スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.9

ベンジャミン・フルフォードがイルミナティの「マスターマインド(超頭脳)」に会った際、聞いたという内容がネットにありました。今まで記事化した内容と連動感を感じましたので、紹介しますね。

****************************************************************
■今年の後半に何があるのか?
われわれのデータでは、8月から11月にかけて経済の本格的な崩壊が始まることになっている。しかし、経済の自然なメカニズムで崩壊するのではない。これは意図された崩壊だ。ロスチャイルドなどの影の支配勢力が、かねてからある計画を実施するのだ。
崩壊のシナリオの実施には合図があった。合図はすでに出されている。5月9日、ダウははっきりとした理由が分からないまま1900ポイントもいきなり下げたが、あの下げが合図なのだ。これから、デリバティブなども大崩壊する流れに入るだろう。

■彼らが経済を崩壊させる意図は何なのか?
影の支配勢力は、11月に核戦争に至る戦争の準備を行おうとしている。国民を戦争へと追い込むために経済を崩壊させるのだ。これは核戦争をさらに越えたひどい戦争になると思う。
戦争の実施時期だが、おそらく11月9日、10日、11日の期間だろうと思われる。影の支配勢力は数字の語呂合わせに隠れたメッセージを込めることを好む。この日程は9・11の逆である。・・・

****************************************************************

ここには「8月から11月にかけて経済の本格的な崩壊が始まる」、「11月に核戦争に至る戦争の準備」とありますが、これは世見ブログで「8月の後半、経済がまた大きく変化」という内容と、コルマンインデックスの第8サイクルの最終区間「Day7」が2010年11月2日から始まるのと時期がシンクロしています。

う~む、こうもこの期間に集中して言及があるのは実に不気味です。
別にシンクロしているからって起こる可能性が高いというものではないのですが、、、、(爆)。

8月後半~11月にかけては要注目ですw

まぁ、故・太田龍によると英国(ロスチャ陣営)の工作員と名指しされたベンジャミン情報なので、どこまで信じられるかは???なのですが、ヤッズ★の予想と同じ結論になっているのは驚きです。その後の展開がNESARAと第三次世界大戦という違いがありますが、どちらも「仕掛けられるもの」であるという点では一致しています。

何故、期間がシンクロするかのタネを明かしてしまえば、イルミナティ(当然、ロスチャもその配下だが、、、)たちの使う暦「アンノ・ライト」(略称A.L.)、これは「ルシファー暦」「光暦」とも呼ばれますが、実体はマヤンカレンダーと同じものです。1年を13ヶ月とする太陽太陰暦(?)です。彼らはこの暦に従って物事を計画し実行すると言われていますが、マヤンカレンダーを研究して編み出されたコルマンインデックスとシンクロして当然ですね。

AL5941.jpg
(欧米の建物基礎に刻まれるA.L.)

出来事の予言すら可能な世界最高のカレンダー「アンノ・ライト」は、伝説によるとアトランティス時代に成立したといいますが(笑)、実際、かなり古い時代に成立し、傍流としてマヤにも導入されたのだろうと睨んでいます。ですから、マヤ暦の終末の時が2012年12月22日に対し、イルミナティが推進するN.W.O(ニューワールドオーダー)設立が2013年とされていて期間的に非常に似通っているのは、この同じ源故なのでしょう。

そして、彼らが盛んに口にするN.W.Oとは文字通り「ニューワールド」、つまり、カレンダー終了後の新しい世界のことを指しているのです。

さてさてベンジャミン情報によると、8月以降の激動により、カスピ海の東側カザフスタン周辺の中央アジアにある石油・天然ガス資源を米国、ロシア、中国の超大国が奪い合いを始め、それが発端となって第三次世界大戦が勃発するだろうという見通しをイルミナティの「超頭脳」は立てているという。
※註 他の情報では、、、、イルミナティの中核である英国王室一派(原発銀行屋)が中東での核シナリオを描いているのはアメリカ・中国の協力関係を潰すためであるという。米国は一見独立国のように見えますが、その経済の深いところは中央銀行システムによって英国に握られているというのが実情です。アメリカは中国と協力の元に世界経済回復を大義に、現在の通貨システムを崩壊・再編成して、新しい通貨システムに変更して英国のくびきから逃れようとしているのだという。これが「レインボー通貨」のことだろうか? この政策が実現されれば、世界各国の中央銀行システム網で構築された現行経済システムに寄生虫的に宿って世界に君臨している英国組織の息の根を止めることになる。だから英国組織は今やアメリカの動きを断固阻止する為に、中東での核シナリオを描いているのだという。「見通し」と言ってるが、お前たちが企画立案してんじゃねえかぁぁぁぁ~w、このような話がある一方、中国とロシアは米国とドルに見切りをつけ、中国とロシアの間にあるカザフに決済銀行を作るといい、3年後に新しい通貨が中国・ロシアを中心に世界通貨デビューするという話もある。こりゃ、一体、何が何だか分からなくなってきた。。。。

第三次世界大戦勃発ですか、、、、
そうなると、カザフスタンは黙示録にいう「ハルマゲドン」の地になりますね。

で、この中央アジアのカザフスタンですが、ここはバビロン捕囚後に解放されたヘブライ人が合流した騎馬民族スキタイが治めた地域でもあります。このスキタイが西に行きハザール汗国に渡ったのがロスチャイルドの流れであり、東に行って日本に渡ったのが初期大王族、その兄弟部族である後期大王家(現天皇家)の流れであるというわけです。歴史的にはキリスト教とイスラム教に挟まれたハザール汗国がどちらにも組しないようバランスを取る為に国を挙げて「ユダヤ教」に改宗したことになっていますが、ハザール汗国には実はこのような流れがあったわけで、全く関係ないユダヤ教を突然打ち上げたわけではないのです。ただ、ハザール汗国のユダヤ教はバビロニアで奴隷の地位にあった為か、神に対しての「怨嗟の念」があり、その裏返しとしての選民思想が蔓延っていて、バビロニア・タルムードのような他民族をゴイムと見做す歪な思想が多く含まれています。
※註 この支配(選民)と被支配(ゴイム)の階層思想が朝鮮や日本にも渡り、朝鮮の両班(りゃんぱん)、日本の藤原貴族のように今でもそのピラミッド型ヒエラルキーが色濃く残っているのではないでしょうか?

で、このユダヤ揺籃の地でその所業をリプレイするが如くハルマゲドンが起き、中央アジアから人々を全て消滅させた後、ここがニューワールドの世界政府拠点となる???
※註 その他の世界政府拠点候補として、デンバー、ソルトレイクシティ、ベルギーがありますが、いったい何が正しい情報なのかよく分からんw 各陣営が自派に有利な案を各々考えているのでしょうか?

ちょっと出来過ぎの感はありますが、ここは静かに拝聴しておきましょう(笑)。

11月から日本の神エネルギーがフルスロットルで発動するといいますし(爆)、本当にロスチャの英国一派が思い描くような展開になるかどうかは分かりません。世界人間牧場型のN.W.Oになるか、縄文日本文明型のN.W.Oになるか、ここは静観するしかないですね。

確かにベンジャミン情報が言うように、中央アジアは一般に知られている以上に膨大な地下資源が埋蔵しています。これは中東のサウジからウラル山脈まで帯状に石油埋蔵地域があり、カスピ海の湖底やその周辺は石油、天然ガスの宝庫なのです。で、ここにある国がカザフスタンとトルクメニスタンなのです。

カスピ海

現在、カザフスタンの石油・天然ガスは、ロシアのパイプライン【上図⑤】で欧州に送られていますが、ここに中国が割って入ろうとしているのです。有り余るドルで企業買収し採掘権を確保し、中国にパイプラインを敷こうとしているわけです。中国にしてみれば、阿片戦争の時から今まで散々欧米の尻に引かれ富を簒奪されてきたわけで、この機に資源確保を自主ルート化しておかないと、再び欧米のエネルギー支配下で煮え湯を飲まされるのわけですから必死です。アフリカにも資源確保の為にいろいろと投資していますがこういった背景があるわけですね。

一方、米国はブッシュがBTCパイプライン【上図①】で石油を欧州に送ることをカザフスタン側に持ち掛けて巻き返しを図りました。米国が9.11を口実にアフガニスタンを侵攻したのは、このパイプラインを敷くのが主な理由です。しかも、この提案にカザフスタンが乗った格好。カザフスタンにしてみれば、バランス加減で大国間のキャスティングボードを握れるし、石油も高く売り煽れるという腹積もりなのでしょう。

現在、カザフスタンで米・露・中は「三すくみ」状態なのです。

三すくみ
(歌舞伎演目の「児雷也豪傑譚話」で有名な蛙・蛇・蛞が睨み合って動かない状態を「三すくみ」と呼んだ)

しかし、この絶妙なバランスはいつ崩れるとも限りません。
米国の凋落が一番早いのではないでしょうか?
で、弱ったと思えば、露中が組んで真っ先にロシアが米国を撃ってくるでしょう!!!
(CIAは対露工作で結構エグイことやってそうですから、露は相当恨みがある筈です)

このカオス(混沌)が大戦の導火線となるのです。
カザフの皮算用が裏目に出て、逆に自国を滅亡させてしまうのかもしれません。

この「三すくみ状態」、実はNARUTOでも描かれているのです。
ここでもNARUTOの暗喩性に再び驚かされました(笑)。

三すくみ
(伝説の三忍が口寄せした契約動物)

実は、この三すくみ状態、かつての日本でもありました。

それは「出雲(アイヌ)」「初期大王族(上宮)」「後期大王族(下宮)」の三王朝です。語り部が語る真実の歴史では、乙巳の変→壬申の乱→大化の改新であり、大化の改新で律令制が完成してからは「大和朝廷」と呼びますが、それ以前は上記の三王朝の族長政治だった為に「ヤマト王権」と呼ばれています。

「日本は世界の雛形」という出口王仁三郎聖師の話がありますが、この場合、下図を見て貰えば分かるようにカザフスタンのある「カスピ海」は「琵琶湖」に相当しますね。

雛形日本

記紀によれば、初期大王族(扶余系騎馬民族スキタイ、カド族)の大海人皇子と後期大王族(百済系契丹烏垣の遊牧民族、エフライム族)の大友皇子が国内を二分して戦った国内最大の内乱「壬申の乱」は、この琵琶湖を周回した戦いとして記述されています。内乱は唐・新羅と通じた「初期大王族(上宮)」の大海人皇子(天武天皇)側の勝利で終わったのですが、その後、ジワジワと「後期大王族(下宮)」による締め付けで「初期大王族(上宮)」は滅亡してしまいました。
※註 「壬申の乱」は本当は東三河で起きた戦いなのだが、、、ここは記紀の記述に従おうw

壬申の乱
(壬申の乱)

この「壬申の乱」が今後カザフスタンで起きる戦いの雛形になるのです。そしてさらに言えば、壬申の乱の後に「初期大王族(上宮)」の天武天皇(スサノウのモデル)が「大化の改新」の詔を出し発布された律令制「大宝律令」が、N.W.O(世界新秩序)の雛形となっているのですね。

その後、桓武帝の時代に奈良から京都に遷都し「千年の都」となったわけです。ロスチャルドの主家筋でイルミナティ創設者でもあるヘッセン家のヘッセン=カッセル方伯フリードリッヒ二世が熱望していた「千年王国」を現在、N.W.Oとして推進していますが、「千年の都」はその雛形になるのです。

このように日本の過去が時空を超え、それが現在の世界情勢に繋がっているのです。

そして、その世界情勢がNARUTO放映のある現在日本と繋がっていて、NARUTOを筆頭にして世界中にCoolJapan!ムーブメントとして波及していくのです。つまり、最も下層の深い潜在意識に相当するのが、NARUTO放映のある日本の現在であり、その上の浅い上層が7世紀の日本であり、さらに浅い上層が現在の世界情勢という構造になっているのです。そして、それがエンドレス構造となっていて、現在の世界情勢が「ヤマト発進!」を機にNARUTOブームを筆頭としたCoolJapan!によって、今後、ドンドン書き換えられていくというわけです(爆)。

これが時空をも超えた「富士鳴門の仕組」ですw

そう、これは映画「インセプション」の三段重箱構造と同じなのですが、この物質世界といわれているリアル世界が、空間・時間に層の切れ間がないのが、このことを分かり難くしている原因です。この辺の感覚、なかなか理解出来ないことと思います(超爆)。

クラインの壷
(分かり易く言えば、「クラインの壷」みたいな感じでしょうか)


写輪眼は時空をも超えて洞察(妄想?)するのです。 くぉ~ふぉふぉふぉ
※註 この「三段階重箱エンドレス方式」の外界認識は時間と空間を等価し「外界=内面」と認識する「変換人型ゲシュタルト」の産物なのです(笑)。実際、上層世界は時間も空間も無い状態であり、内面に投影される出来事は全て「今」という永遠の時間に集約されて生成されているのです。私たちの意識がそれを時間感覚を持って認識しているに過ぎません。ですから、遠い過去も遠い世界も今の私たちと密接に関連しているのです。それは、原型世界(上層世界)からの同一構造の投影が陽子-電子軌道構造、太陽-惑星軌道構造、銀河系構造として、スケールや空間、時間を超越して物質世界に投影され表現されているのと同じです。今までのスピ本に欠けているのが、この物質世界の迷路性です。あくまで精神世界-物質世界という対極し二元化された枠組としてしか記述されていないのを不満に思っていました。特にこの物質世界をリアルな実在世界として扱う姿勢に違和感を感じます。この二元性記述、それは実は未だ唯物論的な認識に留まったままであるということなのです。
スポンサーサイト

Comments

No subject

この三段階重箱エンドレス方式の見解は、見事な物質世界と精神世界の融合だすな~
ところでイルミナティーが使うアンノ・ライト、、アンノ・ルシファー、
アンノ・ルキスAnno Lucisですが、漢字で書くと庵野秀明だって知ってました? 笑

秀でる明るさだから啓明(イルミナティー)だしね

NARUTOの岸本さんと同じで、エヴァの庵野も上からメッセージを受ける選ばれた者?

ドクタ~

ドクタ~、「インセンプション」の紹介ありがとうございます!
眼が肥えたシリウス海綿体のドクタ~のオススメ映画にはハズレなしですよ~。この映画もアバターもドクタ~の推薦なければ、映画館では観たかったでしょうw

>この三段階重箱エンドレス方式の見解は、見事な物質世界と精神世界の融合だすな~

この現実世界にも何らかの仕掛け「迷路性」があると思うのだす。それは未来に起こってくる出来事が過去とリンクしていることと睨むだす。預言が何故成就するのか?、何故、出来事に関連する兆しが現実世界に顕現するのか? この答えがここにあるのだと睨むだす。時間軸や空間軸におけるこの関連性は、この物質世界がマトリックスである証左でもあるだす。このマトリックス内での多様性は実はこういったエンドレスな法則によって作られている意外とシンプルな構造だっただす。

>アンノ・ルキスAnno Lucisですが、漢字で書くと庵野秀明だって知ってました? 笑

おおっ、そうなっているとは知りませんですた!
エヴァも絶対、上からのメッセージを含んでますね。
NARUTOには萌え要素はあまりないですが、エヴァ萌えは堪りませんw
かつてローソンで綾波パン、大人買いしたい衝動を受けました。

そういえば、ヤッズ★の前カノは綾波レイにソックリだっただす~
で、今のカミサンは惣流・アスカ・ラングレー にそっくりだす~(爆)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。