スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引寄せの法則はサタン由来か?

カレイドスコープさんの「引き寄せの法則」批判、実に読み応えがあります。

■「引き寄せの法則」はフリーメーソン(悪魔崇拝者)がつくった
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-165.html
■陰謀の暴露が新たな陰謀を生み出している
http://kaleido11.blog111.fc2.com/

これが発端で金カレ戦争勃発となったといいます。
(あまり茶化してはいかんのだが、、、、)
※註 元々、金玉氏は怪しいのだ(爆)。ハリマオ氏ほどの方が先生付けで呼んでいたのがとても不思議でした。仲間じゃないかと思った程です(実は金玉氏のエージェントはその懇意さからハリマオ氏じゃないかと睨んでいたw)。さてさて話は変わりますが、氏の提唱する地域通貨を使った物々交換システムは多分機能しないでしょうね。というのもシステムフローを全く公開していないからです。これでは参加者は疑心暗鬼となり参加者はそう多くは望めない。多分、ロスチャの中央銀行システムをヒントにして、地域通貨の信用創造で「富」を得ようと企んでいるんではないだろうか?(爆)。新手のネズミ講とならねばいいのですが、、、、法を逸脱して「六本木の巫女」のようなことにならないことを祈るばかりです。

ヤッズ★の場合、少し違った側面から「引寄せの法則」を書いてみますね。

フリーメーソンの下部団体とも噂されているバラ十字会の教義教科書にもそういった「思考が現実化」することが書かれていて、マーフィなどと同じ源から発せられているだろうことは容易に推察できます。ウィリアム・アトキンソンがメーソンの結社員であったという話も実に頷けますね。ニューエイジ自体、ビートルズのヒッピームーブメントと同じくタビストック研究所がプロデュースしているものであると噂されていますが、これも多分間違いないでしょう。「引寄せの法則」がサタニスト由来というのも充分頷ける話です。
※註 バラ十字の場合、もっと細かく詳細なのだが、、、

ただ、相反する意見も持っています。

それは霊性覚醒過程ではこの「引寄せの法則」のようなことが起きるということです。それは、現実世界と思っていたものが、実は「自己の内面世界」であったことに気付く切っ掛けになるのです。

また自己の精神の上位概念を変えていけば、そういった引寄せ結果は自然とそれに相応しいものが付いてくると考えています。引寄せワークして物事を引き寄せるのではなく、「引寄せ」の結果は、副産物、あるいは自己の上位概念(自己の価値観とか、、、)のバロメーター程度に留めて、楽しむ程度にしておくべきものでしょう。

ですから、引寄せの「集団実験」などは愚の骨頂です。
思いっきり目的と結果を履き違えている。
それこそ、発した想念エネを利用されるだけでしょう(爆)。

よく宗教団体が集団で祈りを捧げますが、あれと同じことが起きるだけです。
つまり、ある1つの想念に集団で波動同調してしまうとそこから抜けられなくなってしまう。
ある意味洗脳に近い作用があると睨んでいます。
(これをサタンが入り込むという表現になるのでしょうかw)
※註 これこそがトランサーフィンでいうところの「振り子」というヤツですね。例えば、「自殺」は伝染病だという話を聞いた事がありませんか? これは「自殺したい」という波動が人へと転写するからそうなるのです。これが極端というなら、笑いの渦にいると何故か自分まで笑ってしまうという経験はありませんか? これが波動同調です。TVのお笑い番組でオバサンの笑い声を入れていますが、コレを利用していますね(笑)。「集団実験」する場合の問題点はどんな状態の人が参加しているか全く分からない点ですね。気心の知れた人や顔見知りの少人数ならまだしも大人数で行う場合、ここが最大の危険ポイントだと思っています。別にサタニズム由来の方法だからという訳ではないのです。

このように「引寄せの法則」メソッドの扱い方は気をつけねばならないと思います。法則はいつだって発動していることさえ知れば、自然と自己の上位概念の変更に意識が向くと思います。
※註 ただカレイド氏の言説で気になる点は厳格な二極主義、善と悪の色分けでしょうか。この辺はコシミズ氏にも共通している。ある出来事をより物質的方向で見ていく場合(アーリマン的方向)、最後には自己が持つ概念を投影化して二極化方向のどちらかに落ち付くものですが、それとは逆に非物質の方向(ルシファー的方向)に見ていくと、どんな内容も玉虫色(善悪混濁)になって見えてきます(笑)。この内面への方向性(=上層世界への方向性)が「抽象度を上げる」ということですが、悪にも善の萌芽があり、逆に善にも悪の萌芽があることが分かってきます。この立場を取るのが反反ロスです。日月神示が「悪には悪のお役目がある」といいますが、正にこの善悪混濁を指しています。

次にメーソン系の「引寄せ」メソッドに言及します。

引き寄せの法則で有名な『ザ・シークレット』は、ヤッズ★が贔屓にするエイブラハムのチャネラーであるヒックス夫妻とのいざこざがあった為、このブログではあまり好意的に紹介しませんでした。エイブラハムが提唱していたのは「波動(感情レベル)」による引寄せなのに対し、『ザ・シークレット』のメンターたち(?)が提唱していたのはニューソート、つまり「思考想念」による引寄せであると理解しています。かつてのマーフィ本と変わるところが無い点からも、あまり高い評価をしていません。
※註 「思考想念」だけのワークでは、やがて脳内にイメージがこびりつき、総合失調症になるのがオチではないでしょうか。

ヒックス夫妻が何故、降板したかというと、この企画に様々な人々が参画する中で「波動」という言葉を使わないという方針が決まったことで、元々の企画提唱者であるヒックス夫妻がこの企画から降りたと言われています。


(懐かしい動画だぁ、、、サブミナルが埋め込んであるともいうw)

なぜ「波動」を語ってはダメなのか?

それは「波動」という言葉を使うと科学者が噛み付いてくるからとも言われてます(笑)。しかし、実はこれはNWOを推進する影の世界権力が一般庶民に知られては困ることなのだとヤッズ★は睨んでいます(爆)。つまり、マーフィの法則のようなニューソート系の紛い物を一般人は信じていろ!ということなのでしょうかぁぁぁ~

ヒックス夫妻の提唱する「感情レベル」(波動)による引寄せの法則は、実際は「近しさの法則」といった方が適切ですね。それがニューソート系の「思考が実現化する」とは似ているようで明らかに違うものです。この辺の違いは日月神示にも明確に語られています。

「自分の中に、あるから近寄ってくるのであるぞ。
嫌なこと起こってくるのは、嫌なことが自分の中にあるからぢゃ。」

(日月神示 黄金の巻 第六十六帖)


■引き寄せの法則(過去記事)
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-1411.html

あることを思考することは、その背後に明らかに「不足」に意識がフォーカスされています。思考や想念は物質世界に接した「自我(エゴ)」の産物です。しかし「波動」はアストラル体が発するものであり、明らかに組成が異なります。

「思考」は内部に押し留まるのに対し、「感情」は外部に発散する。この方向性の違いが物理世界への伝達、つまり願望実現効果の違いとなって現れてくるのではないでしょうか? 以前、ヤッズ★のカミサンは懸賞によく当たるということを書きましたが、ハガキを書いている最中にもう当たった気分になって歓んでしまうというとってもイカレポンチな性質を持っていますが(汗)、これこそソートよりも感情の方が願望実現に必須のポイントだといえる証左となるといえないでしょうか。しかもこれは天然なので(爆)、そこにサタニズムが関与する余地は無いのです。ですから、サタニズム由来で無い「引寄せの法則」(近しさの法則)のメカニスムは厳として存在していると思っています。

たとえそれが悪魔崇拝であろうと無かろうと、情報空間(意識世界)と物理空間の間に確とした連続性を認めることが出来る体験及び認識を持つことが実は大事なことなのです。ここが覚醒に繋がるポイントだとさえ思っています。

で、サタニズムの10に1つの嘘とは、このフォーカスポイントの嘘なのかもしれない。

メーソンを始めとしたサタニズム勢力が結社員を通じて世に「引寄せの法則」を盛んに喧伝しているのは、この「波動」の秘密を知ることで人々が上層世界と物質世界の関係性を悟って霊性が開く事を怖れていて、今までのように「五感の檻(おり)」に押し留め、人間の霊性に開眼(覚醒)させない為に「思考」メソッドだけで願望は実現すると吹聴しているんじゃないかと穿った見方をしています(爆)。ですから、カレイドスコープの記事はある一面では非常に正しい指摘だと思っています。

この連続性を神智学用語で説明すると、、、、

メンタル界 → アストラル界 → エーテル界 → 物質世界
※註 この4界に自己が入るわけですが、一般に言う「自我」は物質世界側にへばりついた受取の意志プログラムみたいなもので、アストラル界にも一部接しています。

という一連の流れになるのですが、ニューソート系の「思考は実現化する」の引寄せメソッドはこの物質世界~アストラル界に想念を留めてしまう方法です。しかし、アストラル界から放出されてこそ上層世界に到達するわけで、その反映として物質世界に戻ってイメージが現実化するというメカニズムになっていますので、これでは「糞詰まり」状態になってしまうのが分かるかと思います。日本のある有能な霊能者は人々がなかなか願望が叶わない理由はその人の周りに願望想念が纏わり付いているからだと指摘していますが、これなど正にアストラル界に願望想念が留められたが故の現象なのです。願望はエゴの領域から手放さなくてはならないのです。

ですから、『ザ・シークレット』等の米国発の願望実現などは、、、、

内容がアメリカン(薄っぺら)なのです(超爆)。

ヤッズ★が「美女を見ながら願望実現」を盛んに提唱しているのも(爆)、実はこの感情レベルの高まりが、その感情に相応しい「えぇもん」引寄せてくるという原理(近しさの法則)に則っているからです(ニタリ)。日月神示が語っているように、内にいい感情(喜びの感情)があるとそれに相応しいものを近づけるのです。

美女
(ああっ~、たまらんw 鼻の下が長くなる)

「自分の中に、あるから近寄ってくるのであるぞ。
嫌なこと起こってくるのは、嫌なことが自分の中にあるからぢゃ。」

(日月神示 黄金の巻 第六十六帖)


逆に言えば、「良いこと起こってくるのは、良いことが自分の中にあるからぢゃ。」となりますよね。

別にネガティブな内容だって構わないのです。
つまり、その想念によって自己が歓喜に浸ることが出来ていればOKです。
※註 ただその場合、上位概念がネガティブなので、ネガティブな内容が寄ってきますが、、、、まぁ、そういう人はその内容で喜べるので、それはそれで正しい選択なのかもしれない。人を呪わば穴2つというのが正にこのことでしょう。

更に付け加えていえば、、、、

引寄せの強さは鼻の下の長さと比例関係にある。(超爆)

ですから、金玉氏も鼻の下の長さを競う「集団実験」ならする意味あるかも(ニタリ)。
※註 ただ、その鼻の下の伸ばし方次第で2つの方向に分かれます。1つは自己の持つ異性理想像「アニマ」の存在する原型世界に到る上層世界に向かう道、もう1つはより肉体的な方向に降ろして肉欲的なエロに堕落する道、、、、この2つの明確な分かれ道が存在しますw。「ヘラクレスの選択」とも言えるものです。上層世界への投射が「近しさの法則」を発動することから、どちらの道を選ぶべきかは明白ですね。また、鼻の下を伸ばすことはフェロモンを最大限に収集しようという所作だと言われていますが、鼻孔のお通じを良くし外界と第三脳室がよりダイレクトに繋がる為、実は「松果体」の活動も活発化させます。ウンモ星人ユミットによれば、松果体には本当の自己がいる上層世界から受信するクリプトン原子が存在するといいますので、この所作、意外と的を得ているのではないかと睨んでいます(爆)。

う~む、ヤッズ★の提唱する方法こそ、正真正銘のサタン(出歯亀)由来のものかもしれない(爆)
スポンサーサイト

コメント

No subject

詐欺師は本当の事を言うのでみんな騙されるとありますが引き寄せの法則も99パーセントくらい本当の事なのでしょうかねぇ?。

激しく感情的になった時ってその感情を抑えるために妄想したり行動的になったりしますがそれによって感情の波が落ち着きます、それを繰り返すことによって感情のエネルギーはどこかに行ってしまいます。
その感情を妄想や行動によって拡散せずにずぅーと維持していればどうなるのかと
たまに思います。心が不安定になる気もしますが今までにやったことのない一つなので何か成果があるかも?。

感情も体の一部のように長期的に持続することによって呼吸や臓器のようにそして
自転車のように細かい操作は後は無意識が受け持ってくれるのかな?
ただ妄想の場合、脳が映像の記憶を受け取ってしまい無意識まで届かないとか!?

そもそも、無意識は妄想(創造世界)と現実世界との区別がもしつかないとしたら妄想することによってアレ?もう叶っているじゃん的な感じだったりして・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No subject

ヤッズさんこんにちは、いつも読まさせてもらってます。
今回は、引き寄せの法則と言うことですが、「ザ・シークレット」についてです。
「ザ・シークレット」でも、感情についての記述はあります。DVDでも、女の人が朝、机の角にぶつけてそのときの感情・波動が良くないので良い物にすれば一日良くなると出ています。これは、ヒックス夫妻の波動概念とは異なるのでしょうか?
素人考えでは、どちらも感情を使うわけだから同じじゃないかと思いました。
ご教授のほどをお願いします。

大変興味深かく拝読しました。

おっしゃる通りと思います。引き寄せ?が出版された当時から、何か変な感じ方を覚えてました。
その当時から、引き寄せる?なんて、エゴ的な思考だ!と主張しておりました。
また、自己中な思想だと言えます。

相似象の法則だと言えばスッキリすると思います。
つまり、似たような、姿、形、似たような振る舞い等は、同じ結果になったり、類とものように、集まる、すなわち共鳴すると思います。
なので、引き寄せ?は地動説並みに自己中な発想と感じます。

また、ヤッズさんのような発想は、とても共感が持てます。

No subject

われわれが神を独占している。
神の代弁者である私の言うことをききなさい。
私と違うことを言ってる人には気をつけなさい。それは悪魔よっ

これがほとんど全ての宗教人が、互いに言い合ってることです。
付き合っていたらきりがないですよ。
何一つ、誰もが合意する考え方というものはないんですから。



通りすがりの者さ~ん♪

コメントとありがとうございます!

>詐欺師は本当の事を言うのでみんな騙されるとありますが引き寄せの法則も99パーセントくらい本当の事なのでしょうかねぇ?。

この現実世界に物理法則と心の法則(?)が並立して存在する筈はなく、必ずどちらかが下位の法則になる筈です。たとえサタン由来であろうと、そういった法則が成立するならば、それは厳として存在するということですね。(唯心論的立場のヤッズ★は物理法則の上位のものだと見ています。)

真実を隠すには偽情報を流し、そのガラクタ化された中に隠すのが一番ですw。


>その感情を妄想や行動によって拡散せずにずぅーと維持していればどうなるのかとたまに思います。心が不安定になる気もしますが今までにやったことのない一つなので何か成果があるかも?。

その落差が乾電池の+と-の電位差のようなエネルギー源になると見ています。願望を叶わないと諦めた途端に叶うという現象もこの落差が主たる原因なのではないかと睨んでいます。

>そもそも、無意識は妄想(創造世界)と現実世界との区別がもしつかないとしたら妄想することによってアレ?もう叶っているじゃん的な感じだったりして・・・。

カバラ的には「自我」という受取プログラムのバージョンアップで、授与しかない上層世界からのものを受取れるようになるといいますね。

LLOさ~ん♪

コメントとありがとうございます!

>「ザ・シークレット」でも、感情についての記述はあります。DVDでも、女の人が朝、机の角にぶつけてそのときの感情・波動が良くないので良い物にすれば一日良くなると出ています。これは、ヒックス夫妻の波動概念とは異なるのでしょうか?

実際に見たわけではないのでよく分かりませんが、「ザ・シークレット」の場合、悪感情→悪想念→悪いことの引寄せ という感じで論を進めてませんか? それとヒックス夫妻の場合、感情レベルはあくまでバロメータであると説明しており、 ●●●●→感情レベル→引寄せ という感じであくまで間接的なものという扱いです。

で、この●●●●には「自己の波動状態」が入るんじゃないかと睨んでいます。分かり易い物理的な表現で言えば、自己のエネルギー状態、、、、中村添天風先生の言葉を借りていえば、「外に起こった出来事の解決を急がず、まず先に心を積極的にせよ」という「積極精神」です。

ミスターアジアさ~ん♪

コメントとありがとうございます!

>その当時から、引き寄せる?なんて、エゴ的な思考だ!と主張しておりました。また、自己中な思想だと言えます。

おっしゃるように「引寄せ」というネーミング自体が、非常にエゴ的ですよね。このようなニューソート的なクレクレワークでは、「自我」という受取プログラムにより多くのエゴを織り込むこととなり、バージョンダウンにしかならないと思います。上層世界の特質である「授与」という利他的な方向性とは逆行するものです。ここがサタニズム勢力の狙いでしょうか(笑)。

いつもみてますさ~ん♪

コメントとありがとうございます!

>これがほとんど全ての宗教人が、互いに言い合ってることです。 付き合っていたらきりがないですよ。 何一つ、誰もが合意する考え方というものはないんですから。

世の中、人もいろいろ、考え方、真理や崇める神も、履いているパンツも千差万別です(爆)。

何故、こうも違いが出てしまうのだろうか?

物質世界に真理や神があれば、必ずその正しき方向に収斂していく筈なのだが、実際にはそうはならない。しかも、その真理や神は皆、千差万別で互いが反目しあっている。。。。つまり、この現実世界には真理や神は存在しないということです。

しかし実は、この百家争鳴振りにこそ、この現実世界、引いては精神世界までの形成の謎を紐解く鍵が隠されていると睨んでいます。

鍵コメさ~ん♪

コメントとありがとうございます!

さんざん陰謀論を煽ってきた金玉氏ですが、昔から彼の本当の狙いがどこにあるのか、じっと観察しています。どう考えたってあのフンドシ姿は怪しい人ですから(爆)。

基本的な路線は「六本木の巫女」と同じく、恐怖を煽って自分だけが持つ秘密の情報を売りにして、商売に結びつけようとしているのではないかと考えています。まぁ、宗教団体でも同様の手法(世界が滅ぶ→助かる方法は我が宗教の救済法だけ!)を使いますね。

たまたま当たった地震預言で、その願望に拍車がかかったんじゃないでしょうか。

こういうのはサタニズム由来の「引寄せの法則」奥義的にいえば、最初は半信半疑だったが故のビギナーズラックであり、その結果により、完全にその法則にエゴが依存してしまった。つまり、これこそが悪魔に心を占拠されてしまった状態と言われるものですね(爆)。

金玉氏は「反面教師」としては稀有の存在です。
彼の今後がどうなるか、非常に興味を持って観察しています。
その点にこそ、彼の存在価値がある???

あっ、ちなみにヤッズ★は物質世界に神も悪魔の存在も認めてませんが、自覚があるかどうかは別にして、そういった振る舞いをする人が存在することだけは確信していますw

玉蔵氏の経歴はウソだと思います(今更ながらですが)。
やらせわせん。やらせわせん。は、ガンダムからの引用らしいですし、尾崎豊の歌をだしたり、お笑いスター誕生の時のダウンタウンのビデオを出したり、70代でさすがにそれは無いかと(バリバリ仕事をしていたなら当時のダウンタウンなど知らないと思います)。
最初は、陰謀ブログでは無く、簡単な投資ブログでした。いつの頃からか陰謀系の記事を書いて当たったために、味をしめて今日に至っていると思います。
玉蔵氏が六本木の巫女にならないことを願います。

玉蔵はジュセリーノ並の狼老人

玉蔵ブログなんて、玉蔵信者の仲良しクラブに過ぎません。
反対意見のコメント送ったら載せませんし。

またも懲りずに横浜で地震がどうのと煽ってますが、あんなのジュセリーノレベルの妄想ですねw

-さ~ん♪

コメントとありがとうございます!

>玉蔵氏の経歴はウソだと思います(今更ながらですが)。

激しく同意です。
しかしアレは「前歴」ですからw(犯罪者なのか?・爆)
更に以前のHPでは確か30代の整体師だったとかの話もありますしね。
あの爺さんはクランケの1人ではないでしょうか!
ただ、非常に得がたいキャラなのでガッポリ利用させて頂いております。

>70代でさすがにそれは無いかと

物々交換システムを翻訳導入するなんて、70代では絶対ありえませんね。ただ少し擁護すると、まぁ、ネットという架空の情報空間なので、キャラ設定は自由であっていいと思っています。

>玉蔵氏が六本木の巫女にならないことを願います。

物々交換システムを世に出した場合、情報空間から物理空間にその範囲が広がりますので、今のままでは「前歴w詐称」となります。いつか何かしらのオープンにすべきでしょうね。

それにしても「前歴」とは、、、、普通は「経歴」なのだがなぁ

レインボーさ~ん♪

姐さん、コメントとありがとうございます!

>反対意見のコメント送ったら載せませんし。

おおっ、姐さんやっぱり戦士じゃないですかぁ~!!!
戦士廃業したなんて嘘???
小一時間、マッターホーンを5個でも食べながら、厳しく問い詰めたいところです。あっ、当然、食べるのはヤッズ★だけですが、、、、支払いも姐さん持ちですし(爆)

>またも懲りずに横浜で地震がどうのと煽ってますが、あんなのジュセリーノレベルの妄想ですねw

最近、開き直ってますねw
間違っても絶対謝罪しないところは見上げた根性です!

宗教まがい

>つまり、ある1つの想念に集団で波動同調してしまうとそこから抜けられなくなってしまう。
>ある意味洗脳に近い作用があると睨んでいます。
>(これをサタンが入り込むという表現になるのでしょうかw)

これは、モンロー研究所に熱を上げる人の話を読んだりするごとにいつも思ってました。『フォーカスなんたらの信条の世界』に、はまり込んでいる人たちのことを傲慢に哀れんであげてますけど、実は自分たちがその『信条の世界』に一番はまりこんでるんじゃん!

それと、お決まりのセリフ・・
「離脱できないと、死んだ後で『死んでいる事実』に気がつかなくなる」って、『おどす』んですよね。宗教だ。

(離脱している方が、死んだ後で『離脱してるだけだ』って思ってしまう可能性の方がずっと高そうだが・・・。

えびせんさ~ん♪

コメントとありがとうございます!

>これは、モンロー研究所に熱を上げる人の話を読んだりするごとにいつも思ってました。
>実は自分たちがその『信条の世界』に一番はまりこんでるんじゃん!

キリスト教者が沢山いるという「信念体系領域」ですね。ヘミでとても不思議に思っていたのが、誰が行っても同じような世界構造になっているという点です。階層構造自体が物質的な臭いがするのですがどうでしょう。逆にヘミでなくリダンツした人には、そのような階層的な構造を述べた感じは見当たりません。あの世界観は映画「インセプション」のように、実はモンローが作り上げた迷路なのかもしれませんw

>それと、お決まりのセリフ・・
「離脱できないと、死んだ後で『死んでいる事実』に気がつかなくなる」って、『おどす』んですよね。宗教だ。

まぁ、出来ないのは出来ない成りの理由があってそうなっているわけで、別段、力技でそのことに気付くようになる必要もないと思いますよね。

>(離脱している方が、死んだ後で『離脱してるだけだ』って思ってしまう可能性の方がずっと高そうだが・・・。

がはは、それはいえるw
まぁ、この世もあの世も同じ脳内現象という立場が「変換人型ゲシュタルト」なのですが、この認識からは『(この物質世界らしき世界に)フォーカスして生活しているだけだ』となってしまう(爆)。

オプラとトールについて

はじめまして。
ときとき興味深くこちらのサイトを拝見させていただいています。ヤッズ★さんの文章は面白くて楽しいです。
ちょっと質問があってコメントいたします。
リンクしてあるカレイドスコープを見るとオプラ・ウィンフリーはほぼ間違いなくNWOグローバリストの一味だろうって書かれていました。
で、オプラは『ニュー・アース』の著者エックハルト・トールとのコラボレーションによる、スピリチュアリティのオンライン無料講座も開設したりしてます。
http://www.myspiritual.jp/2010/05/post-1498.html
トールと一緒に番組やってたりもしました。

トールやニュー・アースは素晴らしいものでまがい物ではないと私は思ってるのですが、それをオプラが推薦して、トールとコラボしたりしてますよね。
この点を不思議に思いまして、ヤッズ★さんはどのようにお考えか、お忙しいところすみませんが、よかったらお聞かせいただけないでしょうか。

No subject

トランサーフィンの4冊目、すでに発売されているんですね。
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』
    絶賛発売中!! よろしく

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。