スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のデビルスタワー

以前にも書きましたが、今、アイスランドの「魔女」といわれる火山(カトラ火山)の活動が活発化しており、またグァテマラ、コスタリカ、グァム等の火山も6月度に火山噴火をしています。北朝鮮の白頭山も数年以内に噴火すると見られていますし、桜島は既に過去最高の噴火回数を前年度の倍のペースで達成しているように、今、地球のマグマの活動はかつてない程の盛り上がりを見せています。

メキシコ湾原油流出事故では海底から5000m地下にある原油層からありえない程高い圧力で噴出したガスによってパイプが破断するという事故が起きましたが、これもマグマ活動が活発化していた為に非常に高圧のガスになってしまっていたというのが真の原因だと睨んでいます。
※註 「DEEP・SLEEP作戦」まんまと釣られてしまいましたね(あはは)。スピ系の宇宙人やらには絶対釣られない自信があるのですが、陰謀系にはまだまだ免疫が無い為、完全無視出来ないのが現状です。今回の教訓からは、いわゆるアナウンス系のものはスピ系にしろ陰謀系にしろガセだと思っていいと思います。もしああいう陰謀を起すなら絶対知られないように極秘裏に事を進める筈ですしね。カクスコープレイドさんとこに大体の回答があります。気になっていたコスタリカへの米国艦隊の避難は、油分離剤から発する有毒ガスからの避難であるというのが本当のところでしょうか。ただ、いづれにせよコルマン・インデックスの示唆する変化点はこの7月なので、引き続きアンテナだけは最大感度は維持しておきます。

で、そもそもこのマグマ活動の活発化は「太陽系温暖化」が原因なのですが、太陽系は太陽から発せられたプラズマの海に充たされた状態になっており、太陽活動が活発化するとこのプラズマの海が高エネルギー化(=荒れて)して、そこに漂う惑星もその影響に否応無く曝される為、惑星内部のマグマも活発化するというメカニズムになっています。

最近(7月5日)、地球から見た太陽の裏側で太陽の100倍規模の巨大な太陽フレアが発生したといいますが、これが地球側に向かってなくて良かったです。ケムトレイルはその軌跡をみると必ず太陽を覆うように噴霧していますので、ケムトレイルはこのいつ発生するか分からない強大な「太陽フレア」が発する強度の電磁波・粒子線・粒子などを地表に届く前に減衰させて、地上の電気系統の損傷を最小限に止める為に毎日噴霧されているのはないかと睨んでいます。ここ数年、頻繁に噴霧しているのにあまり健康被害がないのがその根拠ですね。
(幾多ある目的の1つには、なっていると思う)

farsideblast_big.gif

そうならば、正直に報道すればいいのにと思う人は多いと思いますが、その行き着く先が「集団パニック」に繋がることや、さらにその先にある「ニビル来訪」を知ってしまうことがマズイのであるからこそ、厳重に伏せているのだと睨んでいます(爆)。

そんなこんなで、世見氏のブログを見ていたら、下記のような内容の記事がありました。
世見氏は基本的には未来予知ビジョン系の見者なのですが、よく当たると評判の人です。

***************************************************************
太平洋プレートが日本に向かって動きフィリピン海プレートが押され日本を押し上げる。
相模湾、伊豆半島、神奈川、静岡を動かすこの動きは新潟まで影響を与える。
もちろん 関東甲信越 千葉も揺れることだろう。
太平洋側は 今からも油断が出来ない。

「石巻」 この地名が浮かんだ。
(2010/06/25 08:30 照 #201006250830_09)


■Prophecy 世見 yoken
http://terukomatsubara.com/wordpress/?p=1443
***************************************************************

プレート

この内容からは「太平洋プレート」の動きがそのまま「フィリピン海プレート」に伝わり、その力で「ユーラシアプレート」を押し上げる、つまり、日本列島は今よりも高い位置に隆起する!!!、、、となるのでしょうか?

確かにこの6月から世界中の火山活動は異常に活発化してきている為、地殻プレートは下層のマグマとの摺動抵抗によって、その動きに引き釣られて地殻プレート移動も活発になるであろうことは充分推測できることです。

現在主流のプレートテクトニクス理論では、海溝に潜り込んだプレートは再びマグマとなっていくように説明されていますが、このメカニズムでは、①地球の地殻が大陸部では厚く逆に海洋部が薄い現象、②大陸が北半球に偏在している現象、③長年の降雨による侵食で大陸の表土は海に流され無くなってしまう筈が無くなっていない現象、この3つの現象の説明が全く付かないのです。実は、海洋部の地殻は大陸の最下層地殻の下に潜り込むように移動しているのです。ヒマラヤ山脈で貝の化石が発見されていますが、従来学説だと、ヒマラヤはかつては海だったという答になってしまいます。しかし、この理論では別にヒマラヤがかつで海であった必要は全くないのです。今も昔もヒマラヤは高かったでいいのですw

つまり、大陸の地層とは下から上に出来ていくものなのです。
※註 海洋部においては徐々に堆積していくので従来の考え方でOKです。この地殻1ユニットが大陸の下に滑り込むので、大陸の地殻は常に下から上への一方通行というわけではなく、飛び飛びの構造になるわけです。

そういえば、日月神示には日本の国土が隆起し、外国が海に沈没するような記述がありましたね。

***************************************************************
日本はお土が上がる、外国はお土が下がる。
都の大洗濯。鄙(ひな=田舎)の大洗濯、人のお洗濯
(上つ巻・第一帖)

世界中うなるぞ。陸が海になるところあるぞ
(地つ巻・第十六帖)

何も一度に出て来る。海が陸(おか)になり、陸が海になる
(上つ巻・第三帖)

***************************************************************

やはり、日本は隆起するのでしょうか?
※註 語り部によると、聖武天皇の頃に日本は大きく隆起したという。それまでは名古屋は中ノ島(現稲沢市)や長島、津島という島があるだけの海の底であったし、さらに昔は、奈良盆地は湖沼であり、邪馬台国(奈良県桜井市)は「水の都」と呼ばれていたともいう。大和盆地には飛鳥、藤原京...等のように何故か平城京から離れたところにありますが、これは平城京のあったところが沼地であったことから、盆地中央部に都を建設できなかったのでしょうね。かつてのその姿は興福寺横の巨大な池が往時を垣間見せるでしょうか。このように日本の隆起は意外と近年から起きていたというのです。

しかし、ここで問題なのは、、、、「石巻」ですw
う~む、どこか懐かしい響きが、、、、

これはやはり石巻山のことを言っているのだろう(ニタリ)。

石巻山スケッチ
(江戸時代の石巻山スケッチ)

※註 語り部によると、石巻山は徐福子孫が繁栄した「大漢国(君子国・扶桑国)」にある東海三神山の1つ「方丈山」のことで、この地に憧れ九州から大和の地にやって来たのが倭人(弥生人=中国人)の邪馬台国で。そして「扶桑信仰」からこの三神山への巡礼の旅をした古道が「古東道」だといいます。更に三輪神社の社伝からは、この石巻山を奥の院として召還したのが奈良の三輪山だと伝えられている。ただ近年の荒廃振りは著しい。


石巻山はユーラシアプレートを横に走る巨大な断層「中央構造線」に位置していますし、近郊には分杭峠より上のパワースポットとの誉れ高い「百間滝」もある場所です(笑)。太平洋岸という世見氏の予見内容に一番相応しい場所だと思います。また、相模湾、伊豆半島、神奈川、静岡、新潟まで影響を与えるとは、糸魚川静岡構造線と柏崎千葉構造線で囲まれた地域「フォッサマグナ」を指していると思われます。

石巻山の地下が東海大地震の震源地となるのだろうか、、、
(ガクガクブルブル、、、)

最近、浜岡原発は地盤が緩い場所に立地している為に耐震性能が著しく劣り危険だという内容をネットでよく見かけますが、浜岡5号機は2009年8月11日の震度6程度の地震で地面が波打ったり陥没しり、他の炉の4倍も揺れが大きかったが、今年7月末に運転再開されるのだという。この時期、再開して本当に大丈夫だろうか? 万一、東海大地震が起こり炉心がメルトダウンした場合には、その放射能が偏西風に乗って首都圏まで到達し首都圏は壊滅状態になってしまうという、、、、、この時期、5号機の運転再開は是が非でも避けたいところです。(ストップ浜岡原発

しかし、世見氏は石巻が震源地とは言っていませんね。
あくまで「石巻」はプレート移動のキーであるという感じです。
(プレート移動は激しい揺れを伴う筈だし、浜岡5号機の運転見合せは揺ぎ無い)

そういえば、人や物..等、数々の引き寄せ振りもさることながら、日本各地のエネルギー経絡ポイントを神の導き従って浄化・活性化されている「三河高天原」のトランブレーみゆきさんの最近のブロク記事では、「石巻山」についてこう語っていました。
※註 「赤ペン欲しい」と思っただけで200本も赤ペンが届けられたりとか、、、秋葉山で浄化の湧水か欲しいと穴を掘ったら水が出たとか、、、中央構造線沿いを中心に全国のパワースポットを飛び回る姿が空海を彷彿とさせます。実際、空海もこのような「内なる声」に導かれて全国各地を廻ったのではないでしょうか。

***************************************************************
石巻山の神様は私の中に御鎮座されているのですが、今日 お聞きし全てが判明致しました。頂上のエネルギーは天之御中主です。やはり 最初に感じたものに間違いなかったようです。しかし、一柱ではありませんでした。な な んと! 高皇産霊神(タカミムスビノカミ)と神皇産霊神(カミムスビノカミ)もいらっしゃるということで・・・びっくりでした(*_*)造化三神です!

大宇宙の中心を司る融通無碍な働きをされ、精神と物質の調和をとり、全てのものを抱合し生成化育の働きをする”天之御中主”。そして、この神様の万物万象に及ぼす働きをされる神である”高皇産霊神”(=精神・男・陽)と”神皇産霊神(=物質・女・陰)。

石巻山は日本列島を通る神の線(火の線と水の線)が唯一交差する重要な地です。
造化三神であったとは(・。・)驚きでした。

奥の院にいらっしゃる神様も確認しました。
天之御中主様が突然消えてしまい、別の神様が現れました(姿は見えませんよ、もちろん(笑)
現れたのは、国常立命(クニトコタチノミコト)でした。
奥の院は”龍神”様と”不動明王”様と”国常立命”様がいらっしゃるということでした。

はっきりわかったので これで スッキリしました\(^o^)/
この豪華メンバー凄いです! 
さすが、神の線の中心地。


石巻山山頂 石巻神社
(石巻山山頂の注連縄と石巻神社上社)

■石巻山の神様(2010.6.22)
http://plaza.rakuten.co.jp/tremblay/diary/201006220000/

***************************************************************
石巻山の神様が御鎮座されているのがどの岩なのかを確かめたくて。天之御中主神が御鎮座されている磐座はわかっているのですが、高皇産霊神と神皇産霊神のエネルギーが降りている岩はどれか???と調査。石巻は岩だらけなので・・・いったい どれなのかな?って。御神体は山全体と言えばそうなのですが、それでもやはりエネルギーが降りる岩というのがありますので・・・で・・・見つけました(^^)/ 長年 祀られてないのでエネルギーがかなり弱くなってて最初よくわからなかったわ(・。・) でも、これから強くなることでしょう♪

【中略】

石巻山には現在 光の柱が1本立っているのですが・・・「光の柱を2本立てよ!」(命令ではないのですが、言葉にするとこんな感じ。神は命令しませんので。全て自由意思で私たちがやるかやらないかを決めることができます。)とのメッセージが(・。・)
「え??? それ どういうことですか? 柱は1本で十分ですよね!?
なんで2本いるんですか?」私には全くわけがわからず、キョトン(・。・)でした。

【中略】

そこには 天地主大神のエネルギーが降りるそうです。天地主大神というのは天之御主神よりもっと上の神様です。そして そのエネルギーは石巻山から15分の地である照山に降りていらっしゃいます。つまり、石巻山と照山がそこで初めて繋がるということ。ふたつの山のエネルギーが繋がれば大きな力となります。


照山の碑
(照山頂上で見つかった天地主大神の碑)

■光の柱(2010.6.24)
http://plaza.rakuten.co.jp/tremblay/diary/201006240000/
***************************************************************

いやはや、、、あの石巻山がここまでの山だったとは、、、、(汗)

石巻山に「造化三神」、さらに上の「天地主大神」が降臨するならば、プレート移動のキーになって当然ですね。またそれを見切ってしまった世見氏の予見も素晴しいです。しかも、驚くことに予見氏が上記の記事を書いた日とトランブレーさんが記事書いた日が非常に近いのにはマジ驚きです(汗)。
※註 ヤッズ★は外界に存する「外在神」は一切信じていませんが、変換人型ゲシュタルト視点から見える世界は上層世界を鏡面投影した内面世界である捉え、万物形成の背後にある諸力をある人は「神」という人格化された存在として脳内変換して認識しているのだと考えています。これら諸力が持つ特性というか傾向が「意志」として感じられるのでしょう。つまり「天地主大神」とはプレートを瞬時に動かす程の途轍もないエネルギーを持った諸力であり、天之御中主神や国常立命はそれより幾分か小さな諸力(=エネルギー)だと考えています。「天地主大神」はカバラで言うところのアイン・ソフ・オウル(無限光)、天之御中主神はケテル(王冠)、高皇産霊神はコクマー(男性原理)、神皇産霊神はビナー(女性原理)ではないでしょうか。

うん、これはもうプレート移動のキーは石巻山で間違いない!!!
※註 石巻山←照山←賀茂神社という構造になっています。語り部によると、この賀茂神社は照山を望むように配置し、照山にあった「王伴神社」を遷して一緒に祀り、最初は「神神社」と称していた。ここが賀茂氏の祖(神虫麻呂)が住んだ場であり、京都の賀茂神社の大元であるという。

富士山はシャスタ山と関連があるとよく言われますが、

石巻山は日本のデビルスタワーと言えるでしょうか(爆)
※註 実際、石巻山ではUFO目撃や遭遇が多いw さらに石巻山は貝の化石が多く出ることから、先の地殻潜り込み理論からいえば、地下からの上昇圧力が飛び抜けて高く、下層の地殻が突き破って地表面に出て来てしまった場所ということになりそうです。風水では石巻山のような鋭角な山を気の噴出孔だと捉えていますが、風水理論も納得のいく話ですね。

デビルスタワー
(高さも386mと石巻山の356mと近く形も似てるデビルスタワー)

いやいや、至高神降臨の山なのでゴッドタワーという名称の方が相応しいのかもしれない。

さてさて、この地殻移動に伴う日本の隆起が何を意味しているのか?
実は、そこには驚愕の事実(=神の計画)があったのです。

(次回に続く)
スポンサーサイト

Comments

こんばんは!
プレートの事について
日本はその不安定な地形に位置するおかげて助かるみたいなことを
7月9日の伊勢白山道さんのブログ (他国の為にも…)の記事に書いてありました

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No subject

いつも、楽しい記事を有難うございます。更新を心待ちにしている一人です。ネット上のスピ界隈では、その見識含蓄、目配りの良さ、立ち位置の
柔軟、軽快さ、切り口の斬新さ、間口の広さ、批判精神、造語のうまさ等どれをとっても、ヤッズ★さんの独壇場、加えて抜群のユーモアセンス。まさに、絵に描いたような面白くて、ためになるブログであると、感嘆しきりです。さらに言えば、アマチュアリズム?に徹しておられるところが素晴らしい。一昨年のアセンション騒動の時の対応など、まさにお見事。
私も同じように覚醒フェチであり、アセンション憧憬者でありますが、ヤッズ★さんの記事を指針にぼとぼちと取り組んでおります。たぶん移り気なところもヤッズ★さんと同系統かな。
ところで、今まさに勃発中の金カレ戦争についての、ヤッズ★さんのご意見
の一端をうかがいたいものだと、思っております。私は、金玉氏がとうとう馬脚(馬金?)を現したか、と見ておりますが。
以上、長々と失礼いたしました。これからも楽しい記事を待っています。
夏バテなどなさらぬよう、ご自愛ください。

jade7さ~ん♪

コメントとありがとうございます!

刎頚の友、とうとう決裂してしまいましたね。
スピプログを標榜する煩フル及び金玉氏のブロ友なので(爆)、
実は、この内容、記事として仕掛けていました。

うまくまとまらないので、暫し保留状態でしたが、
やっと完成したので、公開しますね。

>アマチュアリズム?に徹しておられるところが素晴らしい。

っていうか、思いっきりアマチュアです(爆)

てらぽんさ~ん♪

コメントとありがとうございます!

>日本はその不安定な地形に位置するおかげて助かるみたいなことを
7月9日の伊勢白山道さんのブログ (他国の為にも…)の記事に書いてありました

う~む、伊勢白山道さんも指摘しているんだぁ、、、、
ただその明確な理由や今後どうなるかという点について触れられていないのは残念ですね。さて、記事のつづきですが、上記レスのように急なトピックが入ったので、記事化が遅れてしまっています。次の次あたりになりそうです(汗)。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。