旧約聖書全編は勿論のこと、聖書逸話の祖形である「エノク書」も含まれており、今のところ、現存する「エノク書」には「第一エノク書」と呼ばれるエチオピア語訳と「第二エノク書」と呼ばれるスラブ語訳の2種だけが存在しますが、「エノク書」は元々はアラム語orヘブル語で書かれていたそうで、少なくとも前1世紀にはアラム語「エノク五書」が存在したと云われ、それは(1)天文の書、(2)覚醒者の書、(3)巨人の書、(4)夢幻の書、(5)エノク書簡に分かれていたといいます。これは「モーゼ五書」の雛形なのかもしれませんね(笑)。新約聖書にはこのエノク書からの引用が数ヶ所ある為、初期キリスト教ではかなり重要視され正典扱いされていたと思われます。
※註 果たして「モーセ五書(トーラー)」と「エノク五書」はどちらが古いのでしょうか? 「エノク五書」は前3世紀から前1世紀に成立した文献だと云われています。一方、「モーセ五書」はバビロン補囚からの帰還後かなり遅い時期に書かれたと言いますので、前5世紀になるでしょうか。このことから「モーセ五書」を元に「エノク五書」が書かれたというのも否定出来ないのです。もう少し細かく言うと、エノクはカナンの子であり、呪われた氏族なのですが、この「呪われたカナン人」が自分たちの都合の悪いことが書かれている「モーセ五書」を改竄し祖であるエノクを持ち上げたストーリーをデッチ上げたというのも考えらるのです。「モーセ五書」は「エノク五書」の曖昧化ダイジェスト版と考えた場合は「聖書暗号」は全く意味のないことになりますが、もし逆であった場合、俄然、聖書暗号は無視出来なくなりますね。カバラの伝承ではカバラはアブラハムに時代(前15世紀)にまで遡れますが、このカバラが云うには「モーセ五書」は霊視で見た天上界の出来事を描いたものであり、その出来事はこの世と一対一の関連はあるが、決して歴史を描いたものではないという。このことからも、エノク五書はモーセ五書の改竄劣化版というのも充分考えられる。第一、このエノク書を奉じているのがモルモン教...等のイルミナティ勢力であり、彼らは「呪われたカナン人」の末裔である点がこのことを充分物語っているのではないかとも思う。しかも、初期キリスト教が「エノク書」を正典扱いしていたという事実は、既に教団初期にカナン人の影響を受けていたという証左にもなると思うのだが、、、、

しかし、キリスト教がイエスの神性を認め「神」と同一視する三位一体の教義に傾いていった背景は、第1ニカイア公会議でアリウス派を異端として排除し、アタナシオス派の主張を盛り込んだ「ニカイア信条」を定め、更にキリスト教をミラノ勅令で公認化して、キリスト教を「人民の精神支配の道具」とするコンスタンチヌス帝の意向が強く働いていたからだと睨んでいます。

死海文書の「エノク書」には、既存の書には書かれていない驚愕の新事実が記されているかもしれませんね(笑)。だからこそ、バチカンが手を回して隠蔽に走っているのかもw まぁ、実際は以前のセロハンテープでの保存に問題があって、その修復作業で公開できなかったというのが真相だとされていますが、、、、果たして、、、、

■死海文書をセロテープから救出、女性4人が奮闘 イスラエル
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2690810/5269650

このエノク書はエヴァにも非常に関係が深いです。OPの最後に出てくる文字は、別名「天使語」とも呼ばれる「エノク語」というのもありますが、人造人間エヴァンゲリオン自体、「エノク書」に出てくる堕天使集団「グリゴリ」と人間の女との間に生まれた巨人「ネフィリム」を彷彿とさせるのです。

ネフィリムの名は「(天から)落ちてきた者達」を意味し、とんでもない大食漢のモンスターであったといいます。成長するにつれその体長はエヴァもビックリの3000キュビット(1350m)に達したといい、人間たちの食物を食べつくすと今度は人間たちを食べ始め、最後には彼ら同士で共食い(カニバリズム)を行ったとあります。身長の件は明らかに大袈裟だと思いますが、実際の身長はせいぜい5~6mぐらいだと思います。エヴァの中でS2機関を得るために使徒を捕食するシーンがありますが、この辺が話のヒントになっていそうですね。

初号機ネフィリム
(左:装甲板撤去したエヴァ初号機、右:巨人遺骨は合成フェイクだなw)

エヴァンゲリオンでは、「生命の木」の実を得たのが第一使徒アダムで「永遠の命」である「S2機関」を持つが故に魂は増殖せず孤独であるとされ、「知恵の木」の実を得たのが第二使徒リリスで科学的思考が出来得る知能を得たが壽命がある為に魂は増殖することが出来、その子孫がリリンと呼ばれる第18番目の使徒「人類」だとして描かれています。

実は、エノクはこの両方の実を食べたと考えられています。エノクの記述は『創世記』に登場しますが、ここには彼の死についての記述が一切なく、また、エノク書では彼はエロヒムによって天に上げられ、天使メタトロンに変容させられたとなっています。これがイエスの昇天(アセンション)の祖形となったのでしょうか。つまり、「エノク書」ではエノクは大賢者かつ不老不死の存在で神に等しい人物として描かれているのですね。キリスト教にとって「神の子イエス」以外にこのような存在があっては困る為、初期キリスト教やエチオピア正教では正典とされた「エノク書」を偽書扱いにしたのだろうと云われていますが、ヤッズ★の洞察では、「モーセ五書」のモーセ→「エノク五書」のエノク→「新約聖書」のイエスへと他の伝承を取り込みながら主役が変遷して行ったのではないかと睨んでいます。キリスト教初期にはイエスをエノクの生まれ変わりとして扱ったために「エノク書」を正典扱いしたのですが、その後、神性を高める為に邪魔になったという理由で除外です。つまり、イエスとはミトラ教のエッセンスを織り込んだエノクのリニューアル版でしょうね。これは惣流・アスカ・ラングレイが式波・アスカ・ラングレイに名が変わったようなものです(爆)。

ですから、バチカン隠蔽説も意外と的を得ている???

エノクの鍵―宇宙の仕組みを解明し、本来の人間へと進化させるための光の書―エノクの鍵―宇宙の仕組みを解明し、本来の人間へと進化させるための光の書―
(2010/09/25)
J.J.ハータック

商品詳細を見る

(これはカナン人の考える人類補完計画か?)

このようにエヴァが世界に向け再起動する素地がだんだんと整ってきました。
ただ、今回は「再起動」なので「暴走」するかもしれませんが、、、(笑)

やはり、2011年末は「エヴァの年」確定っぽいですねw

ところで、シリウス意識が具現化したアニメ『ナルト』『風の谷のナウシカ』は、「ホントは凄い聖地」石巻山(エイ州山)を持つゼロポイント都市・豊橋を始め、東三河と(霊的に)関係深いことは以前の記事に書きましたね。また、豊橋は江戸時代末期も末期、幕府崩壊した1867年夏に伊勢神宮の神符が降ったことから、民衆が熱狂的に踊り明かした騒動が全国波及していった「ええじゃないか」の発祥の地であり、ヤッズ★が子供の頃よく遊んでいた「牟呂八幡社」がその最初の発生場所であることはよく知られています。

■牟呂八幡社 (ええじゃないか発祥地)
http://www.uchiyama.info/oriori/kentiku/zinja/muro/

ええじゃないかコースター富士Qエヴァ
※註 近々、新劇場版エヴァ「Q」の上映がありますが、この「Q」は「富士Q」のQでもあり、富士は「不二(不死)」でもあります。その富士Qには「ええじゃないか」と「エヴァンゲリオン実物大初号機建造計画」のアトラクションがありますね。つまり、「不二」「Q」「エヴァンゲリオン」「ええじゃないか」は「近しさの法則(類は友を呼ぶ)」からも同義的なものであり、この近接は「(序破急の三段構成の)結末として、【不死】(永遠の命=S2機関)の福音が述べ伝えられて、ええじゃないか!」というシリウス意識からのメッセージでなないかと洞察しています(爆)。

更に、『ロード・オブ・ザ・リング』では中つ国(ミドルアース)で起きた人間・エルフ連合軍と冥王サウロンに率いられたオーク、ウルクハイとの戦いを描いていますが、これも「豊葦原瑞穂国中津国」と呼ばれた東三河を主戦場とした古代日本を二分する「壬申の乱」が霊的雛形となって関与した話だという洞察も以前に記事化しましたね(ニタリ)。
※註 記紀によれば「壬申の乱」は琵琶湖周辺で起きたことになっていますが、真実の歴史を語る大国主系の語り部によれば、これは東三河で起きたといいます。その証拠として、草壁皇子の墓が何故か東三河の御津にあったり、天武天皇、文武天皇の伝承が東三河には残っている。

さらに更に、『ハリーポッター』に出てくるクィディッチで東洋で唯一存在するチーム「豊橋天狗」が、豊橋をフランチャイズ(本拠地)にしていることからも、魔法界からも一目置かれている非常に重要な地域なのです(超爆)。

以上見てきたように、豊橋は何らかの深層的な情報を人々の情報空間(=意識世界)に発する地であろうと考えていますが、エヴァにおいても同様だろうと睨んでいます。発信可能な理由として、日本を縦断する中央構造線が日本列島のエネルギーの脊椎的流れを持っていて、豊橋はその真上かつド真ん中に位置し、火と水のエネルギーが交差する石巻山(エイ州山)を始め東海三神山(蓬莱・方丈・エイ州)のある「神仙の地」であったことから、何かしらコア的な関与をするのだろうと睨んでいます。

つまり、豊橋は日本のターミナルドグマなのです(笑)。
※註 ターミナルドグマには第二使徒リリスが居ますが、これに相対するものにセントラルドグマがあります。エヴァ作中でもネルフ本部の秘密研究所を指す言葉として使われていますが、セントラルドグマは元々は「分子生物学の中心原理」または「生物学の中心教義」と呼ばれるもので、あらゆる生物種において、遺伝情報を読み取り遺伝情報を発現する(タンパク質合成)過程が「転写」と「翻訳」による遺伝情報の横の伝達を行なわれ「生物の表現型を決める働き」があるとされる。文字通り、宗教におけるドグマ(教義)と同じ役割を持っている。そしてターミナルドグマとはそれを深層(霊的に)から操るものである。

以上の理由から、シリウス意識のファイナルアンサーともいうべきエヴァンゲリオンにおいても、必ずや「豊橋」と何らかの接点がある筈だと睨んでいました。

い、いや、絶対なければならないのです(爆)。

というのも、このヤッズ★が眺めている世界が、本当に「外界=内面」という変換人型ゲシュタルト的な世界であるならば、自分中心に世界が構成されている筈であり、そこには必ず何かしらシンクロがある筈だと思っているからです。

豊橋00だまし絵01
※註 ゼロポイント都市・豊橋の市章が真に表す霊的内容は、天と地を各々表す火と水のエネルギーが融合するゼロポイント場であるという以外に、この地が男性原理【アダム】(火水・カミ)と女性原理【リリス】(火水・ヒメ)が「不二(融合)」するサードインパクトが起きるターミナルドグマであり、また「永遠の命」を表す聖杯【S2機関】の秘密が隠された地であることを示しています。実は、三河という名称は聖書記述の「聖なる山から流れ出る【命の水】の川」と東海三神山(蓬莱・方丈・エイ州)を掛け合わせて「三川」と命名されたのですが、以上のことは、徐福が捜し求めた「不老不死の妙薬」があるという蓬莱山が、実は、東三河の鳳来寺山(煙巌山)であったことからも納得いきますでしょうか。蓬莱山には「扶桑樹」があったといいますが、扶桑樹は「東の若木」と呼ばれ、若さという不老不死を象徴するものであり、これは即ち聖書でいう「生命の木」に相当します。「知恵の木」の実を食べた我々人類は遺伝子工学、生物分子学...等の科学知識の蓄積によって、この「生命の木」を探し出す旅をしているのかもしれませんね。カバラが提示するのはこの「生命の木」だけですが、これこそ人類が探し求める「生命の木」のありかを示す航路マップでしょうか。

で、結論は、、、、やはり、関連があった!!!(驚愕)

TV放映版の第弐拾壱話では、冬月教授がセカンドインパクトの後に南極調査隊に参加し、その後、人工進化研究所でゲンドウと対面して試作エヴァを見せられてゲヒルン(ネルフの前身)に入所する決意の場面が描かれていますが、リニューアル版(DVD版)では、その前の経緯が描かれていて、大学を辞めて疎開先でモグリの開業医を営んでいる教授の元に南極調査隊参加の勧誘がに来た場面があります。その疎開先がなんと「豊橋」だったのです(ニタリ)。

これは、、、偶然なのか? 必然なのか?

エヴァで描かれている土地は殆どが箱根なのですが、一部、松代と京都と小田原(新横須賀)が描かれている程度であり、他の地域は「ヤシマ作戦」時にちょっと名前が出る程度です。それ程までにエヴァで特定地域が描かれるのは「ラクダが針の穴を通るよりも難しい」ことなのです。これは非常に光栄なことであり、ハリポタに続いて豊橋ばかりがエコヒイキされているようで申し訳ない気持ちで一杯です(爆)。
※註 ただWikipediaには載っていないのは残念です。誰か追記してくれ~

これで、辛うじてエヴァの聖地に入れたでしょうか?(ニタリ)
(って、一体どこを巡ればいいのじゃ~)

エヴァ豊橋01エヴァ豊橋02
(背景の山は本宮山【方丈山】だなw ならば先生が居たのは石巻神社遠拝殿のある向山あたりだな)

ふふふ、ここでも変換人型ゲシュタルトは健在なりですw

まぁ、豊橋が選ばれるのには理由があります。観光都市・熱海を別として新幹線の止まる東海地方の都市で平野と高台にまたがってある都市は、豊橋ぐらいなものでしょうか。この高台は弓張山脈から続く裾野にあたります。静岡、富士、浜松、名古屋、岡崎、豊田、岐阜は全て平地に展開された都市であり、セカンドインパクトでは水没は免れない土地柄なのですね。
※註 新幹線は静岡県側の二川あたりから登り始め、高台地区を過ぎたところから高架となり豊橋駅に到ります。海面が20m程度上昇した場合、市街地は水没しますが、高台地区は耐えられるでしょう。

語り部の話では、聖武天皇の御世に起きた蓬莱山崩落に伴う地殻変動で、東海地方の湾岸は隆起・陥没を繰り返して、現在のような海面が隆起した状態になったといいます。この時出来たのが濃尾平野、岡崎平野、豊橋平野、浜松平野、静岡平野...等の平野部でしょうか。これが国生み神話の元となった出来事であり、国が崩壊すると感じられる程に地震・隆起・陥没が多発したので、全国の国分寺・国分尼寺建設の詔発令に繋がる事象でした。

古地図
(猿投神社の古地図)

豊橋の石巻地区周辺は古くは八名郡と呼ばれ、さらに古代には徐福子孫が繁栄した大漢国(君子国・扶桑国)とした栄えたといいます。そして、この地が「豊葦原瑞穂国中津国」と呼ばれた所だったのですが、ここは古くから水没していない高台の地だったからこそ、セカンドインパクトでも水没にならない地域としてアニメで描かれたわけですね。この描写は、多分、庵野監督は海抜上昇した場合のシミレーション結果を持っていて、それを反映させているからだろうと睨んでいます。

それにしても、豊橋、マジ凄いです♪(超嬉)
そりゃ~、中央構造線が通っていて、かつて「豊葦原瑞穂国中津国」と呼ばれた地で、

「穂(ほ)の国」ですからね~w

■穂の国
http://www.honokuni.or.jp/


(永遠のエヴァ・黒船初号機・ラムちゃんの大ブレイクも「穂」の言霊のお陰か?・爆)

その豊橋には、日本で唯一、火と水のエネルギーが交差する石巻山という「命の泉」コノシロ池を持つ超絶エネルギーポイントがありますが、ヤッズ★はここで「不二の仕組」(不二子ちゃ~ん♪の仕組)が発動する筈だと睨んでいます(爆)。

この仕組発動は、第一使徒アダムとその対極の第二使徒リリスが融合してサードインパクトを発生させるようなものですが、これを分かり易く云うと、物質と反物質が衝突して「対消滅」するような感じでしょうか。あるいは対極する磁場の流れが打ち消しあって均衡状態になるゼロ磁場になるようなものでしょうか? ここで消滅したエネルギーはこの世ではない物(虚数空間、ディラックの海)に変わってしまいますが、この現象、豊橋の市章がそれをよ~く表しています(笑)。

以上から、「は~・ひ・ふ・へ・ほ~!」で始まって終わる、リアル世界版「サードインパクト」の発生地は豊橋で決まりだべぇ~w
※註 はっ=艱難襲来(気付き)、ひっ=悲観&欠落状態で鋭意努力中、ふっ=艱難克服(浄化)、へっ=過去決別、ほっ=安心安寧を示します。実は、これは覚醒の過程を表す「十牛図」とも明確に対応しています。はっ=①尋牛、ひっ=②見跡~⑥騎牛帰家、ふっ=⑦忘牛存人、へっ=⑧人牛倶忘、ほっ=⑨返本還源~⑩入鄽垂手

この爆発で本当に「愛知県 豊橋市跡」となる(爆)。
スポンサーサイト

Comments

不二子ちゃ~ん♪

なんか、最近立て続けにコメントしてすいません(-_-)」

『不二子ちゃ~ん♪の仕組』のために、そのうちヤッズさんが「ぽちっとなボタン」を石巻山に押しに行くかもしれないとのことですが、具体的には何をするんでせうか?

ちなみ、名前に『火』がつく方にお心当たりはございませんか?

質問攻めでスイマセン・・・ いつもありがとうございます♪

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)