スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケムトレイルの散布目的

ケムトレイルの散布目的と方法を洞察してみます。

現在、間違いなくケムは散布されているし、それが薄い雲となって太陽光を弱めていることは確かなことです。しかも、雲の隙間があるとそこを埋めるが如く散布しているようにも見えます。まぁ、一番の目的は太陽からのCEM防御という考えは変わっていないのですが、様々なそれらしい理由がネットには存在します。少し紹介してみますね。

■1 プロジェクト・ブルービーム
****************************************************************
「プロジェクト・ブルービーム」の決行予定は2012年。これまで封印されてきた技術が総動員される。円盤を飛ばし、電磁波を発信する。レーザーを使ってホログラムをつくる。電磁波は脳に指令を送ることで気分をコントロールできるし、ホログラムは人々を無力化できる。本物であるかのような巨大な立体絵を浮かび上がらせるのだ。キリスト教の国ではキリスト像を、仏教の国ではブッダ像をといった具合に、国や宗教によって違う。今、世界各地の空で飛行機が粉をばらまいているのが目撃されている。実態は化学物質や金属物質の粒子で、「ケムトレイル」と呼ばれる。この技術も、映像を投影するスクリーンとして使われるはずである。そうやって人々がパ二ックに陥ったところで、宇宙人が助けに来るという筋書きだ。

その先にあるのが、世紀末ショー「プロジェクト・ブルービーム」だ。宇宙船や宇宙人、怪獣、天使などを映し出し、地球が宇宙人に侵略されたと思わせる大芝居である。今の世界権力者が目指す「新世界秩序(New World Order)」を完成させるための演出で、人類に危機感を与えて統一することを狙っている。「まとまることはよいことだ」と言われる人もいるかもしれないが、彼らが実現したいのは自分たち以外の「総人類家畜化」である。そのための第一歩として、何ヶ所かで地震を起こし、無力感を与えることが考えられる。同時に、人々に何かを発見させることによって今までの歴史観を変え、各宗教の教えが間違っていたと思わせる可能性がある。みんなが信じるものを失ったとき、初めて次のステージは始まる。


■Benjamin Fluford knows the truth of V2K and Project Blue Beam
http://mcvictimsworld.ning.com/profiles/blogs/benjamin-fluford-knows-the?xg_source=activity
****************************************************************

まぁ、こいつが一番のガセネタだと思っています。大体、無神論者が多い日本や中国で今時「仏陀」投影したってねぇ、、、ソンテジャク、エルカンターレ、文鮮明なら分からないではないが、多分、国民の8割はソッポを向きます。マジで投影効果があるのは「初音ミク」か「AKB48」ぐらいなものでしょう(爆)。

3Dホログラムはピンポイントで使ってこそ意味があるし、大体、地球大気をスクリーン化する為に何百万トン化学物質のケムを散布し、また散布の為の飛行燃料使用すること自体が、怖ろしくコストが掛かる割りにパフォーマンスが悪過ぎなのです。

それが真の目的ということは絶対有り得ない。
副効果程度のものでしょう。




■2 人口削減計画
これが理由として挙げられるもので一番多いですね。ケム中にはウィルス、ナノロボットからウイルスの外被が肺細胞に付きやすくし感染しやすくする...等、そのバラエティは豊富です。極端なものになると、前記事の動画にもありましたが、ケムトレイル散布中に煙に纏わり付くUFO(オーブ)の目撃情報が多いことから、実はUFOがケムを無力化しているのではないかと推測している人さえいます。

この大量殺戮説の問題点は、このような人が生きていくには「不都合な環境」にしてしまって、果たしてこの計画推進者たちは大丈夫なのか?という素朴な疑問です。UFO毒消し説も、何度も何度も毒消しされているにも関わらず、同じ事してる計画推進者ってアホではないのか?となってしまうのだが、、、、(爆)

それとウィルスの空中散布は意味がないことは戦時中の731部隊の実験結果からも明らかです。基本的にコストパフォーマンスが悪過ぎです。とはいっても、そういったサンプルデータがあるので、そういう非人道的な実験も「一部」行なわれただろうとは思っています。ただ、散布されるケムの全てがこれではない。


■3 ニビル隠蔽計画
****************************************************************
内側の太陽系で惑星Xの現実を隠すことがしたくてたまらないイスタブリッシュメントは、他のそのような偶然の新事実を見せないことを図った。何度も明らかなように、SOHOは編集ラインを示し、または画像は処理される傾いた惑星を示した。これは、惑星Xの存在にエアブラシをかけることを越える、尾部がまわりを浮動している時に、それは最近NASAにとり、問題が多くなった。

他の惑星が予定通りにあるべきである所で、彼らの操作は光の爆発の配置を含む。これは確かに簡単な問題であり、それらがSOHOの画像貯蔵所の地球に到着する前の画像を使うことを計画できる。時折の編集ラインのへまは、コンピュータプログラムが、上っぱりを見つめて、人の目ができるように、小さな影の違いをわかる時に、そのようなプログラムの操作を示す。従って、木星は、それが全くそこにない現実において、太陽の後ろを予定通りに通過している!先に、あなたは、ケムトレイルが、日没と日の出で「第二の太陽」 (惑星X )をカバーするために散布されていることに言及した。

なぜケムトレイルはまた数日、一日中、時々夜に、日の出と日没の間に散布されるか。

ゴールは、大きな人口密集地と日の出または日没の間の眺め、眺めに霧吹き、視界を減少させることである。霧がそれらの時に大きな人口密集地の上に漂流することができるように、風の流れは計算されている。

■ZetaTalk: GodlikeProduction Live
****************************************************************

ニビラーのヤッズ★なので、この説には心惹かれるものが少なからずあります。ただ、ニビルは南極方向からやってくると言われていますので、ここまで広範囲に撒く必要もないような気がしますが、、、、もう近くまで来ているのか?(爆)

この説への反論は、ケム散布は2005年から始まっていることと、中国ではケム散布されていない為、ニビルが見えたら中国で騒がない筈がない。ですから、この説も却下ですね。ただ、この先には有り得る展開かもしれません(ふふふ)。


■4 金シールド/核融合計画
これはまゆふる女史の説ですが、アヌンナキの星ニビル星の大気が薄くなりシールドのために金が必要となり地球に採掘にやってきたとセガリヤ・シッチンの語る内容を敷衍して述べています。金の混じった大気で太陽嵐や宇宙線を防ぐためなのか?それとも、金の混じった大気の地球エネルギー増大化で「核融合」みたいなものを引き起こしエネルギー発光させるのでは?と洞察しています。

似たようなことを飛鳥昭雄先生が語っています。

太陽からのプラズマ流が地球の電離層を励起させ、空が蛍光灯のように光り輝く現象が起きるという。次々と起きるリコネクションによって地球大気が太陽コロナ化する。あるいは太陽系のプラズマ領域(ヘリオスフィア)が高エネルギー状態によって励起し、一見、太陽のコロナ領域が急激に膨張したようになる。こうなると地球の気温は急上昇し、地表は灼熱地獄と化す。この灼熱地獄にならない為に地球をプラズマでシールド化するのだと説いていますが、このシールド化の為に金(Au)の混じったケムトレイルを噴霧しているのだろうか?

これがニューワールドという次の世界なのか?
これについては、これ以上のコメントのしようがありません(汗)。


■5 気候操作計画
ヨウ化銀の粒子を大気中に散布すると、それを核にして雲が発生します。このように人工降雨に使われています。ヨウ化銀には毒性があるが、人工降雨に使用される量は非常に微量であり異常摂取でもしない限り人体に影響を与えるほどではないといいます。北京オリンピックの開催時にはこれが使われたともいいます。ただ、これだけケムトレイルをシャカリキになって散布している割に、雨が全く降らない、、、、この説も期却下でしょうか。

さてさて、ヤッズ★が考える説は、、、、

やはり、太陽嵐のCMEや放射線対策という「磁気シールド説」なのですが、ここに何故、3Dホログラム&光学迷彩を施した最新鋭の超極秘航空機を投入しなくてはならないのかという点です。しかも飛行している機体の数はケムトレイルの本数を見る限りハンパではありません。定期点検や保守を含めれば、日本国内だけでもこの機体は十数機は運用されているでしょう。

ただ、最新鋭のF35ライトニング IIやF22ラプターの実践配備もまだだというのに、それ以上の秘密の機体である実験機に過ぎないTR3Bを配備しているとは到底思えません。しかし、あのケムの量はハンパではなく、通常のジャンボ機でもあんなに長距離に渡って噴霧する薬剤搭載は不可能だと思います。これは大気を水蒸気化してその中に化学薬剤を投与していると考えた方が理に叶っていますね。というのは、ケムを吐かずに飛行している場合もある為、敢てケムを発生させ残すような何かの工夫をしているように思えるのです。これがケム散布していると誤認識される原因でしょうか?

つまり、こうです。

太陽光遮蔽には大量のケム雲必要 → 普通の飛行機じゃ無理 → 瞬時に水蒸気化する燃焼室を持った航空機が適当 → うん、あの航空機ならピッタリだ! → その航空機を十数機を日本へ配備 → コテコテにケムトレイル散布 → 暑くない&電力システム防御 → ケムトレイル万歳!!!

万歳02
(一番バンザイが様になるのは左翼の共産党だなw)

しかし、この3Dホログラムで偽装された飛行機は横田基地近辺で離陸着陸を目撃されていないのは不思議なことです。もっと遠くから来ているとか、、、例えば米国からとか、、、、超音速ならば移動可能かもしれませんが燃料代が膨大ですし、そんな使い方をしていれば航空機の損傷も激しくなる。

レーダーに映らないという点からもステルス機であることは間違いないのだが、、、しかも本体を消し、3Dホログラムでの偽装が可能ときている。。。。。下記動画のように米国のエリア51では上空の景色を機体底部に投影して期待を目視出来なくなるという技術が開発されていたといいますが、レーダー・ステルス性にこの目視も出来ない「昼間のステルス」が加われば、文字通り「完全無欠のステルス機」になりますね。





この技術がケムトレイル噴霧している謎の航空機に採用されているのではないでしょうか? 光学迷彩された航空機ならば、横田基地で離陸・着陸しても誰も気付かないかもしれない(爆)。ワザワザ米国本土から飛行してくる必要はないとなります。

・レーダーステルス性
・昼間のステルス(光学迷彩)
・パルスデトネーションエンジン


この条件を充たすのは、AURORA SR-91しかない!!!
※註 前記事で推測したTB3Rは間違いでした。この開発中の機体は大気をイオン化した流体磁気を推力とする為、急角度の旋回が可能なのですがケムトレイルのような水蒸気は出せません。一方、AURORA SR-91は低空ではターボファンエンジンで飛行し超高度では超々音速を得る為に超高出力のパルスデトネーションエンジンで巨大推力を得ているといわれています。この旧来の機体の発展形ではUFOのような急角度の旋回は出来ません。

auroraleftrearangle-abu.jpg

オーロラは米空軍公式見解では存在しないことになっていますが、前機種である超音速・高高度偵察機SR-71(ブラックバード)は91年には全機退役しており、これと入替の機体が存在する筈です。事実、SR-71が姿を曝したのは退役後のことで「AURORA SR-91」は現役中の為、公式見解では存在しないことになっていてもおかしくありませんね。噂ではマッハ5以上を出す超々音速偵察機(Hypersonic space plane)だと言われていますが、既に20年前の設計機体なのです。これに最新のステルス塗装(フェライト系吸磁塗装)、光学迷彩、3Dホログラム偽装装置...等を付加したものになっているのでしょうか。

このオーロラは大気の薄い高空域に使用するパルスデトネーションエンジンを低空域で使用した場合、大気中に含まれる水分を加熱して水蒸気化させてしまう為に巨大なコントレイル(飛行機雲)が発生してしまうのでしょう。しかし、大気中の水蒸気を雲化して太陽光を遮蔽し温暖化緩和し、かつこの水蒸気にナノパウダー化された化学物質を混ぜることで発生した電気をHARRPで逃がしてCME破壊を防止するという計画に対しては、逆にこの欠点が有効であり、このオペレーション実行に白羽の矢が立てられたのではないでしょうか。HARRPが表向きの名称が「オーロラ観測システム」と呼ばれていますが、この「AURORA SR-91」とこのような連携しているからではないのでしょうか? いろいろと妄想が広がります(笑)。
※註 パルスデトネーションエンジンはパルスジェットに属するものですが、構造が非常に簡単でかつてはナチスのV1ロケットの推進力に使用されていました。家庭用の給湯器にも使われています(笑)。ただガスタービンエンジンと比べ燃費が悪いのが特徴です。しかし、近年、燃焼速度を音速以上にしたパルスデトネーションエンジンは燃費もよく、構造が簡単なことからタービンブレードの熱破壊が無い為に出力を上げ易く、マッハ5を超える航空機に適した推進力として見直されているといいます。 

AURORA.jpg
(停機中のAURORA SR-91?)

■巨大なコントレイルを発するオーロラのテストフライト(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=qpL3_n9RXPM&NR=1
※註 日ノ宮さんの情報から、どうも海上に現れたケム(?)をオーロラとキャプション付けただけの動画のようです。動画には気を付けなければ、、、、(汗)

軍事機なので既に実用化されていると見ていますが、軍事機密を持つゆえ、NATOや日本では散布しているが、中国では散布出来ないのでしょうか? ただ「AURORA SR-91」は古い機体と言えども、存在を公に出来ない極秘の戦略偵察機なので、例え半透明になろうとも姿を衆人環境に曝すわけにもいかず、苦肉の策として3Dホログラム偽装装置を開発して付加したのでしょうか。この特徴的な機体形状を隠蔽する為の3Dホログラム発生装置の開発が「プロジェクト・ブルービーム」の正体だったのかも?(爆)

このようにケム散布(実は水蒸気のコントレイル)実行機が「AURORA SR-91」だった場合、日本だけ十数機活動していることになりますが、この機体は偵察用であり全世界で数機ほどしか保有していない筈です。世界中でケムトレイルを目撃されていますが、これでは数が釣り合わない、、、、

これはいったいどういうことでしょうか?

パルスデトネーションエンジンは構造が簡単な為、ケムトレイル散布用に量産機を大量に作ったのか、、、、しかし、そこまで金掛けずとも素直に普通の航空機を改造した方が光学迷彩もホログラム投影装置も不要であり、安上がりなのだが、、、、(汗)。


(パルスデトネーションエンジンの燃焼実験)

謎は深まるばかりです。
当分、寝れそうにありません(爆)。
スポンサーサイト

コメント

No subject

とても興味深い洞察に感謝いたします。
ここまで物理学的な考察をしていただいて頭が下がります。
どうもありがとうございます。
ケムについての世界的恐怖が蔓延していることに対して懸念しています。一刻も早く真実が明らかになることを望んでいます。
次の映像もほんとうに飛行機なのかどうか...2007年の映像ですが、
そのころから飛行機のような形をしていた...他のなにか...のような気がします。
http://www.youtube.com/watch?v=KRnT-NXGIPI&feature=related
地球物理学的見解以外の考察もこの時代には明かされる必要があるのではないかとも思います。私たちの自我(エゴ)の固定観念は相当に根強いのかもしれません。
ヤッズ★様だけがその謎を解き明かしてくださる救世主かもしれません。感謝いたします。ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

ヤッズ★様はじめまして。
ケムトレイルの存在は疑いませんが、ウィルス散布や人口削減といった説を突き詰めていくと首謀者側も逃れられないんじゃないか?という疑問にぶち当たってしまいます。温暖化防止には絶対的規模が足りないような気がしています。
これらの説が意図的に拡散された欺瞞情報であり、真の目的は別のところにあるのではないか?という発想は当然アリだと思います。何かを隠すための煙幕としてケムを撒いていることもあり得るでしょう。
音も聞こえず飛行機が飛んでいる気配がないのに、いつの間にか巨大なトレイルができているのを何度か見ました。ジェット機の速度をはるかに超える飛翔体から放出された可能性は十分あると思います。もしかするとオーロラか他のUFO兵器の仕業だったのかも・・・。

No subject

ブログ更新いつも楽しみにしています
今回のヤッズさんの考察も素晴らしいです

ただ、金玉さんも悪気があって煽ってるわけじゃないと思うのですね・・・
70歳というのは明らかにウソでしょうし
結果として恐怖心を散布拡散しているかも知れませんが・・・
本人は良かれと思っていろいろ書いているのではと思います

金玉さんとカレイドさんとのアレコレも収束したようですね


No title

非常に興味深い記事でした
最近よくケムを見かけるもので・・・

最後のsr91の画像は、多分映画「ステルス」の架空戦闘機の撮影用
モックアップだと思われます

No title

ケミトレイル、一体なんなんだろう。
飛行機がやたら多い次の日に、雨が降る気がする。
最初にケミトレイルを知ったのは、飛行機雲が多くて、
飛行機も沢山飛んでて、オカシイなって思って調べて知りました。
その日は、友達も、飛行機がいっぱい飛んでるのをオカシイと思ってたと
後から聞きました。
その翌日、雨が降りました。
目的、実態が分からない以上、怖さが増す。
もしかしたら、撒いてる連中も、良く分かってないとかありえそう。
てか、良いものだって言われて上にやらされてたりして。
これはどのくらいの人が認知しているのでしょうかね。
ケムトレイルを知らない人も多いと思いますが、
これは全員が知って、ケムを撒いてる組織に、
皆で詰め寄ったほうが良いと思う。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

トラックバック

ケムトレイル メモ #01

 いつも読ませてもらっている、YAZZ氏のブログにコメントしようとしても蹴られてしまって出来ない(泣) 画像認証通らなかったり、スパムと判定されたり (なんでだヨヽ(`Д´)ノ しばらく時間を置いて様子を見るつもりで、その間にと周辺情報を調べていたらだんだん分量

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。