スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

48を超えていけ

数字にはいろいろな意味があります。例えば「23」はシリウスナンバーと呼ばれており、アカシックレコードがあるという「22」の潜在意識領域の1つ上の数字です。

この「23」を好んで使うのが、NBAのスーパースターだったシカゴブルズのマイケル・ジョーダンですが、彼のテーマソングといえば、アラン・パーソンズ・プロジェクトの「シリウス」ですね。

マイケルジョーダン

(The Alan Parsons Project- Sirius)

********************************************************************
■私たちはいつも、見守られています
ジム・キャリー主演の『ナンバー23』 (原題:The Number 23)です。
これは、もうじき、この地球の近代文明が崩壊し、
シリウスの文明が訪れることを、強烈に暗示させた映画です。

シリウスを数霊で表しますと“23”です。
地球は“22”で、外宇宙をとりあえずまとめて“24”とします。
私たちが普段目にする3次元の物質宇宙は、
太陽系までしかありません。

それ以外の銀河系宇宙はすべて、
まったく違う多次元領域に存在しています。
アンドロメダやプレアデス、オリオンなどの宇宙存在が、
この太陽系を訪れようとするとき、
シリウスを通過しなければ入って来れないようになっています。

シリウスは、太陽系と銀河系宇宙を結ぶ、
重要な分岐点となっております。

■シリウス文明がやって来る 
http://mihoh.seesaa.net/article/75604291.html
********************************************************************

この宇宙は太陽系しかないというのは、オコツトが語る内容と同じです。
ヤッズ★もそう思っています。
太陽系以外の領域は「虚無」しかない空間なのです。
私たちの意識がこの宇宙をこのような形で見えるようにしています。

22を超えてゆけ―宇宙図書館(アカシック・レコード)をめぐる大冒険22を超えてゆけ―宇宙図書館(アカシック・レコード)をめぐる大冒険
(2003/11)
辻 麻里子

商品詳細を見る


さてさて、今回の記事タイトルの「48」についての考察です。

「48」といえば、いまやAKB48を指す数字となっていますが、東海地方の「SKE48」(名古屋・栄)、「SDN48」(秋葉原・土曜夜)、「NMB48」(大坂・難波)と既に全国にフランチャイズ展開(?)しており、2010年10月には香港でオフィシャルショップもオープンする予定だといいます。何故かコルマン・インデックスの第9サイクル(2011年2月10日~2011年10月28日)開始とタイミングを合わせるかのような格好であり、アジア全域を視野に入れた国際展開を構想しているのです。


(美少女がワラワラ湧いている)

そのうち、「PKN48」(北京)、「SNH48」(上海)、「HKN48」(香港)、「DRN48」(大連)、「KSU48」(広州)、「BKN48」(武漢)、「SIT48」(成都)、「SUL48」(ソウル)、「TPI48」(台北)....と続出していきそうな予感。

っていうか、秋元なら絶対やるw
「48」の輪がアジア、い、いや世界中に広がっていきます。

ラビバトラが言った「東洋から光が、、、」とは、アジアの至高・日本から始まる「美少女アイドル歌劇団」の世界普及化のことなのかもしれません(爆)。

この48の全てがオリジナル曲であり、現在350曲保有しているといいますが、その全てが秋元康が作詞しているという。いったいどれだけの印税が秋元康に転がり込むのだろうか?


(こちらは名古屋の「SKE48」だぎゃ~)

では、何故、「48」なのか?

この疑問が常にありましたが、Wikipediaによると、48の由来は「office48」の社長の芝幸太郎の姓(芝=48)からとされています。また、その名の通り1チームの構成人数は総勢48名程度という。まぁ、1クラスという感じでしょうか。

しかし、ヤッズ★の写輪眼はそれ以上のものを見通す(爆)。

「48」という数字は、6の二重階乗であり48= 6!! と表わせます。二重階乗は、自然数 n に対しn が奇数なら 1 から n までの奇数の総乗、n が偶数なら 2 から n までの偶数の総乗である。これを n!! と書きます。

  6!=n(n-1)(n-2)(n-3)・・・2・1=6・5・4・3・2・1=720

  6!!=n(n-2)(n-4)(n-6)・・・m=6・4・2=48

  6!!!=n(n-3)(n-6)(n-9)・・・m=6・3=18

そう、もう気付きましたね(藁)。

「アイドリング!!!」の「!!!」は三重階乗です。つまり、6の世界から厳選に厳選を重ねた「!!」が「48」であり、さらに厳選したアイドルが「!!!」なのです。「アイドリング!!!」がAKB48の「Iチーム」であるというのは、こういう理由からなのです(爆)。
 


相撲の決まり手の総数は「48手」といいますし、古代ローマの天文学者クラウディオス・プトレマイオスが定めた星座の数は「48星座」なのです。また馴染み深い「いろはにはへと...」は「48音」ですね。さらにこの日本語の48音は、秀真伝(ホツマツタヱ )という古代文献に書かれている48音の歌「アワの歌」の最初の8文字をフトマニ上に並べると、綺麗な八芒星の図形を描くといいます。

■音のピラミッドとアワの歌(23とともに…)
http://ameblo.jp/code135/entry-10499585023.html

このように「48」とは「全て」を意味する数字だったのです。

遍く全方向のことを四方八方といいますよね(ニタリ)。

また、この「48」という数字は、先の「シリウス文明がやってくる」の記事を紹介したように、シリウスを通過点としたオリオン、プレアデス等の外宇宙をまとめた「24」の2倍の数字になっています。つまり、これは陽電子と反陽子からなる「反物質世界」まで含めた数字ではないでしょうか。

  表宇宙「24」+裏宇宙「24」=「48」

双子宇宙論を提唱したロシアのサハロフ博士は、宇宙の大規模構造が銀河が「密」である部分(銀河団)と銀河がほとんど存在しない「疎」である部分からなる「バブル構造」になっており、その「疎」であるボイド(空隙)は反物質世界からの斥力によって空隙になると説明していますが、この宇宙の裏表まで含めた数字が「48」であると睨んでいます。

即ち、「48」=ネ申でしょうか!
「神の国・日本」発祥に相応しい数字ですね。
「神は全てである」ということからも、このことはご理解いただけますでしょうか?


(アイドリング!!!とAKB48コラボの「ネ申」の歌声を聞け!)

更に「22を超えてゆけ」の中で辻麻里子女史は「48」は意識に関係ある数だと言っています。

銀河意識構成周波数は12×12=144ですが、この144は「48×3=144」でもあるのです。そして現人類の意識状態についてアヌビスが語るシーンがありますが、そこでは「人類奴隷説」が語られています。セガリア・シッチンのアヌンナキの話を彷彿とさせます。つまり、人間は金を集めるために作られた奴隷であるというわけです。この金を集めるために管理者として作られたのがアルタイでしょうか? 彼らは金に対して異常に執着していて、金鉱脈を探し出すために世界中を目指したといいます。アルタイとは「黄金の山々」の意味で、アルタイ諸語(母音調和の膠着語)を話す民族で、かつて欧州をを席巻し支配したフン族の流れを汲んでいると考えられています。

このアルタイの一部が日本人なのですね。

とはいっても、その血が濃く残っているのは、現在の日本のエスタブリッシュメント(上流階級)ですが、、、、スキタイを主流としたハザール汗国も、そのハザール汗国から出たシュケナジー・ユダヤも元を正せばこのフン族です。現在、欧州王室の供給源である名家中の名家ハプスブルグ家も初期の頃は非常に特徴的な顔を持ったフン族の特徴がある家柄だったといいますし、これら欧州の【奥の院】(フン族=アルタイ)が指示を出し、中南米の侵略がそうであったように、世界中から金を巻き上げるために血眼になって植民地化を進めていったのでしょう。

当然、黄金の国・ジパングも狙われたわけです。

このように世界の人民は彼らの支配化に置かれ、奴隷とされてきた歴史でもあるのです。この奴隷意識からの解放はどうあるべきかについて辻麻里子女史は、、、、

現在の時間軸で求めれてているのは、
高次領域情報の解析や理解では無く、
自身を軸とした三次元地球領域のあらゆる事象に対しての抱擁です。
意識のベクトルを上部(高次領域)では無く、
下部(日常領域)に設定する必要が重要です。


この内容は秋桜☆ブログの内容とも似ています。

********************************************************************
アセンションという言葉に惑わされてならぬ
上を求むれば下になり 下を求むれば上になる
家庭も仕事もおろそかにして 情報のみを追い求めるのは下降ぞ
そは刹那の快楽追求と同じなり まことの意識変容とは
男女が仲良く睦みあうがごとき 至福の波動を静かに共鳴させつつ
陰陽二重らせんの上昇により成就される
「か(ひ)」(火、化、霊、左、日、彼)と「み(め)」(水、未、身、右、月、女)の
神と姫のうるわしき和合なり

(秋桜☆ブログより抜粋)
********************************************************************

決して、この物質世界から背を向けてはいけないのです。
なぜならば、それはこの外界が自己の内面が作った世界だから、そこから逃避することは、実はディセンションになるのではないでしょうか?

この煩フルがスピを標榜しながらも、萌え、美少女、陰謀...等を話題にして非常に俗物的なのは、こういった理由があるからです。得てして精神世界の住民の意識ベクトルはあっちの世界に向いていて突き進んでしまって、この現実世界に背を向けるような風潮があります。しかし、ヤッズ★の場合はこの現実世界に向き合ったまま、後ろ足であっちの世界に進むというスタンスを取っています。こうすることで対象事物を俯瞰的に眺められ、少しづつ抽象度を上げて考えることが出来ると睨んでいるからです。
(自己弁護になってるかもしれない、、、汗)

この俯瞰というのが、辻女子がいう抱擁だと解釈しています。

さらに「48」は「75」と婚約数になっています。

婚約02
(真央は俺だけのものだった筈だが、、、、)

婚約数とは、異なる2つの自然数の組で1と自分自身を除いた約数の和が、互いに他方と等しくなるような数をいいますが、一番小さな婚約数の組合せは(48, 75)なのです。

48の場合、1と48を除いた約数は「2,3,4,6,8,12,16,24」で和は「75」となります。
一方、75の場合は「3,5,15,25」で和は「48」なのです。

このことから言えることは、「AKB48」と対を為し補完し合う、まるで反物質のようなもので、カワイイ、美少女という属性と全く正反対の属性を持つ「75」を体現したものが、この世のどこかに存在するというわけです。さぁ、それは何でしょうか?

教えて欲しいですか?(藁)

そ、それはコレだぁぁぁぁ~~~

「48」と和合して超えていけるのは、この「75」しかないw
※註 この「75」という数字は、諏訪大社で行われる御頭祭にはかつて75頭の牡鹿が供えられたというように、実に不思議な数字なのです。
スポンサーサイト

コメント

No subject

48手というもの関係あるのですかね~

アセンションの前兆?

シリウス文明も飯山一郎も東海アマも行方不明ですね。
あまりの暑さに「蒸発」したんですかねw

これもアセンションの前触れでしょうか。
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。