スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人類補完計画

日曜日には、静岡市に実物大ガンダムを見に行ってきました。さすがにお台場までは行く気になれなかったのですが、静岡ならばドライブがてらに行ける距離なので、チョット行ってきました。
(ここで食べたお台場ラーメンパークの「裏7Jimmy」という地雷源(中野)の夜の部だけで味わえる味噌ソバが旨かった。あの全粒粉極太麺+超濃厚味噌味のらぁ麺はなかなか無いよなぁ~。他の3店も食べたいところですね。)

等身大ガンダム02等身大ガンダム01
(静岡版ガンダムの雄姿)

う~ん、デカくてカッチョエ~♪

こうして実物大ガンダムを見れて嬉しい限りです(感涙)。
静岡版はビームサーベルを持っているのが、お台場版とは異なる点です。
※註 次の開催地では、多分、シールド(盾)を持たせるだろうなw

欲を言えばシャア専用ザグと交戦しているジオラマシーンで再現して欲しかったのですが、、、、これは今後の課題として残しておきますね。それはそうと、この実物大ガンダムは1月末までは静岡で展示していますが、その後は数ヶ所からの引き合いがあるそうです。しかし、まだ決定までは到っていないといい、最終的には静岡市のバンダイ・ガンプラ工場の敷地内に永久的に屋外展示保存するそうですが、その工場までの道幅が細いのが難点で、ファンが押しかけた場合を考えると、スグに展示移行が出来ないのだという。

だんだん2次元世界が3次元化してきていますね。

名古屋で「さつきとメイの家」を見た時にも思ったのですが、こういう実物を見た時、何故か懐かしい感情が込み上げてきます。まるでこの実物が元からあってアニメ化されたという時間軸の逆転感覚に襲われるのでっす。今までは意識やDVD内という情報空間の産物が小さいけれど3Dフィギュア化されていたものが、とうとう実物大にまで達してきた。

サツキとめい

これがアセンションというものです(爆)。

お台場で415万人動員したガンダムですが、これ一体でここまでの集客があるのは驚きです。横浜未来博は期間191日で1333万人を動員しましたが、ガンダムの場合52日間でこの数字です。有料無料の違いはありますが、費用対効果を考えると、今後、この流れ(アニメの実物化→日本全土が日本アニメのテーマパーク化)は加速しそうです。今までのような物的欲望を消費充足する形で世界経済運営するのではなく、今後はファンタジーを消費充足する形になるのかもしれません。

これこそ意識レベルが上がった証拠ではないでしょうか?(爆)

日本は世界の雛形であり、世界に先駆けて現象化するという出口王仁三郎聖師の「雛形理論」も、こういった出来事からもよーく分かりますよね。

まぁ、ガンダムは巨大ロボに心理描写とリアルな兵器体系を持ち込んだアニメの金字塔なのですが、この流れは、その後、聖書、カバラ、心理学、萌えキャラ、美少女の裸、大人の情事、カニバリズム...等までを取り込み『新世紀 エヴァンゲリオン』として昇華し、未だこれを超えるアニメの出現はありません。このようにエヴァはスピをも取り込んでいますので、ヤッズ★はエヴァの方がガンダムよりのめり込み度が高いのです。

つまり、ヤッズ★はエヴァ世代なのですw

このエヴァですが、西洋カバラ魔術の実践者(?)である庵野監督が自ら長年暖めていたアイデアで制作したといいます。主人公の名は、碇ゲンドウ、碇シンジ、綾波レイですが、これは「言動、神児、霊」を表しているといい、「初めに言葉(言動)あり、言葉は神と共にあった」とあるように言動(ゲンドウ)は神と解釈が出来ますので、エヴァ主人公の三人はキリスト教用語「三位一体」の「神と子と聖霊」を表していると云われる。



旧約聖書によれば、エデンの園には「知恵の木」と「生命の木樹」の二本の禁断の果実のなる樹があったといいますが、これらから成る実を食べることで人間は「知恵=科学」を得て「不老不死」と成って「神と同じ存在」になってしまうといいます。しかし、人間は善悪を知る樹「知恵の樹」の果実を蛇のそそのかしによって食べてしまい、「自己と他者を認識するようになり、自らが裸であることを恥じ、イチジクの葉で陰部を隠した。」と聖書に書かれています。

で、神は人間が神と同等になることを恐れ、「生命の木」の実を食べられてしまう前に、エデンの園からアダムとエバを追放したといいます。これが「失楽園」です。
※註 旧約聖書の原型といわれる「エノク書」では、シェミハザ率いる200人の天使団「グリゴリ」がヘルモン山に集まり、人間の娘たちを妻にした。その際に呪術、薬草、武器、化粧、占星術...等の知識を人間たちに教えたという。これがエデンの園の「知恵の木」の禁断の果実の原型になったのではないかとも云われる。

エデンの園
(エデンの園)

ちなみに、このエデンの園にある「知恵の木」と「生命の木」の2本の木を神が指し示して、「決して食べてはならぬ」と云われたのですが、これが、、、、

「禁」という漢字になったのだと云います。
上の「木木」が「知恵の樹」と「生命の樹」なのです。これ以外にも、、、

「皇」…天の白馬に乗った王、つまり再臨のイエス
「裸」…「禁断の果実」を食べた時の姿
「船」…ノアの方舟に乗船したのは4家族(ノア+3子息)の夫婦(8人)
「義」…我の前に生贄の羊をおいて高く掲げる
「祖」…「ネ」は祭壇を示し「神」と同義。「神に似せて作った」のが人間
「祝」…イサクの子エサウは神の祝福を継承する長子の権利を持っていた
「呪」…エサウ(兄)は食物と交換でヤコブ(弟)に祝福継承を譲渡した為、呪われた
※註 エサウは色が赤くて全身が毛皮(セアル)の衣のようであったところからこう命名された。後のエドム人だが、蝦夷、江戸、和泉、はここから来ていると語り部はいう。また明治時代蝦夷の族長はエサウという名だった。蝦夷(アイヌ)のことを毛人というのもエドム人の特徴と一致。

いろいろありますね~
上記以外にもまだまだあります。

このように漢字には聖書起源の漢字が多いのです。
エヴァといえば漢字表記の多さに特徴がありますが、それはこのような理由があってのことではないかと睨んでいます。

つまり、漢字とは「旧約聖書の知識を保有した者」が発明したものであり、それは即ちヘブル人であり、実は日本人だったと語り部は断言しています。秦の始皇帝はヘブル人レビ人であったというし、日本でイエシュア神宮をとして伊勢神宮を創設したり、初期大王族(扶余系カド族)や後期大王族(百済系エフライム族)が日本に招聘渡来して来たことからも、漢字日本人発明説はかなり確率は高いことだと思っています(ニタリ)。

このように日本人は聖書と非常に関係が深いのです。
聖書予言が日本で成就すると云われるのは、この辺の絡みもあってのことでしょう。

エヴァンゲリオン(中国訳:福音戦士)が「本当は聖書の民」である日本で創作・アニメ化さてれ人気化し、日本を始め世界中の若者たちに福音を伝えたのも「神の計画」に沿ったものなのかもしれませんね(笑)

このエヴァで語られる人類補完計画とは、人間に欠けているもの、つまり、完全な精神や肉体(=不老不死)という「生命の木」の効能を人間に「補完」することで、「完全な人間」(=神人)を人類側から作り出す計画のことです。これはカバラでいう意識の発達段階の最終段階で起きるという皆と繋がる「スピリチュアル的飛躍」のことを言っているのだと睨んでいますが、この時、パソコンがスタンドアローンからネートワークに移行したのと同じことが人類に起きるのです。

■現実の認知
http://www.youtube.com/watch?v=4WBDz1CtqUw

この辺を説明してみます。

作中では、アダムから発生した使徒が地下都市「ジオフロント」の最深部「ターミナルドグマ」に収められたアダムに触れるとサードインパクトが発生するとありますが、その大惨事を未然に防ぐ為に、預言書「死海文書」に次々にやってくると予言された使徒を殲滅するストーリーで描かれています。(実際はそのアダムはリリスだったのですが、、、、)

ただ、最終話がファンの期待を裏切るような展開(=よく分かんねっ~)になっており、また「自己啓発セミナー」的だという批判もされましたが、実はあのエンディングこそ、監督が「自分のわがままについて来てもらってスタッフに申し訳ない」と語っているように、ここにこそ庵野監督のカバリストとしての「人類への予見」が込められています。

リリス
(アダムの最初の妻がリリス 聖書の蛇の正体だという。足が無いのは蛇を暗喩)

あのエンディングの内容を要約すれば、、、、、

現実は自己が規定する世界であり、心のあり方次第で現実は全く異なったものとして映るというパラレルワールドのことを言及しています。本来は自分しか存在しない自由な存在である自分が、自ら制約を設けて世界を作り、そこに反射して映る情報から体感して自分をイメージする為に存在しているのがこの物質世界という現実である。



「世界と自分の心が自分を型どっている」

不安があるからこそ、自由度を落とした不自由な世界が開けてくる。
逆に言えば、、、、

「自分の不安が無くなれば、
大地も肉体も無い、本当の「自由」が現れてくる」


心の浄化がアセンションで重要視されるのは、こういう理由からでしょうか? この浄化された心の領域に自我が入リ込み「霊我(マナス)」となって、不安のない境地になれば、自から世界は自由度の大きな世界、つまり、自分の意図がストレートに反映される世界に変わってくるというわけです。これがアセンション、「自由度の高次元化」です。アセンショナーが願望実現熟達者となるのは必然なのですね。

これは、まさに「外界=内面」という変換人ゲシュタルトそのままの内容です。

■カバラにおける祈りとは?
http://www.youtube.com/watch?v=jXgh-debHAE

そして、人間型ゲシュタルトにおける自分の心と外界の境界線が「ATフィールド」でしょうか。作中では使徒が放つ強力なバリアーとして描かれていますが、この障壁が自分と他人とを明確に分けるのです。今のところ、この中には何人たりとも入ってくることが出来ませんが、このATフィールドの溶解が「皆と繋がる」ためのキーポイントとなるのです。

オコツトが云っている「変換人ゲシュタルトを持つ次の人間存在は【自我】が消失する」というのは、この障壁(ATフィールド)が溶融して他者と心がリンクした状態になることを云っています。この状態では、どこからどこまでが自分だという境界線が無くなり、全ての他者、動物、事物が自分だという認識になる筈です。

第一使徒アダムから生まれた使徒が、アダムの会う為に戻って来て、アダムに触れるとサードインパクトが起きると作中で説明されていますが、これはカバラではアダム・カドモン(原初の人間)から発し、512の個我に分裂しながら130段の階段を下降して物質世界にまで達した人間が、今度は上昇の階段を登って行き、再びアダム・カドモンにまで戻っていく過程を示しています。この時、512個に分離した個我はまた再び「融合」し、完璧な人間「アダム・カドモン」になるのです。そして次のステージ(生命の木)に移行し、再び下降し、また上昇して融合する。そして更に次のステージ(生命の木)に、、、、こうして鉱物→植物→動物→人間→天使→力天使→権天使→識天使→....という段階を登っていき、やがて神と一体化していく。これが人間の「生まれた目的」であるとカバラはいいます。これがカバラの奥義でなのす。

使徒とは、この上昇段階過程において災いを持って臨んでくる抵抗勢力であるセフィロトやパスのことであり、これを殲滅し進むことで人はアダム・カドモンに一歩また一歩と近づいていくのです。その進行過程が根源的な欲求である食・性・生活...等の「身体的の欲望」から始まり、「お金・富への欲望」→「名誉・権力への欲望」→「知識への欲望」なのですが、欲望の渇きを癒されぬまま、より高度な欲望、つまり形而上学的な欲望に段々と変化していき、この過程を一歩一歩上昇して行きます。これでも渇きは癒されず、最後には「スピリチュアルへの欲望」へ到るという。この過程において人は始めて他と繋がっていたことに気付き、他者とリンクした存在となるのだという。これをエヴァで云えばLC.L溶液に溶けてしまった人類でしょうか。

これがサードインパクトが意味していることです。

■人間の欲望の発達
http://www.youtube.com/watch?v=GENt81CGOd4

この神が予め定めた意識進化のアジェンタが人類補完計画でしょうか。

エヴァンゲリオンの放映開始日は1995年10月4日から翌年3月まで1年半(全26話)でしたが、実は、カバラの方でもアブラハムの時代(紀元前1500年頃)にはオープンにされていたカバラの内容が第二神殿破壊の時(西暦70年)を境に封印され、約2000年の間ずっと隠されていたといいます。しかし、1995年からカバラの全書物が開示され、その真の知識が全世界に再びオープンにされたといいます。その開示しているのが先に紹介した動画の団体なのですが、この1995年というシンクロは非常に興味深いですね。

この1995年には、ここ日本でも、地下鉄サリン事件、超円高、阪神大震災という日本亡国レベルの3つの大事件があり、この時から何か新しいサイクルに突入したという認識をしています。そして、今、再び超円高に向かっていて、あの時と同じ状況が繰り返してきているというのも感慨深いです。

エヴァンゲリオンでは、、、、

セカンドインパクト・・・2010年9月15日
サードインパクト・・・2015年?月?日


となっていますが、セカンドインパクトの同年同月には実世界では9.11テロというインサイドジョブがありました。この事件から世界は新しい方向に突入して行ったといいますが、この5年前には日本では日本を震撼させその後の日本人の意識の方向性を定めた「超円高」「阪神淡路大震災」「地下鉄サリン事件」がありました。

そして、サードインパクトの5年前の2010年の今年は、前回と同様「超円高」が起きていて、セカンドインパクトの時とまったく同じ状況だともいえます。悠紀(東日本)と主基(西日本)のように、全てにおいて「二本立て」である日本の場合、今度は関西圏の対極地である関東圏の地震が想定されます。で、その49日後に富士山噴火へと繋がってくる、、、、、かもしれません。

現在、地方を中心に中国人が土地を買い漁って日本を専有化しそうな勢いですが、コレを契機として、ゾクゾクと土地を手放すかもしれませんね(爆)。

世界の変化はまず日本に現れるという雛形理論がありますが、これは何となく当たっているような気がしないでもない。9.11テロのセカンドインパクトの後にやってきたのが、イラク戦争、リーマンショック、世界中の国家破産という使徒たちでしょうか。これら全ては一連の繋がりを持っていますが、これら一連の使徒襲来によりサードインパクト(物質世界の瓦解)は引き起こされると見ているのですが、、、、、果たして、、、

以上洞察したように、エヴァのストーリーは心の発達段階を巨大ロボとそれを操る少年いう形をとって描写していますが、これはモーセ五書...等のカバラ文書がこの世の事象をストーリにしていながら、実は相対する天上界の動きのことを述べているのと同じなのです。カバラでは上層世界(天上界)の指すものを「根の言葉」、物質世界を指すものを「枝の言葉」と言っていますが、これらは不可分の関係にあるのです。エヴァの使徒殲滅は「枝の言葉」でのストーリーなのです。
※註 カバラではモーゼ五書に出てくる言葉で、国家(ネイション)は「物質界の願望」、イスラエルは「上層世界を志向し霊性に到達したいという欲望」を表しているといいます。この対応関係から今の自己の意識状態が推測可能です。現在、日本と中国で起きている敵対的な事象は、自分の心の中での葛藤が、ああいう形で自己の世界に顕現して来ているとなります。日本が焦点となっているのは、それが自己の核心に近いからなのでしょうか?

*******************************************************************
問題は、本自体も読者に気づかれないよう特別な言葉で書かれていたことです。カバラの全書物は「枝の言葉」と呼ばれるこの世界の単語を使う言語で書かれています。物体、コップ、本、机、家族、旅、戦い。『モーセ五書』や他のカバラの全書籍に記されたそれらの言葉で、この世界のことを指すものは何もありません。ひと言もないのです。それらは、この世界に現われるものを創造し維持する、上にある力について言及しているのです。カバリストは本当の内容を特別な言葉を使って表現し、ある程度の英知を獲得した生徒だけがそれを理解できました。

トーラーはユダヤ人の物語のように見えます。家族が「土地」と呼ばれる場所に移動する。しかしカバリストは、まったくそのことについて言及しているのではありません。彼らはそれを創造し発生させる抽象的な上層の力について言及しているのです。そして賢い生徒だけが、ここで何が起こっているのかが理解できるのです。ここが枝(Branch)のレベル。そしてここが根(Root)のレベルです。

(ブネイ・バルーフ『カバラの基本概念』より)
*******************************************************************


(全ては自分の心のあり方がこのような世界を見せている)

一見、世界はキナ臭い方向に向かっているように見えるのだが、、、、

それは上層世界と物質世界が鏡像反転しているからです。年々、段々キナ臭い世界になるのは、自己のより深いところでの葛藤が起きており、その反対の事象が上層世界で起きつつあると見れるのです。これが世の中で正義が勝てない理由でしょうか。もし正義が勝ってしまうと、それ以上、自己のより深いところの葛藤が起きずに心が浄化出来ないのです。ですから、NWOが人口削減して世界統一政府樹立という悪の陰謀話が現実化してくるのは、実は万々歳なのですねw

災いをもたらす使徒とは、実は天使ともいえる。

これが残り一厘となった時点で大ドンデン返しが起きるという「神一厘の仕組」のメカニズムでしょうか!!!

こんなトンデモな内容を書くと、、、、

あんたバカぁ!?って言われそうですが、、、(爆)
スポンサーサイト

Comments

いやもう脱帽

はじめまして 汎用農機型決戦兵器 農(ノ)バンゲリオン 初号機 サードパイロットの カッくんです。
いつも楽しく拝見させていただいております。ここを基点にいろいろな情報を得させていただいています。深く感謝です。

しかしエヴァをここまで深く解説するとは、、、いやもう脱帽です。
最終回を久しぶりに見て、この頃自分で実感してきたこととシンクロし涙が出そうになりました。
よい記事をありがとうございます。

先日、トランブレーみゆきさんと会う機会があったのですが、これもヤッズ★さんのおかげと感謝しています。
昼食時みゆきさんやお友達の方と歓談中、ヤッズさんの話題になりました。
よく勉強している面白い人と評判でしたよ(^o^)

No subject

ヤッズくんが いつエヴァについて語ってくれるんだと
パ●ツを脱いで待つこと1年
遂に昨夜公開されましたね
そして同じ日に
http://ameblo.jp/nakagawa-shoko/entry-10683156020.html
死海文書全文公開のニュース
シンクロ率1200%
アスカもシンジもレイも、このシンクロ率には勝てないだす~
twitterて、ほとんど人類補完計画の為の初歩的なツールだすからね
ワタスのシリウス海綿体が宇宙の雛形と言われておりますが
数年前から先っちょに謎の黒点が現れだしたのは
今からの太陽活動の拡大期を意味するだすから
もしオデキが出来たらニビル星の出現は間違いないだす~ 爆

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。